マジック・ジョン

連絡用掲示板・議論スレ-104・105


104 :マジック・ジョン:2016/08/07(日) 01:26:02 ID:???

    ■マジック・ジョン
    1990年ファミコンで発売の横スクロールアクション。ロックマンみたいなゲーム。絵が濃い。
    本編は平仮名とカタカナですが、漢字にしてます。


    ●OP
    ポン「スーパーマジシャン、ミスターポンです。」
    客席のジョン・ユウ「わー!!」
    ユウ「ねえ。本当にミスターポンの弟子にしてもらうの?」
    ジョン「もちろんさ! ミスターポンみたいな、スーパーマジシャンになるんだ。」


    ジョン「ポン先生。まだ走るの? もっとマジック教えてよ。」
    ポン「だめよ! マジシャンにも体力が必要よ! 練習して経験を積むと、マジックも強力になるのよ。」
    ポン「後で、使ってみると必ず感謝するわよ。」
    ジョン「わかったけど、もうくたくただよ。」
    ユウ「がんばれ! ジョン! ユウ、応援してるよ。」
    ジョン「まったくユウは気楽だよ。」(画面が光る)「な、なんだ?」


    ●ACT・1 遊園地のステージ
    いきなりジョンが襲われた。あいつらはいったい誰なんだ。
    ・ステージ前半クリア
    ジョン「ポン先生ー! 今の奴らはなんなんだよ。」(画面が光る)「あっ…。ユウは?」
    ユウ「ジョーン! たすけてー!」(サーカスのテントの中から)
    ジョン「あの中か。」
    ・ステージ後半クリア
    ポン「ジョン。これからはテレパシーで通信よ。ユウちゃんは敵に攫われたわ。」
    ポン「私が教えたマジックをうまく使って、ユウちゃんを救うのよ。以前よりマジックの力が強力になったわよ。」
    ポン「中には効かないマジックもあるから、よく考えるのよ。気を抜かずに、ガンバって!」


    ●ACT・2 町のステージ
    ユウが攫われた! 急げ、彼女を助けるんだ。
    ・ステージクリア
    ユウ「ジョーン!! ジョン、怖かったよ。パパがあいつらに連れて行かれちゃった。私を助けようとして…。」
    ジョン「なんだって! ユウのパパは世界一の科学者だ。本当の狙いはユウのパパだったのか。」
    ユウ「お願い、パパを助けて。」
    ジョン「よーし、任せとけ!!」


105 :マジック・ジョン:2016/08/07(日) 01:26:27 ID:???
    ●ACT・3 水のステージ
    暗い影から襲い掛かる敵! ジョン、油断するなよ。
    ・ステージクリア
    ポン「ジョン。ユウちゃんのパパを連れ去った奴らは、…地底人なの! 彼らは進んだ技術を持っているけど、」
    ポン「人間の事で分からない事も多いわ。そのためにユウちゃんのパパが狙われたの。あなたのマジックはもう…、」
    ポン「私より上よ。何も教える事が無くなっちゃったわ。その力を十分使って、ガンバッて!!」


    ●ACT・4 洞窟のステージ
    敵の基地に繋がる洞窟。ジョン、勇気を出すんだ!
    ・ステージクリア
    ポン「もう敵の基地は、目の前よ。油断しないでガンバルのよ。ユウちゃんのメッセージを送るわ。」
    ユウ「ジョン。ユウもマジックの練習しているぞ。もうすぐジョンと一緒にパパを助けに行くから待っててね。」


    ●ACT・5 機械のステージ
    ついにここまでやってきた! 全力で奴を倒すんだ。
    ・ステージ前半クリア
    エドジー「よく来たな、小僧。お前の力はポンから学んだものだろう。あいつはこの地底王国から追放された裏切り者だ。」
    エドジー「お前ともども、消し去ってやる!」


    ●ED
    博士「ジョンくん。」
    ジョン「博士。」
    博士「君が私を助けてくれたのかい?」
    ジョン「はい!」
    博士「みたまえ!地底人達が帰って行く。彼らはエドジーに唆されただけなんだ。本当は彼らの方が先住者かもしれない…」
    ユウ「パパー!! ジョーン!! パパ、無事で良かった。」
    ジョン「ユウ! どうしてここに?」
    ユウ「ポン先生に連れてきてもらったの。ジョン。本当にありがとう。」
    ジョン「へへっ。いいんだ。それよりポン先生は…?」
    ユウ「それが…。これを…。」
    手紙「ジョン、よくガンバッたわ。でも私が人間じゃない事、わかっちゃったね。エドジーが滅んだ今、」
    手紙「彼らと私たちの国に帰るわ。あなたは私の大切な弟子、何かあったら飛んでくるわ。それまでちょっとサヨナラね。」
    ジョン「ポン先生…。」
    ユウ「ジョン! ユウもちょっとだけ、ポン先生にマジックならったぞ! ジョンの手助けをしたかったのに。」
    ユウ(手に花が咲く。)「こんなことしかできなくて。」
    ジョン「うーん。 やるじゃん!!」
    ユウ「もっと練習するから、マジック教えてね。ダメかな。」
    ジョン「よーし。二人で頑張ろう。今度ポン先生に会った時、びっくりさせてやろうぜ。」
    ユウ「うん。」 THE END






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー