魔晶伝紀ラ・ヴァルー
part66-304~305


304 :ゲーム好き名無しさん:2013/12/23(月) 18:20:49.03 ID:jlubpI+F0
PCエンジン版魔晶伝紀ラ・ヴァルーのラストバトル
 

長く苦しい戦いの末、ついにザンゼリアンの根城に辿り着いたアラン。
そこに待っていたのは、ザンゼリアンと縄に縛られ、囚われの身となったフェティーシア姫だった。
ザンゼリアン「小僧。ラ・メールを持ってきたな。これで伝説の大結晶「ラ・メール」と「ル・シエール」が揃う。
わしは名実共に、この国の支配者となれるのだ。生意気なグンタードや、エルフの女王を滅ぼし、魔物とモンスターが徘徊する、
わしの世界となるのじゃ。フ、フハハハハハハハハ!さあ小僧!ラ・メールをよこせ!!」
フェティーシア「渡してはいけません!こいつに渡しては、世の中は…!」
ザンゼリアン「ほう、渡さぬ気か?ならば、死ぬがよい!!」


ついに最後の戦いが始まった!そして、ついに宿敵のザンゼリアンを倒した。これでヴェスガロスの国もまた、平和が戻るだろう。フェティーシアが言った。
フェティーシア「さあ、お父様の所に帰りましょう。」


アランはフェティーシアと共にザンテリア王の元へ帰った。



305 :ゲーム好き名無しさん:2013/12/23(月) 18:21:39.78 ID:jlubpI+F0
>>304
PCエンジン版魔晶伝紀ラ・ヴァルーのエンディング


ルッカ村長「もっとよく顔を見せて下され。おお!目覚め草を取ってきて下さったアラン殿か!
あんたのおかげでわしはボケ老人にならずに済んだ。のう、アラン殿。いっそ、わしに代わって村長をやってはくれんかのう?」
ゼリアの娘「人間の姿であなたとお会いするのは初めてです。でも、春の国で既にお会いして
いるのですよ。覚えていらっしゃいますか?あなたのおかげで私は動物の姿から元に戻れました。こうして、本当の姿でお会いできた事、感謝に堪えません。」
ミレーヌ「ヘレンガシムの体内に閉じ込められていた時、私は、全ての希望を失っていました。
でも、それももう遠い過去の事ね。ありがとうアラン。あなたがくれた希望、忘れないわ。」
ミレーヌはそう言うと、アランの頬に軽くキスをした。
ホビットの村長「よくぞ戻られましたのう。無事で何よりじゃ。差し上げた鎧はお役に立ちましたか?
いつの日か、我が村に立ち寄って下され。」
エカテリーヌ「私の夫ザンゼリアンが元凶となって、多くの人々を悲しませる結果となったのですから。
私は、あなたとお会いした冬の国の洞窟で、夫のために、亡くなった方々の魂を弔いながら、余生を送ろうと思っています。」
ソフィー「アランさん。私、メチージュに捕らわれていた時、夢を見たの。あなたが助けに来てくれる夢を。
でも、今の私にはもっと素晴らしい夢があるんです。私とあなたがこの国で一緒に暮らす…そんな夢。」
グリーフィア「我が家には代々「裸体を見せた者を夫とすべし」と定められています。白鳥から元の姿に戻った私はあなたに見られてしまいましたから、あなたは私の夫。」
彼女は、アランにウィンクを返し、冗談ですと笑った。
ロリアン「よくぞこの国に平和をもたらしてくれました。アランよ。私は全ての人々を代表して感謝します。あなたの心にある月の輝、星の導き、太陽の恵み、優しさや、勇気や、愛を、いつまでも失わないように。」
フェティーシア「私は人質にとったザンゼリアンはあの城の中で、人助けだと思って私を連れてきたあなたの事を、愚か者だと笑っていました。
でも、私はザンゼリアンこそ愚か者だと思っています。勇者よ。これからはあなたに代わって私達が国の再建を果たすつもりです。ご苦労様でした。そして、ありがとう。」
グンタード「よくやったぞアラン!ザンゼリアンを倒しル・シエールを手に入れてきたな。わしの娘を助けてきてくれた礼も言おう。
では、その邪悪な石を打ち砕くのだ。アラン。2つの大結晶を床に叩きつけろ。」
しかしアランはそんな事が出来なかった。
グンタード「壊すのだアラン!壊さねば、また、第2第3のザンゼリアンが現れる。壊す以外に真の平和を取り戻す方法はない!」
アランが2つの大結晶を壊そうとした時
ロリアン「いけません。アラン。大結晶を壊せば、この姉妹の命はありません。壊しては駄目!」
アランは構わず壊す事を決めた。
ロリアン「では、ザンゼリアンを倒すためにその身を削ってアランを助けたソフィー達は…」
それでもアランは構わず壊す事を決めた。
ソフィー「私はどうなってもいいのアラン。大結晶を壊して!」
グンタード「その身が滅びるのは私とて同じ事だ。しかし…しかし、壊さねばならぬのだ!!やれ!アラン!」
アランは手に持っていた2つの大結晶を高々と揚げ、思い切り床に叩きつけた!


そして、3人の姉妹は苦しみ、倒れた。
悲しむグンタード。
その時、ル・シエールとラ・メールが輝き、
グンタードに髪が伸びた。
目を開けるミレーヌ。
笑うルッカ村長とホビットの村長とロリアンとエカテリーヌ。
城の外の方向へ指をさすフェティーシア。
崩れゆくザンテリア城。


魔晶伝紀 ラ・ヴァルー







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー