ゴーレムのまいご

part65-401~407


 

401 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:36:35.62 ID:y2/znYQq0
●ゴーレムのまいご
2000年の2月24日発売、ドリームキャスト。アクションパズル。見下ろし型のパズルゲーム。
ゴーレムを操って壁を押したり、回転ドアの様に動かしたり移動させて道を作る。
王様はただひたすら前に歩く。壁にぶつかると左に曲がる。それが無理なら右に曲がる。王様を押すのも可能。
壁を押して道を作り、ゴールへの道順を生みだす。
また壁同士をつなげて、それぞれのステージの繋げた壁のノルマを達成する。また落とし穴や、邪魔してくる敵も存在する。
ステージの内容とイベントの時系列がずれている、例えばステージ1~36は王さまがゴーレムと会って森の中を帰る途中のステージ。
ゴーレムの見た目はダンボールで組み合わせたような四角い人型。王さまは王冠・ひげもじゃ・赤い上着と王様。


OP。
ゴーレムとは、まほうの力によって生命を与えられた土や岩のかたまり。
主人である、まほうつかいの命令をいちどだけきくという。
へいわな2つのくに、ピピリアとマバールがあった。
この2つのくにはかつて、まほうせんそうをしていた。
ピピリアは、くにのほとんどがそうげんで、北のはずれにもりがあり、
もりにはピピリアのくににへいわをもたらした、まほうつかいが住んでいた。

マバールはピピリアの南にあり、2つのくにのあいだには大きなみずうみがあって、
みずうみにうかぶしまには、まほうせんそうのときに、マバールのまほうつかいがつかったたかいとうが、そびえたっていた。

さいきんピピリアに、まものがあらわれるようになり、ピピリアの人たちは、不安な日々をすごしていた。


402 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:37:18.11 ID:y2/znYQq0
 ピピリア城。
(赤い夕陽が照る夕方頃、城の外に一人の羊頭の男と、その前にゴーレムが向かい合っている。)
しつじ「王さまをつれて、ピピリアにかえってきてほしい。」
 ゴーレムには王さまが、どこにいるのかわかっていた。
 考えるからではない、まほうの力がゴーレムをみちびくのだ。
(ゴーレムはしつじに背を向けて、道を歩く)
 王さまはもりにいた。
 王さまはどうして、城をとびだしたのだろうか。

ステージ1~5

 ある朝のピピリア城。
 しつじのへや。
兵士「たいへんです。王さまがいません。」
しつじ「そんな……、こんなたいへんなときに。ピピリアにはさいきん、まものがあらわれている。」
しつじ「ぼうけん好きの王さま、こんどはどこに行ったのだろう。」

ステージ6~13

 王さまがいなくなった前の日。
 王さまはしつじたちをあつめて、はなしあいをしていた。
兵士「街はこんらんしています。」
王さま「わかっておる。しかし、どうすればよいのだ。」
しつじ「むかし、まほう戦争のときに、もりのまほうつかいがゴーレムをあやつり、ピピリアを救ったといいます。」
しつじ「ゴーレムなら、国を守れるかもしれません。」
王さま「もりのまほうつかいか…。」
 そして、そのよる、王さまは、こっそりまほうつかいに会いに行った。

ステージ14~20

 かつてピピリアとマバールは、まほう戦争をしていた。
 戦争がおわり多くのぎせい者と、カベがピピリアにのこされた。
 ピピリアは、マバールからのしんりゃくを防ぐために、カベをつくり。
 マバールは、ゴーレムを使って、そのカベをこわしていった。

ステージ21~24

兵士「もりのまほうつかいが、お会いしたいときております。」
しつじ「わかった。すぐ行く。」
(王間にしつじとまほうつかいが、向かい合った)
しつじ「なにごとですか。」
まほうつかい「まおうがあらわれ、マバールの王が殺されたようです。」
まほうつかい「ピピリアにあらわれている、まものたちはやつの手下でしょう。」
まほうつかい「まおうは、ねむっているすべてのゴーレムを復活させ、ピピリアをほろぼそうとしています。」
しつじ「それはたいへんです。はやく王さまをみつけないと」
しつじ「まほう戦争のときに使った、ゴーレムを作ることはできませんか。」
まほうつかい「あと1体ならなんとか…。」


403 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:38:44.71 ID:y2/znYQq0
ステージ25~28

まほうつかい「この水晶はさいごの1つです。これでゴーレムが作れるはずです。」
(岩の塊が、人型になって立っている)
まほうつかい「あとはしつじどの。ご命令を…。」
(そして、最初の場面の城の外)
しつじ「王さまをつれて、ピピリアにかえってきてほしい。」

ステージ29~32

 王さまはもりのまほうつかいの家にたどりついた。
王さま「ここがまほうつかいの家か。」
(家の扉の前に居る王さま、後ろから誰かが声をかけてくる)
予言者「王さまが、ここにくることはわかっていました。」
予言者「まほうつかいはすでに城にいます。今、ピピリアはたいへんなことになっています。」
予言者「おそろしいまほうが、よみがえりつつあります。」
王さま「どうすればいいのだ。」
予言者「へいわをとりもどすには、まほうが封印されているつえを、こわさなければいけません。」
予言者「そのつえは、強力なまりょくでないとこわせないのです。」
予言者「つえをさがし、こわさなければ…。」
 王さまはピピリアに戻ることにした。

ステージ33~36

王さま「でたな、岩のばけものめ。ん? ちがうのか。ひょっとして、おまえがゴーレムか。」
 ゴーレムは何もいわない。
王さま「ゴーレムなんだな。」
 ゴーレムは向きをかえてうごきだした。
王さま「わしをむかえにきたというわけか。」

ステージ37~39

王さま「おなかがすいたなあ。おっ、あんなところにりんごの木が。」
 王さまはジャンプした。
王さま「んー、だめか。ゴーレム、あのりんごをとってくれ。」
(ゴーレムは手を伸ばして、気に生えたりんごを掴み、王さまに渡した)
王さま「ゴーレム、おまえもたべるか。」
 ゴーレムは何もいわない。
王さま「そうか…。」

ステージ40~42

 このゴーレムにとって、命令をうけるのは2度目のことだった。
 まほう戦争のおわりに、マバールのまほうつかいによって命令をうけていた。
 「ピピリア中のカベをはかいせよ。」と。
 しかし戦争がおわり、ゴーレムたちはもとの岩となり、ながいねむりについた。このゴーレムもその岩のひとつだった。
 かつてゴーレムだった岩は、まおうがあらわれたことで、まおうのまりょくに反応し、じょじょに赤くなっていった。


404 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:39:48.69 ID:y2/znYQq0
ステージ43~45

王さま「何のおとだ。ん?」
 王さまは、ゴーレムのようすがおかしいことにきづいた。
(マバールのまほうつかいの記憶) 
 「ピピリア中のカベをはかいせよ。」
(しつじとの記憶)
 「王さまをつれて、ピピリアにかえってきてほしい。」

 とおくのかねのおとは、ゴーレムにむかしの命令をよみがえらせる。
 ゴーレムは、まりょくをわずかにかんじる赤いカベに近づく。
 ゴーレムがふれると、赤いカベはたちまちきえてなくなってしまう。
 まりょくとまりょくがぶつかりあうからだ。
 赤いカベはかつての仲間たちだった。
 ゴーレムはそれを知らない。

ステージ46~48

 王さまが街にもどると、すでに街はなかった。
王さま「なんだ? ピピリアの街がういているぞ。」
(空中に浮く大地と、その上に立つ城と街が見える)
 王さまがもりにいるころ、ピピリアにまものがつぎつぎとおしよせていた。
 まほうつかいは街ごと空にうかべた。
 まほうの力はいつまでもつかわからない。地上でまっているのは、おそろしいまものたちだ。
(誰かが空から飛んできた)
 まほうつかいとしつじがおりてきた。
しつじ「王さま、よくごぶじで…。」

ステージ49~52

しつじ「王さま、よくごぶじで…。」
まほうつかい「まおうが、パストラバースの封印をとこうとしています。」
まほうつかい「パストラバースは、岩に命を与える古代のまほうです。やがてすさまじい力をもつゴーレムが、国をほろぼすでしょう。」
王さま「予言者がいっていたまほうは、パストラバースのことだったのか。」
 王さまはもりで予言者にであったことを話した。
王さま「きっとまおうがもっているつえに、パストラバースは封印されているぞ。」
まほうつかい「そういうことでしたか。」
王さま「まおうのもっているつえを、こわさなければ…。」

ステージ53~56

王さま「それで封印はとかれたのか。」
しつじ「いや、まだです。」
まほうつかい「封印をとくには、101回のぎしきを行わなければいけません。」
まほうつかい「マバールの塔でぎしきは行われています。時々、そこからかねの音がきこえます。」
まほうつかい「1回のぎしきがおわるたびに、ならされていものです。」
王さま「そうだったのか…。」


405 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:41:51.77 ID:y2/znYQq0
ステージ57~61

まほうつかい「早くゴーレムの復活を、とめなければ大変なことになります。」
まほうつかい「パストラバースのつえをこわせば、ゴーレムは2度と、復活することはないでしょう。」
王さま「こいつはどうなるんだ。」
まほうつかい「きっととまってしまうでしょう。」
王さま「そうか…。」
(王さまは俯き、次にゴーレムを見上げる。そしてもう一度、まほうつかいとしつじを見た。)
王さま「よし、マバールの塔にいくぞ。」

ステージ62~64

 おひめさまがピピリアの城からおりてきた。
おひめさま「王さま、お城にもどってください。」
王さま「へいわをとりもどすには、まおうのつえをこわさなければ。」
しつじ「1人でいくには、あまりにきけんです。」
王さま「ゴーレムがいる。」
まほうつかい「このゴーレムには、まりょくとはちがう何かをかんじます。つれていくのはきけんではないでしょうか。」
王さま「こいつは何度もわしを救ってくれた。大丈夫だ。わしに行かせてくれ。」
しつじ「…わかりました。」
しつじ「湖のほとりにあるちかどうをとおると、たどりつけます。」
おひめさま「きをつけてください。これは司さいさまからもらったお守りです。ゴーレムさんも、どうかごぶじで…。」
(おひめさまが王さまにお守りを手渡し、つぎにゴーレムの手を握った)
 パストラバースのつえをこわすため、王さまとゴーレムはマバールへ向かった。

ステージ65~72

(大きな湖の向こうに孤島があり、そこに巨大な塔が立っている)
 王さまたちは湖のほとりまでやってきた。
王さま「おかしいな。このへんにちかどうがあるはずなのに…。」
(王さまは、大きな岩がいくつもある水辺の辺りを探すが、見つからない)
王さま「およぐか。」
王さま「およげないのに、どうしよう…。」

ステージ73~80

(岩の後ろに隠れた階段を見つける)
王さま「あった。ここだここだ。」
 まっくらなちかどうを王さまたちはすすみだした。


406 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 17:47:54.27 ID:y2/znYQq0
ステージ81~86

 湖の下のちかどうを、王さまとゴーレムがあるいていた。
(一本道の洞窟に、人型の大きな怪物が現れる)
王さま「まずい、トロールだ。」
王さま「ゴーレムよ、たのんだぞ。」
(王さまは後ろに下がり、ゴーレムとトロールが対峙する)
 マバールのかねがなった。
王さま「こんなときにかねが…。」
 ゴーレムのうごきがとまる。
(ゴーレムの頭の中にマバールのまほうつかいが思い出される、さらにしつじのことも思い出す)
 しかしゴーレムはトロールに向かっていく。
 まりょくとまりょくがぶつかりあう。
(ぶつかった所が光り輝き、次に画面が真っ暗になる。トロールがいなくなっている)
 静けさが戻る。
王さま「よくやったぞ。」
 2人はふたたび、マバールの塔に向かってあるきだした。

ステージ87~92

 マバールのまおうがいる塔にたどりついた。
(階段で塔の近くに出た。なぜか塔の前におひめさまが立っている)
王さま「おお、ひめ。こんなところでなにをしている。」
 おひめさまは答えない。
 突然、ゴーレムがおひめさまにおそいかかった。
王さま「やめろ! ゴーレム!!」
(おひめさまは倒れる)
 たおれているおひめさまにかけよった。そのかおは、みにくいまもののかおだった。
王さま「守ってくれたのか。」
(ゴーレムは塔の入り口を見ている)
王さま「ありがとう。」
(ゴーレムは塔の入り口を見ている)
王さま「わかった。いこう。」
 2人はまおうのいる最上階を目指した。


407 :ゴーレムのまいご:2013/06/07(金) 19:08:17.48 ID:y2/znYQq0
ステージ93~100

 100回目のかねがなった。
 王さまとゴーレムははしりだした。
(らせん階段を上り、そして大きな扉を開いた)
 まおうはたおれている。
(大きな灰色のドラゴンの上に、青いマントの剣士が立っていた)
 まおうは1人の勇者によって、たおされたあとだった。
王さま「もしやあなたは、伝説の…。」
勇者「いえ、ただの戦士です。」
勇者「私にはこのつえを、こわすことができません。」
(杖を握ったままのドラゴン。王さまは、予言者や魔法使いの言葉を思い出す)
予言者「そのつえは、強力なまりょくでないとこわせないのです。」
まほうつかい「パストラバースのつえをこわせば、ゴーレムは2度と、復活することはないでしょう。」
(王さまはゴーレムと出会った事、リンゴを貰った事、お姫様との事、ここまで来た道の事を思い浮かべる)
 突然、ゴーレムがうごきだした。
 つえはまりょくのかたまり。
(王さまはゴーレムの背に手を伸ばす)
 ゴーレムはつえをもちあげた。
(暗転)
 
 へいわはもどるだろう。
 しかし、ゴーレムはもういない。
 ついに心はまいごのまま。


 スタッフロール。ひらがなのスタッフの名前や役職。
 その間の映像は王さまの帰り道。王さまは一人、塔を下り、地下水道を通る。
 城や街は大地に戻っている。城への道の途中、執事が王さまを出迎えた。
 城門をくぐる、王さまは振り返る。
 お城の最上階で、お姫様が空を見上げている。

 おしまい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー