ジョイメカファイト

連絡用掲示板・議論スレ-80~82


80 :ジョイメカファイト:2016/07/25(月) 00:50:05 ID:???
    ■ジョイメカファイト
    1993年発売のファミコンの格闘ゲーム。バーチャルコンソール配信。平仮名は漢字にしてます。
    登場ロボットは関節がない、頭・胴体・手足のみ。


    ●OP
    ある所にロボットを作らせたら世界一の、
    白ヒゲのリトル・イーモン、黒ヒゲのイワン・ワルナッチという二人の博士がいました。
    二人はとても仲良しで、助け合ってたくさんのロボットを作り出しました。
    ある日、イーモン博士が研究室に行くと、どうした事か七体あったロボットが一体も見当たりません。
    そればかりか、ロボットを作るための設計図や機械が壊され、ワルナッチ博士もその日を境にいなくなってしまいました。
    数日後、ワルナッチ博士がテレビに出て言いました。
    「諸君に警告する。私は最強のロボ軍団を率いて世界を征服する。抵抗すれば容赦はしない。」
    すっかりワルになってしまったワルナッチ博士を見て、イーモン博士は大変悲しみました。
    しばらく悩んだ末、イーモン博士は関西に修行に出ていたオワライロボのスカポンを呼び戻し、戦闘用ロボに改造しました。
    そうして、スカポンに言いました。
    「ワルロボに改造された、仲間のロボは、私が改造しなおして、元のヨイロボにできるじゃろう。」
    「お前はつらい気持ちを振り切って、仲間だったワルロボを倒すのじゃ!」
    こうして、スカポンとワルロボ軍団の熾烈な戦いが、始まったのでした。


    ●ステージ1(このステージでは、最後のロボ以外倒すと使用する事が可能になる。)
    イーモン「スカポンよ、お前の仲間だった七体のロボが、町を荒らして居る。」
    イーモン「戦闘用に改造されたお前の力でロボ達の目を覚まさせるのじゃ。」
    ワルナッチ「馬鹿め! オワライ・ロボのスカポンなど、所詮我らの敵ではないわ!」
    ワルナッチ「昔の仲間たちにいたぶられて、関西に逃げ帰るのがオチだわ! はーっは、はっは」


    ・ホノオ 「このロボの灼熱の炎でバーベキューになるがよいわ!」
    ・タイガー 「超強力の必殺技を果たしてかわせるかな?」
    ・ネオ 「こいつのアッパーにせいぜい注意する事だな!」
    ・センジュ 「このロボのドリルで串刺しにしてくれるわ!」
    ・サスケ 「こいつの投げの標的になってみるがいい。」
    ・アイ 「このロボの素早い攻撃に、ついてこれるかな?」
    ・ジャイアント 「こいつの馬鹿力でスクラップにしてくれる!」
    「ほう、なかなかやるな。それではこちらも、ワルロボ軍団四天王のその1」
    「ダチョーン!の登場と行きましょう。ヤツラを地獄に叩き落してあげなさい!」
    ・ダチョーン 上記の七体を撃破すると登場。


81 :ジョイメカファイト:2016/07/25(月) 00:51:35 ID:???
    ●ステージ2
    イーモン「よくやったスカポン!取り戻した七体のロボは、改造して我らの仲間に戻った。」
    イーモン「この七体のロボと共に、次の喚問に待ち構える八体のロボを倒すのじゃ。」
    ワルナッチ「フッ、捨て駒を仲間にして勝ったつもりか。甘いな、甘すぎるんだよ!」
    ワルナッチ「ここからは本当のワルナッチ・ロボ軍団の恐ろしさを思い知らせてやる。」


    ・ザコ 「超強力の真空溜め攻撃、喰らってみるか?」
    ・ボコボコ 「攻撃を喰らってボコボコになるのはお前の方なのだ。ふ、ふ、ふ。」
    ・ジオ 「このロボのエネルギーボールで、木っ端みじんになるが良いわ!」
    ・ガラック 「巨大なハサミで、ズタボロのしてくれるわ!」
    ・オールド 「シャベルアームアタックでボコボコになってしまいなさい!」
    ・ジボル 「小さいからといってなめてかかると、泣きを見る事になろう。」
    ・ジェル 「このロボの必殺技を知った時、もうお前は終わりなのだ!」
    ・スケーター 「このロボのダッシュ攻撃で、目にもの見せてやる!」
    「よくここまで悪あがきできるな! すばらしいよ。では、お約束の四天王ロボその二、」
    「ラー! ここらで楽にしてあげなさい!」
    ・ラー 上記の八体を撃破すると登場。


    ●ステージ3
    イーモン「いよいよワルナッチの城は間近じゃ。次の関門に待ち構える八体のロボは」
    イーモン「ワルナッチ・ロボ軍団最強と聞く。気を引き締めてかかるのじゃ。」
    ワルナッチ「クッ、どうやら私を本気にさせてしまったようだな。」
    ワルナッチ「この関門での戦いで、今までのはお遊びだったと知るがいい!」


    ・レジェンド 「超強力のアッパーで、お陀仏になりなさい!」
    ・ホバー 「上空から急降下するメテオシュートを、はたしてやぶれるかな?」
    ・シェンロン 「口から吐く、焼け付く息で丸焼けになってしまえ!」
    ・スター 「このロボの空中殺法には手も足もでまい。ふっ。」
    ・ゴーストン 「このラーの亡霊ロボが、死の世界へと導いてくれるわ!」
    ・ギガント 「この大型ロボに押しつぶされて、ぺちゃんこになるがいい。」
    ・ジオーン 「ボコボコとジオの恨み、存分に味わうがいい!」
    ・スーパーザコ 「雑魚だと思って、舐めてかかってきなさい。地獄を見せてしんぜよう。」
    「あと一息で、私のいるワルナッチ城だ。ここまで来て、負けるのは悔しいだろうなー。」
    「恐怖の四天王ロボその三、ガーボーグ! たっぶり悔しがらせてあげなさい!」
    ・ガーボーグ 上記の八体を撃破すると登場。


82 :ジョイメカファイト:2016/07/25(月) 00:52:04 ID:???

    ●ステージ4 ステージは塔を登った雲の上。敵はこちらのヨイロボ八体を強化した上位互換ロボ。
    イーモン「ついにワルナッチの城に攻め込む時が来た。ヤツラも総力戦を挑んでくるだろう。」
    イーモン「城を守る八体のロボを倒し、ワルナッチに正義の力を見せてやるのじゃ。」
    ワルナッチ「ようこそワルナッチ城へ。城内観光スペシャルコース「地獄巡り」に、」
    ワルナッチ「イーモン博士ご一行様ごあんなーい。どうぞ、ご・ゆ・っ・く・り。」


    ・カエン 「超高熱の炎の後には、灰も残らんのだ。」
    ・レオ 「怒涛の攻めとは、どういうものなのか、みせてあげよう。」
    ・ネイ 「コンピュータで計算された正確な攻撃をかわしてみたまえ。」
    ・アシュラ 「このドリルが相手を切り刻む音が、いまにも聞こえるようだわい。」
    ・ハンゾー 「このロボの忍術に嵌ったが最後、生きてはかえさん。」
    ・ワイ 「意表をついた攻撃で、最高の悪夢を見せてあげよう。」
    ・ガイアン 「近寄ったが最後、相手はただの鉄くずになっているだろう。」
    ・スカポカーン 「このナンセンスさで、笑い死にしてもらおう!」
    「よくここまでこれたな。褒美に、私の最高傑作をお見せしよう。」
    「四天王ロボその四、ホウオウ! 宇宙の塵にしてしまいなさい!」
    ・ホウオウ 最後に登場するラスボス。ステージは宇宙の月面。


    ●ED
    ワルナッチ「アンビリーバボー! こりゃ逃げるが勝ちだわ。」
    (小型UFOに乗って飛んで逃げるワルナッチ。月面を飛んでいると、途中でUFOがグラグラ揺れだす。)
    ワルナッチ「ヒー、ど、どうしたというのだ。コ、コントロールできない。パ、パワーを使いすぎたのか。」
    ワルナッチ「ヒー、ば、ばくはつするー。」(宇宙船が爆発、月面に放り出され、そのまま倒れるワルナッチ)ガクッ。
    (イーモンが操るUFOが飛んできて、ワルナッチを回収する。)


    ワルナッチ「…こ、ここは…!」
    イーモン「しっかりすのじゃ! お前は悪い夢を見ていたのじゃ。」
    イーモン「悪夢は早く忘れて、また二人仲良くロボットを作ろう。」
    ワルナッチ「す、すまん、イーモン。」


    それから、しばらくして……。
    元通りの、オワライ・ロボに改造してもらったスカポンは、すっかり町の人気者になりました。
    今度はオワライ界のナンバー1目指して、頑張れスカポン!!
    (スカポンが踊る中、スタッフロール。)THE END






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー