バトルマニア大吟醸

当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-490~493 


 

490 :バトルマニア大吟醸:2013/06/25(火) 21:19:48 ID:??? ●バトルマニア大吟醸
未解決一覧にあったので
1993年、ビック東海から出たメガドライブのシューティングゲーム。
全文字ひらがななのですが、漢字に変更してます。
 

大鳥居マニア:自機、金髪ロングの女性。危険な仕事を受け持つトラブル・シューターを生業にする。女性らしからぬ性格。
羽田マリア:マニアのサポートキャラ、青髪の女性。オプションの役割をしてる。
大佐:前作での依頼者。眼帯に髭の男。軍人。
ドン・モルグスティン:前作で死んだ、悪の秘密結社の頭。
キコクサイ:今回の敵。鬼哭教のトップ。


巨大ビル「平成バビロン」。1995年。
ドン「お・お・と・り・い~」
夜の街を飛ぶ、前回倒したはずのラスボス、ドン・モルグスティン。


所変わって、工場の様な場所。知らせを受けたマニアは寝ているマリアを置いて、一人で出かけることにした。
マニア「ここは我が家の武器格納庫。相棒が寝てるからあんたに任せる。やられたらあんたのせい。」
スーパーウェポンを装備して進む。


ステージ1
 夜の巨大ビルの前で、妖怪っぽい雑魚を蹴散らしつつ屋上に向かって飛ぶマニア。
 ビルのガラスを破って、マニアのそっくりな敵が中ボスとして出てくるので、これを倒す。
 さらに進むとマニアの三倍はデカイ、ドン・モルグスティンが登場。
 いくらかダメージを与えると、ビルの窓を突き破ってマリアの乗った車がドン・モルグスティンをはね飛ばして倒す。クリア。


死んだはずのモルグステインを冥府の闇から呼び出したのは、果たして何者か…?
そいつの目的は、なんだ…!?
マニやんの頭じゃ、謎は解けない…。


マニアとマリアの自宅。マニアが正座してちゃぶ台でご飯を食べている横で、マリアがパソコンで調べ物をしている。
マリア「モルグスの残留波長を感知! 発信源は、エノシマ!!」
マリア「行くんでしょ? サポートするわ!」
赤いビキニの水着を装着したマリアが笑顔を向ける。ジト目のマニア。
マニア「おやつは三百円までね。」

マリア「こっからが本番よ、私をうまく使ってね。がんばってね!」


ステージ2
 モノレールが走る街の中を進むマニアとマリア。今度は機械的な雑魚が多い。
 途中で前作の一面ボスがボーナスをくれる。タコの様な中ボスが止まったモノレールを突き破って、攻撃してくるので倒す。
 このステージのボスは腕の伸びる人型ロボ。肩に黒い目線の入った少年が乗っており、そこが弱点。
 倒すともうひとサイズ小さいロボットに、少年が乗り込む。さらにこれを倒すと、少年自身が飛んで攻撃してくる。
 これも倒すとモノレールのレールが破壊され、その向こう側に巨大な建物が地面からせり上がっていた。クリア。


491 :バトルマニア大吟醸:2013/06/25(火) 21:20:14 ID:???
天辺に金色の化け物の像を置いた、三重塔がそびえ立つ。
マリア「あれは…、「鬼哭教」神殿!! 暗殺教団「鬼哭教」の総本山よ…」
マニア「ちょうでんきバイオレンスだな。」

マリア「壁や柱に押しつぶされないようにね。がんばってね!」


ステージ3
 和風の屋敷の様なステージ。壁が出たり消えたりする場所や酒樽が積まれた場所、鬼の像が並ぶ場所。
 敵も妖怪じみている。二つの鬼の像が破壊され、中から中ボスが出てくる。それを倒すと続いてボス、ただひたすら終わらない分裂を繰り返す玉を撃ってくる。
 それを倒すと先ほどの中ボスたちと合体。竹を動かし移動するボス。[HITME]と書かれた垂れ幕を攻撃、破壊しクリア。



屋敷に空いた巨大な地面の穴。その上に浮くマニアとマリア。マリアは機器を出して穴を解析し、マニアは浮きながら胡坐をかいている。
マニア「ご神木の下に秘密基地の入り口とは、パタ~ンだけどバチあたりよね。」
マリア「そんなもんじゃないわ!! センサ~はとてつもない質量を弾き出してる!」
マニア「なんか、でかいもんを作ってるってことか…?」

マリア「上下・左右から敵が来るわ! がんばってね!」


ステージ4
 下にスクロールするステージ。奥に巨大な像が常にある。左右から壁が迫り、生き物じみた兵器がたくさん登場する。
 最後の部屋に球体に手足の生えた大型人型ロボットが登場。左右の天井にあるバスケゴールにボールを投げて攻撃してくる。
 腕を破壊すると球体になり上空から破裂するボールをばら撒く、さらにダメージを与えると自分自身がボールになって跳ねまわる。
 これを破壊すると部屋が無くなり、何かの建造物に辿り着いきクリア。


赤い鬼の頭がついた、巨大な乗り物。その前に顔を兜と布で覆い、奇妙な格好をした男が待っていた。
キコクサイ「はろ~、子猫ちゃん達。あいあむ「キコクサイ」。」
キコクサイ「ここまでこれたら合格よ。マニアちゃん、あなたの「のうみそ」こそ、この「鬼哭戦車」の「ずのう」にふさわしい。」
キコクサイ「前進することしか知らない、「やばん」で「オタク」なのうみそ! 「ほんのう」と「よくぼう」の塊!」
マニア「どうも…」
キコクサイ「さあ、この「まっちょ」なボデ~とひとつになって、破壊と殺りくの限りをつくしましょう。すぱ~っといっちゃいましょ、すぱ~っと!!」
マニア「ばがや゛ろ゛!!」
突然動きだす気哭戦車。
キコクサイ「あら? あらら~~~!! 暴走しちゃってる!?」
マリア「止めなきゃ! 街が潰されちゃう!!」
マニア「バ~ニアじゃ追いつけない! クルマ呼んで!!」

マリア「あたしは運転で手一杯だからね、がんばってね!」


ステージ5
 街中を爆走する気哭戦車。数台のパトカーが追いかけるが、その十倍以上デカい気哭戦車は爆弾を降らしてパトカーを爆破する。
 タイヤに全て鼠が入って走る事で動く気哭戦車。マニアはマリアの運転する車の後ろに乗り、気哭戦車の横から撃ちまくる。
 いつもと違い左右にしか動けないが代わりに上・斜め上に射撃できる。
 一番後にも鬼の顔があり、レーザーや爆弾を降らしてくる。破壊すると顔がわれ砕ける、車ごと中に入りクリア。


492 :バトルマニア大吟醸:2013/06/25(火) 21:20:50 ID:???
車を降りて気哭戦車の中を走る二人。
マニア「とつにゅう、とつにゅう! あのばかたれにひと泡ふかせてやらにゃ!」

マニア「後ろに撃てる武器は…?」
マリア「がんばってね!」
 

ステージ6
 いつもと違い右から左にスクロールするステージ。しかし敵は上下左右からくる。
 UFOキャッチャー型のボス。ガラクタの中から様々な攻撃をしてくるロボットを拾い上げてくる。
 全部でロボットは三種類あり、全て破壊すると熊の顔の様なボスが登場する。これを倒すとクリア。


前作で依頼した大佐が、黒塗りの車で追いかけてきてマニア達に連絡する。
大佐「厄介な奴を敵に回したな。」
マニア「大佐! こんちごぶさた!」
大佐「キコクサイは天守閣にいるでしょうが…。やつはエイリアンだという噂です。」
大佐「倒したと思って、油断しないように!」
マニア「ありがと! 今度のみましょ。ワリカンで。…天守閣か、縦スクロ~ルだね。」

マリア「いよいよ大詰めね。」
マニア「キコクちゃんにトドメをささねば!!」
マリア「がんばってね!」


ステージ7
 いくつもの柱が並びステージも敵もおどろおどろしい、不気味なステージ、鬼哭教神殿。
 次々と登場する雑魚を破壊し、屋根瓦を破壊して頂上へ。頂上の壁に「鬼 哭 斉 参 上」と文字が浮かび上がる。
 そしてこちらの二倍は大きいキコクサイが出てくる。キコクサイは電撃でまずマリアを捕え、屋根に張り付けにし行動不能にした。
 その後、左右から迫る雷やまき散らされる炎で攻撃する。撃ち続けると腕が壊れマリアも解放される。
 その体からガスを噴き出す小さな蛆虫を大量に出してくる。倒しつくすと、今度はひたすら追いかけまわす長い炎の蛇が、体から出てくる。
 逃げ回りながらキコクサイを攻撃し続ける。すると体が崩れ、赤い兜だけになる。
 赤い兜は少し動いた後、さかさまになって地面に落ちる。マリアが近づき棒でつつくと、虫の様な脚が生える。慌てて離れるマリア。
 すごいスピードで走り回りながら、玉をまきちらすキコクサイの頭。破壊するとまたもさかさまになり、瓦が落ちてきてぶつかり爆発した。クリア。


キコクサイの頭を囲むマニアとマリア。
マニア「さあ辞世の句でも読みなさい!」
キコクサイ「げはははは…!!」
キコクサイ「みちづれだよ、スイ~トハニ~…、爆弾が動き始めたよ…」
マリア「…!!」
キコクサイ「かっちこっち、かっちこっち…ほ~~ら!」
キコクサイ「「あくうかん」のチリとなるがいい!!」
キコクサイ「くたばれ、くたばれ! くそじゃりども~!!」


大佐「わたしです。」
大佐「大鳥居くん、アパ~トもえてますよ。」
マリア「鬼哭教の連中にやられたんだわ!」
マニア「武器はこのままかよ…」


493 :バトルマニア大吟醸:2013/06/25(火) 21:21:21 ID:???
ステージ8
 紫色の壁が上下に続く奇妙なステージ。どうやら亜空間らしい。時間制限付き。
 崩れる岩を破壊しながら進むと、奥に死んだはずのドン・モルグスティンが待っていた。
 迫りくるドンを破壊すると真っ二つになる。さらに進むと三つの化け物の顔がついた壁。
 こちらに向かって伸びてくる顔を二つ破壊すると、真中が上下に動き玉をばら撒く、さらに後ろから棘の壁が迫り天井から岩が落ちてくる。
 なんとか倒すと大爆発、マニアとマリアはその場で気絶して倒れる。
 破壊された壁の向こう側から、大佐が飛んできて二人を担いで出ていく。


爆発する鬼哭教神殿、下にスクロールして脱出する三人と大佐の部下達。
大佐「危ない所でしたな。」
マニア「ちがうよ、あんたにふっとばされたんだよ。」
大佐「ま、貸しときましょう。」
部下「大佐殿、おさきに!」
大佐「それじゃあ私も。飲みに行くなら大鳥居君の奢りですよ。」
マニア「せこいよ、軍人は…」
???「ぐえふ、ぐえふ、ぐえふふふふ…。」
キコクサイ「にがしゃしねえぜ。ウジ虫ども~っ!!」
キコクサイ「冥土の土産に、俺様の素顔を拝ませてやる!」
金髪の男が顔を見せる。
キコクサイ「あの世で反省するんだな! ねしょうべんたれ!!!」


ステージ9
 画面中央から半分以上を埋める巨大な人面の様な蟹。その真中に金髪の男の上半身がくっついている。
 上下左右に動き玉を撒くボスの十本の足を全て破壊し、さらに上部、そして金髪の男自身を破壊する。クリア。


壊れ沈んでいく鬼哭教神殿と鬼哭戦車。マニアとマリア、そして大佐が遠くから眺める。
マリア「崩れていく、悪の象徴が…。」
マニア「車、なおったかなあ~?」
マリア「今回は、ただ働きだったし…。」
大佐「代車も壊してしまいましたな…。」
マニア「気が重いよ…。」
マリア「おつむは軽いけど。」
マニア「…。」
大佐「仕方ありませんな、私が奢りましょう。」
マニア「よ!! おだいじん!! きっぷがいいから好きだよ、軍人は。」
マリア「あ、ステ~ジ9と違うこと言ってる!」
マニア「さて、参りましょうか!」


スタッフロール 赤い車で走るマニアとマリア。
 スタッフ一言ずつ。さらに手紙に対する返信も。最後にやっぱり車が壊れていて終わり。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー