寄生ジョーカー

part60-237~239,245~250,252~259


237 :寄生ジョーカー:2012/03/09(金) 02:17:43.74 ID:h2fV0EKj0
フリーゲームの寄生ジョーカーいきますー。
現在は配信されていません。

登場人物

藤堂晴香
主人公。ごく普通の女子大生というのは建前で、実は組織の観察者。
こっそり裏切るつもりだったが、既に組織中に筒抜けという超ドジっ子。
その死にっぷりの多彩さと悲惨さは圧巻。
「なんで……、なんであんたみたいのに拾われなきゃならなかったの……?」

葉山弘司
晴香の友人。
体力があり冷静な判断もできるが、たまに冷静すぎることも。
詰めが甘い為にボッシュートされたり昼ドラ主演になったり。
「馬鹿な真似はよすんだ。その手に持ってる物騒なものをしまえ。」

国府千尋
晴香の友人。
行動力のあるタイプで、序盤にそれが裏目に出る。
おそらく初見では彼女の生還はほぼ不可能。行動力ありすぎだろ。
「絶対に逃がさない……。私を裏切った報いは受けてもらわないとね。」

水瀬優
晴香の後輩。
常に冷静で、頭もいい。体力はないが知略で生き延びるタイプ。
ぶっちゃけ晴香より優の方がスパイには向いてると思う。戦闘能力以外は。
「そのぐらい無様に落ちぶれていてくれた方がこちらとしても好都合です」

238 :寄生ジョーカー:2012/03/09(金) 02:18:01.84 ID:h2fV0EKj0
柏木翔子
晴香の後輩。
徹頭徹尾、一般人。もはや貴重な存在。ドジっ子属性もあり。
下水道ルートでは救助が非常に困難。たまに銃を持ってたりする。
「何から何まで引っ掻き回して……、私がとばっちり受けて……。」

桜井眞子
島にいた女子高生。
仲間意識が強く友人思い。頭もいいがピンチになると打たれ弱くなる。
行動力のあるタイプな為死亡フラグ数はダントツ。ただし晴香を除く。
「サ、サイテーのケダモノね!」

宮内姫乃
眞子の友人。
気は弱いが素直ないい子。正体がバレた晴香に対しても同情的。
因みに、眞子が死ぬと彼女も死にます。あるエンドを除いて。
「逃ガサナ、い……ぃぃ……。」

茂木冴子
眞子と姫乃の友人で、観察者。
戦闘能力は低いが、調査能力に長ける。晴香とは比べ物にならない。
ハードルートでのみ死亡せず、晴香をサポートしてくれる。
「はっきり言います。あたしの目的のために死んでください。」

白河大輔
遭難した大学生。
クールで頭も切れるが、他人に対して全く関心がない男。
どのエンドでも死なないという超人。なれないうちは放置すべし。
「お生憎様、俺は他の連中ほどヤワじゃないんでね……。」

松山那雄宏
大輔のツレ。名前はなおひろと読みます。
ただのチンピラ。女性陣、特に眞子には反感を買っている。
なお、ルートによってはラスボスっぽくなる。まあ所詮は小物だけど。
「俺は俺のやり方で、邪魔するやつをぶっ殺す。」

藤堂奈津子
プロジェクトの責任者。
研究には情熱を傾けるが、それ以外には冷淡。
かなりの頭脳派で、意外とライフルの扱いも上手い。
「そう……、だから私は、私の研究を有意義に使える道を選ぶ。」

239 :寄生ジョーカー:2012/03/09(金) 02:19:04.32 ID:h2fV0EKj0
晴香の義母の誘いで、小さな島にやってきたサークルメンバー達。
しかし、館には誰もいない。しばらく待ってみることに。
数人が散策を始めたところ、台所で千尋が見知らぬ男に襲われる。
晴香が割って入ろうとすると、不意に男がもがき苦しむ。
そしてその頭が割れ、中から半魚人のような怪物が飛び出した。
思わず助けに行こうとした晴香を弘司が止め、そのまま台所から逃げ出す。
閉ざされたドアの向こうから、千尋の悲痛な叫びと怪物の咆哮が……。
他の仲間に危機を知らせに行くことになった晴香。
しかし、その途中で晴香も怪物に襲われる。持っていたナイフで応戦することに。
近くに誰もいないことを確認し、晴香は一度外に出る。
「これは一体どういうことです!?」
危険ではない小型兵器に対する被験者の反応を観察する実験だと聞いていたのに。
抗議する晴香に、通信相手は冷徹に告げる。
「あなたが組織を裏切ろうと考えていることなんて、とっくにお見通しよ」
そして、事前にワクチンと称して投与したものが、寄生体の核であることも。
化物――生物兵器は、寄生体に侵食された生物達の成れの果てなのだ。
侵食が始まるまでに、島のどこかにある抗体を投与しなければ――
晴香は、渋々観察任務を続行することに。
あきらめついでに、途中で見つけたPDAを起動してみる。
そこには、晴香にあてたメッセージが入っていた。
晴香の裏切りは組織にバレていること、この研究を阻止したいこと、
そして、データを入れたフラッシュメモリを島のあちこちに隠してあること。
PDAのメッセージを信じ、晴香は行動することに。

※2日目PM0:00まではフリー行動です。
なお、この途中で死亡フラグが立つキャラクターがいます。
千尋:冴子を発見しない。水を与えない。
翔子:(下水ルートのみ)殺虫スプレーを入手しないor弘司に渡さない。
眞子:山小屋に行かない。注意しないor解毒しないor姫乃に血清について教えない。
姫乃:眞子を死亡させる。
ここから先は、ルートによって行ける場所やイベントが変わります。
眞子が生きていれば洋館ルートに、死んでいれば下水道ルートになります。
まずは下水道ルートで。

245 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:20:26.05 ID:Ebr0FRZH0
白河の誘導で、山小屋に集まる生存者達。
彼は生存者を集めることで、生存確率を高めようとしていた。少し安心する晴香。
しかし、ここで思わぬ誤算が。なぜか、研究の資料が処分されていなかったのだ。
運の悪いことに、そこには晴香のデータもあった。言い逃れはできない。
山小屋を追い出された晴香に、生物兵器たちが迫りくる。

何とか離れの小屋に逃げ込んだ晴香。
(ハードだと、ここで冴子と会えます。ただし事前に会っていることが条件)
生物兵器達がいなくなる時間を見計らって外に出る。
と、通信が。組織にも、正体がバレたことがバレたようだ。
晴香以外の生存者の中にも、観察者がいたのだ。
が、データを採取する為に生かしておくという。その為に、島に抗体を残しておくとも。
何のつもりだろうか。また、裏切り者は誰なのだろうか。
考えても埒が明かない。晴香は、友人達を助ける為、自分を助ける為に動く。

※ここから3日目PM6:00までフリー行動。
なお、この途中で死亡フラグが立つキャラクターがいます。
弘司&千尋:喧嘩を仲裁しない。(千尋が死んでいれば発生しない)
翔子:弘司に毒薬の情報を聞いていない。水溶性毒薬を入手していない。助けにいかない。
優:水路に毒がまかれた後に助けにいかない。

不意に熱さを感じ、その場で意識を失う晴香。
気が付くと、離れ小屋に寝かされていた。そして、体の奥で何かが蠢く感覚。
もう時間がない。早く研究施設を見つけて、抗体を探さなければ。
(弘司か翔子が死んでいると、ここでエンディング)

246 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:21:13.98 ID:Ebr0FRZH0
弘司死亡の場合:ED6「見過ごされた危機」
 研究施設を探すべくやっきになる晴香。
 しかし、下水道の入り口で見つけた弘司の死体から、抗体を発見。
 それによって、晴香の中の寄生体は駆除された。
 そこで晴香は安全策を取り、救助がくるまで待つことに。
 そして3日後、PDAを残した研究員が救助に来てくれた。
 何でも、監視者が何かやらかしたらしく、組織はそちらに手いっぱい。
 晴香や彼にまで構っていられなくなったらしい。
 晴香と研究員は組織の研究を明るみに出すことにしたが、何か大きなものを見落としている気がするのだった。
 そしてその予感は現実となるが――それはまだ、先の話。

翔子死亡の場合:ED4「研究施設はどこに」
 残った時間の間、晴香は必死に研究施設を探す。
 しかし、いくら探してもその入り口が見つからない。
 それらしいドアはあったが、開け方が分からないのだ。
 そして、島に到着してから70時間が過ぎた時――晴香は、人ではなくなった。

247 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:21:36.21 ID:Ebr0FRZH0
どうやら、研究施設が見つかったらしい。
晴香も、急いで研究施設に。
(優が死んでいればED7、生きていればED9。なお、ハードのみ研究施設に行かず海食洞の奥の冴子に会うとED11)

優死亡:ED7「日陰に生きる者」
 研究施設に入る。そこには、友人達の無惨な死体が転がっていた。
 生物兵器の仕業ではない。誰かが、銃で彼らを殺したのだ。
 と、晴香の無線に通信が入る。松山だ。松山が犯人だった。
 晴香に対しても殺意を向ける松山。晴香は必死に施設内を逃げ回り隠れる。
 なかなか見つからない晴香にイライラし、松山は晴香に再び通信する。
 その途中、松山の断末魔が。慌てて様子を見に行く晴香。
 すると、そこには松山の死体を眺める奈津子の姿が。
 「この男は私がやった。あなたを殺させないためにね……。」
 奈津子も、組織に見切りをつけていたのだ。
 この研究と、優秀な人材を持ち逃げする為に実験を始め、見込んだ者をテストした。
 そして晴香を技能・性格共に優秀と認めたのだ。(松山は、性格がアウトとのことw)
 自分についてくれば寄生体を取り除き組織を抜ける手助けをすると誘う奈津子。
 しかし、このまま奈津子についていけば今の状況と何も変わらない。
 断る晴香に、奈津子は残酷な現実を突きつける。
 残り時間は少なく、たとえ抗体を入手し生還したとしても組織に狙われる。
 研究のことを公表しても信じてもらえる公算は低く、また信じてもらえたとしても晴香が何も知らない友人達を巻き込み死なせている事実も明るみに出る。
 ためらう晴香の前に、不意に白河が現れる。自分の名前を知っている白河を警戒する奈津子。
 白河は、別の組織のエージェントだった。目的は、この研究のデータを入手すること。
 しかし、研究員や引き込めそうな末端メンバーがいた為プランを変えたという。
 ただし、彼にも松山の暴走は予想できなかったようだ。
 抗体を盾に晴香を脅迫する奈津子。白河は、そんな晴香に抗体を差し出した。
 晴香は、奈津子より白河を信頼することにした。
 白河が奈津子を捕縛しようとしたその時、奈津子は部屋の明かりを消した。
 暗闇に乗じて逃げ出した奈津子を追おうとする2人を、アラームがとどめた。
 逃げる際に、自爆装置を起動させたようだ。結局、データは消去されてしまった。
 晴香は持っていたデータを渡し、証人として白河の組織に協力することに。
 しかし、これからの生活も、苦しいものとなるだろう。

248 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:24:10.90 ID:Ebr0FRZH0
優生存:ED9「寄生ジョーカー」
 研究施設に入ると、そこで翔子が待っていた。
 なんでも、優が抗体保管庫のパスワードを見つけたらしい。
 それを知った松山が優や優と接触した者を追い回しており危険だという。
 かくいう翔子も、松山に狙われているんだとか。
 立ち話も何なので、手近な部屋に隠れることに。
 そこで、晴香は翔子から見たことのない生存者の話を聞く。
 すると、ドアがノックされる。「開けて……。開けてください……。」
 松山ではないと判断し、ドアを開ける2人。そこには、姫乃が立っていた。
 怪我をしているからと慌てて中に迎え入れる。と、姫乃の態度が急変した。
 晴香に襲いかかり、不意に苦しみ、頭が不自然に膨らむ。千尋を襲った男と同じだ。
 と、割れる前の頭が吹き飛ばされる。そこには、ライフルを構えた松山がいた。
 松山はそのまま、晴香の右腕を吹き飛ばす。泣いて懇願する翔子に、コードを教えろと脅す。
 しかし、翔子は何も知らない。それを告げても、松山は信じない。
 左腕も吹き飛ばし、晴香の頭を狙う松山。極度のストレスで、翔子の中の何かが切れた。
 我に返ると、翔子は松山が持っていたライフルの引き金を引き続けていた。
 もう既に弾はなく、持ち主だった松山も無残な死体となっていた。
 人を殺した事実に打ちのめされる翔子。その隣で、晴香が呻いた。
 もう、助からない。しかし、化け物になる前に、友人に看取られるならまだ幸せな方だ。
 息を引き取った晴香の前で、翔子は涙を流した。
 と、いきなり晴香が動いた。翔子の目の前で晴香はもだえ苦しみ、そして――
 (この段階での生存者は全員救出or脱出できたとのこと。冴子も生存。ただし、翔子だけは完全に正気を失っているようだ……)
 晴香は、辛うじて自我を保っていた。しかし、痛みと恐怖で殆ど発狂寸前だった。
 逃げなきゃ。あの女に捕まったら、今以上の地獄が待ってる。
 追手を殺しながら、痛みにもだえながら、晴香は逃げる。遠くへ。

249 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:24:52.34 ID:Ebr0FRZH0
冴子と合流する:ED11「使命の代償」
 実は、海食洞からも研究施設に侵入できるルートがあるという。
 晴香が見つけた爆薬で、邪魔な岩をどかしていく冴子。手際のよさに晴香は驚く。
 肉塊の腐臭で殺された時のトラウマがよぎる冴子をはげましながら、洞窟の奥へ。
 そして、冴子がセキュリティを突破し抗体保管庫にたどりつくことができた。
 しかし、そこにあった抗体は1つ。つまり、どちらか片方しか助からない。
 とまどう晴香をよそに、冴子は抗体を奪う。
 自分で使うわけではないが、どうしても抗体が必要だという。
 1日耐えろと無茶をいい逃げる冴子を、必死で晴香は追う。
 しかし、冴子はすぐ見つかった。処分用の穴のそばで、半身をつぶされていたのだ。
 下に化け物が――そう言った冴子を、化け物の足が踏みつぶした。

※アビス戦。最弱ボスとして名高い奴ですが、実はそれなりに強いんです。
単純に、このEDを見る為には操作に慣れている必要があるからというそれだけの話で。
因みに、リョナラーさんは左上にご注目。

 アビスを退け、冴子の前に戻る晴香。
 原型をとどめないほどにつぶされても、冴子はまだ死んでいなかった。
 晴香に抗体と研究データを託し、海岸に来る父親に渡してほしいと告げる。
 そして、動かなくなった。今度こそ死んだのだろう。
 晴香は悩んだが、とにかく海岸に行くことに。何もなければ、抗体を使わなければ。

 海岸についたものの、何もない。
 翔子達を追いかけようか、抗体を使おうかと考えていると、通信が。
 通信相手は冴子の義父。彼が、PDAを残した研究員だったのだ。
 冴子の死と渡されたものについて通信していると、不意に晴香を発作が襲う。
 慌てて回収に向かう冴子の義父に後を託し、晴香は倒れた。

 晴香が目覚めると、そこは見知らぬ部屋だった。冴子が嬉しそうに駆け寄ってくる。
 あの後、晴香が持っていたデータと抗体の実物を元に、寄生体の除去手術が行われたのだ。
 現在、茂木親子の懸念通り寄生体が組織外に流出し問題となっている。
 その解決のカギになるのが、それらのデータだったのだ。
 冴子が抗体にこだわっていた理由を知り、納得する晴香。
 しかし、冴子は鎮痛な面持ちで更なる事実を告げる。
 高確率で後遺症が残り――身体機能が著しく低下するだろう、と。
 そのことに激高し冴子に詰め寄ろうとするが、体が殆ど動かない。
 不意に晴香が咳き込む。が、咳だと思ったのは吐血だった。
 血を見た瞬間、冴子は錯乱し、吐き出す。と、入ってきた姫乃が冴子を労わった。
 姫乃は、たどたどしい言葉で冴子に血に対するトラウマがあることを教える。
 冴子を部屋の外に連れ出す姫乃を見て、晴香は悟った。
 3人で抗体を分け合い命を繋いだものの、全員が後遺症を負ったのだと。
 これが、寄生体に関わった人間の末路なのだと。

250 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 22:25:37.74 ID:Ebr0FRZH0
最初に言っておくと、下水道ルートはバッドエンドしかないです。
(一部、ED9を真EDと考えている層もいるにはいますが)
では、まともなエンディングのある洋館ルートです。
正体がバレて追い出されるところまでは(眞子の生死を除いて)同じなので省略。

あと、バイバイさるさんに引っかかりそうなので、ちょっと休みますー。

252 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 23:45:35.12 ID:Ebr0FRZH0
×最初に ○最後に
なんで間違えたんだorz

離れ小屋で休んでいると、姫乃が訪ねてきた。
すねる晴香に、こんな時こそ協力しあうことが大切だと語る姫乃。
その言葉に心を開きかける晴香だったが、突然地響きが。
どうやら、姫乃がここにくる間に大型の生物兵器に発見されていたようだ。
と、小屋の壁に穴が開き、間違いなくイカな触手が姫乃を攫った。

※クラーケン戦。一番簡単なボス。銃耐性があることは覚えておこう。
これをナイフで仕留められるレベルになってないとラスボスはきついです。
そうそう、狙うのは上の口じゃなくて下の目ですからね。

何とかクラーケンを退け、姫乃を助けることに成功した晴香。
この事件で、姫乃は晴香を信頼することにしたようだ。
姫乃曰く、他の生存者達も疑心暗鬼に陥りひどい状態だが、晴香に協力してくれそうな人もいそうだとのこと。
外に出ると、通信が。組織にも、正体がバレたことがバレたようだ。ついに見捨てられてしまった。
晴香以外の生存者の中にも、観察者がいたのだ。
が、データを採取する為に生かしておくという。その為に、島に抗体を残しておくとも。
何のつもりだろうか。また、裏切り者は誰なのだろうか。
考えても埒が明かない。晴香は、友人達を助ける為、自分を助ける為に動く。

※ここから3日目PM6:00までフリー行動。
なお、この途中で死亡フラグが立つキャラクターがいます。
弘司&千尋:喧嘩を仲裁しない。(千尋が死んでいれば発生しない)
優:水路に毒がまかれた後に助けにいかない。
眞子:悲鳴を聞いた後に助けにいかない。

不意に熱さを感じ、その場で意識を失う晴香。
気が付くと、離れ小屋に寝かされていた。そして、体の奥で何かが蠢く感覚。
もう時間がない。早く研究施設を見つけて、抗体を探さなければ。
(弘司か眞子が死んでいると、ここでエンディング。下水道と同じく、弘司死亡でED6、眞子死亡でED4。また、優が死んだ状態で研究施設に入ると同じくED7。)

研究施設に、続々と生存者達が集まってくる。
生き延びる為に。目的を果たす為に。
(時間までに抗体を入手できなければED5)

4日目PM6:00になる:ED5「届かなかった抗体」
 不意に、晴香の体を強い発作が襲う。
 死にたくない。自由になりたい。しかし、もう遅い。
 絶望と後悔に苛まれながら、晴香の体から生物兵器が孵化した。

253 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 23:46:29.79 ID:Ebr0FRZH0
松山の手で、生物兵器のいる水槽に放り込まれた姫乃。
晴香が助けに行くと、松山が姫乃ごと晴香を閉じ込める。
抗体について聞き出そうとする松山を拒絶すると、松山は生物兵器を解放した。

※トライデント戦。最大の敵はモニター解像度だったりする。あとリッパーうざい。
因みに、串刺しにされた晴香のリアクションはリョナラー必見。

トライデントを退けた晴香に、流石の松山も顔色を変える。
しかし、晴香に逃げ場はなく、松山のライフルは観察室からでも晴香を撃てる。
冥途の土産に、この実験の真相を明かす松山。
実は、この実験は組織の不穏分子に生存競争をさせることが最大の目的だったのだ。
使える駒と使えない駒を選別し、使えない者を処分する。また、寄生体のデータも取れる。
偶然その真相を知った松山は、生き延びる為に他の観察者を殺していたのだ。
そして、晴香を撃つべくライフルを構えた松山は、後ろからライフルで撃たれた。
現れたのは、奈津子。晴香の義母で、この実験の責任者だ。
奈津子は、松山の語ったことが事実であることを認めた。
そして、ここまで生き残った晴香には抗体を手にする権利があるということも。
しかし、抗体を手に入れても、待っているのは組織の再教育だ。
渋る晴香に、奈津子は逃亡の手助けをしようと告げた。
怪しむ晴香に、じき救援が来ることだけ告げると奈津子は立ち去った。

254 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 23:46:49.06 ID:Ebr0FRZH0
仲間達の力を借りて、無事に抗体を入手できた晴香。一度皆と話すことに。
あっさり引き下がった奈津子を警戒する晴香だが、現状では何もできない。
すると、弘司がボートを見つけていた。これで脱出できそうだ。
順番に乗り込み、晴香が乗り込もうとした時に不意に弘司がバズーカを取り出した。
なんと、弘司も観察者だったのだ。
こんな小さなボートでは、バズーカに撃たれたらすぐ沈む。
しかも、晴香と弘司以外の皆は乗り込んでしまっているのだ。
と、弘司の後ろから奈津子が現れる。弘司の情報は罠だったのだ。
奈津子は、白河の持ち出したデータと晴香の身柄を要求する。渋々データを渡す白河。
話が違うと抗議する晴香に、奈津子は涼しい顔で答えた。
彼女も組織を抜け、ある国家で研究を続けるつもりだという。
そして、テストに合格した晴香と弘司を、部下として連れて行くのだと。
晴香が大人しく従えば、他の被験者はこのまま脱出させるという。
晴香は――
(強行突破するとED10。大人しく従うと、ノーマルの場合はED8。ハードの場合は……)

255 :寄生ジョーカー:2012/03/10(土) 23:47:40.02 ID:Ebr0FRZH0
強行突破:ED10「生還、そして……」
 勇気を振り絞り、積年の思いを吐き出す晴香。
 しかし、奈津子は強行突破してもサメ型兵器にやられるのがオチだと余裕の表情。
 と、この場面でいきなり弘司が奈津子に銃を向ける。彼も、いずれは裏切るつもりでいたのだ。
 晴香の行動と、立ち向かうのがマザーではないと確定した為行動を速めたのだ。
 生物兵器の情報を晴香に渡し、囮になれと弘司は言った。

※ティアマト戦。恐らく、生物兵器の攻撃よりも味方の誤射で沈む方が圧倒的に多いはず。
白河は兎も角、弘司って射撃の腕は晴香以上って設定じゃなかった……?

 ティアマトを倒し、弘司達と合流する。しかし、奈津子は既にどこかに逃げてしまっていた。
 しかも、自爆装置を起動されてしまった。データをあきらめ、逃走することに。

 結局、奈津子とマザーは行方不明。生存者達は、無事に島を脱出した。
 すぐに事実が公開され、捜索隊が派遣された。人や化け物の死体の山に、世間は慄いた。
 晴香は身の安全の為、白河の所属する組織に匿われた。
 そして組織も、マザーと研究データを持ち出した奈津子を狙い返り討ちに遭っていた。
 かつての友人達にはもう会わせる顔がない。組織の一員としての責任もある。
 それでも、晴香にはまだ希望があった。

 事情聴取の場で、白河は、奈津子とマザーの足取りがつかめたことを晴香に明かした。
 追いつめる為に晴香の力を借りたいという白河。
 全てにけりをつける為、晴香は再び立ち上がる。

256 :寄生ジョーカー:2012/03/11(日) 00:56:49.42 ID:vE4UxlfO0
皆の安全を条件に、奈津子に従うことにした晴香。
奈津子は晴香を連れて、制御室に向かう。そして、防御システムを解除した。
白河の通信から、船は順調に島から離れているのが分かった。無事に帰れるだろう。
奈津子は、10分後に施設を爆破し某国へ行くという。兵器のサンプルを持ち出せないと抗議する弘司。
が、マザーがいればいくらでも作り直せると奈津子は答えた。
マザーは非常に危険な存在である為、徹底した管理のできる環境が必要だという。
奈津子が組織を見限ったのも、ずさんな体制では扱いきれないと判断したからだ。
晴香は危機感を感じるが、行動をためらう。その間に、弘司が動いた。
未完成のうちにマザーを叩くべく、奈津子に銃を向けた。奈津子は溜息をつき、マザーの居場所を教えた。
マザーは、島に寄生して眠っているという。詳しい場所をモニターに表示させ、弘司に示した。

ノーマルルートの場合:ED8「束縛と犠牲」
 弘司がモニターの前に進むと、いきなり弘司の足もとに穴が開いた。
 久々のご馳走にマザーも喜ぶと笑う奈津子。
 味方を失ってしまった晴香に、逆らう気力はもう残っていなかった……。

ハードルートの場合:ED12「自由」
 モニターの前に進もうとする弘司。しかし、突如現れた冴子が弘司を止める。
 彼女は、そこに罠があることを知っているのだ。
 そのまま奈津子を拘束しようとするが、奈津子は部屋の電気を消して逃走。
 しかも、自爆装置を作動させてしまった。
 冴子は、装置は自分がどうにかするから奈津子を追うよう晴香に言った。

 施設の深部を探しているうちに、アラーム音が消えた。どうやら、解除に成功したらしい。
 マザーの肉壁が晴香の行く手を阻むが、千尋にもらったテーザー銃で切り抜ける。
 洞窟の奥で、マザーと共に脱出しようとする奈津子についに追いつく。
 しかし奈津子は、マザーの核を盾にする。下手に動けば、マザーが解放されてしまう。
 その時、横から奈津子が撃たれた。マザーの核は、深い穴の底に落ちて行った。
 松山だったモノが、不気味に笑いながら晴香に銃口を向けた。

※マツヤマ戦。行動パターンがややランダムなので面倒。リロードの隙を狙うべし。
なお、ナイフで倒せないボスの1つです。

257 :寄生ジョーカー:2012/03/11(日) 00:57:18.18 ID:vE4UxlfO0
 マツヤマを退け、奈津子の元へ駆け寄る。幸いそこまで重傷ではなかった。
 が、奈津子はマザーが解放されてしまったことにショックを受けていた。
 マザーの恐ろしさを最もよく理解しているのが、他ならぬ奈津子だ。
 これはまたとないチャンスだ。すかさず奈津子を尋問する。
 が、死んだはずのマツヤマが再び立ち上がる。冴子がとっさに晴香を庇い撃たれる。
 弘司がマツヤマに組み付いて、壁際に追いつめる。これで、今動けるのは晴香だけだ。
 無駄だとはいいつつも、奈津子は晴香にマザーへの対処法を教える。
 「手に入れるんでしょう。あなたの望んだ……自由とやらを……ね。」

※マザー戦(+前座のエレベーター)。全部で4段階。
テーザー銃があればどれか1段階を飛ばすことができます。

 マザーに最後の一撃を叩き込み、安堵に倒れる晴香。だが、島が崩れそうだ。
 と、弘司が駆け寄ってくる。終わりを悟り、晴香を連れてボートまで急ぐ。
 冴子と奈津子は既にボートに搬送しており、マツヤマは地面の裂け目に蹴り落としたという。
 島が崩れる前に、逃げ出すことに。

 晴香がマザーを倒したことに驚き、自分の研究が未完成だったことを認めた奈津子。
 顔色の悪い冴子に、弘司と冴子が抗体を入手していないことに気付く晴香。
 しかし、奈津子曰く「抗体に選ばれた」冴子は今のところは問題ないとのこと。(弘司は入手済)
 他の生存者を気遣う冴子に、既にボートで脱出していることを教える晴香。
 しかし、奈津子は組織の追っ手を警戒する。下手をすれば、被験者にも害が及ぶかもしれない。
 と、船に通信が入る。白河だ。データの再入手と晴香達の行方を探る為に戻ってきたという。
 生存者達も、仲間が保護しており安全だと告げる。
 状況を説明すると、大輔は自分についてくるように言った。拘束はするが、安全は保障すると。
 他に行く当てもない。晴香は了承し、少し休むことにした。

258 :寄生ジョーカー:2012/03/11(日) 00:57:46.88 ID:vE4UxlfO0
 白河の言った通り、晴香達は拘束されたものの扱いは悪くなかった。
 そして、白河の所属していた諜報機関が組織の研究を公表し、組織を壊滅に追い込んだ。
 奈津子が逃亡しようとしていた某国にも、捜査のメスが及んだ。
 生還者達も、元の生活を取り戻しつつあるという。
 優と翔子は少し休んだ後大学に戻ったが、友人2人に裏切られた千尋は現在も休学中。
 が、優と翔子が千尋のことを気にかけてくれているようだ。
 姫乃もカウンセリングを受けているが、眞子の存在もあり快方に向かっているとのこと。
 2人は冴子の正体を知ってなお、冴子を気にかけているという。
 しかし、冴子は二度と2人の前には現れないと決めていた。
 白河の組織は、観察者崩れ3人を勧誘していた。
 冴子は、PDAを提供した元研究者に寛大な処置をすることを条件に承諾。
 弘司は、勧誘を断り出て行った。恐らく、組織の関係者を避けたかったのだろう。
 晴香は、保留にしてもらっていた。

 白河立ち合いの元、奈津子に面会した晴香。
 全てを失ってなお余裕の態度を見せる奈津子。しかし、晴香は冷たく切り捨てる。
 晴香が奈津子に会いたかったのは、自分の過去について聞く為だ。
 自分の本当の家族のことを知りたい。会うことはできなくとも、気持ちに区切りをつけられるはず。
 晴香の感傷を馬鹿にするような態度の奈津子。
 面会時間が終わり、立ち去る晴香の背中に、奈津子は晴香の家族について告げた。
 両親は既に他界。しかし、当時赤ん坊だった妹がおり、別の人物に引き取られたという。
 なぜ教えたか聞かれ、こんな使えそうな人材に自殺でもされたら困ると答える奈津子。
 呆れながらも、もう奈津子と会わないつもりでいた晴香はそのまま立ち去った。
 新しい自分になる為に。

259 :寄生ジョーカー:2012/03/11(日) 01:02:29.27 ID:vE4UxlfO0
これで終わりですー。
なお、ED1~3は、仲間を見捨ててボートで脱出することが条件。
情報量や脱出した時間によって多少展開は変わりますが、どっちにしろオチは同じ。
奈津子は順調に計画を進め、晴香は寄生体に侵され死亡です。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー