勇士の紋章 ディープダンジョンII
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-626


626 :勇士の紋章 ディープダンジョンII:2013/09/18(水) 21:02:30 ID:???
■勇士の紋章 ディープダンジョンII
ウィザードリィ系のRPG、主人公一人だけで、戦闘の敵は常に一体。
全文ひらがなですが、漢字にした。


 勇剣士ラルの働きでドールも平和を取り戻す事が出来た。
 勇剣士ラルとエトナ姫が修行の旅に出て数十年の時が流れたある日、
 ドールの城から数人の不気味な者達が出てくると人々にこう宣言した。
「この国はこれより魔王ルウ様がお治めになる。歯向かう者は城の人々度、同じように殺されるだろう。」
 そうだ魔王ルウは蘇ったのだ!
 人々は神殿に集まり神に祈った。
 その時、何者かが神殿の扉を開け人々に微笑みかけると、
「私は旅の者。ここを通りかかると神の声が人々を救えと語りかけた。何かお困りですか?」
 と言った。
 その顔はあの勇剣士ラルの………。


 

(モンスターだらけの城へ。)


(城地下四階で魔王ルウに対して、途中で貰った紋章を使う。紋章を使わずに戦い倒すと、町が消えてバッドエンド。)
「闇の帝王はN1E14にいる。私は今まで奴に操られていたのだ。これで私も眠りにつける。頼むぞ、勇剣士よ。」


(そこに行き唐突に現れる闇の帝王を倒す。)

 


 闇の帝王に操られていた魔王ルウも勇剣士の働きで、永久の眠りにつき闇の帝王も倒された。
 闇の帝王がただの錆びた剣だった事は、誰も知らない。
 その剣は大昔の戦場に打ち捨てられていた。
 そして戦死した兵士達の無念な気持ちを吸い取り、命を持つようになったという。
 闇の帝王を倒し、操られていた勇剣士ルウも永久の安らかな眠りについた。
 しかしそれですんだのだろうか?


 スタッフロール
(錆びた剣の絵。)theEND






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー