L.O.L.(LACK OF LOVE)
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-809~810


809 :L.O.L.(LACK OF LOVE):2014/04/06(日) 01:18:20 ID:???

L.O.L.(LACK OF LOVE) を簡単に。
2000年ドリームキャスト発売。作成はmoon等のラブデリック。音楽は坂本龍一が担当。
タイトルの意味は、愛が足りない。
 

主人公は泉の中で生まれた、小さな虫の様な生物。主人公も含め、見た事ない架空の生き物ばかり。
卵から還ったら、大きな魚に食べられないように操作して、泉から出る。
出てきたら大自然の中、他に色んな生物がいる。自分を攻撃したり逃げたりする。
主人公は他の生物を攻撃して食べたり、友情をはぐくんだりする。ちなみに木の実なども食べれる。
友情の育み方は生物ごとに違う、追いかけっこをしたり、かくれんぼをしたり、押しあったり。
文章は無いが、いつでもこの辺りの生物の名前を確認できる。名前から何をすればいいか想像できる。
例えばトオボエと言う名前の生物は相手が音を出したあとに、こちらもタイミング良く鳴けば良い。
何種類かの生物と育んだ後、特定の場所に行くと主人公が卵になり、でかくなる。形も変わる。
でかくなると今までの場所より別の場所に行ける、今まで自分を襲って来た大きな生き物と戦える。


上記の行為を何度も繰り返し、でかくなっていく。
途中、人型のロボットが登場。何か機械を設置して行く。
機械は何かのカウントダウン。一分ごとにカウントが減っていき最後に「カイハツヲカイシシマス」。
すると左から巨大なローラーが地面をえぐっていく、右になんとか逃げきる主人公。
その後も荒れ地を進んだり、途中で軍隊蟻のような生き物に捕えられ、その巣から何とか脱出したりする。


またも繰り返してでかくなっていくと以前、地面を平らにしていった機械がまた登場。
友達になった生物が巻き込まれそうになったので、かばって自分が押しつぶされる。
気を失った主人公を、機械が連れていく。


連れていかれたのは色んな生物のいる、檻のような場所。
色々と調べて脱出し、ある扉の前に入る。
そこは人間の赤ちゃんのようなロボットが、ブロックを押して進んでいた。
主人公もまた、同じようにブロックを押したり引いたりして進む。それをいくつも繰り返す。
それをモニターで見ているロボット。どうやら主人公は知能テストをされているようだ。
失敗すると落とされて、標本にされる。


810 :L.O.L.(LACK OF LOVE):2014/04/06(日) 01:19:47 ID:???

成功するとその部屋から脱出、別の部屋に行く。
そこには人型ロボットがおり、大きなモニターで映像を浮かび上がらせて説明する。
ある星にたくさんの人間がいた。
人間は増えると、たくさんの生物が死んでいった。
偉い人達は話し合い、たくさんの宇宙船を作って宇宙に飛ばした。
宇宙船は星に着き、その星を人間の住みやすい場所へと変更する。
その後で、元の星から人間を移住させる。それが絵で説明される。
そして主人公に選ばせる。人間側に居るか、動物側に居るか。主人公は人間側を選ぶ。選ばないと標本。
通されたのは他にも色んな生物がいる部屋。シャワー室やベッドなど、人間のような生活が出来る。
そこでも色々して、友情をはぐくみ主人公は大きくなる。そしてその部屋を脱出した。


見渡す限りの平地。主人公はひたすら進み続ける。途中で腹が減るが、なんとか落ちてる実を食べて繋ぐ。
長い長い歩行の末、電撃の流れる壁に当たる。その向こうにかつて自分が助けた生物がいた。
その壁をよじ登り向こう側へ、そして主人公は進む。途中、わりと強敵が現れるが倒して食べる。
雨が降り、地震が起きる。地割れが起きて間一髪、先へと進んだ。


一方その頃、ロボットたち。映像だけでは分かりにくいが、星のエネルギーに振りまわされている。
機械同士でぶつかり合い、雨で吹き飛ばされる。基地は崩壊した。


雨が止む。太陽の光がゆっくりと広がる。主人公は崖から見下ろす。
大きな森がまだまだ広がっていた。


小さな虫が大きな虫に食べられ、その虫を鳥が食べ、その鳥を巨大な生物が喰らう。
人型ロボットは自然にまぎれて暮らす。
主人公もまた、この自然の中を生きるのである。


スタッフロール。終わり。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー