実況生放送
part68-265,268


265 :実況生放送:2015/03/15(日) 00:06:38.31 ID:nrA5n8sR0
    ニコニコ自作ゲームフェス2にて出展されたゲーム、『実況生放送』行きます。
    1レス完結の簡単なものですが、枯れ木も山の賑わいということで。

    (ゲームの概要)
    ニコニコ動画で行われているゲーム実況の生放送をモチーフとしたゲーム。

    プレイヤーは、とある生放送主が『犯行現場』というゲームをプレイしているのを視聴し、
    アドバイスを生放送主に送る事で、間接的にプレイに参加する事になる。
    その結果、PS2のマイクを使用するゲーム『オペレーターズサイド』『デカボイス』
    等のようにメッセージでゲーム内の主人公を操作しているみたいなプレイ感覚を楽しめる。

    (『犯行現場』のオープニング)
    主人公が目覚めると自室の中だった。
    そして、付き合っている彼女が室内で死んでいた。
    さらには、部屋の外にでようにも鍵がかかっていて出られないのだ。
    主人公は状況を把握するために室内を捜索する事にした。

    (バッドエンド1)
    彼女が死んだことに絶望した主人公は、
    ダンボールにマッチで火をつけ放火し、彼女の死体と共に心中した。

    後に、くたびれた服装をした刑事が現場を調べに来たが、
    建物が丸ごと燃えたせいで、ろくに証拠を集められなかった。
    唯一分かったのは、室内には二つの死体があり、
    そのうち片方の死体の体内に鍵があった事くらいだった。

    (バッドエンド2)
    主人公はコタツの中から、彼女の携帯電話を発見した。
    そのアドレスには、主人公以外にも何人もの男性のアドレスがあった。
    しかも主人公のアドレスは『保険金用』という名のフォルダにあったではないか。
    彼女は何人もの男性と付き合い、主人公を含める数人は
    殺して保険金をせしめるためだけの付き合いだったようだ。
    それを知った主人公は「…フザケヤガッテ」と呟き、彼女への愛情を捨てる。
    そして、「部屋の中は全て調べた、調べてないのはここだけだ」と言うと、
    彼女の死体を包丁で切り開き、中から部屋の鍵を見つけた。
    その鍵で部屋の外へ脱出することに成功した主人公。

    だがその後、くたびれた服装の刑事が現場を調べ、
    主人公が部屋にいた痕跡を発見してしまい、
    主人公は彼女を殺した犯人として指名手配されてしまった。
    地獄の逃亡生活の始まりだった…

    (グッドエンド)
    バッドエンド2の方法で彼女の死体から鍵を手に入れた後、
    バッドエンド1の方法で室内に放火し、その後素早く部屋から脱出した主人公。
    後にくたびれた格好の刑事が現場を調べても、
    部屋が燃えていたために主人公の痕跡を見つけることができなかった。
    そして彼女は複数の男性と付き合っていたために
    主人公のみに疑惑が向けられることはなく、
    あの部屋も彼女に招待されて一時的に住んでいたので部屋から足がつくこともなく、
    警察から逃れる事ができた。主人公は平穏な日常を取り戻せたのだ。

    以上です。ゲーム実況生放送を体験できる珍しいゲームと言えます。
    こういったゲームが出展されるのも、ニコニコ自作ゲームフェスならではだと思います。

 

268 :実況生放送:2015/03/15(日) 20:15:27.20 ID:nrA5n8sR0
    そういえばハードを書き忘れてましたね、その通り、PCです。

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー