アイドルマスターSP 

(ミッシングムーン)part50-335~337,339,341,345~348


335 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 01:21:38 ID:1pm3OoI00
アイドルマスターSP ミッシングムーン
三浦あずさ(20)の場合。

俺は765プロに所属する駆け出しプロデューサー。
今日からあずささんをプロデュースすることになった。
「ふつつか者ですけれど、よろしくお願いしますね」
というわけで、あずささんとのミーティングと初レッスンを終えて1週目の活動は終了した。
アイドルとしてデビューするには、まずオーディションに勝って、TV出演を果たさなければいけない。
それまでは、アイドルランキング外という扱いになり、ファンも付かない。
あずささんの初めてのファンとして、俺からステージ用のアクセサリーをプレゼントした。

夜になり、道がわからないというあずささんを送っていくことになって、事務所を出てしばらく歩いていると、
俺は忘れ物をしていることに気が付いた。
あずささん、事務所に忘れ物を取って来るんで、待っててもらえますか?
快くうなずいてくれたあずささんをその場に残して、急いで事務所に戻ると、
誰もいないはずなのに人の気配がする。誰だっ?
「おにぎりで出来たお城だ~。ミキ姫は王子様と幸せに暮らしましたとさ、なの~」
女の子がソファで眠っていて、寝言を言っていた。
起こした方がいいと思った俺は、女の子に近づこうとした。
そのとき、足元に落ちていた何かを蹴飛ばしてしまった。拾い上げるとそれは、おにぎり型のマスコット?
物音に気付いたのか、女の子は目を覚まして俺を見た。
「あ、それ、ミキのおまじない用マスコットなの。もしかして、拾ってくれたの?」
俺はマスコットを女の子に渡した。
「ミキは星井美希なの。はじめまして、ミキの王子様☆」
え?王子様、って・・・。
「あのね、ミキ、彼氏ほしいなーって思って、雑誌に載ってたおまじないしてたの。
おにぎりのマスコットを道路に置いておくと、それを一番先に見つけてくれた人が、
ミキだけのステキな王子様になってくれるっていう、おまじないなの」
俺は王子様じゃなくて、プロデューサーだよ。
だいたい、そんなおまじないで彼氏を決めるなんて、よくないよ。・・・って、聞いてるか?
「うん、聞いてるの。すっごくいい声・・・。こういうの初めてだけど、ミキ、ホントに好きなのかも」
ダメだ、全然聞いてない。話を変えよう。キミは、アイドル候補生なの?
「うん、まぁ、そんなとこ。高木社長がいろいろうるさくて、まだデビューさせてもらえないんだけど・・・。
ヒマだから、寝てたの」
他にすることないのか?自主トレとか。
「ミキ、トレーニングしなくても、歌もダンスもそこそこ出来ちゃうの。
だから、ミキのプロデュース、すっごく楽だと思うよ。ねぇねぇ、やってみない?」
ダメだよ。俺には、あずささんという担当アイドルがいるし。
「むー、残念なの。ミキ、大好きな人のためになら、すっごく頑張るのに。今度、社長に頼んでみちゃおっと」
彼女は言いたいことだけ言って、帰ってしまった。
結構時間がかかってしまったが、あずささんは嫌な顔もせずに待っていてくれた。
俺はあずささんに、星井美希に会ったことを話した。
「美希ちゃんはまだ正式なアイドル候補生じゃないのですけれど、
歌もダンスも新人離れしているって、評判なんですよ」
ふーん。そんな子が765プロにいたのか。


336 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 01:24:17 ID:1pm3OoI00
2週目の活動。
事務所に行くと、社長室から大きな声が聞こえてきた。
「ミキだってやれば出来るもん!高木社長のバカっ!」
突然社長室のドアが開いて、美希が飛び出してきた。美希はそのまま事務所の外へ飛び出してしまった。
高木社長に事情を聞く。美希は、俺のプロデュース担当を変えるようにと頼んだが、
社長が断ったので、怒って出て行ってしまったらしい。
しばらくして、あずささんが事務所に来た。
「おはようございます、プロデューサーさん」
今日はステージ衣装を決めてから、作曲家さんに挨拶しに行って、デビュー曲のレコーディング。
2人目のファンである作曲家さんからあずささんに、銀のペンダントが贈られた。

そして3週目。今日はいよいよデビューするためのオーディションだ。
なんとかオーディションを突破したあずささんはTV出演を果たし、晴れてランクFアイドルとなった。
事務所に戻って、高木社長にオーディションの結果を報告する。
「無事デビューすることが出来たな。おめでとう。
キミたちは、これから『アイドルアルティメイト(IU)』を目指してもらう」
IUとは、年一度開催されるアイドルの祭典で、優勝すれば誰もが認めるトップアイドルになれる。
本戦に出場するだけでも大変なもので、5回に渡る予選を突破しなければならない。
だが、困難が多ければそれだけ、勝ち取った喜びも大きいだろう。
俺はあずささんと、IUで優勝することを誓い合った。

いきなり表情を変えて、社長が言う。
「それはそうと、キミたちに謝罪しなければならない事がある。これを見てくれたまえ」
  ♪カッコ悪いわよ
   アタシを墜(お)とすのバレてるの
   カッコつけたところで
   次に出るセリフ 計画(プラン)Bね
それは美希のTV出演の模様を収めたビデオだった。
美希はうちのライバル事務所である961プロに引き抜かれ、デビューしたのだという。
高木社長が言うには、961プロはあまり評判が良くない事務所らしい。
強引なやり方で、潰されたアイドルがたくさんいたとか。美希、大丈夫かな・・・。
でも、どうしてこんなことに?社長が俺の担当を変えるのを断ったから?
「もしかして、あのときのアレが原因なのかな・・・」
社長は暗い顔をしている。って、あのときのアレって何だ?
「大丈夫ですよ。美希ちゃん、きっと帰ってくるって、信じてます」
あずささんは、つとめて明るく、そう言った。



337 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 01:26:39 ID:1pm3OoI00
それから何週間か後。俺とあずささんはIU1次予選に出場した。
予選と言ってもTV出演があるし、普段のオーディションとまぁ、似たようなものだ。
唯一違うのは、失敗したらそれで終わりの一発勝負って所。
控え室で俺たちは、美希に会った。
「プロデューサー、久しぶりなの」
美希は既に、ぶっちぎりのトップで1次予選を通過してしまったのだという。
「すごいでしょ。プロデューサー、ミキのこと、好きになってもいいよ☆」
どうしてそういう話になるんだ!
「美希ちゃん!事務所のみなさんは、美希ちゃんのこと、心配しているのよ。ねぇ、プロデューサーさん」
言いながら、あずささんは俺を見た。
「ミキの前でラブラブしないでよ!見つめ合っちゃってさ」
別に俺にはそんなつもりは・・・。
「ミキ、今日は帰る。さよならなの」
美希は怒った様子で行ってしまった。
「私が美希ちゃんを怒らせてしまったのでしょうか・・・」
気にすることないですよ、あずささん。
結局、今日は美希と大した話も出来なかった。
でも、美希がIUを目指していることがわかった。
予選に出場し続ければ、また美希に会って話をするチャンスが出来るかもしれないな。

そして2次予選。
「今回も合格することができました。プロデューサーさんのおかげです~」
TV出演を終えたあずささんと控え室で話している所へ、美希が通りかかった。
「あ、プロデューサーにあずさ・・・」
「美希ちゃんは、765プロに戻ってきてくれるの?」
まぁそれよりも、気になるのは移籍の理由、だな。
「ミキ、やりたいことがあったから、961プロに移ったんだもん。簡単には戻れないよ」
「美希ちゃん、下賎な者とは話すなと言ってあるだろう?」
誰だ?やけに派手なオッサンが現れた。
「黒井社長・・・。あずさとプロデューサーは、友達だもん」
この人が961プロの黒井社長か。
「ノン!トップアイドルになるものが、唯一友と呼べるのは、孤独だけだ」
黒井社長は、美希を連れて行ってしまった。
「いくらなんでも、厳しすぎますよね。友達と話すのもダメなんて」
あずささんは眉をひそめた。
きっと美希は、黒井社長にだまされているんです。
だから、美希に勝って、黒井社長のやり方が間違っていることを証明してやりましょう!
「はい。私、美希ちゃんのためにも、頑張ります」


339 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 01:33:05 ID:1pm3OoI00
3次予選の日。今日も美希は現れた。
今日は黒井社長がいないので、ゆっくり話せるとのことだ。
例によって美希は既に予選を通過していて、今は他の仕事の途中で寄ったのだという。
そういえば、美希にはプロデューサーっていないのか?
「うん。送り迎えの人はいるんだけど、お仕事はいつもひとり。それが、961プロの方針なの」
そうなのか・・・。ところで、前にも聞いたけど、移籍の理由、ちゃんと聞かせてくれ。
「ミキ、早くデビューしたかったの。ミキのいいところ、いっぱい見てほしくて。
そしたらゼッタイ好きになってくれるって思ったから・・・」
えっ、誰が?
「でも、高木社長がミキのこと、ジャマしてくるんだもん。
ミキはまだデビューできる状態じゃない、心構えができてない、とか言っちゃって」
それについては、俺も高木社長と同意見だな。
「それに高木社長、あんなひどいことするし、しばらくは戻る気ないってカンジ」
高木社長は美希に何をしたんだ?
「とにかく、ミキはプロデューサーにラブアタックするために移籍したの!
あずさには負けないからね」
お、俺?美希は、あずささんを睨むと、去っていった。
「お、驚きました。美希ちゃんが、プロデューサーさんのことを・・・。
美希ちゃんが、戻りたくないって気持ち、わかります」
あずささんはうつむいてしまった。美希の話、相当ショックだったのかな。

4次予選。だんだん合格するのが難しくなってきたが、あずささんは合格した。
「あずさ、合格したんだ。やっぱ、ミキのこと、ジャマする気なんだね」
美希がやってきた。
「美希ちゃん、私は決してそんなつもりは・・・」
「じゃあ、ミキとプロデューサーのこと、応援してくれるの?」
「それは・・・プロデューサーとのコンビは、解消できないわ」
そうだ。あずささんがどんなに俺のことキライでも、それは無理だ。
「もういい!プロデューサーはあずさが大事で、ミキのことはどうでもいいんでしょ!」
美希は今にも泣きそうな顔をしている。
「美希ちゃん、そんなことないわ。プロデューサーさんは・・・」
「プロデューサーをひとりじめしているあずさの言うことなんて、聞きたくないの。
あずさなんて、大ッ嫌い!」
美希はそう言い残して、走り去った。
「あの優しい美希ちゃんが、あんなに声を荒げるなんて・・・。
美希ちゃん、追いつめられているんでしょうか。
ずっと黒井社長の下で働いていて、そばで支えてくれる人もいない。
なのに、目の前にはいつも、プロデューサーさんと一緒にいる私がいて・・・。
そんな状況、もし私だったらすごく辛いと思います。
プロデューサーさん、もし美希ちゃんのことプロデュースしたいのでしたら、私は・・・」
あずささん・・・。今の俺は、あずささん以外をプロデュースする気はありません。
だから、あずささんは余計なことを気にしないで、アイドル活動に専念してください。いいですね。
「は、はい!」


341 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 01:35:32 ID:1pm3OoI00
そして、最終予選。
「あずさとプロデューサー・・・フンっだ!」
美希は俺たちの顔を見るなり、逃げるように去っていってしまった。
「あ、美希ちゃん、私の話を・・・」
それから俺は、あずささんにいろいろ話しかけてみたが、あずささんは上の空だ。
「すみません、お話、聞いていませんでした」
悩みごとがあるなら、俺に相談してください。
「やっぱり、プロデューサーさんには隠せませんね。
そろそろ私も自立しなければいけないかな、と思うんです。美希ちゃんのように」
あずささん、何を言ってるんですか?
「私はもう、ひとりで大丈夫です。私は大人ですから。強い大人の、女性ですから・・・。
だから、プロデューサーさんは、美希ちゃんのところに行ってあげてください」
それって、あずささんのプロデュースをやめろってことですか?
前にも言ったでしょう?今の俺は、あずささん以外、プロデュースする気はないって。
「・・・プロデューサーさんは私にはもったいないくらいの人です。
だからこそ、いつまでも甘えるわけには行かない、そう思ったんです」
あずささん、俺がイヤになったんですか?
「その、逆です。美希ちゃんに色々言われて、初めてはっきり自分の気持ちに気付いたんです。
たぶん、私が、美希ちゃんと同じ人を・・・。
私、美希ちゃんには、プロデューサーさんが必要だと思うんです。私より、もっと」
だから、俺に、美希の方に行けと?
「きっと私がいてはダメなんです。私は立場を利用して、プロデューサーさんの隣にいる。
それを美希ちゃんがズルいと思うのは仕方のないいことです。立場が逆なら私だって・・・。
とにかく、美希ちゃんには、プロデューサーさんが必要なんです。
これからは、美希ちゃんと一緒にいてあげてください」
あずささんは、自分が身を引くことで美希を連れ戻そうとしているんだ。でもそんなの間違ってる!
さっき、自分は大人だから大丈夫だっていいましたよね?
そんなのとんだ思い違いです。あずささん、あなたは頼りないです。
すぐ道に迷うし、、ボーっとしてるし、運動神経もいまいちだ。
「そんなにはっきりといわれると・・・自信なくなっちゃいます」
だから、あすささん。俺があなたを守ります。
「プロデューサーさん、そんな風に考えていてくださったなんて・・・」
それに、いまここで引くのは、美希にとってもよくありません。
ワガママを言えば、それが通る。そんな考え方をさせてしまっては、美希の今後はお先真っ暗です。
今だってアイドルとしての自覚に欠けているのに。
「あ、そうですね・・・」
あずささんは、やさしすぎます。美希くらいワガママ言ってもいいと思いますよ。
「私のワガママ・・・。あの、私、どこまでいけるかはわかりませんけれど、
IUの優勝を目指したいです。プロデューサーさん一緒に」
良かった。これからも、俺たち、一緒ですね。


345 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 10:22:02 ID:1pm3OoI00
いよいよIUの本戦だ。優勝するためには、準々決勝、準決勝、決勝と、3週連続で勝ち抜かなくてはならない。
「ついに、ここまで来れたんですね。でも、まだ信じられません。
本戦に勝ち残れなかった多くの子たちのためにも、頑張らなきゃいけませんね。
そして、プロデューサーさんのためにも」
「ちょっと待った、なの!」
だしぬけに美希がやってきた。
「あずさばっかりプロデューサーにプロデュースしてもらって、ズルイの!
ミキだってプロデューサーと一緒にお仕事がしたいのに!
でね、ミキ、考えたの。もしミキがIUであずさに勝ったら、
プロデューサー、961プロに来て、ミキをプロデュースしてほしい」
俺の意思は?俺はOKしてないぞ、そんなこと!
「でも、もう決まったことなの。ミキ、プロデューサーのためにも優勝してみせるの。
だから、約束だよ。じゃあね!」
あっ、ちょっと、待てよ、美希!
「私、出来ることなら、プロデューサーさんのそばを離れたくないです。ずっと。
ここで負けてしまっては、プロデューサーさんが・・・。
私、頑張ります。見ていてください」
一方的に約束させられてしまったが、それがあずささんのやる気を引き出したようだ。

そして、準決勝。
「ねぇ、約束、覚えてる?」
「ええ。たとえ美希ちゃんでも、プロデューサーさんは渡さない」
あずささんは美希を睨んだ。
「ところで、私が優勝したら美希ちゃんはどうするの?」
「えっ?」
「こういうのはどうかしら?もし私が勝ったら、美希ちゃんが765プロに戻ってくるの」
「でも、黒井社長が・・・」
「フフ、なかなか面白そうな話をしているじゃないか」
ウワサをすれば影。黒井社長が現れた。
「いいだろう。その条件で戦おうじゃないか」
「では、これで決まりですね。いいわね、美希ちゃん。約束よ」
「わ、わかったの。今日のあずさ、なんだか怖い・・・」
美希は黒井社長と一緒に去っていった。
「ふー。頑張って演技しちゃいました」
あずささん?今の演技だったんですか?
「はい。美希ちゃんに、765プロに戻ってきてほしかったから。
でも、これで負けたら、どうしましょう」
あはは。すっかりいつものあずささんですね。大丈夫です。俺が、ついてます。
二人で美希を取り戻しましょう!


346 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 10:23:24 ID:1pm3OoI00
ついに、決勝の日がやってきた。
「今日で全てが決まるかと思うと、怖いです」
あずささんは不安そうだ。
「プロデューサーさん、足のふるえ、止めてくれませんか?」
そうだな・・・。じゃあ、抱きしめてもいいですか?
「は、はい。お願いします」
俺は、あずささんを抱きしめた。
「はぁ、落ち着いてきました。プロデューサーさん、暖かい・・・」
俺が身を離すと、あずささんは顔を赤くしていた。
「ステキなおまじない、してもらいましたし、今日は、絶対勝ちます」
しばらくすると、美希がやってきた。
「あのね、あずさはいつでもミキの気持ち、わかってくれたよね。
あずさは美希のために勝負を挑んでくれたんだよね?」
美希・・・いつの間にそんなに成長していたのか。
「それに、ミキが765プロに戻ったら、あずさ、プロデューサーを譲る気でしょ?
ミキは、ほしいものは自分で手に入れるの。だから、正々堂々と勝負なの」
「ええ、わかったわ。手加減なしよ」

決勝で、あずささんは「隣に…」を歌った。
この歌は、あずささんのイメージに合わせて、作詞家・作曲家の先生に頼んで作ってもらった曲だ。
  ♪見えなくても 声が聞こえなくても
   抱きしめられたぬくもりを今も覚えている
   この坂道をのぼる度に あなたがすぐそばにいるように感じてしまう
   私の隣にいて 触れて欲しい
そして、あずささんは優勝した。
「私みたいな平凡な人間を、こんな高いところまで・・・。
プロデューサーさんは、とてもすごい方ですね」
俺の力なんて、たいしたことありません。あずささんの努力が優勝への道を開いたんです。
「そんな・・・。でも、そういう謙虚なところも、プロデューサーさんのステキなところですね」

347 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 10:24:48 ID:1pm3OoI00
「ミキ負けちゃったの。頑張ったのになー。
でも、優勝したのがあずさでうれしいの。ミキがダメなら、あずさに勝手ほしかったから。
おめでとう、あずさ」
黒井社長が怒りながらやってきた。
「なんということだ。765プロの者が優勝するなど・・・。こんな結末、私は認めん!
そ、それで美希ちゃん、本当に765プロに戻るつもりじゃあるまいね?
キミなら、きっと来年、優勝出来るよ」
「ムリなの!ミキ、もう頑張れない!」
「くっ、もういい!お前はクビだ」
俺は黒井社長を呼び止めた。
黒井社長、あなたは勘違いしているのではありませんか?
美希が勝てなかったのは、あなたのせいです。
アイドルが結果を出せるように、環境を整えるのがプロデューサーであり、社長です。
それを放棄して、結果のみを追求し、美希の力をそいでしまったのは、あなただ。
「若造が知ったような口を・・・。不愉快だ。私は帰らせてもらうよ」
黒井社長は行ってしまった。
「さて、私は先にタクシーで事務所に戻ります」
あずささんは、先に帰るという。俺は、美希とふたりきりで話をする。
「765プロに戻ろうかな。そのかわり、プロデューサーは、ミキの彼氏になってほしいの」
・・・ごめん。
「わかってた。ミキだって、あずさとプロデューサーがお似合いだってことくらい、
よくわかってたんだよ。でも、ミキだって、本気だったんだから!
それじゃ、ミキ、行くの。あずさみたいな大人の女になったら、きっと765プロに戻ってくるの。
じゃあね、プロデューサー!あずさによろしく」

俺は事務所に戻った。結局、美希を連れ戻すことは出来なかったな。
「そうですか。美希ちゃん、新しい夢への一歩を踏み出したんですね。
前にお話したかも知れませんが、私の夢は・・・」
運命の人を見つけること、でしたっけ。それで、あずささん、見つけたんですか?
「それが、見つけたような、見つけてないような。相手が気付いてないような・・・。
ということは、相手が私のことキライなのかも・・・」
あずささん、話を聞いてください!あずささんは一人で盛り上がっている。・・・仕方ない。
好きだよ!
「えっ、プロデューサーさん、今、なんて?」
好きだよ、あずさ。俺を、あなたの運命の人にしてくれないかな?
「あ・・・。私の答えは、もちろん、はい、です!
ずっと同じ夢を二人で見てきました。出来ることなら、この後も、
生涯かけて、同じ夢を追っていきたいです。プロデューサーさん、愛して・・・います・・・」

こうして、仕事のパートナーだったあずささんは、俺の生涯のパートナーとなった。


348 :アイドルマスターSP:2010/04/11(日) 10:26:25 ID:1pm3OoI00
数日後。
あずささんはアイドルを引退すると言っているので、
俺も次にプロデュースするアイドルのことを考えないとな。
朝、事務所に行くと・・・あれ?あずささん、今日、休みじゃなかったんですか?
「お弁当を作ったので、届けようと思いまして」
そんなことか。しばらく後、高木社長が出てきて朝礼が始まった。
「えへ☆帰ってきちゃったの」
ええっ、美希?
「大人になるまで待てなかったってカンジ。ミキはね、プロデューサーとあずさをジャマしに来たの。
ミキのいない間に、あずさとプロデューサーがラブラブしてるって聞いて、くやしくて、くやしくて・・・。
ねぇ、あずさは引退するんでしょ?だったら、その後、ミキのプロデュースして!」
「美希君、キミはまだ正式なアイドル候補生ではない。まだデビューは・・・」
高木社長が美希を止めようとする。
「社長は黙っててなの!社長がミキのおにぎり、勝手に食べたから・・・」
「うっ、それは、謝る。すまなかった」
社長が美希のおにぎりを食べたのが、美希の移籍の原因らしい。なんだ、そりゃ?
「私、引退するのやめます!」
「あずさは引退するの!もー!あずさはあっちへ行ってなの!」
「い、いやよ。プロデューサーさんの隣りは私の特等席なのよ」
「じゃあ、ミキ、こっちの隣りでいいや。ねーねー、プロデューサー!」
だ、誰か、助けてくれぇ~!!

おしまい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー