ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ

part61-180


180 :P4U ◆l1l6Ur354A :2012/06/04(月) 18:03:07.66 ID:wVAFTP6J0
P4U ペルソナ4 ~ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ~ 
※アーケード版です。
※ここでのPCとはラビリス・シャドウラビリス以外のプレイヤーキャラのことを指します。

2012年3月1日。
去年発生した連続殺人事件の犯人は逮捕され、
人々を惑わしていた霧は晴れた。
そんな平和なはずの稲羽市で、また新たな事件が発生した。

気がつくとPCはテレビの中の世界にいた。
そこは「マヨナカアリーナ」という不思議な闘技場。
そこで、「P-1グランプリ」が開催されるらしい・・・。
コミッショナーは「クマ総統」と名乗る偽物のクマ。実況は久慈川りせ。
対戦相手はPCと同じようにテレビの中に入った人。だが様子がおかしい。

とにかく対戦相手を倒しながら先へと進むPC。
アリーナを出て道なりに進むと、八十稲羽高校に似たような校舎があった。
どうやらクマ総統とりせは放送室にいるらしいのでそこへ向かう。
途中で生徒会長と名乗る関西弁の少女と出会う。
彼女は痛むらしい頭に手をやりながら去って行った。

放送室にはクマ総統とりせ、そして先に着いていた生徒会長がいた。
どうやら試合を実況していたのは、クマ総統が作りだした偽物のりせだったらしい。
そして様子がおかしかった対戦相手も、クマ総統が用意した偽物だった。
生徒会長は実は「対シャドウ用兵装・五式ラビリス」という、アイギスの姉妹機とも言うべきロボットだった。
ラビリスは長い間狭い場所に閉じ込められていたらしい。
自我を持っていたラビリスは孤独に悩み、逃げ出した。そして誰かにテレビに入れられた。

クマ総統の姿が変わり、ラビリスと同じになった。彼女はラビリスのシャドウ(シャドウラビリス)だ。
「どう?番組楽しんでくれた?」と、シャドウは不敵な笑みを浮かべる。
ラビリスはひそかに学園生活にあこがれていたらしい。それでこんな学校が出来上がったのだ。
そして特捜隊メンバー達を呼んだのは、平和に暮らしている学生達に思い知らせてやるため、らしい。
どうやって思い知らせるのかとシャドウに問う。
「決まってるじゃない、皆殺しよ!昔のあんたみたいにね」
忘れたい過去を持ちだされたラビリスは、
「アンタなんか、ウチやない!」とシャドウを拒絶する。

シャドウは暴走し、ペルソナ「アステリオス」と共にPCに襲いかかる。
PCがシャドウを倒すと、暴走はおさまった。
シャドウを受け入れるよう促すが、まだ悩んでいるらしいラビリス。
PCは、大丈夫だ、お前は一人ではない、とラビリスを励ます。
「もう一人じゃないんや。アンタはウチ、ウチはアンタなんやね・・・」
ラビリスはシャドウをやさしく抱きしめる。シャドウはペルソナ「アリアドネ」に変化した。

帰ろうとするPCとりせ。
二人を追って歩き出そうとするラビリスの背後に、何かが――。
おわり?
※アーケード版はこれで終わりです。続きは家庭用で。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー