テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー

part61-390~393


390 :355:2012/07/01(日) 21:49:08.36 ID:2MynoYfe0
皆様乙です。予約していたマイソロ1、えらい長くなっちゃったので短めに直しました…投下します
ラスボスの事情とヒロインの事情だけは詳しく書きましたので、だいたい分かると思います。

391 :TOW レディアントマイソロジー:2012/07/01(日) 21:50:40.25 ID:2MynoYfe0
ID変わっちゃってるけど355です。まず世界観と登場人物紹介から。

◆世界観
舞台となるのは「テレジア」という世界。
マナを生み出す「世界樹」に守られた豊かな世界だが、
大地を喰らう魔物「蝕むモノ」の侵攻を受け、滅亡の危機に瀕している。

※マナ…世界を構成するために必要なエネルギーのようなもの

このテレジア以外にも様々な世界が存在し、それぞれが世界樹を有している。
テレジアは他の世界よりも世界樹が大きく、マナが豊富。

◆登場人物

【主人公】
テレジアの世界樹が生み出したディセンダー。
(ディセンダー=世界樹の守り手とも呼ばれる救世主)
世界樹の化身でもある。生まれたばかりのため、経験=記憶がない。
性別は男女選べるが、2や3とは異なり、性別による会話の差分は無い。

【モルモ】
「ヤウン」という異世界のディセンダー。羽の生えた猫のような見た目。
テレジアの世界樹に呼びかけ、主人公を誕生させた。
彼の世界はテレジアと同じく「蝕むモノ」の侵攻を受け、滅亡寸前まで追い込まれている。
自身の世界を取り戻すため「蝕むモノ」を追い、テレジアまでやってきた。

【カノンノ】
アドリビトムというギルド組織で働く、明るい性格の少女。
記憶喪失で自分の名前以外は何も覚えていない。
記憶がない主人公に親近感を覚えるらしく、何かと気にかけてくれる。
2や3と違ってパーティメンバーに加えることはできない。

392 :TOW レディアントマイソロジー:2012/07/01(日) 21:52:15.54 ID:2MynoYfe0
大地を喰らい尽くす「蝕むモノ」によって危機に瀕している世界「テレジア」
世界を救うために生まれた主人公は、異世界のディセンダーであるモルモと共に、
ギルド「アドリビトム」の依頼をこなしつつ、各地を奔走することになる。

依頼をこなしているうちに、主人公達は「蝕むモノ」を操る男と遭遇する。
その男は、異世界のディセンダー・ウィダーシンであった。
蝕むモノについて問いただすと、驚愕の事実が告げられる。
蝕むモノはウィダーシンの世界「ギルガリム」だというのだ。

ギルガリムは先天的にマナが少なく、常に荒れ果てていたという。
何とかしようと思ったウィダーシンは、ギルガリムの全てを種子へ還元し、
他の世界へ旅立った。種子の姿まで戻されたギルガリム(世界樹)は
豊かな世界として再生するために、他の世界を喰らってマナを吸収していたのだ。
その場では逃げられてしまったが、主人公達はウィダーシンを追いかける。

ウィダーシンを追う旅の途中、退行催眠によってカノンノが記憶を取り戻す。
彼女は異世界「パスカ」のディセンダーであり、ウィダーシンの協力者だった。

パスカも滅びに瀕した世界であり、打つ手無く行き詰っていたカノンノは
ウィダーシンに「共に他の世界のマナを集めれば、世界を再生することができる」
と協力を提案され、その手を取るしかなかった。
彼女の役目は、ギルガリムに抵抗する世界樹の力を奪い、を押さえ込むこと。
だがテレジアの世界樹は力が強く、押さえ込むことができず弾かれてしまい、
記憶を失ってしまったのだ。

記憶を取り戻し「自分のために他を犠牲にすること」の間違いに気付いたカノンノは
主人公と共に戦う道を選ぶ。

続く

393 :TOW レディアントマイソロジー:2012/07/01(日) 21:53:18.54 ID:2MynoYfe0
世界の大半がギルガリムに捕食され、残された時間があと僅かになった頃、
他のウィダーシンの協力者から、ウィダーシンの真の目的を聞かされる。
それは「全ての異世界をギルガリムに食べさせ、ひとつの世界として統一すること」
つまり、パスカを元に戻すつもりなど微塵も無かったのだ…。

そして、ついに辿りついたギルガリム本体の中で、主人公がウィダーシンを討ち倒す。
蝕まれたテレジアの大地は再生し、ギルガリムに飲まれた人々も帰還した。

しかし、これまで捕食されてきた異世界はマナとして流れ出し、
放置すれば消滅してしまう事態に陥る。

主人公とモルモとカノンノは
流れ出した異世界のマナを、テレジアの世界樹へ集めることにした。

テレジアの世界樹に集められたマナは調和を果たし、実りとなった。
モルモの世界「ヤウン」カノンノの世界「パスカ」その他の沢山の世界、
そしてウィダーシンの世界「ギルガリム」までもが
テレジアの世界樹から、種子として転生することに成功する。

種子として転生したそれぞれの世界はテレジアから旅立ち、
再生の道を歩むことになる。

種子の旅立ちと、モルモとカノンノを見送った主人公は
自らを生んだ世界樹の元へと帰っていった。


おわり


※道中でウィダーシンとカノンノが相対するシーンは無いため
カノンノが協力者であることは記憶が戻るまで全くわかりません。

※ギルガリムについて
ウィダーシンの言い分だと「先天的にマナが少ない世界」のような表現なのですが、
カノンノは「何らかの要因で大量にマナを失った世界」と表現しています。
どっちが正しいのかよくわからないので、ウィダーシンの言い分を採用しています。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー