バトルマニア

当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-486~488


 

486 :バトルマニア:2013/06/25(火) 21:16:48 ID:??? ●バトルマニア
未解決一覧にあったので
1992年、ビック東海から出たメガドライブのシューティングゲーム
全文字ひらがななのですが、漢字に変更してます。
 

大鳥居マニア:自機、金髪ロングの女性。危険な仕事を受け持つトラブル・シューターを生業にする。女性らしからぬ性格。
羽田マリア:マニアのサポートキャラ、青髪の女性。オプションの役割をして、後ろに攻撃できる。
皇太子デンカ:某国の皇太子。モルグスティンに捕まる。
大佐:某国の軍人。今回の事件の解決を、トラブル・シューターに任せた依頼人。
ドン・モルグスティン:結社「アナグラン商会」のボス。


 

大佐「殿下の救出をお願いしたいのですが、、、」
大佐「取説は読んでいただけましたかな?」
マニア「いいえ、ぜんぜん。」
大佐「心構えがなってませんな。」
大佐「まず最近の若い人ときたら、テレビゲ~ムばっかして。」
大佐「くどくど」
大佐「ぶちぶち」
マニア「ぐえ~」
マリア「助け舟よ。長距離ドロ~ンに感知あり。」
マリア「タ~ゲットはガ~ド下商店街を東北東に移動中!!!!」
マニア「ス~パ~ウエポンを車に乗せるよ!!!!」


ステージ1
赤いオープンカーで庶民的なガード下へと向かう。
そこにはたくさんの敵ロボがいた。空を飛んでショットを打ちまくり、蹴散らすマニアとマリア。
先に進むと画面が光、やむと地面から赤く大きな人型ロボットがせり上がってくる。
「はっはっはっはっ」笑いながら投げキッスをするロボット、しかし一切攻撃してこないので一方的に倒す。
倒され地面に沈むロボット。頭に「?」を浮かべるマニアとマリア。しかしまたもや後方からさっきのロボットが笑いながらせり上がってくる。
なんとヘリがついた状態で頭だけが飛んできて攻撃してくる。何とか倒すと地面から入口が出てきた。


敵の所にたどり着いたマニアとマリア。モルグスティンがデンカを的に、ダーツで遊んでいる。
マニア「デンカ!! 救出にあがりました!!!!」
デンカ「きみは?!!」
ドン「どうええ~い!!!! こいつは大事な金づるだ!!」
ドン「返してほしけりゃ、我がアジトまで来い!!」


487 :バトルマニア:2013/06/25(火) 21:17:19 ID:???
ステージ2
下にスクロールするステージ。左右の大きなパイプから敵ロボや、回転のこぎりが迫ってくる。
鉄筋が並ぶ地下をひたすら進む二人。行き止まりの部屋で団子虫の様なボスを倒すと、頭上注意とともに中型サイズの人型ロボがでてきてこれを倒す。


空を飛ぶマニアとマリア。巨大な空中艦が目の前に迫る。
ドン「こしゃくな小娘どもめ!!!!」
ドン「デンカを「ほろほろどり」に乗せろ!!!!!!」
マニア「なに? あれ!!」
大佐「奴らの移動基地、巨大飛行艇、、「ギガフロップス」です!!」


ステージ3
空中戦、ギガフロップスの周りにある砲台を破壊しながら移動する。
ギガフロップスの前から下、後、そして上に逆時計周りに移動。中からエアロバイクに乗ったような巨大な人型ロボが出てきて、これを破壊し中に入る。


ギガフロップスの前方で、大佐が小型ヘリの様な物に乗り、中のマニア達と通信する。
マニア「大佐、聞こえる?」
大佐「デンカのマ~カ~は、飛行艇中枢から発信されています!!」
マリア「突入ね!!!!」


ステージ4
内部は工場にもなっており、次々にロボットたちが現れ戦闘となる。
それらを蹴散らし進む二人。ついに中枢にたどり着く。画面が上下左右に動き、さらに雑魚がひっきりなしに飛んでくる。
内部エンジンである左右のピストンを残らず破壊する。すると中央にあった赤い球体が開き、囚われていたデンカが出てくる。


マニア「シュ~ティング完了!! 大使館に直行しよ。」
ドン「よくもやったな!! 小娘ども!!」
ドン「これより先は、ぢごくへの一本道としれ!!!!」
マリア「、、デンカが一緒じゃ、特殊兵器は使えないわよ!!」
デンカ「僕にも戦わせて下さい!!」


ステージ5
他のシューティングゲームで言う所のボムにあたる、スーパーウェポンが使用できない。
代わりにデンカが武器を持って一緒に攻撃してくれる。デンカは画面中央を中心に常にマニアとは逆方向に動き無敵。
海の上の空中戦。たくさんの敵が追ってくるがそれらを蹴散らす。巨大なボスを破壊すると、赤い潜水艦が迎えに来てくれた。


488 :バトルマニア:2013/06/25(火) 21:17:55 ID:???
港に大きな船。なぜか数人のチアガールが踊る中を、マニアとマリア。そしてデンカと陛下、大佐が並ぶ。
大佐「ありがとうございました。」
大佐「陛下が本国よりお礼にあがりました。」
陛下「ありがとさん、ありがっと~さん。」
陛下「わちしの息子さん、へるぷは、せんきゅ~でした。」
マニア「また変なのがでてきた~!!」
デンカ「この変なのが、父です。すみません。」
マリア「あたし、先に帰ってる。今日の炊事当番、マニアだかんね。飲みに行っちゃダメよ!!」
 飛んでいくマリア。
陛下「かくなる上はスキヤキ、テンプラでもって「こしのあんばい」でもいっぺ~やっか?」
マニア「話せるじゃね~のタヌキ親父!!」
マニア「んでもって、そのままエンディングに雪崩れ込もうぜ~!!」
 STAFFの文字が中央にせり上がり、皆がチアガールのボンボンを持って左右に踊り出す。
ドン「そのエンディング、ちょっとまった~!!」
 モグラの様なロボットに乗って船を破壊し、ドン・モルグスティンが登場する。びっくりするマニア。
ドン「おじょうさん、、、私はいま、猛烈に怒っている!!!!」
ドン「私の娘が、貴様を葬ってくれようぞ!!」
大佐「ライフ4つ、おまけしときます!! がんばって!!」
マニア「さんぴゅ~!!」


ステージ6
船の上をせり上がる最後のステージ。スーパーウエポンはなく、マリアもいない。
上から銃弾と爆弾をいくつも落とす戦艦を破壊する。
破壊される前に中から、マニアそっくりのロボットが出てくる。マニアの周りをぐるぐる回りながら銃弾を撃ってくる、これを倒す。
ドン「私が手塩にかけて育てた「さいばろいど」を、よくも!!」
ドン「よかろう、わたし自ら、貴様を滅ぼしてくれよう!!!!」
こちらの三倍はデカイ、ドン・モルグスティンとの空中線。なぜか鼠を頭に背負っている、。
こちらをゆっくりと追いかけ、止まると同時に攻撃。パターンは破壊可能な全方位弾→心臓→マシンガン→巨大3WAY連続玉。
基本的に不死身だが、心臓を出している時はダメージを受ける。倒すと最後に鼠が飛んでくるが、それも避ける。
ドン「ふ、ふ、ふ。なめやがったな~、くそがきども!!」 
ドン「死の商人の恐ろしさ、めんたまかっぽじって、よ~くみやがれ~い!!」
画面下半分以上を占拠するほどデカイ、こちらをむいたゴキブリのようなラスボス。攻撃しているといつの間にかマリアが戻ってくる。共に倒す。


大佐「ありがとうございました。」
大佐「陛下が本国よりお礼にあがりました。」
陛下「ありがとさん、ありがっと~さん。」
陛下「わちしの息子さん、へるぷは、せんきゅ~でした。」
マニア「あれ?」
デンカ「これは、、、?」
大佐「でじゃぶ~ですかな?」
マリア「なにはともあれ」
陛下「これにて」
デンカ「いっけん」
大佐「らく」
マニア「ちゃ~く!!」


スタッフロール。
夕日の中を赤い車に乗って走るマニアとマリア。



裏技。ゲーム起動時、ロゴのところでスタートボタンを押しっぱなしにすると、マニアがスーパーファミコンを踏みつける。
その後、セガから直接的な指導はされなかったが、全ての会社に他社を中傷する行為をやめるよう指示が出たらしい。
 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー