フラッシュモーター・カレンが容量オーバーの為、分割します。

フラッシュモーター・カレン(おまけ)

連絡用掲示板・議論スレ-88~93


88 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:27:34 ID:???
    フラッシュモーター・カレンの続き、というかおまけ


    ●フラッシュモーター・カレン
    <<パズル・エックス>>


    男性A「ハァッ…ハァッ…ヒイッ…ヒイッ…。なんだ…なんなんだアイツら!?どういう事なんだよ、これ!?」
    男性B「立ち止まるな!走れ!とにかく今は走るんだ!」


    フロンティア
    FSSJAドメイン030 <<エクスペリメントステージⅡ>> AM11:22


    FNPA(男性A)「ハァッ…ハァッ…ヒイッ…ヒイッ…」
    FNPB(男性B)「ハアッ…ハアッ…とにかくゲートだ!ゲートを目指すんだ!」
    FNPC「ハアッ…ハアッ…でも、こんなフィールド、どうすりゃいいんだ!?」
    FNPA「理不尽だ…こんな場所がフロンティアにあるなんて…!」
    FNPB「あきらめるな!根本的な仕様は、通常のフィールドと同じはずだ!
    何かを見落としているんだ。もう一度スタート地点から周辺のスキャンを…」
    少年の声『う~ん…アキラメナイっていう、その精神性の高さは買うけどさぁ』
    FNP一同「!!?」
    少女の声『才能、無さすぎかも。あなたたちじゃ、何度リトライしても結果は同じじゃないかな?』
    FNPA「う…ああ…」 FNPC「来た…来たあぁああぁ!?」
    FNPB「う、うろたえるな!数ならこっちが勝る!近接戦闘に持ち込めば…」
    少年の声『ま、いいや』 少女の声『じゃあ…行くわよ?』 少年の声『パズルX』 少年少女の声『スタート!』
    (背景が変わる)FNP一同「!?」
    リトライ →ギブアップ (リトライとギブアップが繰り返される。)
    TRY AGAIN…


    リアルワールド
    ニホン・アーコロジー22<<カントウ・ベイ>> カントウ医大付属病院 特別管理病棟 AM09:37
    かれん「中止…?FSSとFNPの合同演習が…ですか?」
    Co-Ki:FSSコンパニオン『問題が発生しました。現在対処中ですが、解決に少々時間がかかるものと思われます。
    よって本日は、シフトC3.…待機任務となります』
    かれん「わかりました…」
    かれん(FNPとの災害時合同演習…結構楽しみにしてたんだけど。ヤガミ社長が企画したっていう、
    演習用フィールド…見てみたかったなあ。ん。仕方ないね。今日は一日グラン・アオヤマでも散歩してみよう)
    Co-Ki:FSSコンパニオン『なお、エージェントカレンのIDは現在更新中ですので、本日の利用はお控え下さい』
    かれん「ええ~。更新って、2ヶ月前にしたばかりじゃないですか」
    Co-Ki:FSSコンパニオン『あなたのIDを構成するコードの一部に、Bクラスのバグが発見されました。
    メンテナンスにご協力頂けますよう、よろしくお願いいたします』
    かれん「はい…」 Co-Ki:FSSコンパニオン『それでは失礼いたします』
    かれん「………今日一日、フロンティアに繋ぐなって…そういう事? ………ヒマだわ…先生は学会で出かけてるし、
    ラグは朝から連絡取れないし…はあ~…、こういう時って、いったいどんな風に時間を潰せばいいんだろう?
    ローカルのWEB番組でも見て過ごそうかな…」
    ???『…え…すけ…あ』
    かれん「…!? 私のCo-Kiに…通信?」 ???『…レン。君の…ヤツラ…け…て』
    かれん(ノイズだらけの声…でも、この声ってまさか!?)「ラグ…?ラグなのっ!?」
    ラグ?『パズル…君の力が…必要だ! エマー…ジェン…シ…場所…は…………!?』
    かれん「ラグ…!? どうしたのラグ!?」 Co-Ki<<DISCONNECTED>>
    かれん「…!」(FSSの緊急回線だった。ラグの声…苦しそうな、ラグの!通報…ううん。時間が無い感じだった!
    私のIDコネクターは更新中…コネクターは使えない)「でも…私なら、出来る!」
    かれん「FSSID入力…」!ERROR!
    かれん「神経接続レベル5.アイコンへ転送」!ERROR!
    かれん「登録アイコン名『カレン』」!ERROR!
    かれん(エラーが出るのは解ってる…でも、感覚はこれでいいはず!イントロンする感覚があれば私は…)
    かれん「! 来た! <<CONNECT>>!」


89 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:28:02 ID:???
    フロンティア FSSJAドメイン030<<エクスペリメントステージⅡ>> AM09:45
    FNPA「以上で行方不明だった全アイコンの救助が完了致しました!」
    FNP負傷者A「あ…ああ…」 FNP負傷者B「りと…らい…リトラ…い」
    FNP負傷者たち「あ…ああ…ギブ…アップ…ギブ…アップ…」
    FNPB「くっ…どうしてこんな事に…、リアルでの受け入れ態勢は?」
    FNPC「すでに所轄の病院を手配してあります」
    FNPA「隊長! 前方フィールドに新たな動きがあります! 恐らく、また再構成を始めるものかと…」
    FNPB「総員退避! フィールドの一時閉鎖を…」
    FNPA「待ってください! このフィールドに新たなイントロンを確認…これは!?」
    カレン「………出来た…! 場所もラグが最後に伝えてくれた座標の通り!」
    FNPB「あ…あ、あなたはFSSのエージェントの?」
    カレン「FSS-JAエージェントID1000『カレン』です!」
    FNPB「聞いた事があります。確か『エルデ事件』を解決したという…」
    カレン「あの、私、このドメインから私の相棒のエマージェンシーを受けとったんです!」
    FNPB「相棒?」
    カレン「ラグって名前の猫アイコンです。灰色の毛並みでオレンジの瞳。
    エマージェンシーがすぐに途絶えたんです! 一体ここで何が…」
    FNPB「い、いえ、自分たちはそういう方の見覚えは…」
    ラグ「カレンッ!?」 カレン「ラグ!?」
    ラグ「な、なんだよキミ?全然無事じゃないか!キミがあんな通信よこすもんだから、何か相当危険な状態だと思ったよ!」
    ラグ(ぼそぼそ)「しかも、変な更新でFSSID使えないから、ハッカー紛いの事しちゃったし…」
    カレン「ラ…ラツこそ! あんな通信送って来るから、てっきり私…」
    ラグ「…」 カレン「…」 カレン&ラグ「あれ?」
    FNP負傷者A「ささやき…天使ッ!?」 FNP負傷者B「きょ、教授ッ!?」
    FNP負傷者一同「ひっひいいいい~、耳元でささやくな! リトライが! リトライが!」
    FNP負傷者一同「ギブアップします!ギブアップします!ギブアップしまぁす!ギブアップしまあぁああぁすっ!」
    FNPB「お、落ち着けお前達!? この方たちはFSSのエージェントだ!」
    カレン「な、なんなのっ? 私の顔見てそんなに怯えて…、それに、ささやき天使って何っ!?」
    ラグ「なんだ? 僕を指差して「教授」って…。とにかくFNPさん。今起きてる状況の説明を!」
    FNPB「わ、わかりました。こちらが状況をまとめたデータで…」
    (突然、画面が真っ白になる。)ラグ「…えっ?」 (気付けば別空間)カレン&ラグ「!?」
    ラグ「な、なんだ、これ? 僕らだけのフィールド移動!?」 カレン「床…! 床一面がダメージゾーン!?」
    少年の声『キミを呼んだのは僕らさ!』 少女の声『そーよ。FNPじゃプレイヤーとしてタイクツだったんだもの』
    少年の声『だからキミ達、<<オリジナル>>を呼んだのさ!』 カレン&ラグ(この声…!?)
    少年の声『さーて、いってみようか。パズルX-1!』 少年の声→ラグ?『ラグ教授のヒントコーナー!』
    カレン&ラグ「な…、なにーーー!?」
    (ラグ教授はパズルモードでヒントをくれるキャラ、ささやき天使はクリア後に一言を何か言うキャラ。)


    ACT,11 パズルエックス <<ラグ教授のヒント>>
    キミ達の前に道は無い! 色々ボタンを押して適当に悩んだらギブアップだ!


90 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:28:41 ID:???
    カレン「ラグ…教授!?」 ラグ「な、なんだアイツ!? どうして僕の声で…」
    カレン「二本足で「たっち」してた。それに教授、帽子、マント…うわぁ~、持って帰りたい。ぎゅう~ってしてみたいっ」
    ラグ「ちょ、ちょっとキミ!? なにデレデレしてんの? あんな不細工なニセモノに!」
    カレン「だっ、だって二本足よ!? 教授ルックよ!?」
    ラグ「な、なんだこのムカムカ来る感じっ!? と、とにかくFNPに渡されたデータから状況を…」
    カレン「とっさに受け取れたのね。どうなの?」
    ラグ「うーん。今の衝撃で大分破損してるけど、だいたい読み取れそう。素性は解らないけどあれはハッカーの類らしい。
    合同演習用のこのフィールドで動作チェックを行っていた、FNP数名を拉致し、なんらかの危害を加え、
    精神的に疲弊させた後で放置した張本人と思われる。」
    カレン「合同演習用の…ここが?」 ラグ「うん。今日予定されてたFNP、FSSの災害時合同演習のね。」
    カレン「どうしよう? このドメイン、完全に隔離されてるみたいだけど。「ラグ教授」も姿を消しちゃったみたいだし…」
    ラグ「移動方向は確認済み。このドメインの奥へ逃げたらしい。こうなったら、やる事は一つ。」
    カレン「追いかけて捕まえる、よね。…でも。床一面のダメージゾーンなんてこんなフィールド…」
    ラグ「そう言えばあのニセモノ、何か気になる事言ってたような…」 カレン「ど、どうだったかな…?」
    ラグ「とにかく考えて進もう。いくよ、カレン!」 カレン「うん。ミッション・スタート!」
    (スイッチと、離れた場所にゴール、それ以外全てダメージ床。スキャンすると、このステージ限定の見えない床が分かる)


    カレン「見えない構造体なんて…あんなのアリなの?」ラグ「ナシ。明らかに構造体製作規約に反したものだよ。」
    ラグ「一般ドメインならまだしも、それをFSSのエクスペリメントステージに持ち込むなんて…」
    カレン「相当手ごわい相手って事か。」 ラグ「まあね。しかし…この件、どうもひっかかるな。」
    カレン「私とラグのIDが、同じ日にそろってメンテナンス中だったなんてね?」
    ラグ「今朝、本社からいきなり通達があったんだ。それにしてもキミ。またコネクター使ってないね?立派な犯罪だよ?」
    カレン「それを言うならラグだって」ラグ「う…勢いでイントロンしたけど、報告書どうしよう。まあ後で考えるとしてだ」
    カレン「合同演習の急な中止に、私たち2人のIDの急なメンテナンス…」 ラグ「因果関係あるよねえ。」
    カレン「私もそう思う。そしてこの状況。謎のにゃんこ教授。これっていったい…」
    少女の声→カレン?『X-1クリア、おめでと~。でもまだまだ初級問題。次はおもしろゲストもお呼びした中級問題よー』
    カレン「あなた…ま、まさか…」
    ラグ「このチンチクリンさ。表情の読みにくい目。隠し切れない天然臭…。カレンに…瓜二つだッ!?」
    カレン「どっ、どこがっ!? そもそも頭身が、全然違うじゃないの!」
    カレン?『私は耳元のエンゼル、ささやき天使カレンさん。迷える挑戦者の行く道を囁き…示すもの…?』
    カレン&ラグ「疑問形!?」


    【カレンさんのささやき】
    携帯ゲーム機の細かいミゾに溜まった汚れを取るには、柔らかい歯ブラシがグ~。


    ラグ「…!」 カレン「…!」 ささやき天使カレンさん『………そんじゃまたー』 カレン「逃げたっ!?」
    ラグ「しまった。独特な間があって、ツッコめなかった!」 カレン「ささやき天使カレンさん…彼女はいったい。」
    ラグ「! 動体反応! これは…」


    【ラグ教授のヒント】
    FNPの犯罪データバンクから作り出したゲストAI登場! 濃い言動からヒントを探せ!


91 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:29:30 ID:???
    男の声「とっ、言うわけでぇえッ! 砦マスター・再生山田ッ! 満を持して只今参上ッ!」
    カレン「や…山田さんっ!?」 ラグ「本人じゃない。AIだ!でも、再生って…すでに名前が負けフラグだぞ!?」
    砦マスター・再生山田「そして、しかと見るがいい! 拙者の愛と勇気と甘酸っぱい胸の高鳴りを満載した傑作!
    その名も「フーウン!ヤマダッ・ゲキジョー!」 Sa!Sa~Sa~Sa~Sa! レディスアンド少女と子猫!
    パッと見堅牢そうだが、実は赤子の肌の如く柔らかいこの舞台の前に、悶絶せよ! そして願わくば、
    この理不尽を乗り越えて…少女よ! 我がタマシィーイを踏みにじれぃ!」
    ラグ「すごいっ…すごい再現度だっ!」 カレン「何、このフィールド? こんなの何を足がかりにすれば…」
    ラグ「解らない…でもフィールドとして成立している以上、クリア方法はある!」 カレン「むう…とにかくやってみる!」
    (一見クリア不可能なステージ。実は破壊不可能ブロックの一つが破壊可能で進める。その後、山田を足場にしてゴールへ)


    カレン「破壊可能な構造体を不可能なように偽装しちゃうなんて…」
    ラグ「それも勿論、違反だけどね。しかし…「踏みにじれ」ってまんまヒントじゃん。」
    カレン「とにかくフィールド3まで来れたけど…、あの2人のアイコンの反応、感じる?」
    ラグ「…うん。でも、アイツらだけじゃない。複数の動体反応がある。」
    カレン「向こうも本気って事かな?」 ラグ「かもね…、…っ! 来るぞ!」


    【カレンさんのささやき】
    携帯アプリ版を遊んでくれたユーザーさん、お久しぶり~。


    カレン「…はい?」 ラグ「アイツめ、思いっきりメタな発言を…、むっ…? 続けて来るぞ!」


    【ラグ教授のヒント】
    ついに最終ステージだ! TとDの力を使い分けて全てを無に帰そう!


    カレン「T? D?」 ラグ「全てを無に…? 全部倒すとか、壊すとか、そういう意味なのか?」
    エルデ・コンパニオンT『何よ…もうここまで来たの?しかも、このTU・Nのフィールドに土足で!いい度胸じゃないの』
    カレン「エルデ・コンパニオン!?」
    ラグ「まさか…前の事件の後、フロンティアに残ってたヤツは、根こそぎ消去されたはずだ!」
    カレン「待って。さっきの山田さんもそうだったけど、動きが前と違う!」
    ラグ「なら、コイツも記録から生み出されたAIなのか?」 カレン「でも、今度のAIは、何か性格まで違うような…」
    エルデ・コンパニオンD『もう…二人きりの時は、AIとか言わないでよっ。DE・LEって私の本名…、
    あなたにしか呼ばせないんだから…ね?』 カレン&ラグ「ヘンなの増えたっ!?」
    メッケモ三兄弟『俺たちは』『かわいい』『ハズだ!』 カレン&ラグ「ヘンなの溢れたあっ!?」
    カレン「ラ、ラグ! どうすればいいの? ツッコミってどうやるの?」
    ラグ「素人が下手にツッコんじゃダメだ!きっと寂しい思いをする。とにかくフィールドにいる全てのアイコンを倒そう!」
    カレン「わ、わかった! 私のやり方で全員にツッコんでみる!」
    (エルデTが吹き飛ばし、エルデDが引き寄せてくる。利用してダメージ床の上を飛び越え、アイコンを全て倒してクリア)


92 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:30:55 ID:???
    カレン「追い詰めたわよ、2人とも!」 カレンさん&ラグ教授『おお!?』 カレン「………むうっ…」
    ラグ「カレン、どうしたの!? まさか、また妙な攻撃を受けてるの!?」 カレン「どっちもカワイイ…」
    ラグ「オチ解ってたよ。でも空気読め! コイツら自身は、戦闘能力を持ち合わせていないようだ。
    手駒のAIも全部使い尽したようだし、捕獲はたやすいよ。」 カレン「りょ、了解。よおし、観念しなさいっ!」
    カレンさん『むう~流石はオリジナルだわ』ラグ教授『なかなか見事だったよ。まあ僕のヒントがあってこそだろーけど!』
    ラグ「オリジナル…? そういや初めもそんな事を。」カレン「あ…まさか!?」ラグ「そうか、もしかしてコイツらも!」
    カレンさん『え~、以上を持ちまして~、演習プログラムは全て終了で~す。』
    カレンさん&ラグ教授『パズルX、オールクリアおめでとー!』
    (ゲーム内スタッフロール、FSSやFNPが協力、ヤガミが企画開発をした事が分かる。)


    カレン「スタッフロール…見た?」 ラグ「見た。」 カレン「教育AIって…」
    カレンさん&ラグ教授『せえーの。Thank you for playing!』
    ラグ「とりあえず…あんにゃろう~、ちょっと、とっちめて来るッ!」


    リアルワールド ニホン・アーコロジー22<<カントウ・ベイ>> カントウ医大付属病院 特別管理病棟AM10:00
    リリアーヌ「えー…、今回の事件の発端をまとめますと、このようなものとなります。」


    ヤガミ「うーん…僕がデザインした合同演習用フィールドなんだけどね。足りない。何かが足りないんだよ。
    それは多分、そう。『異常さ』なんだ。」
    リリアーヌ「仕様は確認致しました。現在のフロンティア規定では使用不可能な構造体をあえて採用し、
    「不測の事態」を演出すると言うコンセプトは、十二分に再現できていると思いますが。」
    ヤガミ「現会長の友人であり、フロンティアの基礎セキュリティを作り上げた伝説のプログラマーは…、
    何よりも『普通』を拒んだと言う。」
    リリアーヌ「普通…ですか。どのような基準をもとに、そう判断するのでしょうか?」
    ヤガミ「自らを驚かせる事が出来ないもの=「普通」なもの。自らを驚かせる事が出来るもの=「普通」でないもの。」
    リリアーヌ「なるほど。」 ヤガミ「いつに無く共感が早いね? と言うか僕を見てるね、ルルイーネ。」
    リリアーヌ「リリアーヌです。」
    ヤガミ「そして僕は…ある結論に至ったんだ。このフィールドに『普通でないキャスト』を加えてみようってね。」


    かれん「そのキャストが…あのAI達だったんですか?」
    リリアーヌ「エージェント教育プログラム<<カレン&ラグ>>。かれんさんとラグくん。2人の情報を元に、
    社長が秘密裏に開発チームを集め、組み上げたものだそうです。」
    かれん「仕様を見ました。フィールドデザインまで出来るAIって…。」
    リリアーヌ「加えて高度な会話機能を有し、人心を操作する技術まで持ち合わせています。」
    かれん「すごい…でも、なんでまた合同演習前に動き出したりしたんです? 事前点検中のFNPに、
    無理やりフィールドのクリアを迫るなんて…。」
    リリアーヌ「現在解析中ですが、恐らく思考ロジックの根幹に、一種の自己顕示欲がプログラムされていると思われます。」
    ラグ「要するに目立ちたがり屋だね。僕らとは似ても似つかないじゃないか。」
    かれん「ラグ、どうだった? 社長の居場所、解った?」 ラグ「ダメ。SP引き連れて上手い事、逃げまわってる。」
    リリアーヌ「ほとぼりが冷めれば、戻ってくると思われます。」
    ラグ「フィールドの企画者自身が、合同演習を台無しにするなんて…」
    リリアーヌ「お気づきかも知れませんが、お二人のIDを停止するよう仕向けたのも社長のようです。
    お二人と、あの2体のAIが接触する事で生じる混乱を、未然に防ごうとしたのでしょう。」
    ラグ「ありゃもう愉快犯の域だよ! 退任決議ものだよ!」
    リリアーヌ「申し訳ありません。「普通でない」話を聞いた直後に、強く制するべきでした。なお、
    被害にあったFNP隊員は全員後遺症も無く、すでに復帰しているそうですが…、少々変化が。」 かれん&ラグ「?」


93 :フラッシュモーター・カレン:2016/08/04(木) 17:31:32 ID:???
    フロンティア FSSJAドメイン030 <<エクスペリメントステージⅡ>>
    FNPA「ハアッ…ハアッ…、ヒイッ…ヒイッ…」
    FNPB「ハアッ…ハアッ…、とにかくゲートだ! ゲートを目指すんだ!」
    FNPA「この状況、確か前にも…そうだ。『教授』のヒントだ! 隊長! テレキネシスツールの使用許可を!
    あれならこの距離でも、ゲート前の構造体を動かせます!」
    FNPB「なるほど。よし、使用を許可する!」 FNPC「待った。こういう時は、あの『つぶやき』を思い出すんだ!」
    FNPA「そうか…『スキャン』で事前に座標を確認しておくんだ!」FNPB「よおし、今度こそ我々だけでクリアだ!」


    リリアーヌ「…という感じで、現在エクスペリメントステージⅡは事件被害者を中心とした「再挑戦したい」と言う、
    たっての要望を受け、FNPの訓練施設として、活用されております。」
    ラグ「教授はともかく、天使はそんなタメになるような事言ってたかなあ?なんにしてもその…ケガノコーミョーだよね?」
    リリアーヌ「どうでしょうか。そういえば社長は、かねてからFNPの士気の低さを嘆いていらっしゃいました。
    彼らに必要なのは強力なツールや堅牢なプロテクトではなく、『カンフル』であると。」 かれん「カンフル…」
    リリアーヌ「なお、FSSとFNPは、今回の「教育AI暴走事件」を内々に処理する方向で、概ね合意しております。」
    ラグ「勝手にAIのモデルに使われて、そのAI自身におびき出されて、怪しいフィールドを駆け回って…。
    僕らの立場はどーなるのっ!? ハラノムシが治まんないよっ! あー、もう!」
    かれん「もういいじゃないの、ラグ。誰も酷い事には、ならなかったんだし…。それに私は、
    ラグが無理してまで私の所に来てくれたの…結構、嬉しかったよ♪」
    ラグ「う…、いや、ああ、あれはその、イキオイというか。」
    リリアーヌ「なお、IDメンテナンス中の不正アクセスに関しましては、こちらで処理済みです。」
    かれん&ラグ「ありがとうございますっ。」
    リリアーヌ「また、かれんさんの特殊なイントロン能力についても、法的に使用可能とすべく、方法を模索中です。
    以上、機密上の口頭報告でした。」
    かれん「な、何から何まですみません。リリアーヌさんて本当にすごい…」 リリアーヌ「恐縮です。」
    かれん「あ、そうだ。結局あのAIってどうなったんですか?」
    リリアーヌ「昨日、弊社で凍結処理を施しました。再調整次第、新たな運用方法を検討します。」
    ラグ「うう…出来れば外装と登録名は別物にしておいて下さい。」 かれん「えー、あのままでいいのに…。」
    リリアーヌ「検討しておきます。それでは、本日はこれで失礼します。お疲れ様でした。」
    かれん&ラグ「お疲れ様でしたー!」


    <<リリアーヌのCо-Ki>>
    リリアーヌ「私です。はい、担当エージェントに報告を…? 逃げた? AIがですか?………至急、追跡チームの編成を」


    カントウ医大付属病院 集中治療室
    イダ「………?」 ささやき天使カレンさん『あ…、激★渋』
    イダ「俺は疲れているのか…? 医療用プロジェクタに、妙なものが見える。一度コネクターを外してみるか…」
    カレンさん『外しちゃダメ』 イダ「なに? この声、それに良く見れば…」
    カレンさん『激渋なオジサマに…是非とも挑戦して貰いたい素敵なパズルがありますっ。一生懸命作りました!ですからっ』
    カレンさん『さあ、ご一緒に!』 カレンさん&ラグ教授『ミッション・スタート!』 イダ「!?」
    その後、『不思議の国』に迷い込んだイダ先生を助け出すため、
    私とラグは、またまたあの2人のフィールドに飛び込む事になるのだけど、それはまた別のお話。

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー