ルナ2 エターナルブルー

part64-279,280


279 :ゲーム好き名無しさん:2012/12/31(月) 00:23:15.57 ID:MNy9hCWcQ
未解決から『ルナ2 エターナルブルー』

~プロローグ~
天空に浮かぶ青き星はかつて女神アルテナの庇護の元、生命に満ち溢れていた。
だがある時、破壊神ゾファーがどこからともなく現れ人々の負の感情を煽り始める
人々はお互いを疑い、憎み、争うようになり青き星は荒廃していった。
アルテナとゾファーの戦いの末、ゾファーは封印されるが
もはや人の住める環境ではなくなった青き星からアルテナは人々と共に
新たな大地『LUNER』へと移り住むのであった。
その伝説が忘れられる程に永い時を経て物語は始まる―――


~本編~
考古学者の卵である少年ヒイロは毎日遺跡に潜り盗掘…もとい発掘を行なっていた。
そんなある日、ヒイロは青き塔と呼ばれる遺跡で謎の少女ルーシアに出逢う
不思議な雰囲気を持つ彼女は「アルテナに会わなければ」と呟いて去ろうとするが
彼女を放っておけなかったヒイロは自分がアルテナに会わせてあげると言い出す。
そこへ女神アルテナを崇拝するアルテナ神団が現れ
ルーシアを『魔王』と呼んで討伐しようとするのであった。

アルテナ神団の妨害をすり抜けながら旅を続けるヒイロの前に
女神アルテナに反逆しドラゴンマスターアレス(前作の主人公)に倒された
魔法皇帝ガレオンが現れ、思わせぶりな発言をして消えてしまう。
その後、長い旅を経てようやくアルテナのいる場所に辿り着いたのだが
今のアルテナは名前を騙っているだけの偽物で、復活した破壊神ゾファーの手先であり
本物のアルテナは遥か昔に人間に転生して女神としての役割を終えていた。
(※この辺りの詳細は前作である『ルナ ザ・シルバースター』を参照)

280 :ゲーム好き名無しさん:2012/12/31(月) 00:24:01.16 ID:MNy9hCWcQ
アルテナの代わりにルーシアが世界中の魔法力を集めて
ゾファーを再び封印しようとするが、魔法力の解放を寸前で何故か止めてしまう。
アルテナの力とは『創造』であり、その為にはまず『破壊』する必要がある
その規模は星を丸ごと呑み込む程であり、かつてアルテナは
ゾファーの封印と引き換えに星一つを滅ぼしてしまった
即ち、青き星を直接滅ぼしたのはゾファーではなくアルテナだったのだ。

そして今、ゾファーを封印する為にその力を解放するという事は
この世界『LUNER』を滅ぼしてしまう事に他ならない
ヒイロ達との長い旅で育んだ想い出がルーシアの決断を鈍らせてしまう。
その一瞬の油断によりルーシアはアルテナの力と一緒にゾファーに取り込まれ
破壊の力と創造の力が合わさり最強に見えるゾファーに手も足も出ないヒイロだが
旅の最中、何度も敵として立ちはだかったガレオンに叱咤され戦う力を取り戻す。
人間の力を見下し圧倒的な力で勝ち誇るゾファーだが、ヒイロ達は諦めない。
ルーシアと共にゾファーを討ち滅ぼし、神の時代を完全に終わらせた。
全てが無事に終わったかに思えたがルーシアはヒイロに別れを告げ、青き星へと帰ってしまう
いつの日か来るであろう青き星の再生を、たった一人で待ち続ける為に眠りにつくのであった。


~クリア後の後日談~
ヒイロはルーシアが眠る青き星へ行くと決め、世界中を走り回って情報収集した結果
世界のどこかにいる星竜に認められれば青き星に行けるとわかり
星竜を見つけ出しボッコボコにして青き星へ向かう。
ヒイロに気付いて目覚めたルーシアと共に、再生が始まった青き星でキスを交わす二人で締め。

おしまい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー