東方神霊廟 ~ Ten Desires.
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-433~434,445~449


 

433 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/09(日) 17:36:23 ID:???

 じゃあ投下します。


幻想郷に突如、小神霊が大量に湧いてきた。
調査、あるいは神霊を集めるために主人公達はその発生源を捜す。


博麗霊夢:異変の解決を生業にしている博麗神社の巫女。
霧雨魔理沙:霊夢の知り合いで魔法使い。
東風谷早苗:霊夢の商売敵の守矢神社の巫女。
魂魄妖夢:冥界の白玉楼で庭師もしている剣士。


主人公それぞれにバッドエンド、ノーマルエンド、アナザーエンドがある。


434 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/09(日) 18:54:16 ID:???

ストーリー(全員ほぼ共通)


・ステージ1
冥界で霊の管理をしている白玉楼に行き、妖夢の上司の西行寺幽々子から、
この霊は神霊といって人の欲が形になったもので、どうも命蓮寺が怪しいと教えてもらう。


・ステージ2
人里に下りて、命蓮寺に行くと参道で掃除をしている妖怪、幽谷響子が襲いかかってくる。
倒して神霊のことを訊くが何も知らないらしい。神霊は命蓮寺の傍の墓場から湧いてきているみたいだった。


・ステージ3
墓場を進むとそこにはキョンシーの宮古芳香がいた。芳香は何かを護っているようだ。
芳香を倒すとそこに洞窟の入口を見つけた。


・ステージ4
洞窟を潜っていくと大きな門が現れた。入ろうとすると邪仙の霍青娥が行く手を阻む。
青娥と復活した芳香を倒し、門を開けて夢殿大祀廟に入る。


・ステージ5
大祀廟の中を調べていると、蘇我屠自古と物部布都が1400年の眠りから覚める。
2人を倒すと、布都は太子様が復活するといって姿を消す。


・ステージ6
大祀廟の最奥に神霊が大量に集まっている。そこに復活した豊聡耳神子がいた。
神子は神霊を使って何かを企んでいたわけではなく、神霊の方が勝手に湧いて集まっていたようだ。
しかし主人公達は神子にただならぬものを感じ、戦うことにする。(妖夢だけは神子に仙人と勘違いされて戦う。)



445 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/10(月) 23:38:11 ID:???

博麗霊夢エンディング


・バッドエンド
辛くも神子達を退けたものの、神子達はまだ本気を出していないようだ。
このままでは幻想郷は大変なことになってしまうと思い、博麗神社に帰って対策を練る。


・ノーマルエンド
神子達を倒すと小神霊も消えて異変は解決した。
博麗神社に帰ってしばらくすると神社の下から神子が現れ、この間は失礼したと霊夢に詫びる。
大祀廟で会った時は寝ボケていて、要らぬ争いをしてしまったという。
神子達は命蓮寺の下から仙界という空間に引っ越して、そこに道場を建てた。


・アナザーエンド
霊夢がご飯を食べようとしていると、神社の壁に穴を開けて青娥が現れる。
霊夢の強さに魅かれ、タオを学びに来たという。
青娥によれば、霊夢の強さは道教の力によるものらしい。


446 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/11(火) 00:06:18 ID:???

霧雨魔理沙エンディング


・バッドエンド
神子達の得体の知れない強さに恐れをなし、一端退くものの、
初めて見た技に驚いただけだろうと考え直し、再び勝負を決意する。


・ノーマルエンド
小神霊は人の欲が形になったもの。神子はその欲を聴くことで人の考えが解るという。
しかし人の欲は時とともに変わるので、欲を一つずつ聴いても意味がなく、
複数を同時に聴かなければその人の考えは解らない。
魔理沙は神子のように欲を同時に聴こうとしたが無理だった。
神子が人里に現れると小神霊は消えてしまった。人気者になった神子に小神霊は吸収されたようだ。


・アナザーエンド
魔理沙は自宅で道教の修行を始める。
青娥から道教の秘術、不老不死について聞き、自分もやってみたくなったのだ。
知り合いの仙人からも聞いたし、神子や布都もどうやら不老不死らしい。


447 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/11(火) 00:43:09 ID:???

東風谷早苗エンディング


・バッドエンド
相手があの聖徳太子だと知り、恐れをなして逃げる。
しかし追手が来なかったため自信を取り戻し、また挑戦してみようと考える。


・ノーマルエンド
守矢神社に帰ってきた早苗は古代史について調べる。
神道と仏教の対立で厩戸皇子(聖徳太子)と蘇我氏が物部氏を滅ぼした。
早苗は何か裏がありそうだと考え、今度神子達に訊いてみようと思う。
幻想郷に来るまで旧一万円札の髭面が聖徳太子だと思っていた早苗は、
外の世界で聖徳太子虚構説が広まっていることを知らなかった。


・アナザーエンド
神子のカリスマによって道教に改宗し、神子達の道場で修行をする早苗。
しかし神道を捨てたわけではなく、神道と道教、仏教はお互いに関連性があるので、
それを知ることで信仰を得られると考えたのだ。


448 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/11(火) 01:05:55 ID:???

魂魄妖夢エンディング


・バッドエンド
所詮、今回のことは自分の仕事ではないと冥界に帰って庭仕事をする妖夢。
しかし神子達のことが気になって仕方がない。


・ノーマルエンド
神霊は消え、妖夢は今回のことを幽々子に報告。
報告を聞いた幽々子は尸解仙に興味をもち、自分もやってみようとする。
しかしやり方も知らないのに出来るはずがなく、すぐに飽きてしまう。
幽々子や神子達がなぜ不老不死になりたがるのか、妖夢には解らなかった。


・アナザーエンド
神子達に仙人だといわれ続けるうちに、自分が本当に仙人だと思うようになった妖夢。
幽々子はそのことを幻想郷中に言いふらす。
正気に戻った妖夢はそのことを恥ずかしがっている。


449 :東方神霊廟 ~ Ten Desires.:2013/06/11(火) 01:47:13 ID:???

エキストラストーリー


大祀廟の上に建っていた命蓮寺は、最初から大祀廟を封じるために建てられたものだった。
しかし今回神子達が復活したため、命蓮寺の妖怪達は神子達に対抗するために強力な助っ人を呼んだ。
外の世界から来た妖怪狸二ッ岩マミゾウと、妖怪達の不穏な動きを察知した霊夢達が戦う。
戦いの後、マミゾウは幻想郷が気に入りしばらく居座ることにする。

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー