COTTOn(コットン)
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-790~791


790 :COTTOn(コットン):2014/01/19(日) 20:26:22 ID:???
■COTTOn(コットン)
1991年アーケードで発売の横スクロールシューティング。萌えキャラシューティングの走りとも呼ばれている。
他PCエンジン、X68000、スーファミ、プレステに移植。アーカイブスにも。絵柄が変わったりボイスがなくなる。


登場人物
ナタ・デ・コットン:WILLOWが大好物の魔法使いの女の子。箒に跨り、空を飛ぶ。
シルク:コットンを旅立させた小さな妖精。グラディウスでいう所のオプションの役割。


●OP
 ある日のこと、突然、闇の波動が光のプリズムを狂わせ、世界中の光をすいこみはじめてしまいました。
 それから夜の闇がつづき、人々は眠ったままの朝を目覚めさす方法がわからないまま、不安な生活を送らされていました…。
 ……しかし……。
 そんなことにはまったく無関心で「WILLOW」が大大・大好きな、コットンという魔法使いがいました。
(コットンが森を歩いていると、妖精のシルクがふらふらと落ちてきた。そしてコットンを見上げてお願いする。)
シルク「おねがいです、助けて下さい! 私の世界が、闇の魔物たちに支配されてしまいました」
シルク「どうか闇の魔物を倒して、私たちの世界を救って…あ…あれ……、あの……ち…ちょっと……」
(そんなシルクを無視して、さっさと歩いて行くコットン、シルクは呟くように言った。)
シルク「魔物のボスを倒せば妖精の国名産の「WILLOW」が手に入るのになぁ」
コットン「れっつ GO!!」


●ステージ1クリア
(夜の闇の中、岩の上に光り輝くWILLOWがある。にやけ顔のコットンが近づく。)
コットン「ダヘヘヘヘ………「WILLOW」ちゃんだぁ!! かわいいかわいい「WILLOW」ちゃ~ん!!」
コットン「今、食べてあげますからねぇっ!! いただきま…あっ!」
(シルクが横から飛んできて、WILLOWをかっさらう。)
シルク「だめ~~~っ!!」
コットン「な、なにするのよ~~っ! あっ! さてはよこどりしようって、こんたんね!!」
シルク「ちっ、ちがいます! 七色の「WILLOW」を集めると……」
シルク「ビッグでグレイトな「WILLOW」になるんですぅ~~~!」
(コットンはシルクを掴んでいた手を離す。巨大なWILLOWを思い浮かべ、涎を垂らす。)
コットン「エッ!! BIGでグレートなWILLOW」


●ステージ2クリア
(二つ目のWILLOWを手に入れて、喜ぶコットン。)
コットン「デヘヘやったあ~~~、2個目よ! うっ~~! 食べたいよ~~!」
シルク「さ、さあ早く先に進みましょっ、ねっ、ねっ、ねっ!」


●ステージ3クリア
(三つのWILLOWを頭に乗せて、拳を握りしめるコットン。)
コットン「これでまた一歩。大いなる野望に近づいたわね!!」


791 :COTTOn(コットン):2014/01/19(日) 20:26:52 ID:???
●ステージ4クリア
 コットンは神殿の魔神スフィンクスを倒し、4つ目の「WILLOW」を手に入れた。
 ……しかし……、コットンの行く手には、まだ数々の強敵が待っている!!
 負けるなコットン! それいけコットン! やれいけコットン! コットン! コット~~~~ン!?


●ステージ5クリア
(WILLOWを持って飛ぶシルク、走って追いかけるコットン。)
コットン「もうがまんできなーい!! 小さくてもいいから食べる~っ!!」
シルク「ダメ!! ダメ!! ダメ……っ!!」
コットン「ガルル~~ッ!!」


●ステージ6クリア
(ドラゴンを倒し、その亡骸の前に立つコットン。)
コットン「ごめんなさい、ドラゴンさん! あなたに怨みはないんだけど」
コットン「あと一個で七色に輝く、マルマルした、ブヨブヨプチプチのドドビッグな」
コットン「「WILLOW」がプニプニプニのう~~~~っ、ポヨヨ~ンとおいしそうに…」
コットン「…う~~とねぇ……、あずきはさくらのあとに食べて、え~とそれから、それからねぇ」
シルク「……」


???「1・2・3・4・5・6…、フフフフ……コットン。6色の「WILLOW」をよく集めましたね」
???「でも私がいるかぎり妖精階には行かせませんよ……ここで「WILLOW」といっしょに食べてさしあげましょう」


●ゲームクリア
 祝WILLOW。


(妖精界。城に妖精の女王がいて、七つのWILLOWを渡す。)
女王「ありがとうコットン!! 数々のつらい戦いをのりこえて、よくここまできてくれましたね!」
女王「あなたの勇気ある戦いで、この妖精界のみならず、あなたの住んでいる世界にも、やがて朝がおとずれましょう」
女王「この七色の「WILLOW」こそ、この次元のすべての色を作り出している、光の結晶なのです」
(七つのWILLOWが夜空へと飛んでいく。)
 「「WILLOW」よ、今この手をはなれ、自らの色にもどりなさい」
(空が七色に輝く。それを見上げて汗をかくコットン。)
コットン「……」
シルク「コットンさん! ほんとうにありがとうございました。これで妖精界もすくわれます」
シルク「ビッグな「WILLOW」なんてウソをついて、ホントにゴメンナサイ、でも皆あなたに感謝しているんですよ」
シルク「あなたがいなければ、闇の波動を消し去ることはできなかったでしょう。女王様もとってもよろ…」
シルク「あら? …あの、もしもし?? ……石になっている!! いや、あのその、…あっ! そうそう!」
シルク「そういえば、となりの国もなんだか黄金の「WILLOW」を盗賊に盗まれたとかいってたわ!」
シルク「たいじすると「WILLOW」がもらえるかもしれ……へ!?」
(泣きながら石化していたコットンが元に戻り、目が輝く。そして青空へと飛び出した。)
コットン「いくぽ~~ん!!」


FIN.

  






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー