パラッパラッパー

当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-404,405


404パラッパラッパー:2013/04/01(月) 19:19:22 ID:???
●パラッパラッパー
プレイステーションの音ゲー。

OP
白黒の映画、敵巨大ロボットの捕えられて泣く熊の子供。敵を睨みつける映画の主人公ジェットベイビー。
赤い帽子の犬の主人公パラッパ。
その友人の熊のベリー、猫のケイティ。そしてパラッパの想い人の可愛い花の女の子サニー。
四人は並んで映画を見ている。
ジェットベイビーが飛び立ち、ロボットの周りをぐるぐる回る。
目で追い続けたため、目を回すロボット。
子供を抱きしめて空へと逃げるジェットベイビー、倒れるロボット。THE END。
映画館から出てジェットベイビーを褒め合う四人。パラッパはジェットベイビーみたいになりたいと心の中で思う。
一同はバーガーショップへと行く。

Lesson1「I need to Become A Hero!(ヒーローになりたい!)」
パラッパ、ベリー、ケイティ、サニーの四人。
四人はハンバーガーショップで食事をしていた。
そこにガラの悪い二人組が登場して、サニー達をナンパする。サニーは拒否。
「もう大丈夫さ!」と突然、トイレから体格の良い男が助けに来る。名前はジョー・チン。
ジョー・チンは自慢話を延々とし続け、呆れたサニー・ベリー・ケイティは放置して帰る。
ビビっていたパラッパは、僕も悪い奴らを倒せる強い男になりたいと妄想。
「ボクならできるさ!」
パラッパはさっそくフルーシ(ツ)道場の扉を叩く。
タマネギ先生とラップで特訓。キック、パンチ、チョップで見事合格する。
一方その頃、すでに夜になったバーガーショップで未だに二人組みに自慢話をしていたジョー・チン。
「とまあ、短い前置きはそろそろやめて、かかってきたまえ!」
話がようやく終わるころには、話に疲れ切った二人組はその場で倒れた。

Lesson2「You guys Sit in The Back(キミたち、うしろね)」
ドーナツショップで食事をとる四人。今日はどうすると言うサニーに、パラッパは海に行こうと誘う。
車があるといいとケイティ、さらに運転免許も必要とベリー。
そこにすごく長い高級車に乗ったジョー・チンが登場する。カッコイイとはしゃぐパラッパとベリー。
サニーとケイティをナンパするジョー・チンに、パラッパ達も一緒なら構わないと二人は答える。
ジョー・チンの横に座らされる女の子二人、パラッパ二人はすごく長い高級車の遙か後ろに座らされる。
バックしてドーナツ屋に直撃、パラッパとベリーはドーナツまみれに。さらに車が進むと排気ガスが二人を煙に巻く。
そんな中、パラッパは妄想する。運転免許を持っていたらサニーちゃんと一緒に行けるのにと。
「ボクならできるさ!」
パラッパはさっそく教習所に行く。
ヘラジカの女教官ムースリーニ先生にラップで運転を習う。ブンブンブンっつったら、バンバンバンで免許を手に入れる。

Lesson3「My dad's gonna Bite me!!(パパにかまれちゃうよ!!)」
免許取って10分のパラッパは、追いかけるパパを無視して家の車に乗って三人を迎えに行く。
ご機嫌で運転するパラッパ。助手席のサニーがこのまま風に乗ってどこかに行きたいわねとパラッパを褒める。
その言葉にパラッパは妄想する。船の上で二人きり、同じテーブルについて夕日を眺めるパラッパとサニー。
ワインを飲み、照れる二人。そしてキスするために口を近づける。
トリップ状態のパラッパ、クラクションを鳴らす大型トラックと正面衝突。
怪我はないものの、崩壊するパラッパの車。「パパにかまれちゃうよ!」
「ボクならできるさ!」
パラッパは弁償のため、フリーマーケットの手伝いに行く。
カエル先生はラップで商売する。マニマニマニっとお金を稼いで、車を直す。

405パラッパラッパー:2013/04/01(月) 19:19:50 ID:???

Lesson4「Guaranteed to Catch her Heart(彼女のハートははなしません)」
半壊しているドーナツ屋で、パラッパ・ケイティ・ベリーの三人はドーナツを食べながら話していた。
明日はサニーの誕生日。じゃんけんで役割を決め、ケイティは飾り付け係、ベリーはプレゼント係、そしてパラッパはケーキ係となる。
ケーキ屋で花の様なケーキを買うパラッパ。
ケーキを持って店から出ると、ジョー・チンもケーキを持っていた。
ジョー・チンの天まで届かん巨大ケーキは、一層一層に意味があり一つずつ説明される。
長い話を終えてまた明日とジョー・チンはケーキを抱えて振り向く。パラッパにぶつかってから去って行った。
ケーキを落として壊してしまうパラッパ。このままではケイティに怒られる、しかしケーキを買うほどの金はない。
「ボクならできるさ!」
材料を集めて自作ケーキを作るために、料理番組を見るパラッパ。
ニワトリ先生のシーフードケーキ作りを見ながら作成する。どうやってテレビから出てきたのと完成。

Lesson5「Full Tank(満タン)」
誕生日会が始まる。森の中で楽しく食事をする四人。ちなみに背景で遠くでふらつくジョー・チンが、ケーキを倒している。
語り合うパラッパとサニー。気を利かせたケイティがベニーを連れて離れる。
パラッパとサニーは二人きり、沈む夕日を眺める。夕日に感動するサニー、飛び出す心臓を抑えるパラッパ。
突然、強烈な便意がパラッパを襲う。ケーキを食べすぎたのが原因らしい。空の鳥が便器に見える。
必死に便意をこらえるパラッパ。シリアスな表情のパラッパにサニーはときめく。
サニーを車に乗せて家へと送るパラッパ。目をハートにしてパラッパに見ほれるサニー。
ガソリンが少ないため、ガソリンスタンドへ。これ幸いにとサニーに黙ってトイレに駆け込むパラッパ。
しかしそこにはタマネギ先生、ムースリーニ先生、カエル先生、ニワトリ先生の四人が並んでいた。
我慢の限界、ラップで勝負だ。ラップで一人ずつ倒して順番を譲ってもらっていくパラッパ。
車に戻ってサニーを送る。いつものパラッパに戻ってちょっとがっかりするサニー。「ま、いっか」

Lesson6「I gotta believe!!(ボクにまかせろ!!)」
父親からパーティーのチケットを貰い、サニーを電話で誘う。
車に乗ってサニーの家へ、父親の植木鉢に恐縮しながら挨拶。サニーと共にダンスパーティーへ。
たくさんの人が踊るダンスパーティー。パラッパはMCキングコング・ムシのいる舞台へ。
今までの四人の先生がバックダンサーで、パラッパはラップを披露する。


映画館へ
行く四人。入ると同時にTHE END。スタッフロールが始まる。
そしてOPへ。

終わり。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー