イエロー・ブリック・ロード

2013/04/02 Wiki直接編集で投稿


●イエロー・ブリック・ロード
オズの魔法使いをテーマにしたプレイステーションの3Dアドベンチャーゲーム。
常に主人公視点なため、主人公の容姿はわからない。
ちなみに戦闘は敵がこちらにゆっくりと近づいてくるのを、攻撃やアイテムで押し戻して倒す。
 

小さな飛空挺に乗った小男オズが、望遠鏡で辺りを見ている。するとある物を見つける。
湖の見える平原に説明もなくいる主人公。とりあえずレンガの道を歩いて行くと、一軒の家を見つける。
家の扉の横に居たカブみたいな生き物がどこかに行くと、スイッチが下にありそれを押すと家の扉が開く。
中にはブリキの木こりティン・マンがいた。主人公は聞かれるまま身の上を話す。
少し前に家の中で銀の靴を見つける。それを履くと、ここに飛んでしまった。
木こりは主人公の話を聞いた後、ここが異世界である事を教えてくれる。
友達のライオンが岩の近くに捕まってるから助けてくれと、一緒に同行する事になる。
外に出て道なりに進むと、大岩に鎖で繋がれたライオンがいた。
助けようとすると岩の後ろから2人のノーム兵が現れる。木こりだけが戦闘して撃破する。
枷を外しライオンを助ける。話を聞くとライオンの友達であるカカシ男がエメラルドの国に行ったまま、帰ってこないらしい。
ノーム兵を何とかしてほしいと、エメラルドの国のグリンダ姫に頼みに行ったとの事。
木こりも頼みに行こうと国を訪ねる事にする。それに友達の友達を助けるのは当然だと言った。
 

初めの湖まで戻り、小舟を引っ張り出して皆で乗り王国へ。
辿り着くと扉の前に二人の番兵。話しかけると「怪しい奴め、ノーム兵だな!」とこちらの話も聞かずに襲いかかってくる。
仕方なく倒して門を開け、お城の中へとはいる。噴水の水が溢れており、ブリキは錆びるため王室のある二階には行けない。
探索中に次々と襲いかかってくる兵士たちを倒しつつ、物置を開けるとカカシ男が縄で縛られている。
カカシを仲間にし、王女に会いに行く。物置の隅にあるハンドルを回すと、噴水の水がとまる。
二階に上がる。王室の扉は鍵がかかっていて入れないため、他の部屋を探索する。
寝室にあるスイッチを押すと、ベッドが動いて壁に掛けられた水晶玉が出てくる。
触れるとどこかにワープ。その先にも水晶玉がある。
途中で番兵と戦いつつ、行き止まりにいたカボチャ頭の強敵ジャックをやっつけ王室の鍵を手に入れる。
王室の鍵で扉を開く。そこには巨大な人間の頭と両手がおり、襲い掛かってくる(実質このゲームのラスボス)。
倒すと小さな男オズの姿に戻る。命だけはと言ってくるオズに、我々はノームの手先ではないと誤解を解く。
姫の所在を聞くと、グリンダ姫はノーム王に話をしに出かけたと言う。
オズはここに居てグリンダ姫を待たないかと聞いてくる。言われた通り待つ事にする木こりとライオンとカカシ男。
主人公は帰る手段を聞く。木こりがここに来た銀の靴があれば戻れるのだがと口にすると、オズが道で拾ったと取り出す。
別れの挨拶をして、銀の靴を履く主人公。
自分の家に戻る。すると机の上に見知らぬ水晶玉があった。
水晶玉に映るのはグリンダ姫、主人公に助けを求める。光が主人公を照らす。
 

短いけどこれで終わり。to be continued イエロー・ブリック・ロード2へ。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー