ランボー
当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-985~989


985 :ランボー:2016/04/19(火) 23:32:21 ID:???
    ●ランボー
    1987年のファミコンで発売の横移動のアクションゲーム。同名映画の2をゲーム化した。クソゲー。
    基本手の武器はナイフ、敵を倒すと投げナイフ、矢、銃弾などが手に入り選んで消費武器として使える。
    男の怒りが爆発する地獄のバトルゲーム。ゲームでは「怒」以外、平仮名とカタカナのみだが、漢字に変えます。
    途中で二択の選択肢がいくつかあるが、基本的に正しいほうを選ばないとセリフを繰り返すだけ。


    経歴書
    ジョン・ランボー。1947年生まれ、インディアンとドイツの混血。
    1964年、特殊部隊に入隊。軽武器の熟練兵。
    医療及びヘリの操縦資格有り。59名の敵兵を倒し、叙勲多数。


    ある日、刑務所で服役中のランボーに、トラウトマン大佐が尋ねてきた。
    「ランボー。久しぶりだな。実は、ぜひ君にやってもらいたい仕事があるんだ。
    危険な任務だが、成功すれば君は晴れて自由になれる。
    ベトナムのジャングルで消息不明となった我々の仲間が、どうも敵の捕虜となっている可能性がある。
    現地へ潜入し、調査するのが仕事だ。どうかね。このミッションを引き受ける自信はあるか?」
    →「刑務所暮らしの方が気が楽だ。ここは気苦労が無い。」
    「君がそう言うとは思わなかった。君がYESと言ってくれないと、ゲームが始まらんのだよ。」
    →「どうせ一度は地獄を見た俺だ。死ぬ事など、怖くはない。」
    「結構、早速手配しよう。君をここから出したいのだ。」


    (ヘリコプターでタイの米軍基地に到着し、移動。兵士と会う)
    「ご苦労。私はエリクソンだ。君が噂の男か。ベトナムでは伝説だぜ。
    君と働けて光栄だ、強制労働よりマシだろ?」
    (先に進むとトラウトマン大佐。)
    「ランボー。よく来てくれた。無茶な肉弾戦は忘れて、道具を活用しろ。
    戦争は忘れろ。あの頃のベトナムは死んだ。」
    「俺もベトナムも生きています。」
    「格納庫へ行ってくれ。マードック司令官が待っている。」
    (Sのマークがあるところで下へ移動。先に進むとマードック。)
    「ランボー、よく来てくれた。作戦指揮官のマードックだ。
    現地へ潜入し、もしも捕虜が収容されていたならば、その証拠写真を持ち帰るのが仕事だ。
    決して敵と交戦してはならん。」
    「写真を?救出せずに?」
    「繰り返す、交戦は許さん。では武器庫に行って身支度をしてくれ。幸運を祈っている。」
    (少し先の扉に入ると、エリクソンがいる。)
    「ゲリラ戦で有効な武器を用意しておいた。
    このナイフは、君にとってライフル以上に利用価値のある武器だろう。
    出発まで時間が無い。早くトラウトマン大佐の所へ行け!」
    (道を戻って、トラウトマンに会う。)
    「現地には我々の連絡員がいる。現地人のコーだ。まず、彼がジャングルを案内してくれるだろう。
    潜入から脱出まで36時間だ。道草を食うなよ。
    敵に発見されたら、山頂のピックアップ地点へヘリコプターが迎えに行く。
    ランボー・・・・、幸運を祈っている。」


986 :ランボー:2016/04/19(火) 23:32:51 ID:???
    (飛行機に乗ってジャングルへ、パラシュートで飛び降りるランボー。道中は虫やら蛇やらが敵。)
    (上半身裸のランボーが、ナイフだけで先に進むと女性がいる。)
    「待っていたのよ、ランボー。私は連絡員のコー。
    女でびっくりした? 何か聞いておくことはない?」
    「収容所の事を、何か知らないか?」
    「収容所は川の東のジャングルにあるわ。密輸業者と話をつけてあるから、早く船着き場へと行きましょう。」


    (進むとコーが住む村につく、そこで一人の男と話す。)
    「子供が来たの洞窟で行方不明になったんだ。探してくれないだろうか。」
    「・・・・・。」
    「ランボー、助けだしてあげて。」
    (村の別の人と話す。)
    「おや、お前はアメリカ人だな。こんな山奥に何しに来た。」
    「洞窟に行って、子供を助けだしたいんだ。」
    「ランプを貸してあげよう。ランプがなければ、洞窟はとても危険だからな。」
    (洞窟に行く、髑髏?や蝙蝠が攻撃してくる。先に進むと子供がいる。)
    「エーンエーン、ヒックヒック」
    「安心しろ、助けてやるぞ。」
    (ボスとして大蜘蛛が出てくるが、別に無視していい。村に戻り子供を届ける。)
    「子供を助けてくれてありがとう。何もできないが、ゆっくり休んでいってくれ。」
    「あまり、ゆっくりしてられないんだ。よし、頑張るぞ」
    (実はここの子供を助けるイベントは無視できるが、その場合はランプが手に入らず、後で真っ暗な道を行くはめになる。)


    (船のところまで進む。)
    「話は付けてあるはずよ。船に乗りたいの。はい、お金を渡すわ。」
    「ああ、船に乗りたいってのはあんたたちか。地獄の沙汰も金次第ってな。
    金さえもらえば、船だろうと何だろうと乗せてやるぜ。・・・・早く乗りな。」


    密輸業者の船を雇った、ランボーとコーは・・・・。
    「ランボー。なぜこんな危険な任務を引き受けたの? アメリカは、あなたなら成功するって、信じてるのね。」
    「俺をジャングルに放り込む事で、国民に対する責任を果たした事にしたいだけさ。君はなぜ連絡員などしているんだ。」
    「父がこの仕事をしていたの。父が殺され、私が後を引き継いだのよ。でも・・・、
    あたしはこんな地獄はもうイヤ! アメリカで静かに暮らしたいわ。」
    「このペンダントは?」
    「お守りよ。あなたのおお守りは?」
    「このナイフかな。」
    「ランボー、このペンダントをあげるわ。大切にしてね。
    やっと着いたみたい。ここから収容所までは歩かないといけないわ。」


    (船を飛び降り、川を渡りながら魚や虫を倒して進む。他にフラミンゴが首を伸ばして突撃してくる。)
    「ここから先は俺一人で行く。危険だからついてくるな。」
    「そう・・・。仕方ないわね。音に気をつけて、音の出る武器は敵を集めてしまうから。」
    (ここからベトナム兵がたくさん現れ、銃や飛び蹴りで攻撃してくる。完全に交戦してる。)
    (敵を倒したり避けたりしつつ、先に進む。檻のような壁を破壊して、捕虜に会う。)
    「お願いだ、殺さないでくれ。」
    「大丈夫だ。俺は味方だ。今、縄をほどくから。」
    「・・・助かった。他にも・・・・。」
    「また戻る。急いで逃げよう。」


    (捕虜を連れて、コーの元に着く。)
    「よかったわ、無事で。敵が気付いたみたいよ。え!捕虜を連れてきたの。写真を撮るだけのはずではなかったの。」
    「急いで戻ろう。ここでやられたら、元も子もない。」
    (次々と襲い掛かるベトナム兵を倒し、降り注ぐ爆弾の中を避けて川を渡り、船の元に着き飛び乗った。)


987 :ランボー:2016/04/19(火) 23:33:27 ID:???
    「ランボー!なんだか様子が変よ。」
    「敵の船だ。俺たちを裏切ったな。」
    「そうだ。金になればなんでもするのさ。大人しくしてもらおうか。」
    (銃弾を撃ってくる密輸業者を倒し、船を飛び降りて川に行きジャングルを進む。)
    「ランボー。この先がヘリコプターのピックアップポイントよ。」
    「コー。色々世話になった。君がいなかったら、任務は成功しなかっただろう。」
    「ランボー。私も連れて帰ってくれない?私もアメリカに行きたいわ。」
    「君をアメリカに連れて帰るわけにはいかない。」
    「残念だわ。もうこれで会えないのね。さようなら、気をつけて。」


    (降り注ぐ爆弾の雨を避けつつ、空に浮くヘリコプターの下に行く。エリクソンとトラウトマンが乗っている。)
    「本部、ランボーを見つけた。捕虜を連れている。これから救出に向かう。敵に追われている。」
    本部からの無線『・・緊急事態・・・・作戦を中止せよ・・』
    「なんだと、このまま帰れるか。連れて帰るぞ、見殺しにするつもりか。」
    「私は命令に従います。」
    「雇われ兵めが、味方を見捨てるのか!」
    (止めるトラウトマンの言葉を無視して、ヘリはそのまま上空に去っていく。)


    タイの作戦本部に戻ったトラウトマンは、マードックと・・・・・・・・。
    「一体何の真似だ。最初から嘘をついたな。収容所は無人のはずだった。」
    「私を誰だと思っている。」
    「我が身を庇う腐った軍人だ。」
    「我が身ではない、国家の問題だ。勝手な行動をしたのは君の「英雄」だぞ。写真だけ撮ってれば問題なかったのだ。
    君って男は何も分かっておらん。捕虜の身代金を払えと言うのかね? 敵の懐を肥やす事になるぞ。」
    「祖国の為に戦った男たちだぞ! ゲス野郎。今に後悔するぞ。」
    「なぜかね?」
    「・・・・・・・・ランボーだよ。」


    その頃、敵に捕まったランボーはベトコンに拷問を受けていた。そこへ東側ゲリラ部隊が到着して。
    「私はパドフスキー中佐だ。君が誰かは知らんが、じき分かるだろう。
    君はこの国にいる捕虜を救出に来た。その気持ちはよくわかる。しかし、捕らえられた事は不味い。弁明を聞こう。」
    「・・・・・。」
    「まず、逮捕された事を基地に連絡するのだ。スパイ活動の罪で告発されたと。」
    「・・・・・。」
    「まだ元気が残ってるようだな。ユーシン! ユーシン軍曹にとっては君はただの実験動物だ。」
    「バキ ボク バシバシ」
    「ギャーーーーーーー」
    「お前の指揮官は君を見捨てたんだぞ。君はそんな奴らを庇うのかね?連絡しないと捕虜の命はないぞ。」
    「220・・・56・・どうぞ。」
    本部からの無線『・・現在地と、状況を報告せよ。・・』
    「答えろ、答えないと友達が死ぬぞ。」
    『・・ジョン、私だ。返事しろ。・・』
    「マードックは?」
    『・・ここにいる。・・・・どこだ、場所を、救出しに行く。・・』
    「・・・・。マードック、命を貰いに行くぜ!!」


    そのころコーは、ランボーを助けるために・・・・。
    (コーの住んでいる村、小屋の前でコーは助けた子供の父親と話している。)
    「アメリカのスパイが捕まったらしい。今頃、拷問を受けているだろう。」
    「助けだしてあげたいわ。」
    「薬を分けてあげよう。これを彼に飲ませてあげなさい。」
    (先に進むと、村の住人がいる。)
    「おや、女にしては良いライフルを持っているな。そのライフルと、このチャイナドレスと交換してくれないか。」
    「あら、きれいなチャイナドレス、前からほしかったのよ。」
    「チャイナドレスが、良く似合っているよ。」


988 :ランボー:2016/04/19(火) 23:34:00 ID:???
    コーは、ランボーを助けるために収容所に向かった。
    (収容所内に入り、兵士たちに話しかけていく。)
    「こんばんは。私を呼びだしたのはあなた?」
    「いや、俺じゃねえよ。たぶん隊長だろう。隊長の女好きにも困ったものだ。もたもたしねえで、さっさと入りな。」


    「おい、こんなところで何をしている。何者だ、おまえ! さっさと帰らないと牢屋に閉じ込めるぞ。」
    「・・・ごめんなさい。」
    「おい、どこに行くんだ。出口は右だ、左は拷問小屋があるんだぞ。それとも、拷問してほしいのか?」


    「こんばんは。」
    「おっ、なかなかいい女じゃないか。こっちこいよ、へへへ。」
    「ふふふ。小屋の中に入って、良いことしましょうよん。今日なにかあったみたいね。」
    「ああ。スパイを捕まえたんだ。さっきまで拷問してたんだが伸びちまったんだ。」
    「拷問小屋の鍵はあなたが持っているというわけね!」
    「そんなことより、へへへ。ゴキ!バタン!・・・」
    「やっと鍵を手に入れたわ。これでランボーを助けだせるわ。」


    「ランボー、大丈夫。すぐに鍵を開けるから。」
    「ありがとう。武器をくれ!」
    「敵が気付いたみたい。急いで逃げましょう。」
    (たくさんのベトナム兵が出てくる、手りゅう弾を投げてくるのもいる。ボスとしてバイク兵が体当たりしてくる。)


    (コーの村で、仲間の男の小屋にたどり着く。)
    「疲れているみたいだな。少し休んでいきなさい。」
    「ありがとう。これで、もうひと暴れ出来そうだ。」


    (滝を下り、下にある洞窟に入り通り抜けてタイの基地近くまで着く。)
    「もう安心よ。ひどい目にあったわね。これからどうするの?タイへ?それからアメリカね。私を連れて帰ってくれない?」
    「君もここにいては危ない。一緒に帰ろう。」
    「ありがとう・・・とてもうれしいの・・・早く行きましょう。追手がすぐそこまで来ているわ。」
    ズドドドドドドドドド ぎゃーーーーー
    「コー! しっかりするんだ!」
    「ランボー・・・。私、もうアメリカへ行けないのね・・・。」
    「なに言ってるんだ! 俺はお前とアメリカに・・・。」
    「ランボー・・・ありがとう。私を・・私を忘れないで・・。」
    「コー!」


    (敵の前線基地、たくさんの兵士の他。奇妙なロボットや透明兵などよくわからない敵も)
    ランボーは、ヘリコプターの鍵を見つけた。そこへユージン軍曹が現れて、・・・・。
    「じっくり料理してやろう! せいぜい暴れるがいい。」
    (なぜかダメージを受けたときは顔がでかくなるボス、ユージンを基地内で倒す。そしてヘリを手に入れる。)
    「苦しい戦いだったが、これでようやく終わりが見えてきた。これから収容所に行って捕虜を救出しよう。」
    (ヘリコプターでベトナムの基地に、それを敵のヘリコプターがおってくる。別に空中戦になったりはしない。)


989 :ランボー:2016/04/19(火) 23:34:44 ID:???
    (ベトナムの基地。たくさんのベトナム兵の他に、ロボット兵のような敵もいる。また捕虜の場所へ。)
    「大丈夫か?助けに来たぞ。」
    「体が、弱り切って死にそうだ。足手まといになるかもしれないが、連れて行ってくれ。」
    「当り前じゃないか。元気出せ。もう少しの辛抱だ、急いで逃げよう。」
    (ベトナム基地を逆走、途中でパドフスキーが現れる。放つ弾丸が多い、ダメージで顔がでかくなる。無視できる。)
    (最後に戦闘ヘリのボス。空中で左右に動き爆弾を降らすヘリに、手りゅう弾を何度も投げつける。)


    「早くヘリに乗れ!」
    「やったぜ。ベトナムともこれでおさらばだ。」
    (ヘリに乗って帰還する二人。基地に着陸すると消えるヘリ。
    「ありがとう。ランボー。君なら必ず救出してくれると思っていた。」
    (基地内でマードックに会う。)
    「命令を下すのは私ではない。私は受ける側だ。・・・・・・こんなことになるとは、思わなかった。・・・・・・・・。
    私には命令の一つだった。・・・・・・・・・」
    「任務。完了しました。まだ、大勢残っているはずだ。殺されたくないなら、全員救出しろ!」
    (ちなみに怒を飛ばしてぶつけると、なぜかマードックはカエルになる。最後にトラウトマン大佐と会う。)
    「君は、本当に大した奴だ。自分自身で自由をつかみ取ったんだ。ジョン、どこへ行く。」
    「さあ。」
    「二個目の名誉賞だな。」
    「勲章は彼らの物です。」
    「君はもう自由だ。我々の所へ戻ってこい。」
    「何がある。友達はここで死に、俺の心も死んだ。」
    「間違った戦争だったが、国を憎むな。」
    「憎む? 命を捧げます。」
    「では、何が望みだ。」
    「彼らが望んだ事です。彼らはこの土地に来て、戦いに身を投じながら一つの事を願った。
    国への想いが報われる事です。俺も同じだ。」
    「この先は?」
    「日々を生きます。」


    エンディング
    ジョン・ランボー「戦いは、終わった。だが・・・」
    トラウトマン大佐「よくやった。」
    マードック司令官「俺が悪いんじゃないよ!」
    エリクソン「よっ! 英雄。」
    コー・バオ「私は、あなたを・・・」
    バンクス「また、助けてね!」
    海賊「裏切り者にご注意!」
    子供「ランボーのおじちゃん、ありがとう。」
    兵隊1「子分にしてください!」
    兵隊2「Hな事しましょうよん!」
    村人1「ランプはいかが?」
    村人2「ちょっと休んでいかない?」
    パドフスキー中佐「ヘリの鍵、返して!」
    ユージン軍曹「ヘヘヘ・・・。」
    おつかれさまでした。
    WHAT IS RWAL LIBERTY?
    PLEASE THINK ABOUT IT.


    スタッフロール。END

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー