山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件

当Wiki連絡用掲示板内「差し替え・追加スレッド」-970~980


970 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:37:58 ID:???
    ■山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件
    1987年のファミコンのアドベンチャーゲーム。総当たり系の推理小説。
    とにかく出てくるキャラの名前が似通っていて、紛らわしい。


    ●4月15日
    京都龍安寺の門前。主人公(名前は自分で設定)はゲームデザイナー。
    新作ファミコンゲーム「京都 龍の寺殺人事件」の発表とサイン会の為にここに来た。
    イベントを終え、桜の木が並ぶ人の少ない境内へ。たくさんの桜の花びらが地面に山を作っている。
    桜の花びらの山から足が出ていた。スタッフのいたずらか、どうせマネキンだろうと花びらをどける。
    だがそこには本物の、若い女性の死体があった。
    驚き、混乱する主人公。後ろにいた観光客の女性が悲鳴を上げ、人が集まってくる。
    そこに金髪青眼の女性が現れる。彼女はキャサリン、主人公の事を知っているらしい。
    キャサリンは「名探偵キャサリン」という小説を書いている作家で、元アメリカ副大統領の娘。
    キャサリンは女性の死体を見る、主人公も続いてよく見ると女性の死体は花びらを手に握っていた。
    まだ温かさがあり殺されてすぐのようだ。調べると六枚の花びら、触れると警察がうるさい。写真だけ取っておいた。


    そこに警察が来た、キャサリンと知り合いの男性である狩谷。キャサリンは警察に協力して、事件を解決した事がある。
    狩谷は京都府警の警部。警察の電話番号を聞くと2394000だと教えてくれる。
    第一発見者であり、さらにこの寺で殺人が起こるというゲームを作った主人公は疑われるだろうとキャサリンは言う。
    何かあればカフェ・ド・ミサを訪ねてとキャサリン。主人公は事情を聞かれるため警察へと連れていかれた。


    京都警察本部。一通り発見時の事を伝えると、また後日と今日は家に帰る事となった。
    自分の家の部屋で、花びらの写真を見直す。花びら六枚にはそれぞれ文字が書いてあり「お・な・み・わ・こ・さ」とある。
    事件について考える。自分が一番疑われている事を理解し、早く犯人を捜さないとと考えた。


    カフェ・ド・ミサに行くとキャサリンがいた。事件について聞く。
    殺されたのはユリコオサワ21才。嵯峨野にあるオサワ家という古い家の養女だと言った。
    あの花びらの文字は被害者が残したダイイング・メッセージではないかと推測。
    ついでにこのカフェのマダムを紹介され、セーブ用のパスワードが聞ける。


    ●4月16日
    家を出る前に自宅のお菓子を持っていく。オサワ家を尋ねた主人公。女中のオヨネさんが対応に出てきて、話を聞く。
    オサワ家は20年前に当主がなくなり、現在はフジという女性が継いだ。
    オサワフジは53才、現在のオサワ家の当主であり、体が弱く今は衰弱している。
    いつもは寝たきりだが、ユリコの事件の事もあり朝から起きているのだと言う。
    次にフジに話を聞く。オサワ家には三人の養女がおり、特にユリコは三人の中で一番気立てが良かったと言った。
    他の二人の養女の名前はナミコとミナコ。この家には大きな財産があると聞け、もうすぐ相続するとフジが言う。
    この家には他に使用人のオヨネ、さらにゲンゾウ。居候のコサワミナオがいる。
    オヨネにナミコについて聞くと、大人しく真面目な人。ミナコは妹二人の面倒を良く見ていたと言った。
    ミナオは先代の遠縁にあたる人だと聞いたが、よくわからない。
    ゲンゾウ、げんさんはオヨネの夫。気難しい人で、手土産の一つでももっていったら機嫌を良くするとの事。


971 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:38:39 ID:???
    オヨネの部屋に行き、ゲンゾウに会う。手土産としてお菓子を持っていくと色々と聞けるようになる。
    フジさんかミナコさんを尋ねたければ、母屋に行けば会える。他の三人の部屋はガレージ横の離れにある。
    ナミコの部屋を訪れる、いまはナミコはいない。いろいろと調べる、小説やジャズのレコードなどが棚に並ぶ。
    ジャズを聞くための機械には、タイマー機能が付いている。
    引き出しを調べると車のキーがあった。ナミコは運転できるようだ、車のキーを借りる。
    ユリコの部屋を訪れる。ファミコンがあった。
    ミナコの部屋を訪れる、いたので話を聞く。ユリコは明るいいい子だった。ミナオはナミコに言い寄っていた。
    ミナコの写真を撮っておく。ミナオの部屋は鍵がかかって入れない。


    警察に行き狩谷に話を聞く、殺されたユリコがなぜあの龍安寺に来ていたのか?
    ひょっとして主人公の新作ゲームのイベントに来ていたファンだったのではないかと聞かれる。
    確かに部屋にはファミコンがあった。それをこたえると、ユリコの死亡時刻が聞ける。
    15日の午前7時半から8時の間。イベントに参加するつもりで、朝早くから来ていたのであろう。


    もう一度オサワ家に行き、話を聞く。オヨネに15日に気付いた事を尋ねる。
    朝の7時ぐらいに車の発信音がガレージからした、しかし9時ごろに見に行ったら車はあった。
    ナミコについて聞くと、毎朝ジョギングしている。昨日も朝7時過ぎにでて8時頃もどった。
    ミナコの部屋に行き話を聞く。15日の朝はずっと部屋にいた。ミナオは9時過ぎに朝ご飯を食べに来てた。
    ナミコの部屋に行くと、部屋に戻っていた。25才で現在は無職。
    ナミコは主人公がゲームデザイナーである事を知っている、新聞で事件を知りショックを受けている。
    ユリコはとてもいい子だった。15日は7時過ぎからジョギングに行き、8時過ぎに帰ってきた。
    ミナオの事は良く知らない、あまり好きではない。母のフジは医者の話では長くない。
    母は以前その事を、三人を集めて話しており、財産を分けると言っていた。
    車について聞くと、この家で車を持っているのはナミコとミナオの二人。ナミコの車は修理に出している。
    ナミコの写真をとっておく。車のキーを返しておこうとすると、それは自分のキーではないと言った。


    龍安寺に行き、観光客に話を聞くと、ここの拝観は朝の8時30分からで、それまでは人もほとんどいない。


    ●4月17日
    警察本部に行き、話を聞く。ユリコの死因は青酸カリ、近くに落ちていた缶コーヒーからも反応があった。
    オサワ家からジョギングで7時から龍安寺まで行き、8時に帰ってくるのは無理。
    また、ユリコには恋人がいた。名前は「コナミ サワオ」、岡崎のヴィラみやこというマンションに住んでいる。
    だが彼には「ミサワ ナオコ」という婚約者がいた。

    ヴィラみやこに行き、サワオの部屋を尋ねる。そこにはナオコもいた。
    コナミサワオは24才。一流会社のエリート。聞けばユリコとは以前、付き合っていた。死んだと聞き、ショックを受けた。
    15日は朝10時までナオコと一緒にこの部屋にいた。
    ミサワナオコは22才。ナオコにサワオについて聞く。趣味は寺巡り、多数の女と関係を持っていた。私は気にしていない。
    写真を撮ろうとするとサワオは拒否したが、ナオコの写真は撮れた。


    サワオ家に行く。今日はフジは体調が悪く、会う事が出来ない。またミナコとナミコは買い物に出かけた。
    ミナコの部屋を訪ねるといなかった、アルバムを見ると、一年前の写真が何枚か剥がしてあった。


972 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:39:13 ID:???
    カフェ・ド・ミサに行くとキャサリンがいた。「お・な・み・わ・こ・さ」の文字に当てはまる人物について考える。
    当てはまる人間は五人。あと、あなたのゲームは何か関係ある気がすると言って去って行った。


    自分の家に戻り、ゲームの内容を見直す。まさかこの通りに事件が起こるとはと考えるが、一応。
    次の殺人現場は天龍寺、その次が三玄院。次は善峯寺、相国寺。いずれも竜に関係ある寺だ。


    ●4月18日
    ゲームで殺害現場である。天龍寺に行き、そこの和尚であるムソウに話を聞く。
    色々と聞くと、今から断食道の掃除に行くところだと言うので、一緒についていく。
    するとその部屋で女性が倒れていた。すでに死んでおりムソウは念仏を唱える。
    死んだ女性はミナコだった。ミナコには特に傷が見受けられない、ほこりの積もった部屋には足跡が見当たらない。
    この部屋の鍵はムソウが管理しており、ずっと密室だった。
    死体は壁際でその上には窓がある。窓は二つとも内側から留め金が差し込んで有り、また梯子でもないと届かない。

 
    外に行き、断食道の窓を外から見る。横の梯子には土が付いており、壁にはムソウが昨日はなかったと言うくぼみがあった。
    窓枠はよく見るとぐらついている。

 
    京都府警に行き、狩谷警部と話す。死体が発見され、その時にあなたがいたのはなぜかと聞かれる。
    ゲームの内容とそれを知っている人物を聞かれ答える。他に知っているのはゲームライターのキクチアキラ。

 
    オサワ家に行く。ミナコの事を伝えるとオヨネは驚く、そしてある事を思い出した。
    15日の夜にミナコが真剣な顔で電話をしていたらしい、向こうからかかってきたようだ。ナミコは今は出かけている。

 
    カフェ・ド・ミサに行きキャサリンに会う。どうやってあの場所に死体を置いたか、断食道でのトリックについて考える。
    そう言って見取り図を渡され、キャサリンは去っていく。
    自分の家に戻って見取り図を調べる。天井近くにある窓、その下の家の中の死体、外に設置された梯子。
    外から梯子をかけて、窓を開けずに枠ごと外し死体を中に落とした。そう考える事が出来る。
    オサワ家の二人の娘が殺された、やはり犯人の目的はオサワ家の財産ではないかと主人公は考えた。

 
   ●4月19日
    家を出る時、またもやお菓子が届いたので持っていく。オサワ家に行くと、オヨネに今は誰とも会えないと門前払いされる。

 
    京都府警に行く。すると三玄院でナオコ、善峯寺でサワオの死体が発見されたと狩谷警部から伝えられる。
    どうやら犯人は、主人公のゲームを知っている人物で間違いない。
    ナオコとサワオは婚約していた、サワオとユリコは付き合っていた。何かあるのではないかと警部。
    ミナコの検死結果は17日の午後10時から11時の間。死因は青酸カリ。それと睡眠薬も検出された。
    それとミサワナオコは、白川荘というアパートに住んでいた事を聞いた。

 
    白川荘に行き、ナオコの部屋へと入り、中を調べる。
    机の上の卓上カレンダーの15日の部分が破れていた。ゴミ箱の中に敗れた紙切れがあった。
    破れた紙を集めると「7、03、89、17、1、PM、52」。順番はわからない。


973 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:40:08 ID:???
    ヴィラみやこに行く、サワオの家の扉の前の床には、重いものを手押し車で運んだような跡があった。
    サワオの家には鍵がかかっていない。家の中を調べると、電話の棚の下にA、B、Oが線で結んだメモがあった。
    OとB=O OとAB=O と書かれたメモを持っていく。メモは血液型だと考えられる。
    掛けられていたカレンダーの17日に丸が付けられて7時と書かれていた。


    善峯寺に行く。辺りの人に話を聞いて回ると、18日の夜に車が止まる音が聞こえた、一台が止まって少し後にもう一台。
    大徳寺前の三玄院へと向かった。辺りの人に話を聞くと、18日の夜に白いクラウンの車が寺の前に止まっていたと言った。
    そこから少し離れたところに赤い車も止まった。


    カフェ・ド・ミサに行き、キャサリンと会う。血液型のメモを見せると、これは誰の血液型かしらと言われる。
    京都府警に行き、狩谷警部にそれぞれの血液型を聞く。ナオコはO型。サワオはA型。
    もう一度、キャサリンに会いメモの話をすると、親の血液型も調べないとと言われる。
    また京都府警に行くと、ルポライターのアキラが出張中らしい、電話番号は103-9371と教えてもらう。
    それとナオコの両親の事は太秦警察署の方でお願いしますと答えられた


    ルポライターのアキラに電話するが、スタジオペンにつながりアメリカに出張中であり、留守電にしかつながらない。


    太秦警察署、その前で橋口警部補と会う。話すと狩谷警部の後輩である事を聞ける。
    こちらも自己紹介すると、連続殺人事件の容疑者として逮捕すると告げられる。
    冗談です、ハッハッハッと笑われた。
    ナオコについて尋ねると、実家はここらしい。
    ナオコの両親の事を尋ねる。調べてもらうと、両親は五年前に交通事故で死亡している事が分かる。
    そして母親はO型、父親はAB型だと聞ける。


    オサワ家に行くと、玄関で医者のヤブモトに会う。
    フジがかなり弱っているらしく、話は出来ないとの事。ついでにフジの血液型を尋ねるとOである事を知った。
    先代のリュウタロウにつていも血液型を効くと、B型だったと思いだしてくれる。


    カフェ・ド・ミサに行き、キャサリンと会う。すると恋人のハマグチイチロウを呼んできた。
    イチロウは生物医。血液型のメモを見せると、OとABの間にはOは生まれないと答えた。


    オサワ家に行き、部屋にいたオヨネに会い、いろいろと話を聞く。
    フジは正妻ではなく妾だった。先代の遺言でこの家を継いだ。内緒だけど、先代とフジの間には子供がいた。


    ナオコの実家に行く。あたりの人に話を聞くと、そこのオサヨ婆さんなら知ってるかもと聞ける。
    オサヨを尋ねる。気が強く話を聞かないが、お菓子を渡すと気が良くなる。
    ミサワナオコについて尋ねるが、聞いた覚えはあるが忘れたと言う。ナオコの写真を見せると思いだす。
    ナオコはミサワの本当の子供ではないと言う。20年以上前に赤い毛布に包まって、車折神社に捨てられていた。
    それをミサワの両親が拾って育てたのが、ナオコだと言う。
    そう言えば少し前に、ナオコの事を訪ねてきた人がいたと言う。これ以上は面倒だと、ぶぶ漬でも食えと追い出される。


974 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:41:00 ID:???
    オサワ家に行くと、フジが玄関に会いに来た。子供について尋ねると答えた。
    自分の事情で20年以上前に、赤い毛布に包んで車折神社に捨てたと。
    ナミコの部屋に行くが会いたがらない。さらにすぐにどこかに出て行った。
    玄関にもう一度行くと誰もいない。玄関にある電話を調べると、横に半分ちぎられたメモ用紙があった。
    ・・・952と書かれていた。


    自分の家に戻り事件について考える。
    ナオコはフジの子供だった。犯人はそれを知っていたナオコを殺した。目的はやはり、オサワ家の財産。
    しかしだとしたら、関係ないサワオはなぜ殺されたのか? あのメモに意味はあるのか。


    カフェ・ド・ミサに行き、破れたメモをキャサリンに見せる。
    サワオの部屋のカレンダーの印に17日7時と書かれていた、17、7、PMの文字はそれらを現している。
    952はオサワの家の電話番号。残りの数字と京都の局番を調べれば・・・。
    17日の夜に心当たりがあるかと聞かれる、ミナコの死亡時刻だ。
    サワオ、ナオコ、ミナコの三人には何か関係が有る様に、思えるとキャサリンは去って行った。
    104に電話をかけ、局番を調べる。嵯峨野は103であった。1038952に掛けると、オサワ家の電話番号であった。


    ナオコは15日、オサワ家に電話をかけていた。その電話にミナコが出て17日の午後7時に何かの約束をした。
    そこには当然、サワオもいた。そして何かがあった。


    ●4月20日
    京都府警に行き、狩谷警部に会う。ナオコとサワオの死亡時刻ははっきりせず、18日の午前中であるとの事。
    死斑の出方がおかしく、胃の中の検出物はミナコとほとんど同じ、ケーキとお茶と睡眠薬。
    今までの話をした結果、狩谷警部と共にヴィラみやこと白川荘に調査に行く事になった。


    ヴィラみやこ。管理人のホシノや近所の人に話を聞く。サワオについて聞く、やりてでいつも色々な女性が出入りしていた。
    17日の夜11時のガレージに、サワオの車がなかった。次の日の18日の夜12時も車はなかったが、朝には戻っていた。
    サワオは車のキーを所持していなかった、それに18日の12時には彼は殺されていたはずと狩谷が言う。
    近所の人に聞く、17日の夜も女の人が何人か来ていた。また17日から18日までサワオの部屋からクーラーの音がした。
    写真を見せるが、見た気がする程度ではっきりとは覚えていない。
    白川荘へと行く。管理人のミハラにナオコについて聞く。
    17日の朝に出て行ったまま帰ってこなかった。ここで狩谷警部と別れる。


    カフェ・ド・ミサでキャサリンと話す。ナオコ、サワオ、ミナコの三人は17日の夜に一緒にいたのではないかと推測。
    もしいたとしたらサワオの家。集めたのはサワオで、ナオコがフジの子供であることを調べ、何かを計画していた。
    ナオコと婚約してオサワ家の財産を横取りしようとした、その計画にナオコも協力した。そしてミナコを電話で呼びだした。
    ミナコを殺そうと考えていたのかも、だがそこにもう一人、別の人物がケーキを持って現れ、三人に睡眠薬を入れ殺した。
    サワオの部屋に死体があり、クーラーがずっと点いて冷え死亡時刻がずれる。後は自分で考えてとキャサリンは去る。


    オサワ家でオヨネから話を聞く。ナミコもミナオも出かけているらしい。
    気付いた事を尋ねると、昨日の夜、ミナオの部屋から話声が聞こえた。確かナミコの声だった。


975 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:41:31 ID:???
    自分の家に帰り考える。ナオコ、サワオ、ミナコの三人は恐らく一緒に殺された。
    17日と18日の夜に犯人は死体を寺に運び込んだ。


    オサワ家にもう一度行くと、ナミコが部屋に戻っている。部屋に行き、話を聞いた。
    17日の話を聞く。ミナコと買い物に出かけ、8時過ぎに家に帰った。ミナコと別れたのは7時前。
    バスが中々こなくて、帰るのに時間がかかった。それから母屋で夕食を済ませ、お風呂に入る。
    10時頃はずっと部屋でジャズを聞いていた。
    18日の話を聞く、ずっと部屋で音楽を聞いていた。12時頃に友達のミキから電話が掛かり1時間ほど話をしていた。
    ミナオについて聞くと、17日も18日も夜に帰ってきたと言う。
    ミキについて聞く、コミヤミキという名前で昔からの友達。コーポおむろというマンションに住んでいる。
    事件については次は自分が殺されるのではないかと心配している、車はまだ修理が終わらないと言った。


    ミナオの部屋に行くと、ようやくミナオに会える。ナミコに主人公の事は聞いていたらしい。
    コサワミナオ24才。円町にあるアート企画という会社で働いている。
    事件については大変だなと、財産については関係ないと思うと言った。
    15日について聞くとずっと寝てた。車の音がしたというのは気のせいだろうと言った。
    17日は会社に行ってからコンサートに行っていた、帰ってきたのは12時過ぎ。
    18日は会社で残業をして、12時過ぎに帰った。
    車について聞くとガレージに止まった、赤いワーゲンが自分の物。車のキーを見せると、なくしたスペアキーだと言う。
    ミナオの写真を撮っておく。
    オサワ家から出るとヤノ巡査と会う。最初の殺人があってから、この辺りを巡回していたらしく、主人公に協力する。
    17日の8時過ぎ頃にナミコが「バスは疲れるわ」と言って家にはいった。ミナオに関してはわからない。


    コーポおむろに行きミキに会う。コミヤミキ25才のOL。
    ナミコについて話を聞く、18日の午後に遊びに来た。妹の事件でかなりショックを受けていた。
    寂しいので夜中の12時に電話をしてほしいと言われ、言われた通り1時間ほどしゃべった。


    アート企画へと行き、社長のカネハラと話す。主人公の事を知っていて丁寧に話す。
    ミナオについて聞くと、良く休むらしい。17日は7時前に帰り、18日ははやく帰ったのでわからないと答えた。
    気付いた事を尋ねると、主人公の事はスタジオペンのキクチアキラに聞いた。アキラは仕事でここへ来てたらしい。
    色々聞いてもあまりわからないため、社長は他の社員を呼ぶ。部下のクボが現れ、代わりに話をする。
    ミナオについて聞くと17日は「バーまいご」のユキちゃんとデートしていた。
    18日の夜はミナオだけ残業していたが、11時頃に電話しても出なかったのでいないはずと言った。


    スタジオペンにキクチアキラが帰ってきた事を聞く。アメリカから先ほど帰ってきたらしい。
    ミナオについて聞くがわからない。ただ写真を見せると、この人と仕事をしたことがあると答えた。
    ミナオについて再度聞くとアキラは主人公に謝罪する。実はこの人にゲームの内容を雑談混じりでしゃべってしまった。


    京都府警で狩谷警部と話す。17日の夜、ナミコが本当にバスで帰ってきたのなら彼女はサワオの部屋には行けない。
    岡崎から嵯峨野まではバスで1時間はかかる。ミナオに関してはいくつか怪しい所が有る。


    自分の家で事件について考える。容疑者は二人、ナミコとミナオ。
    どちらかが17日の夜にサワオの部屋で三人を殺した。だが証拠がない。
    ナミコはともかく、ミナオのアリバイはない。それにゲームの内容を知っていた。かなり怪しい。


976 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:42:04 ID:???
    ●4月21日
    バーまいごに行き話を聞こうとするが、そこのママが酒を飲まないならお話をしないと言う。
    ミキちゃん目当てだと言うと、今日は休みだと言った。何を聞いても酒を飲んでと言い、飲むと気付けば家に帰る。


    オサワ家に行く、すると狩谷警部がいた。ナミコが襲われたらしい、怪我はなかったがショックで休んでいる。
    現場は相国寺。もしオサワ家の財産がらみの事件だとしたら、ミナオが怪しいが現在は出かけている。
    明日の朝、重要参考人として取り調べる事となった。
    フジはかなり容態が悪く、明日まで持つかも怪しい。
    直接、現場にいたハラ巡査がいて話を聞く。9時頃に境内で悲鳴が聞こえ、駆け付けたら気絶した女の人がいた。
    悲鳴を聞いてから1分で駆け付けたが犯人の姿は見えなかった。しかしその後で、車の発信する音が聞こえた。


    ナミコの部屋に行き話を聞く。午後7時から大学の同窓会でお酒を飲み、酔いを醒まそうと学校近くのお寺にいた。
    突然に後ろから襲い掛かられた、思わず大声で叫び、気付けばお巡りさんが側にいた。
    その後も色々と聞こうとしたが、疲れているのでと話を聞けなかった。


    相国寺に行き、住職のシュンオクに話を聞く。事件の日に赤く丸い車が止まっていたと聞ける。


    家に帰って事件について考える、やはりミナオが犯人なのか?と考えていると、電話が掛かってくる。
    電話は狩谷警部で、フジが亡くなった。ミナオもかえって来たので、明日の朝オサワ家に来てくださいと言った。


    ●4月22日
    オサワ家に行くと玄関にオヨネがいて、呆然としていた。ミナオはんがと口にし、それ以上何も言わない。
    ミナオの部屋に行くと、狩谷警部がいてミナオが死んだと教えてもらう。状況からして自殺だろうと言った。
    彼は昨日、ナミコを殺すのを失敗し、フジが亡くなった。これで彼に財産が入る望みが亡くなった。
    部屋の中からは京都の地図と青酸カリの瓶が見つかった。
    最初に発見したのは狩谷警部。ドアに鍵がかかっていたので、外の窓から覗くとミナオが倒れていた。
    窓にも鍵がかかっており、割って入った。
    ヤブモト医が死体を見た、ウイスキーに青酸カリが入っており、それを飲んだ。死んだのは恐らく夜中の2時から3時頃。
    フジが亡くなって少し後だった。


    ナミコの部屋で話を聞くが、帰ってくださいとばかりで話をしてくれない。
    オヨネの部屋に行きゲンゾウと話す、参っている様子。
    ミナオについて聞くと、昨日の夜にフジが亡くなってすぐ、ミナオの部屋を見に行くとナミコと何かを話していた。


    アート企画に行く。社長のカネハラにミナオが死んだことを言うと、もうすぐナミコさんと結婚すると言ってたのにと驚く。
    バーまいごに行く、ユキを呼んで話を聞く。ミナオには17日の夜にコンサートに一緒に行った。
    その日に車で送ってもらっている時に、ミナオが横を走っていた車を見て、急に用事を思い出したと言ってどこかに行った。
    時間は夜の11時、白のクラウンで女性が運転していた。


    スタジオペンでミナオについて話を聞く、人を殺せるような奴じゃないとアキラは言う。
    そして次のゲームの為の取材に、縁切り寺である法雲寺に行くと言った。


977 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:42:46 ID:???
    家に帰り、考える。17日の夜にミナオがユキを送っていく途中で見た車に乗っていたのは、恐らくナミコ。
    ミナオがナミコの後を着けていたら、18日の夜も、さらにナミコがそれに気づいていたら。
    だがナミコにはアリバイがある。コミヤミキと電話をしていた以上、受話器から離れる事は出来ない。


    カフェ・ド・ミサに行きキャサリンに会う。ミナオが犯人ではないと考えるなら、残るはナミコ。
    ならばとコーポおむろに行き、ミキと話す。ナミコは最近、ファミコンを妹とやってたと話を聞く。
    気付いた事を尋ねると、電話のバックで車の音がしたと言う。いつもならジャズがながれているのにと答える。
    また18日と20日、ミキがトイレで電話を離れている間に、別の人と電話していた。内容までは知らない。


    ヴィラみやこに行き、ホシノからサワオの車について聞く。自分で調べると良いと、車種は白のクラウンだと聞く。
    ガレージに行き白のクラウンを調べると、中に電話機がついており、電話する事が出来る車である事が分かった。


    カフェ・ド・ミサに行きキャサリンと話す、もう少しでナミコのアリバイが崩れる。
    コーポおむらのミキの部屋に行き、ナミコに電話をしてほしいと言われた。コーポおむらに行く。
    電話を調べると、プッシュホーンについてミキが教えてくれる。電話機に登録すると簡単にその家につなげる事が出来る。
    例えばなみこの部屋には*03でつなげる事が出来ると教えてくれた。
    試しに*03と押して電話をする。するとキャサリンが電話に出る。
    先にミキの家に行って*03に細工をして、白のクラウンにつながる様にしたと言う。
    もしも18日に同じ細工をしていたら、ナミコのアリバイは崩れる。ただ20日には*03は元に戻したようだ。


    自分の家に帰り考える。アリバイは崩れたが、証拠は無い。どうするかと考えると日が暮れていた。


    ●4月23日
    オサワ家に行きナミコに会う。やはりミナオが犯人だったと、財産欲しさに人を殺すなんてと言う。
    ミナオが主人公のゲームの話をしていたのを聞いた事があると語った、自分はその話には興味はなかったと答えた。
    ファミコンについて聞いたが、興味ないと強い口調で言われた。また今日は帰ってくださいとしか答えなくなる。


    ユリコの部屋に行く、整頓されておりダンボールの箱などが置いてある。
    ダンボール箱を調べるとアルバムを見つける、中の写真には幼稚園生が二人並んだ写真があった。
    小さいほうがユリコ、大きいほうがナミコ。胸に付けた桜の名札にひらがなで名前が書いてある。写真を持っていく。


    ミナオの部屋を調べる。窓を調べると窓と窓枠に、接着剤の乾いた跡があった。
    取っ手がさび付いていて、回すのに力がいる。空回りしても気づかない。
    以前は鍵がかかっていた棚が開いていて中を調べる、カセットテープがあるのを見つける。それを持って行く。
    家に帰ってテープを聞く。「俺は知ってるんやで」「何の事?」「とぼけても無駄や、やってる所を見たんや」
    「黙ってるから、俺と結婚しろ」「…わかった、ほとぼりが冷めたら婚約しましょう」「裏切ったらわかってるな?」
    ミナオとナミコの声だった。


978 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:43:18 ID:???
    カフェ・ド・ミサに行きキャサリンと会う。そして事件について話す。
    ナミコは主人公のゲームについて、ミナオから話を聞いていた。
    アルバムの写真を見せる、ユリコは死ぬ直前に幼稚園の頃を思い出し、桜の名札を模して、花びらに名前を書いた。
    ミナオの密室事件について考える。犯人はドアから入っていった。
    そして窓から外に出た。ここの窓は回して鍵をかけるタイプだが、古くて空回りしかせず、鍵がかかっているように見える。
    窓には出る時につけたであろう接着剤があった、押しても開かないせいでなおさら外側から鍵がかかっているように感じる。
    窓は最初から鍵は掛かっていなかった。窓を壊しておもいっきり開いて接着剤が外れた。
    だがナミコには財産の為だけに、五人も殺す動機がないとキャサリンは言った。


    天龍寺に行き辺りの人に話を尋ねて回る。その尋ねた人は家が岡崎にあると答える。
    バスではここまで1時間かかるが、車なら30分でこれると言った。
    法雲寺に行く、ここは縁切りの寺、あたりの人に話を聞くと、ここで願をかけるのはよほど相手が憎いのだろうと言った。
    縁切りの為に奉納された写真を見る。するとサワオが、ミナコ、ユリコ、ナオコとそれぞれ二人きりで写った写真があった。
    三枚の写真にハサミが付けてあった。


    自分の家に帰り、ナミコの行動について最初から整理する。
    15日の朝、ナミコはジョギングすると見せかけて盗んだスペアキーでミナオの車で龍安寺に行き、ユリコを殺害。
    17日の夜7から7時半頃、サワオの部屋に行きミナコ、ナオコ、サワオに睡眠薬を飲ませた。
    白のクラウンで家に帰った後、ジャズのタイマーをつけて再びサワオの部屋へ行った。
    3人を殺し、ミナコの死体を天龍寺に運ぶ。だがそれをミナオに見られてしまい、脅され結婚を約束された。
    18日に電話のトリックを使いナオコと、サワオの死体をそれぞれの寺に運んだ。
    21日、相国寺でのナミコが襲われたと言うのは狂言。ミナオを電話で呼び、ミナオは悲鳴が聞こえ怖くなって逃げだした。
    そして22日の朝までにミナオを自殺に見せかけて、ナミコはミナオを殺した。


    オサワ家に行き、ナミコの部屋へと行く。そこには狩谷警部も来ていた、警部もナミコが怪しいと思っていた。
    だが決定的な証拠がない。なにか証拠はありますかと聞かれる。
    ユリコのダイイング・メッセージを裏付ける、幼稚園のアルバムの写真。
    そしてミナオがナミコを脅迫するのを、録音しておいたカセットテープ。
    狩谷警部も捜査の際に、ナミコの部屋で見つけたと言う、オサワとナミコが並んで撮った写真を見せた。
    日付は一年前の4月の写真、二人も付き合っていたのだ。縁切り寺にもそのような写真があった事を伝える。


    二人でナミコの部屋へと行く。狩谷警部がカセットテープを再生する。
    ナミコは動揺しながら、自分を嵌めるためにミナオが録音したものだと答える。
    アルバムの写真を見せ、ダイイングメッセージの意味を言う。
    イベントに来ていたユリコを裏口から境内に呼びだし、青酸カリ入りの缶コーヒーを飲ませた。
    その後、ユリコを花びらの中に埋めた。だがユリコは死ぬ前に花びらにあなたの名前を書いた。
    ミナオの車を使えば、8時までには帰られる。
    主人公はナミコを告発する。ナミコは観念し、警察署に行きなにもかも話すと言った。
    そのまえに龍安寺に行きたいと言う。あそこは思い出の場所なんだと。


979 :山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件:2016/04/13(水) 02:43:56 ID:???
    龍安寺に来る。ナミコはサワオと付き合っていた、だがユリコとミナコも彼と付き合っていた。三人とも夢中だった。
    いつしか血の繋がってない三人はお互いに憎み合うようになった。サワオは結局、財産が目的だった。
    愛していた、だから許せなかった。何もかもなくして、一からやり直そうと思った。
    ゲームは最初から、ミナオから聞いていたと主人公に謝罪する。
    最初から殺すつもりで睡眠薬を飲み物に混ぜ、ケーキを配った。サワオのキーを探し出し彼のクラウンで家に帰る。
    車を止めたのはバス停付近、それから部屋でアリバイ作りで音楽を流し、再びサワオの部屋へ行った。
    それから寝ている三人に青酸カリを飲ませて、殺害した。
    フジが亡くなった後に、ミナオの部屋に行き話でもしながら、彼にウイスキーを飲ませた。
    狩谷警部がナミコを、警察署へと連れていく。そこにキャサリンが現れ、主人公と共に境内へと入っていった。


    キャサリンは事件について話す、サワオは三人の娘と付き合っている時に財産の事とフジの容態を聞いた。
    さらに偶然付き合っていたナオコが、フジの子供であることを突き止め、オサワ家の財産を独り占めしようと考えた。
    ユリコが殺されたのを知り、二人も自分が殺してしまおうと考えていた。その上でナオコと結婚し財産を手に入れようと。
    サワオとナオコの家のカレンダーや、破れたメモ等がそれらの証拠。
    ナオコと共謀し、17日の計画を立てた。だが逆に彼らはナミコに殺された。ただの自分の推理だけど。
    女は怖いのよとキャサリン。そこに風が吹いて桜が舞う、この事件も桜から始まった、桜は綺麗ねとキャサリンは言った。


    スタッフロール。終わり。


980 :名無しさん:2016/04/13(水) 02:45:45 ID:???
    各登場人物の名前はゲーム中ではひらがなですが、カタカナの方が分かりやすいかと思い変えました
    しかし本当に紛らわしい。何度か見直したけれど、まだ間違ってるかも。特にミナコとナミコ






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー