ゼルダの伝説 大地の汽笛

part56-358~360
 



358 :ゼルダの伝説大地の汽笛:2011/05/08(日) 01:09:03.73 ID:EckfMe8F0
夢幻の砂時計の未来の話。ゼルダ姫はテトラの子孫で、ラインバック三世ってのも出てくる。


主人公は、モヨリ村に住む、機関士を目指す少年。
この大地には、人の移り住む前から、線路が張り巡らされていた。
大陸中を覆うその線路を利用した機関車だけが、遠距離を移動する唯一の手段。
だから、その機関車を操る機関士は、王国の中でも重要で神聖な職業だ。
機関士になるには十分な訓練を積み、王国を治める姫から任命を受けなければならない。

主人公は同村の機関士シロクニのもとで、子供のころから機関士の訓練を積んできた。
今日はその修行が報われ、晴れて新人機関士と認められる、任命式の日だ。
最終試験を兼ねて、主人公はシロクニを乗せ、機関車をハイラル城下町まで運転する。
今日は快晴、神の塔がよく見える。全ての線路は、あの神の塔へ繋がっているという話だ。

城下町に着き、早速城で任命式をしてもらう。
初めて謁見したゼルダ姫は、主人公と同じ年頃の少女だった。
姫は主人公に話しかけてくれるが、大臣が遮り、簡単な形式だけの任命式がとっとと進行される。
大臣は嫌な奴で、王と妃の早逝をいいことに、必要以上に姫を管理し、王国を私物化している。
最後に姫から任命証を賜る際、一緒に手紙が滑りこまされた。
謁見の間を出てからそっと開くと、
「大臣や兵に気づかれないよう、私の部屋に来て下さい」と地図が書かれていた。

姫のもとに忍んで行くと、「私を城から連れ出して」と頼まれた。
最近、各地の線路が消えると言う怪現象が頻発している。
線路が消えれば町の行き来が出来なくなり、孤立する地域も生まれてしまう。
姫は、王国の責任者として、自分がこの現象を解決しなければいけないと感じている。
全ての線路が通じる場所、神の塔には、神代の頃から世界を知る賢者が住むと言う。
その賢者に会って、知恵を貸してもらいたい。
でも、大臣は姫を束縛し、兵に見張らせて城の外へ出してくれない。
だから、脱出を手伝い、主人公の機関車で神の塔へ連れて行って、という事らしい。

そういう事情なら、引き受けなければ男がすたる。
ハイラル王国平兵士の装備一式(おなじみの緑の服)を倉庫から盗み、
新米兵士のフリをして、姫の脱走の手引きをする。
首尾よく町を抜けだし、シロクニの待っている機関車へ辿りついた。
シロクニは仰天するが、元剣士なので姫とは旧知の仲のようだ。
二人を乗せて、主人公は神の塔に向けて機関車を走らせる。

城から神の塔はそう遠くない。
しかし出発してしばらくすると、なんと走っていた線路が消えた。
機関車は草地に投げ出されクラッシュしてしまう。外に出ると、そこには大臣が立っていた。
「あと少しってところで余計な真似しやがって。
ガキはおとなしく、お城でお姫様ごっこしてりゃいいんだよ!!」
大臣がシルクハットを取ると、そこには角が。
しかも、後ろからあからさまに強そうな男が歩み出た。

359 :ゼルダの伝説大地の汽笛:2011/05/08(日) 01:11:17.12 ID:EckfMe8F0
大臣は、王城に入り込み人のふりをしていた、悪魔キマロキだった。
強そうな男はディーゴ。襲いかかってきたが、シロクニが剣を抜き応戦する。
彼らの目的は、魔王を復活させること。
キマロキの力でとうとう世界中の線路が消え、神の塔が地響きをたてた。
塔は、幾つかの層に分かれてバラバラに分離し、宙に浮かんだ。
神の塔が大地から引き抜かれ、魔王を抑える物は無くなった。
最後の仕上げに、ハイラル王家の人間の体が必要らしい。
シロクニがディーゴにぶちのめされ、姫をかばおうとした主人公も吹き飛ばされる。
姫は光線の様なもので貫かれ、悲鳴と共に体から光の玉が飛び出した。
光の玉は、一瞬ふらふらと漂い、ハイラル城を目指して飛んで行く。
「逃がしたか。まぁ、体だけあればいい。」
悪魔たちは、ぐったりしたゼルダ姫を担ぎ、去って行った。

線路は消え、機関車は壊れてしまった。
シロクニはケガをして、しばらく動けない。
シロクニを連れてハイラル城下町まで戻った主人公は、光の玉を探して城へ入る。
線路が消えたことで、町も城も騒ぎになっていた。
混乱に乗じて城内をうろついていると、半透明のゼルダ姫を見つけた。
「兵よ、私が分からないのですか?ああ、どなたか私のことが見える方、いらっしゃいませんか…」
姫を部屋まで追っていき、自分は姫が見えると告げる。
姫はふわふわと浮き、物に触れようとするとすり抜けてしまう。
こんなこと誰も信じないだろう。兵は姫がいないことにすら気付いていないぼんくらどもだし。
主人公は姫をとにかく神の塔まで送り届ける約束をする。
姫は王家に伝わる「大地の笛」を、主人公に託す。
お城の裏には洞窟があり、それが神の塔まで続いていると言う言い伝えがある。
魔物が沢山いるが、剣で倒しながら進んでいくと、塔へ出ることが出来た。
塔は、3Fまでが大地に残っていた。

塔の地下部分には、シャリン様という賢者が住んでいた。この異変の理由を教わる。
この神の塔は魔王を封じる杭の役割で、その為の力を各地から運ぶのが線路。
その線路を消された事により、塔の力が弱まり、とうとう大地から引き抜かれてしまった。
魔王は今、魂だけの存在なので、入れ物が必要。
魔王程の魂を受け入れられるのは、大いなる力を宿したハイラル王族の体のみ。
ゼルダ姫の体は、魔王の魂の入れ物として連れ去られたのだ。
「い、いやああああああああああああああああああああああ!
魔王のたましいがっわたくしの体にぃぃぃぃ!?ひえええおぞましいっ汚らわしいい!!!!」
姫は上空でしばらく身悶えていたが、急降下して賢者に詰め寄った。
どうしたらいいのか、と必死の形相の姫に、シャリン様が説明する。

360 :ゼルダの伝説大地の汽笛:2011/05/08(日) 01:12:45.18 ID:EckfMe8F0
曰く、聖なる王族の体と、邪悪な魔王の魂が結合するには、かなりの時間がかかる。
だから、まだ猶予は残っている。その間に塔を建て直すべし。
塔の土台はシャリン様の力で、辛うじて大地に繋ぎとめられている。
もっと上の階を地上に呼び戻し、線路を復活させるには、
聖なる力を持った楽器の音と、路線図の刻まれた石板が必要。
王家に伝わる「大地の笛」も、その聖なる楽器の一つらしい。
石板は、塔の節目節目の階に納められている。最初の石板は3Fにあるので、まずそれを取りに行けばいい。
姫は、今度は主人公に詰め寄る。
「こうなっては貴方しか頼れる方はおりません!行ってくださいますわよね!?
お願いします!わたくしはこんな体です、ここでお待ちしております!!
姫とはそういうものなのです!!母方の祖先もそうしていたと聞いております!!」

目を血走らせている姫を、シャリン様が諭す。
塔には侵入者を阻む仕掛けが沢山あり、中には一人では通れない個所もある。
わたしは塔を繋ぎとめるのに集中しているから、お前がついていってやりなさい、と。
「そ、そうですか…。では主人公、いっしょに参りましょう。」
渋々ながら、深窓の御姫君が冒険に御参戦あそばすことになった。

塔の中は、番兵”ファントム”達に警備されていた。
ファントムは、ゴツイ西洋甲冑の中に魂が入ったもので、そこら中をガチャガチャ見回っている。
こいつには攻撃が効かないし、見つかると一撃で斬り殺されてしまう。
途中で見つかる光のしずくを3つ集めると、剣に力が宿りファントムに攻撃が効くようになった。
そこで勝負を挑むが、ファントムは強く返り討ちにされてしまう。
ファントムが主人公に剣を振りかぶり、ゼルダ姫は無我夢中でファントムの背中に飛びかかった。
主人公が目を開けると、ファントムは寸前で剣を止めていた。
「主人公、大丈夫ですか?」
ガチャガチャっと乙女なポーズを取るファントム。
透けているのも忘れてファントムに突進したら、中の魂を押し出して中に入れちゃったらしい。
姫in the甲冑。外身がファントムなので攻撃無効だし、パワーもあるので至近距離の敵をオート瞬殺してくれる。
頼もしい姫ファントムと力を合わせて、仕掛けと魔物満載の塔を登っていく。

3Fに着くと、ファントムがガラガラと崩れ、姫が出てきた。
石板のあるフロアでは、ファントムへの憑依が無効になるらしい。
そこにあった、森の大地の石板を手に入れる。森の大地の線路が少し復活した。
次は、その線路で森のほこらに行き、そこに住む賢者に会う事になる。
でも、機関車が無い。
困っていると、シャリン様が、神が昔使ったという機関車を塔地下の車庫から出してくれた。

この先は、少しずつ線路を復活させながら各地のほこらや塔を巡り、
塔を数フロアずつ地上に戻しては、姫ファントムと一緒に上を目指す、の繰り返し。
線路は、人々の感謝の心を力に大地に蘇るもの。
各地の困っている人々の願いを聞いて、何処かに送り届けたり物資を運んであげたりすると、
どんどん線路は充実し、近道や隠れ駅が見つかるようになる。
361 :ゲーム好き名無しさん:2011/05/08(日) 01:13:17.26 ID:EckfMe8F0
続きが書けたらまた来ます。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー