ガンナック

part59-68,69


68 :ガンナック:2011/10/10(月) 20:32:19.11 ID:9eD6YjDX0
未解決にあるFCのガンナック、いきます
といってもステージ間のデモムービーなどもない単純なシューティングゲームで、
オープニングとエンディングだけですが…
()は背景に表示されるイラストの説明です


~オープニング~
(宇宙に浮かぶ人工太陽と惑星群)
7つの惑星(ほし)と人工太陽からなる、平和なキンガ恒星系…
しかし今、その平和は脅かされていた。

(どうみても機械を作るような工場で、なぜか大きな魚のようなものが作られてしまい、驚く作業員たち)
世界各地の工場の作り出す物に奇妙な物が混ざり始めた。
やがてそれらが、人々を襲い始めたのだ。

(ビルより巨大なウサギが自動車を貪り喰い、それを戦闘機が攻撃している傍で、逃げ惑う民衆)
幾ら調べても、その原因が判らないまま、作られる物が凶悪化し、
やがて、工場がそれらによって乗っ取られ、世界は大混乱に陥った。
防衛隊が組織されたが、次々に作られる敵に、全く歯が立たない。

(議場の中央に立つ魔導師(着ているのは白衣に緋袴、手には神楽鈴と祓串で、どうみても巫女だが))
15回目の会議中、みんな絶望に陥ったとき、この世界で1番の魔導師が不意に現れた。
「この騒ぎを起こしているのは、普通の相手ではない。戦いを好む、邪悪な存在が、我々を超えた力でこの世界を操っているのだ。
 普通の戦い方では、勝てない。」
「しかし、何か方法があるのか?」
「我々とは、違う世界の力を借りるのだ。強力な戦いの力を備えた、別の世界の。」

(男たちが見守る中、祓串を振り儀式を行う魔導師。魔法陣の中央から立ち上る光の柱)
そして、藁にも縋る思いで、呼び出しが行われた。
魔導師によって、戦いの力に溢れた世界との、空間の道が開かれた。
…その時!

(煙の中から戦闘機が現れ、魔導師の白衣の形が変わり緑色に染まる。「あれ?」)
光と共に力が流れ込み、魔導師に乗り移った。
……というわけで、魔導師は同時に現れた戦闘機に、パイロットとして乗り込み、世界の運命を賭けた戦いに飛び立つことになったのである。

69 :ガンナック:2011/10/10(月) 20:33:03.82 ID:9eD6YjDX0
~エンディング~
(人工太陽をバックに飛ぶ戦闘機)
世界支配を目論んだミュータントは魔導師によって倒され、人工太陽は本来の姿に戻った。
ミュータントによって操られていた敵たちは全て動きを止め、世界中に平和が戻った。
あのミュータントが何処から来たか、何者だったか、謎は残ったが、とりあえず危機は去ったのだ。

(戦闘機が青い光と共に消え行き、服も緑色が抜けて白くなり、形も元に戻る)
魔導師が星に戻ると、乗り移っていた力も、戦闘機と共に消え去り、全ては元に戻った。

(大勢の観衆に囲まれながら、首にメダルをかけてもらう魔導師)
皆に功績を讃えられながら、だが、魔導師は忘れなかった。
あのミュータントのような恐怖の存在は、きっとまた、どこかに現れるに違いない。
決して、油断してはならないと。

(続けてトロフィーを渡され、呆れ顔の魔導師)
ん…? トロフィーってなんか違うような…
スポーツじゃないっつーの…
(~スタッフロール~)

以上です






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー