マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~
part58-108,114,115,137~139,154~160

108 :ゲーム好き名無しさん:2011/06/27(月) 23:30:23.95 ID:UZWXEp2KO
未解決にあった
マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~
書かせていただきます!!

アルレビス学園―

古くから数多くの著名な錬金術士を排出してきた錬金術の最高学府。
その学び舎は空高く浮かぶ島にあり、錬金術の才能なき者は学び舎の門をくぐることすら叶わない。

だが...近年、教育者の質の定価により、卒業後、まともな錬金術士となる生徒は激減。
加えて世界中からマナがいなくなるという現象が発生し、錬金術の才能を持つ生徒も年々減っていく。

更に追い討ちをかけるように、マナの力によって空に浮かんでいた島もその支えを失い、地面に墜落...学園の栄光と権威は、文字通り地に堕ちた。

ここに至り、学園はようやく方針の転移を決意する。
錬金術だけでなく、戦いや政治などのクラスも開設し、なりふり構わず生徒を集め始める。
初めは白い目で見られていたこの経営方針だが、徐々にせいとも集まりだし、学園は活気を取り戻していった。

そんな中、時を同じくして学園の門を叩いた二人の生徒。

一人は、マナに対して暗い思いを抱く少年。
本人に入学の意思はなかったが、自身が仕える家のお嬢様が錬金術士を目指すことになり、その御付として半ば無理矢理に。

もう一人は、マナを手に入れる為という目的を持った田舎育ちで錬金術についてほとんど知識のない少女。

果たして二人は、学園生活の中でどのように出会い、どのような時を過ごしていくのか―


説明書より
114 :ゲーム好き名無しさん:2011/06/28(火) 00:09:59.04 ID:59+H/tHgO
え~っとマナケミア2は1とは違い男女の主人公が居て、それぞれのストーリーでちょいちょい関わりを持ち、たまに相手側のキャラがゲストとして仲間になってくれる。といった感じです。女主人公の方に色物キャラが多いのは仕様です(´・ω・`)

キャラ紹介―
ロゼリュクス・マイツェン(ロゼ) 16才
男主人公。寡黙でぶっきらぼうで愛想が悪い。
両親が亡くなり、ある事件で働けなくなった祖父の知り合いの金持ちの家で働く事に。そこのお嬢様に気に入られ、執事の様な家来のような下僕のような生活を。剣の腕はかなりの物。

ロゼ側メンバー
エトワルド・ダイスラー(エト) 17才
ロゼのクラスメイト。運動神経抜群で怪力。常に体を動かしてないと気がすまない。ウルリカ側メンバーのエナの姉。ブラコン。

リリアーヌ・ヴェ-デンドルフ(リリア) 17才
ロゼが仕える名門貴族の一人娘。ヴェ-デンドルフ家は学園に多額の援助をしているため、学園としては頭のあがらない存在。ツンデレ娘。

ユン(ユン)マナなので年齢不明
契約主を持たない野良のマナ。学園で教師や生徒から金銭で仕事を受けている。今はリリアーヌにより雇われている。クールで皮肉めいた相手を小馬鹿にしたような言動。

ぷによ(ぷによ) 5才
捨て子だったのをぷにぷにの三兄弟に拾われ、育てられた人間の少女。自分をぷにぷにだとおもってるので、このままだとまずいと危惧した兄達に学園に連れてこられた。
115 :ゲーム好き名無しさん:2011/06/28(火) 00:34:57.18 ID:59+H/tHgO
ウルリカ・ミューベリ(ウルリカ) 15才
女主人公。基本的に明るくて前向きな少女
10年前にもらった石をマナの卵だと信じて疑わず、卵が孵らないのは自分が錬金術士じゃないからだ!ということで、学園に入学した。

ウルリカ側メンバー
クロエ・ハールトーク(クロエ) 15才
ウルリカの幼なじみ。毒舌家。ウルリカが学園に入学する時にウルリカに半ば無理矢理連れてこられた。自称占いの呪いが趣味。

ペペロンチーノ(ペペロン)ヒ・ミ・ツ♪
学園の近くに住む妖精さんの師匠の下で修行中の半人前の妖精さん。アトリエシリーズ定番の妖精さんの服を着たムキムキマッチョな男。でも自分の可愛らしさに絶対の自信を持つ。

エナーシア・ダイスラー(エナ) 12才
ロゼ側メンバーのエトの弟。姉に振り回される毎日が嫌で、学園に入ったのだが...逃げ切れなかった。年のわりに大人びた苦労人な性格。

ゴトー(ゴトー) 永遠の29才
ペペロンの親友。ペペロンに頼まれ学園にやってきた。白い犬のようなタヌキのような着ぐるみ。女性に恋愛対象としてモテモテ(死語)。女性がらみのトラブルを起こしながら放浪していた。時折、手に持っている赤い玉に入って行動する。

ロゼ.エト→戦闘科
ウルリカ.リリアーヌ.クロエ→錬金術科
エナ.ぷによ→普通科

前作を見ればわかると思いますが、マナは簡単に言うと精霊です。錬金術士を補佐してくれたりと便利。それぞれ司る属性を持っており、光、炎などの元素系や感情のマナもいる。また、人の感情からマナが生まれることもある。
137 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/28(火) 23:51:29.61 ID:59+H/tHgO
物語の10年前―
日が燦々と照り付けるある日。日向で一人の真っ黒な衣装を着ている老人が倒れている。
倒れている老人をひなたぼっこして居ると勘違いした少女が老人の傍にやってきた。
一緒にひなたぼっこしようとやって来たその少女に日陰に運んでもらう老人。その体は5才の少女に運べるほど軽い。
日陰に運ばれ一息ついた老人。助けてもらったし、もうこの子で良いか。と呟く老人は少女にマナに興味があるかを聞く。
そして少女に緑色の大きな石を渡す。中にマナが入っているから大事に育てるようにと言うと老人は消えた。


舞台は前作の十数年後(?)アルレビス学園。錬金術の学園として名を馳せていたのは昔。
教師の質も落ち、マナも少なくなり空に浮かんでいた学園も名声と共に地に堕ちた。

現校長で元教師のゼップルは学園の財政難に悩んでいた。学園は赤字も赤字。
自分の代で学園を潰すわけにもいかない。すると学園に投資をしてくれているマルータ・シェベスティと言う女性が自分の言った通りに学園の方針を変える事を提案。
大赤字の学園がスポンサーの言うことを断れる事は出来ず、また自分ではどうしようも出来ずその提案を受け入れるヘタレ校長。
さっそく理事長になったマルータは今まで錬金術専門だった学園に他の学科も作り、また学園にいる期間も3年間から1年間と短期間にした。
そして今まで学園が負担してきた学費を生徒に払わせる事にした。
学園の財政は向上し黒字になった時、理事長は校長にコストがかかる、そして将来性もない錬金術科を潰すことを伝える。
錬金術の学園から錬金術を消すことになったら先代の教頭からどんな仕打ちを受ける事になるか...
しかし自分があのきっつい性格の理事長に逆らえるわけもなく、校長はある男に協力を頼む。

「...なるほど。それで俺様に頭を下げにきたというわけか」
前作で良く聞いた事がある声で校長と話す男。
男はいくつかの条件付きで学園に行くことを了承した。



138 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/29(水) 00:11:48.64 ID:ctc7Pw8XO
男主人公―ロゼは夢を見ていた。両親は物心付く前に亡くなり、一緒に暮らしていた祖父がある事件で働けなくなり、祖父の知り合いの貴族の家に来た時のことを。
夢から覚めたロゼはお嬢様のリリアーヌとそのメイドでマナのウィムに明日からお嬢様が行くアルレビス学園の制服を寝てる間に着せられていた。
アルレビス学園は来週からお嬢様が入学する事になる学園ですよね?と尋ねると
リリアーヌ曰く、アルレビス学園に新しく出来た戦闘科にロゼも通わせるらしい。
「一年間は帰ってこれないんだからしっかり準備するのよ」
と言って去っていくリリアーヌとウィム。
「だから...一年間は、お嬢様の顔を見ずに済むと思ってたんだけど...」
と呟くロゼの声はリリアーヌには聞こえていない。

女主人公―ウルリカは幼なじみのクロエを無理矢理連れて学園にやってきた。入学式に遅れて入ると一人の教師(前作のトニ)が壇上にいた教頭(前作のグンナル)に喧嘩をふっかけ、暴れだした。どさくさに紛れて新入生の列に紛れ込む2人。
「帰りたい...」とぼやくクロエ。

入学式も終わり、クロエと話している時、昔老人にもらった大事にしている石を落として転がしてしまったウルリカ。石を追いかける。

リリアーヌとウィムと別れ、一人教室に向かうロゼ。すると石を踏んでこける。石を追いかけてきたウルリカ。石の心配をしているウルリカにロゼは
「他に言うことがあるだろ...俺はその石を踏んで転んだんだぞ?」と言うと
「言うこと...?あーそうだ!よくも人の石踏んでくれたわね!割れちゃったらどうするの!?」と逆ギレするウルリカ。
一言謝れ!勝手に転んだんじゃない!と口げんかする二人。
すると先程入学式で暴れていたトニがやってくる。トニに目をつけられる二人。

154 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/30(木) 17:07:27.37 ID:7s+z7+XVO
じゃぁまずはロゼルートから行きます

第1章

戦闘科の教室にいると授業が始まり、先程の教頭のグンナルが担任としてやってきた。
戦闘科といってもまだやることは決めてないのでとりあえず錬金術の勉強でもしておくがいい。
と言うグンナルにクラスの不良が文句をたれ、帰ろうとするが呆気なくグンナルに倒される。
とりあえず最初の授業は《何かの木の根、トーン(植物)、生水》から作れる回復薬を作ることに。
授業が終わり隣の席の女の子が「どこかで会ったことがない?」と聞いてくるが、ロゼは会ったことはない、とバッサリ切り捨てる。
するとリリアがやってきて隣の席の女の子とロゼが一緒にいるところを見て、「もう、他の女に手をだすなんて!」とリリアが怒ってロゼを追いかけまわす。
すると隣の席の女の子がウィムに気付き、ロゼは完全に忘れていて、リリアは最初気付かなかったが、ロゼ.リリア.そして隣の席の女の子―エト―は幼なじみだった事がわかる。
そしてその3人+ウィムでチームを組み、同じアトリエを使うことに。

とりあえず[学びの橋]というダンジョンに行き、回復薬の材料を探す事に。
トーン、生水と順調に材料を見つけ、何かの木の根を採取し終わった時に、ウルリカとクロエが同じ採取場にやってきた。
私たちも普通に採取しに来たんだけど、
アンタの顔を見たら邪魔したくなってきたわ!と言うウルリカは採取場を走り回りめちゃくちゃに、それを見たエトも楽しそう!と言い、一緒に走り回り採取場をめちゃくちゃにしていった。
エトにツッコミつつ、自分達は採取が終わったしお前に構ってる暇はない。
と言い去っていくロゼ達。自分で採取場をめちゃくちゃにしたくせに、採取場がめちゃくちゃなことに驚き、ロゼ達を逆恨みするウルリカ。そしてそれに冷静に突っ込むクロエ。
無事に回復薬が出来、それを無事に提出した。


入学して2ヶ月がたち、中間試験となった。試験の課題は《妖精さんの霊薬》を作ること。
錬金術科でも同じアイテムが試験内容なので、トニが担任の錬金術科の生徒より出来が悪い物を作った奴には罰ゲームだ!と言い去っていくグンナル。
戦闘科なので錬金術が得意ではないロゼとエトはとりあえずリリアに相談しに行くことに。


155 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/30(木) 17:11:04.87 ID:7s+z7+XVO
リリア達、錬金術科も担任のトニにグンナルの戦闘科に負けたらタヒね!と言うような事を言われたらしい。
どうしようかと悩むエトに、3人で私が作った最高評価の物を出せば問題ないと言うリリア。
リリアがやる気を出したことに驚くウィムにリリアは「ここで実力を示しておけば、今後ロゼは何かと私を頼ってくるでしょう?そうなったらもう、手取り足取り...うふふふふ」と恋する乙女の邪な目的をウィムに話すリリア。
そして[水の生きる森]でしか取れない《水樹の実》を取りに出かける。
ダンジョンの奥の《水樹の実》が取れる場所に行くと、ウルリカとクロエ。そして緑の服を着たゴツい男がいた。
「あ...出たわね!高飛車女に嫌味男!」
「誰が高飛車女ですの!この田舎娘!」
自分だけアダ名がないのでロゼとリリアを羨ましがるエト。
とりあえずウルリカ達と一緒にいるマッチョの男について聞いてみるロゼ。
自称リーサルウェポンの彼はウルリカ達のアトリエで雇うことになった見習いの妖精さんらしい。
ウルリカがロゼ達に《水樹の実》をかけて勝負を挑んできた。負けた方は課題を提出せず赤点をとるというものだ。
「一度身の程を教えてあげた方がいいのよこういう田舎娘には!」リリアがその喧嘩をかい、エトも楽しそうという理由で乗り気だ。
いい加減腹がたってきたロゼもその勝負を受ける。そしてロゼ達VSウルリカ達の闘いが始まった。
ウルリカ達に勝ったロゼ達。約束通り材料を諦めて帰っていったウルリカ達。
アトリエに帰り、アイテムを作ろうとするリリアを手伝おうとするエト。邪魔だから抑えてなさい。
というリリアの命令通りにロゼとウィムは手伝おうと暴れるエトを抑えていると、偶然ロゼがエトの胸を触ってしまう。
リリアが怒って「そ、そんなに大きい胸が好きなら、大きい胸のとこの子になればいいじゃない!」とめちゃくちゃのことを言い出す。
リリアが怒っている隙に材料を片っ端から入れだしたエト。そんなこんなで調合は夜遅くまでかかり、その上エトが用意した《水樹の実》は萎びていた。

156 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/30(木) 17:15:56.82 ID:7s+z7+XVO
リリアが怒り、逃げ出したエト。リリアは製作中の釜の前を離れられない。仕方なく一人で代わりの《水樹の実》を取りに行くロゼ
。すると一人の男がモンスターに囲まれている。見過ごす訳にもいかず助けようとしたが、ボスモンスターを一撃で倒し、他のモンスターは逃げ出した。強いんだな、とその男に尋ねると
「まあ、僕は良い武器を使っているからね」という。
男が持っている指輪から魔力が溢れて剣から出ているらしい。
「口で言ってもわかりづらいから、もう一つある指輪をあげるよ。」と言い指輪を投げてよこす男。元々タダでもらった物らしい。
「今度会ったら使い心地を聞かせてよ。それじゃ」
と言い去っていく男。
ロゼも《水樹の実》を取りに来たことを思い出し、急いで取りに行った。
アトリエに戻りリリアにアイテムを渡す。
無事に《妖精さんの霊薬》が出来た。
しかし二人分しか出来ず、逃げ出したエトの分は無しと言う事になった。
リリアが最高の薬を作ったので、ロゼとリリアだけが罰ゲームを逃れたようだ。
提出日の次の日、罰ゲームを受けることになったエトを笑いながら引きずっていくグンナルとトニを見ながら、あの二人は本当は仲が良いのではないかと考えるロゼ。

第二章

この前謎の男にもらった指輪を着けてみるロゼ。
しかし何だか趣味が悪い指輪だ。
エトと二人でアトリエに行くと人型の炎を操るマナが居て、問答無用で襲ってくる。
指輪の力が発揮され、ロゼの剣から光が出て、剣が大きくなる。
しばらく闘っていると、リリアがやってきて彼はリリアとウィムのような錬金術士とマナの関係ではなく500万(別途料金あり)で1年間雇うことになったユンと言うマナらしい。
ちなみにロゼのお給料の数倍。
人手は足りているのにどうして雇ったんですか?と聞いてくるロゼにロゼの仕事を少しでも楽にしようと新しく人を雇ったのに素直に言えず、ロゼが頼りないからよ!
と意地をはってしまい、ロゼを不機嫌にしてしまうリリア。

157 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/30(木) 17:18:03.94 ID:7s+z7+XVO
そして先程の指輪の力を聞いてくるエトにロゼは前の授業でやっていたがお前は寝てて聞いてなかったと誤魔化すロゼ。
指輪は何故か外れなかった。


ロゼがアトリエに帰ろうとしているともふもふした感じのマナとぶつかった。どうやらウルリカのマナらしい。マナが羨ましいのね。と言うウルリカに
「俺にはそんなもの...必要ない」といい去っていくロゼ。


授業中、グンナルがキメポーズについて熱く語っている。とそこで女性の悲鳴が聞こえ、教科書で必殺技の絶叫について予習しておくように!と言うと、そんなののってない、と言う生徒の声をスルーして教室を出ていった。
授業も終わったし寮に帰ろうと廊下に出たロゼ。するとぷにぷに(スライム的なモンスター)が話しかけてきた。
一旦教室に戻り今度はエトと一緒に廊下に出てみる。
ぷにぷにはいない。疲れていたんだな。と納得するロゼ。しかしアトリエの方からリリアの悲鳴が聞こえた。
アトリエに行ってみるとリリアがぷにぷにを捕まえ、抱きつき、なでまわしていた。
リリアはぷにぷにが大好きらしい。

話を聞くとアトリエにいたぷにぷには廊下で会ったぷにぷにとは別のぷにぷにらしい
他にもぷにぷにが居ると聞き、拉致もとい監禁...もとい保護しに行ったリリア達を追いかける、ロゼとぷにぷに。教室練に行くと屋上が騒がしい。グンナルとぷにぷにが闘っている。
その闘いを止めた校長からこのぷにぷに達は女生徒の兄達だと聞かされ、彼らは今日到着し、妹とはぐれてしまったらしい。
ロゼとぷに太郎、ぷに二郎の3人(?)はぷに三郎と妹を探しに一緒に行動することになった。
アトリエの方に行くと、リリアが満足した顔でやってきた。ぷに三郎が泣くほど可愛がってきたらしい。
「あまり余計な手間を増やさないでください」と怒り、ぷにぷに達とリリアが来た方向に急いで行くロゼ。
アトリエに行くとぷに三郎が「汚されちゃったよう...もうお婿にいけないよう...」と泣いていて、エトとユンが慰めている。
妹のぷによはまだ見つかっていないらしい。
ロゼ達も一緒に探す事になった。
ぷにぷにの女の子は一層柔らかいはず...と言い駆け出すリリアを、ぷによを守るために追いかけるぷにぷに三兄弟。
お互い大変な主人に仕えたものだな...とため息をつくロゼとユン。
[資料館]でぷにぷにの大群を見た生徒がいたので行ってみる。

158 :マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~:2011/06/30(木) 17:46:20.48 ID:7s+z7+XVO
リリアちゃん匂いで分かんない?とエナが言っていると本当にリリアがぷにぷにの匂いを嗅ぎ付け、走り出した。
半分は冗談だったのに...などと驚きつつもリリアを追いかける4人。
最奥に行くと、大量のカラフルのぷにぷにが女の子を苛めている。
そしてぷにぷにと戦闘に。

ぷにぷに達に勝ったロゼ達。
ぷにぷに達は「覚悟しておけ...お前達は全ぷにぷにを敵に回した...」と捨て台詞を吐きつつ去っていった。
助けた女の子がぷにぷに三兄弟の妹のぷによらしい

とりあえずアトリエに戻りぷに太郎に話を聞くとぷによは五年前に旅先で拾ったらしい。
ぷによはまだ自分がぷにぷにではないと気づいておらず、気付いた日の為に一般教養を学ばせる為にやってきたらしい。
しかしぷによはまだぷにぷに公用語しか話せず、色々大変になるだろう、と。
リリアがぷにぷにがついてくるし、この子のほっぺたもぷにぷにしているから。と言う理由でぷによがアトリエに入る事を許可し、ぷによとぷにぷに三兄弟はアトリエメンバーに入った。





以上でロゼ編2章までです。
これってキャラストーリーも全部書いた方が良いですかね??
キャラEDは書きますけど...

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー