マッド・シティ

連絡用掲示板・議論スレ-84


84 :マッド・シティ:2016/08/02(火) 22:50:49 ID:???
    ■マッド・シティ
    1988年ファミコンで発売のアクションゲーム。言葉はカタカナですが、漢字に直してます。

 
   ベトナムで活躍した、退役軍人のビリー・ウェスト。ジャングルで彼より優れた者はいない。
    アメリカに帰ったが、生活の違い、都会の人々の冷たい視線や非難に耐えれず、ニューオリンズの片町で暮らす。
    彼には社長令嬢アナベルという恋人がいた。立場の違いから周囲は猛反発するが、二人は隠れて会っていた。
    そんなとき、かつてからビリーを目障りだと感じていた謎の組織のボス、ゴードンがアナベルを攫う。
    そして部下にビリーを殺す事を命令した。ビリーは一人、アナベルを助けるため、湿地帯へと向かった。

 
   ゴードン「ビリー、アナベルは貰ってゆく。返してほしければ私の屋敷まで来い、ただし私の屋敷までには多くの難関が、
    ある事を忘れるな。君が私の屋敷までこれるか、お手並み拝見と行こう。ではグッドラック、ビリー。」
    ビリー「OH GOD!」
    アナベル「HELP!!」

 
   ●STAGE1 横スクロールアクション 湿地帯
    ゴードン「ビリー、君の恋しいアナベルは大切にあずかっている。安心して、地獄へ落ちるがいい。」
    ●STAGE2 ガンシューティング ジャングル内 ボス:ヘリ
    ゴードン「ガンの腕前もかなりのもんだ。しかし安心するのは早いぞ。君とアナベルの愛もここまでだ。」
    ●STAGE3 横スクロールアクション 湿地帯 ボス:巨漢の男
    ゴードン「よくも私の部下をやってくれたな。これから先は、腕利きの殺し屋達が、君のお相手をしてくれるだろう。
    楽しみに待っていろ!!」
    ●STAGE4 カーアクション 平原
    ゴードン「ドライブは快適だったかね。しかし楽しいドライブもここまでだ。
    君の行く手には、過酷な道のりが待ち受けている。地獄へ落ちるがいい、ビリー。」
    ●STAGE5 カーアクション ハイウェイ
    ゴードン「そろそろ私の言うとおりに、アナベルを諦めて沼地に帰ってワニ取りでもしたらどうかね。
    君にはワニが一番お似合いだよ。」
    ●STAGE6 横スクロールアクション 街中
    ゴードン「バーボンストリートの観光はどうだったかね。私が送ったプレゼントは、気に入ってくれたかな。」
    ●STAGE7 ガンアクション 街中 ボス:マシンガンとナイフ投げの男二人組
    ゴードン「ビリー、私の屋敷にようこそ。君を歓迎するパーティーを開く事にしよう。
    君には地獄のダンスを踊って貰うよ。ハッハッハッ。」
    ●STAGE8 横スクロールアクション ボス:何匹も犬をけしかける
    ゴードン「よくぞここまで来た。君のアナベルへの愛も本物のようだ。しかし只でアナベルを渡す訳にはいかない。
    アナベルが欲しければ、私を倒してからだ。」
    ●STAGE9 屋敷内 ボス:ゴードン、飛び回りながら銃を撃つ。続いてロボットのような巨漢二人。
    アナベル「ありがとう…ビリー…。」
    ビリー「大丈夫かい。」
    アナベル「ええ、一時はどうなるかと思った…、でもあなたがきっと助けに来ると信じて、待っていたわ。」
    ビリー「君の事を思えばこのくらいの事、平気だよ…。もう君をこの手から離さないよ。二度とこんな目に会わせない…。」
    アナベル「私もあなたから、離れない……。」
    ビリー「アナベル………好きだよ。」
    アナベル「ビリー……。」

 
   二人が抱き合って、キスをする。敵の名前が流れて、スタッフロール。THE END
    最後にアナベルが駆け寄った時に、逃げ回ると「私の事が嫌いになったのね、さようなら。」の別エンドあり。

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー