マネーアイドル・エクスチェンジャー
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-709~717


709 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:15:09 ID:5FiRFIFo
■マネーアイドル・エクスチェンジャー
未解決一覧にあったから、ゲームアーカイブス配信なのでやってみた、1997年アーケードのアクションパズル
お金をブロックにしたパズルゲーム。1円を五個並べたら5円に、5円を2個並べたら10円にと換金していく
CDドラマの方はわかりません
 

●使用キャラクター
三越さくら:主人公の17才の女子。金にがめつい。好きな物は貯金・残高照会。嫌いな物は労働・返済。
エクスチェンジャー:金のためなら親でも質に出せる、そのさくらの金銭欲から変身できる両替戦士。
高島あさひ:17才の女子でさくらの親友。二人とも別の銀行の会長の娘。内気で優しい性格、さくらによくたかられる。
デットマイザー:さくらに毎日お金を貸し、その借金の恨みから変身できる借金戦士。あさひはその事に自己嫌悪している。


坂田ビリィバーヴ:さくら達の学校の美男教師で、さくらの親戚の26才。生徒の人気も高い。ノートが惚れている。
マッカーモーカリー:さくらやあさひにとって先輩ヒーローの金融戦士。なぜか関西弁でテンションもハイになる。


マニー教団:秘密結社。ボスが昔、硬貨の菌を顕微鏡で調べて以来、硬貨の廃止が目的。改造手術によって変身できる。
ノート=バンク:20才にして財閥の総帥であり、マニー教団の女ボス。高飛車で攻撃的な性格。マイトディーラーに変身。
ビル=バンク:ノートの弟の15才、可愛い男の子。内気な性格。コケティバウザーに変身に変身するが、犬の着ぐるみ。
嵐崎円:さくら達の一つ上の先輩。楽して儲ける事を嫌う熱血バイト少女。エヴリワーカーに変身。ビルに惚れている。
ルルーラ=フラン:さくら達の一つ下の後輩の少女。見た目はもっと幼く見える。騙すのが好き。チェリーバイターに変身。
セシル=ボンド:さくら達と同年代。学年一の秀才だが、あさひに国語で負けて敵視している。エルディレイバーに変身。


●ステージ1:VSエヴリワーカー(嵐崎円)
▲三越さくら
さくら「うふ、うふふ…」 
あさひ「どうしたの? さくらちゃん…ご機嫌ね」
さくら「え? わかる? じゃじゃーん! これを見て!」
あさひ「これ…マニーマニートのお買いものカードね?」
さくら「そう! お父さまに戴いたんだけど」
さくら「これさえあれば、マニーマートの全商品が5割引きなの!」
あさひ「ま、まさか、さくらちゃん…」
さくら「うん! とうぜん、買い占めよ!」
あさひ「そ、それって…はずかしいコトだと思うの…」
さくら「いいから! いいから! れっつ・ごぉー!」
あさひ「シクシク…」
(ピンポーン!)
さくら「えー、何にも無いのね。マニーマットって」
あさひ「シーッ! さ、さくらちゃん…。もっと小さな声で…」
円「いらっしゃいませぇって…!! ゲッ」
円(こいつら、我らマニー教団の怨敵、三越さくらと高島あさひ! なぜ、ここに!?)
(ドスン!)円「へっ?」(な、何だ? この日用品の山は?)
さくら「あ! お姉さん! あと、マニーチキンを15ピースお願いね!」
円「お、お弁当、あたためますか?」
さくら「もっちろん! あと袋入らないから、その分、安くしてよね!」
円「と、当店では、そのような業務はいたしておりません」
さくら「えー! サービス悪ぅい! ドーソンでは当たり前なのに!」
円「お、お、お…」
さくら「おまけしてくれる?」
円「おのれ!! 銭ゲバ女子高生! エヴリ・ワーカー、GO!!!」
さくら「きゃあ! あなた、マニー教団の怪人だったのね!」
円「あたしは、あんたたちみたいな怠け者が大ッ嫌いなんだよ!」
円「悔い改めさせてやるから覚悟しな!」
さくら「ふーんだ! そう簡単にいくもんですか!」


勝利:さくら「貧乏暇なしってね、あなたそれじゃない?」
敗北:円「少しは労働の尊さを知れよ! どうだ、うちでバイトしないか?」


710 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:15:49 ID:???
▲高島あさひ

さくら「あさひちゃん、おっはよー!」
あさひ「あら、おはよう。さくらちゃん、今日も元気ね」
さくら「そう言うあさひちゃんは、元気ないみたいね?」
あさひ「ふう…」
あさひ「実は、朝からついてないの。定期とお弁当を忘れちゃうし、車には、はねられそうになるし…」
さくら「それ、あさひちゃんがボケてるだけって、言わない?」
あさひ「さくらちゃん、ひどいわ! そんな言い方しなくても!」
さくら「まあまあ、そんなに気にしてるなら、今月の運勢を調べてみようよ!」
あさひ「今月の運勢?」
さくら「うん! 今日は”月刊占っちゃうぞ!”の発売日だもん!」
あさひ「私、やめとくわ…。そう言うの、信じやすいから…」
さくら「いいから! いいから! マニーマートへ、れっつ・ごー! でも本題と情報量は戴くよ!」
あさひ「シクシク…。さくらちゃんって、とっても強引」
(ピンポーン!)
円「いらっしゃいませぇって…!! ゲッ」
円(こいつら、我らマニー教団の怨敵、三越さくらと高島あさひ! なぜ、ここに!?)
さくら「あった! あった! ”月刊占っちゃうぞ!”…どれどれ、4月生まれはと…」
あさひ「ドキドキ…」
さくら「あ! 凄いわよ、あさひちゃん。”何をやっても大成功! 向かう所敵無し!”だって!」
あさひ「本当だわ。嬉しい…やっと幸せが来たって感じだもの」
さくら「元気出たみたいね。じゃあ、精神カウンセリング料も付けといてね」
あさひ「さくらちゃん…私たちって、本当にお友達?」
(ちゅどーん!)
円「えーい! お前ら、いい加減にしろ! 占い如きでゴチャゴチャと! エヴリ・ワーカー! GO!!!」
さくら「わ! わ! あさひちゃん! マニー教団の怪人よ! レッツ・ファイト!!」
あさひ「え? な、なぜ私が?」
さくら「”何をやっても大成功! 向かう所敵なし!”」
あさひ「シクシク…」


勝利:あさひ「一生懸命働いてる先輩って素敵。さくらちゃんも見習ってほしいわ」
敗北:円「出直してくるんだね。24時間、ここで働いているよ!」


711 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:16:17 ID:???
●ステージ2:VSチェリーバイター(ルルーラ=フラン)


▲三越さくら
▲高島あさひ(ほとんど同じだが、あさひの時はそのセリフの下のorになる)


さくら「見て見て、あさひちゃん。大きなおもちゃ屋さんがあるわ」
あさひ「ホントね。あっ! あのぬいぐるみかわいい…」
さくら「ね! 入ってみようか?」
あさひ「あら、道草しちゃダメよ」
さくら「もう、堅いことばっかり言わないの!」
(ピンポーン!)
ルルーラ(大声)「こんにちはーっ!」
さくら「わ! びっくりさせないでよ! もう!」
orあさひ「きゃあ!! ドキドキ…」
ルル―ラ「ウヒヒヒ…。」
さくら「ウ、ウヒヒって…。なんなの? この子?」
ルル―ラ「はーい! ルルーラちゃんでーっす!!」
さくら「きゃっ! ちょっと、耳元で怒鳴らないでよ!」
あさひ「お嬢ちゃん、どうしたの? 迷子?」
ルルーラ「違うの! 違うのーっ! 遊んでくれる人を、探してるのーっ!」
さくら「それって、まさか…」
orあさひ「それ、ひょっとして…」
ルルーラ「わーい! おねーちゃーん! 遊んで、遊んでぇー!」
さくら「わ! わ! ちょっと、くっつかないでよ!」
orあさひ「きゃあ! 抱きつかないでください!」
ルル―ラ「うーんとねルル―ラ、銀行ごっこがいいな」
ルルーラ「それでね、負けたらホントのお金払うんだよ!」
あさひ「本当のお金?」
ルル―ラ「そうなのー!」
さくら「この子、ヘンだわ!」
あさひ「さ、さくらちゃん。そんなハッキリと…」
さくら「そうじゃなくて! マニー教団の怪人だってコトよ!」
あさひ「ええ!?」
orあさひ「ええ!? そんな…こんな小さな子が…」
ルルーラ「ばれちゃしょうがないのーっ! チェリー・バイター、GO!!!」
ルルーラ「こんにちはー! チェリー・バイターでーっす! 本格的にあっそぼーっ!」
さくら「えーい! 何か調子来るけど戦うわよ!」
orあさひ「なんだか、ほっとけない感じなの! 勇気を出して戦うわ!」


勝利:さくら「笑って許されるのは、幼稚園児までよ」
敗北:ルル―ラ「さくらちゃんと錯乱、なんちゃって、ぷー」


勝利:あさひ「そう、そうやって笑顔を絶やさなければ、きっといい事があるわ。私にも言えるんだけど」
敗北:ルル―ラ「お姉ちゃん、やっさしー。でも、世の中そんなに甘くないの」


712 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:16:49 ID:???
●ステージ3:VSエルディレイバー(セシル=ボンド)


▲三越さくら
さくら「まったく、マニー教団ってしつこいのね」
さくら「問答無用で襲って来るんだから冗談じゃないわ!」
あさひ「私たち、何か迷惑かけたのかしら…」
さくら「そんなワケないじゃん! カルシウムがたりないのよ! きっと!」
(ピキュン! ピキュン!)
さくら「あれ? こんなトコにゲームセンター、あったっけ?」
あさひ「本当ね…ハイテック・マニ? 聞いたことないけど…」
さくら「ね! ね! 入ってみようか?」
あさひ「さくらちゃんって、懲りない人なのね…」
(ピンポーン!)
さくら「うわぁ、大きな機械のゲームばっかり!」
あさひ「本当ね。ヤッホー・キャッチャーすら無いみたい…」
さくら「あれ? この両替機、お札専用なの?」
あさひ「とか言いながら、おつり口を調べるのって、恥ずかしいコトだと思うの…」
さくら「え? えへへ…。あ! このゲーム、新作だー!」
さくら「えーと、なになに…”マニー教団の光芒”??」
さくら「!! …こ、これって、まさか…」
セシル「あなたたち、頭悪いのね…。それは”しゅえい”って読むのよ」
さくら「わ! やっぱり! あなたもマニー教団の怪人でしょ?」
セシル「ふん! エルディ・レイバー、GO!!!」
さくら「出たぁ」
セシル「私、頭の悪い人って嫌いなの…。見つけると誰彼かまわず懲らしめたくなるわ」
セシル「と言うわけで、あなたたち、覚悟はいい?」
さくら「なーに、ぬかしてんのよ! すっとこどっこい(死語)!」
さくら「こう見えても、国語の成績は”よくできました”なんだからね! 負けないわよ!」


勝利:さくら「お金に関する計算スピードには、ちょびっと自信があんのよね」
敗北:セシル「ひがまないの、私の天才は生まれつきなんだから」


713 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:17:25 ID:???
▲高島あさひ
あさひ「さくらちゃん、マニー教団って、なぜ私たちを追いまわすの?」
あさひ「私たち、何か迷惑かけたのかしら…」
さくら「そんなワケないじゃん! カルシウムがたりないのよ! きっと!」
(ピキュン! ピキュン!)
さくら「あれ? こんなトコにゲームセンター、あったっけ?」
あさひ「本当ね…ハイテック・マニ? 聞いたこと無いけど…」
さくら「ね! ね! 入ってみようか?」
あさひ「さくらちゃんって、懲りない人なのね…」
(ピンポーン!)
さくら「うわぁ、大きな機械のゲームばっかり!」
あさひ「本当ね。ヤッホー・キャッチャーすら無いみたい…」
さくら「ん? なにコレ? 全国偏差値判定クイズぅ?」
あさひ「試験問題が出題されるゲームみたいね」
さくら「何が悲しくて、お金払ってテスト受けなきゃなんないのよ」
あさひ「でも、ハイスコアだったら、お勉強に自信がもてるんじゃないかしら」
さくら「なるほどね。あさひちゃん、勝負してみる? 千円かけて…」
セシル「その勝負、私が受けるわ」
あさひ「え? あなたは?」
セシル「うふふ 如月高校の秀才コンビが、ご来店とはね」
セシル「特に高島さん…。あなたは、国語だけ、私より成績がよかったハズよね?」
あさひ「はぁ、そうなんですか?」
セシル「クッ…。どうでもいいって顔ね」
セシル「でも、高島さん。勝負してもらうわよ! 校内一の秀才の座をかけてね」
あさひ「きゃあ! マニー教団の方だったんですか?」
セシル「さあ、どっちの成績が上か一勝負よ! 高島さん!」
あさひ「何か怖い目でにらんでるし…。しょうがないかな。変身ね!」


勝利:あさひ「今度、宿題のみせっこしましょうね。秀才さん」
敗北:セシル「好敵手登場ってとこね。ふふ、次は大差を付けるわ」


714 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:18:05 ID:???
●ステージ4:VSマッカーモーカリー(坂田ビリィバーヴ)
▲三越さくら・高島あさひ(ほとんど同じだが、あさひの時はorの部分になる)


坂田「こら! キミたち!」
さくら「あっ、ビリィじゃない」
あさひ「さ、坂田先生…」
坂田「さ、さくら君。いくら、いとこ同士でも、ビリィはないだろ?」
坂田「今は坂田先生って呼んで欲しいな。高島さんみたいにね」
あさひ「ポッ…」
さくら「ふーんだ! スカしちゃって! 貯金、351円しかないクセに!」
坂田「うぐっ! と、とにかく、制服のままで繁華街をうろつくのは感心しないな」
坂田「一度、家に帰って…」
(ピコーン! ピコーン!)
さくら「ん? 何? この音…」
坂田「い、いけない! こんな時にマッカ―・シグナルが!」
(ズバシュ!)
坂田「はーっはっはっはっはっ!!」
さくら「わ! わ! 何よ、ビリィ! そのカッコ…」
あさひ「さ、坂田先生!」
坂田「浪速男のど根性! マッカー・モーカリー参上や!」
さくら「もっこりー?」
坂田「も、もっこりーやない! モーカリー!! M・O・R・K・A・R・Y・や!」
さくら「何でもいいけど、そのカッコやめてよ! 気持ち悪いじゃない!」
orあさひ「先生、お気を確かに!」
坂田「ふふふ、知っとるで!」
さくら「な、何を?」
orあさひ「な、何をですか?」
坂田「お前ら、正義のために戦っとるそやな! …えーことや!」
坂田「せやけど、弱かったらあかん! なめられてまう!」
坂田「そこでや…先輩ヒーローである俺がいっちょ稽古つけたろやないけ! 遠慮のうかかってきいや!」
さくら「先輩ヒーロー? ビリィにこんな秘密があるとは思わなかったわ」
orあさひ「うう…。坂田先生にこんな趣味があるなんて思わなかったわ。可哀想な先生…」
さくら「でも、強い方が勝つのがヒーロー物の掟よね! OK! 挑戦を受けるわ!」
orあさひ「でも、大丈夫! 私が先生をノーマルな人に戻して差しあげます!」


勝利:さくら「百万ドルの笑顔? ふんだ、外貨は願い下げよ」
敗北:坂田「もっこりーやないて言うてるやろが、モーカリーや、覚えとき」


勝利:あさひ「ごめんなさい先生。でも、先生のためにやったことなんです」
敗北:坂田「ドッカーン!! どうや、マッカーズビズバサイクロンの味は!」


715 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:18:37 ID:???
●ステージ5:VSコケティバウザー(ビル=バンク)


▲三越さくら
ビル「あのー、すいません…」
さくら「何? 何か用?」
ビル「い、いえ…あの、えーとですね」
さくら「ん? 何なのよ。いらいらする子ね!」
あさひ「ちょっと、さくらちゃん! いじめちゃ可哀想よ」
ビル「あっ、ありがとうございます」
あさひ「いいえ…。それで、私たちに何かご用かしら?」
ビル「え、ええ…。あのお二人は三越さくらさんと高島あさひさん、ですよね?」
さくら・あさひ「はい…。そうだけど?」
ビル「ああ、よかったぁ! 探しましたよ! 今日もご飯抜きかと泣きそうだったんです」
さくら「はぁ? どういう意味なの?」
ビル「はい。実はボク、マニー教団の怪人なんです」
ビル「あははは! しかも、けっこう偉いんですよ。総雑務長で、NO.2の幹部です」
さくら「キミ、真面目に話してる? お姉さんたちをからかうと後が怖いんだぞぉ!」
あさひ「そう、嘘はダメよ…。えんま様に、舌を抜かれちゃうんだから…」
ビル「あ! あ! もしかして、信じていませんね!?」
さくら「あったりまえじゃない!」
ビル「よ、よぉし! 変身しちゃいますよぉ! コケティ・バウンザー、GO!!!」
(ズバシュ!)
ビル「ど、どーです! ホントでしょ!?」
さくら「でしょって、キミ…。きぐるみ来ただけじゃん!」
ビル「こ、これ、パワードスーツなんですよぉ!」
さくら「やれやれ…、どうやら、お仕置きが必要みたいね。教育費、請求するわよ!」


勝利:さくら「この子、全身から苛めてくださいって、電波が出てるわ。うずうず」
敗北:ビル「ごめんね。君に負けると、また晩御飯ぬきになっちゃうんだ」


▲高島あさひ
ビル「あのー。すいません…」
あさひ「はい…、なにか?」
ビル「い、いえ…あの、えーとですね」
あさひ「何でしょう…」
ビル「いえっ、大したことじゃないんですけど…」
あさひ「ご遠慮なく…」
ビル「はい…。えーと、実はですね…」
さくら(大声)「ムキーッ!!」
さくら「いい加減にしときなさいよ! さっきから二人して、イライラするのよ! ハッキリしゃべる!!」
ビル「はぁ、すいません…」
さくら「…。グ、グーでブツわよ」
あさひ「ちょっと、さくらちゃん! かわいそうでしょ! 小さな子に!」
ビル「いえ、いいんです。ボク、怒られるのなれてますから」
ビル「特に、三越さくらさんの怒り方…、姉さんのにそっくりだ。ウットリ…」」
さくら「な、何かキモチ悪いなぁ」
あさひ「あら? どうして、さくらちゃんの名前を知ってるのかしら…」
ビル「あはは、それはボクがマニー教団の人間だからですよ」
ビル「お待たせしました! 変身しちゃいますよぉ! コケティ・バウンザー、GO!!!」
ビル「ね! ホントでしょう!?」
あさひ「こんな小さな子が、悪の手先に? なんて事なの!」
あさひ「安心して! 私が目を覚ましてあげるわ!」


勝利:あさひ「泣かないの、男の子でしょ」
敗北:ビル「姉さんの命令には逆らえないんだ、ごめんね」


716 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:19:14 ID:???
●ステージ6:VSマイト・ディーラー(ノート=バンク)


▲三越さくら・高島あさひ(ほとんど同じだが、あさひの時はorの部分になる)
ノート「うふふ、待ってたわよ。子猫ちゃんたち…」
さくら「はぁ?」 
orあさひ「はい?」
ノート「よくここまでたどり着いたわね…。一応、誉めておくわ」
さくら「何言ってんのよ。そっちから現れたんじゃない」
ノート「コ、コホン…」
ノート「とにかく、ずいぶんと私の部下をかわいがってくれたそうね」
さくら「なぁんだ! あなたもマニー教団の人なんだ!」
ノート「オーホッホッホッ、甘いわね! 巨大企業バンク財閥の会長にして、マニー教団の総帥!」
ノート「世界を影から操る実力者! 美の女神ノート・バンクとは、私のコトよ!」
さくら「まぁたまた、キバっちゃって! 小じわが増えちゃうわよ! おばさん!」
ノート「…おばさん?」
さくら「あれ? 何か真っ暗になっちゃった」
あさひ「今の、禁句だったじゃないかしら…」
ノート「おばさん? ピッチピチの20歳、美の女神と唱われる私におばさん?」
(ちゅどーん!)
ノート「そこへ直れ! 小娘どもがーっ!!」
さくら「やーん、怖ぁーい! 怒ると小じわが、全開バリバリってカンジィ!」
あさひ「ち、ちょっと、さくらちゃん! これ以上、挑発しない方が…」
(ちゅどーん! ちゅどーん!)
ノート「もう、遅いわい!! マイト・ディーラー、GO!!!」
(ズバシュ!)
ノート「うふふ、もう泣いても許さないわよ!」
あさひ「わぁ、強そう…」
ノート「あら、震えているのね? 大丈夫よ…食べたりしないから」
さくら「ふ、ふーんだ! 武者震いってやつよ!」
orさくら「ふーんだ! こっちには無敵のヒロインがいるんだからね!」 あさひ「それって、まさか…」
さくら「そっちこそ、年なんだから息切れしないようにね。お・ば・さ・ん!」
orさくら「さあ、はりきってどうぞ! デッドマイザー! GO!!!」 あさひ「シクシク…」


勝利:さくら「悪い事して稼いだお金でしょ? 出しなさいよ、正義のヒロインが有効に処理してあげるから」
敗北:ノート「残念だったわね子猫ちゃん。さあ、こっちへいらっしゃい」


勝利:あさひ「そ、そんなに怒らなくても。いいんですよ、あなたの勝ちで」
敗北:ノート「ふふふ、よくってよ。降参する者を手にかけるほど、おちぶれちゃいないわ」


717 :マネーアイドル・エクスチェンジャー:2013/12/14(土) 18:19:46 ID:???
●ステージ7:VSデッドマイザーかエクスチェンジャー


▲三越さくら・高島あさひ(同じ)
さくら「まったく、マニー教団ってしつこいなぁ」
さくら「いくら私が可愛いからって、このアプローチはデリカシーないよね」
あさひ「…と、とにかく、駅について良かったわ」
さくら「あれ? 定期、忘れちゃったぁ。あさひちゃん、お金貸してぇ」
あさひ「えっ! また?」
さくら「いいじゃぁん。貸してよぅ」
あさひ「仕方のない、さくらちゃん…。はい、150円」
さくら「帰りの分もあるから、300円ね」
あさひ「もう、しょうがないわね…」
さくら「わぁい! サンキュー! あさひちゃん!」
(ガチャン!)
あさひ「さくらちゃん…今、自動改札を定期で通らなかった?」
さくら「え~? なんのコトぉ?」
あさひ「もう、とぼけて! 私、見てたんだから!」
さくら「えへへへ。まあ、いいじゃん。300円くらい…、早く学校行こ!」
さくら「300円…? くらい?」
(ちゅどーん!)
あさひ「もぉう、我慢できませーん!!」
さくら「わ! わ! 何? あさひちゃん! どーしたの!」
あさひ「さくらちゃん! 今日こそ、百二十三万四千と三百円! キッチリ返してもらうわよ!」
あさひ「借金戦士デッドマイザー見参!! さくらちゃん!借金の返済をかけて勝負よ」
さくら「もう、あさひちゃんったら…。でも、こうなった以上しょうがないわね」
さくら「ムフフフ…。お金がからんだ時の私の無敵ぶり、たっぷりと味わってもらうわよ!」


勝利:さくら「いい汗かいたね、あさひちゃん。ジュース奢ってね」
敗北:あさひ「つ、ついに正義が勝ったのね」
 あさひプレイだと勝利と敗北が逆になる。


夕日をバックに走るさくら、もしくはあさひのシルエット。スタッフロール。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー