メイドさんを右に

part64-81


81 :メイドさんを右に:2012/11/17(土) 02:17:52.08 ID:av8f1KQ40
※しばらく全裸でお待ちください

・ストーリー 
中世ヨーロッパにあったような気がする平和な小国トラソッノレバ二ヤ。
色々あってヴァンパイヤ一族が復活したような気がしたので、そういうことになった。
なので、ヴァンパイヤハンターであるレイチェル(職業:メイド)が大急ぎで退治しにいくことになった。
(以上公式サイトより)

魔城に侵入したレイチェルは鉄球を振り回ししつつ、ひたすら右へ進み、
触れたら即死するトラップや巨大オオカミ型ロボや弾をばら撒く小便小僧などを撃破していく。

魔城の最深部には一人の長耳巨乳美女が待ち受けていた。
彼女の名はフランシア。同作者の別作品『ジャバウォックの花嫁』の主人公である。
(なお、『ジャバウォックの花嫁』にはストーリーらしきストーリーは無く、フランシアの設定も詳細不明)

フランシア「我が魔城へようこそ。で、何の御用かしら?」
レイチェル「えーっと、おまえをたおしにきたので、とっとと滅んでください」
フランシア「ふん、小娘風情が。よかろう、遊んでやろうか」

てなわけで最終決戦を挑んだレイチェルは、(難易度ナイトメアなら冗談抜きで)壮絶な死闘を繰り広げ、
ようやくフランシアを打ち倒すが、自らも疲れ果ててその場に倒れる。

レイチェル「手間かけさせやがって、もう。さあ、朝日でも浴びてとっとと滅びろ!!」
フランシア「・・・何それ?」
レイチェル「・・・え?いやだから、あんたら朝日を浴びると灰になって・・・」
フランシア「ヴァンパイアどもじゃあるまいし、アホか」
レイチェル「つかぬことをお伺いしますが、あなたヴァンパイアさんでは・・・?」
フランシア「ヴァンパイア一族の城はうちの隣だろ?」
レイチェル「な、なんだってー?!」(SE:ブッブー♪)



(どの難易度でもストーリーは同じです)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー