オリュンポスの戦い 愛の伝説

連絡用掲示板・議論スレ-155~158


155: オリュンポスの戦い 愛の伝説 :2016/12/03(土) 01:14:08 ID:???
    ●オリュンポスの戦い 愛の伝説
    1988年ファミコンで発売の横スクロールのアクションゲーム。リンクの冒険っぽい。
    ヒーロー、ヒロイン共々名前を付けられる。町中でも普通に敵が出てくる。敵を倒すとたまにお金代わりのオリーブを入手。
    このオリーブの実を大量に要求する神が複数おり、さらに死にやすいゲームで、死ぬと実が半分になる。


    神と人が共に暮らしていた時代。
    アルカディアという町で逞しき男オルフェウスと美しい娘ヘレネが永遠の愛を誓い、一緒にいた。
    ある日、ヘレネが毒蛇によって死ぬ。オルフェウスは三日三晩悲しみ続けた。
    そこに愛の女神アフロディーテが現れ、真実を語る。
    「ヘレネは黄泉の国タルタロスの冥界の神ハデスが、自分の后にするために殺し、その魂を奪った。
    ハデスは強い神で、自分ではどうしようもない。
    もしも助けたいならば、3人のニンフを探し、タルタロスへの道を開きなさい。あなたたちの愛の伝説を創るのです。」


    最初の町アルカディアで、人々の話を聞き、戦うための力を探す。芋虫のようなスライムがそこらあたりにいる。
    神々の助力を得るために、ギリシャの神々を訪ねる事にしたオルフェウス。
    今は棍棒だけだが、ペロポソネスの森に強い剣がある。
    またオオウイキョウの杖と言う火を操る杖の話も聞き、それはアッティカにあるという。
    神のお告げを教えてくれる人がいる、ハート一つで身分の証、二つは結界を解き、三つは新たな試練の始まり。
    バッファローを倒してアルカディアの神殿に行き、神々の長ゼウスの前でしゃがんで話を聞く。
    ハデスを懲らしめるために力を貸そうと、雷の力をくれる。これはヘパイストスの剣がなければ使えない。
    またほかの神にも力を貸すように伝えておくと言う。


    アッティカのエレシウスの町に着き話を聞く。この先にはアテナイの都がある。
    下半身が獣で飛び跳ねる獣人を倒していく。プティオティスへの道はその昔、大岩でふさがれて行けなくなった。
    ガイアという大きな岩の怪物がいる。ガイアが眠りについたのでこの町にも平和が訪れた。
    サソリがいる場所を通り話を聞く、この先の海を越えるとプリュギアの町に着く。そこには火を噴く蛇がいる。
    海を渡るにはポセイドンの力が必要。プティオティスには神の武器がある。この先に石像がある。
    この町のある母親の息子がラミアにさらわれたと言う。もし助ければ家宝を渡すと言った。
    さきに進んで老人ケレオスに会う。ニンフの居場所を知っているが、オルフェウスである身分の証を見せろと言われた。
    この町の神殿にいる女神アテナの前にしゃがむと、飛び道具を防ぐアテナの盾をくれる。
    近くの海の前にいる下半身が蛇で、弓矢で攻撃してくるHPの高い敵のラミアがいる。
    アテナの盾でガードしつつ殴って倒す。戻るとお礼としてオオウイキョウの杖をもらった。
    だが使い方がわからない。他の人に聞くと使い方を知っているのは、神の怒りに触れて洞窟に幽閉されたプロメテウスのみ。
    ただ普通に殴っても、棍棒よりは強い。


    アルゴリスの洞窟には人々が住んでいる。サラマンドラの皮で作った盾なら火も防げる。
    洞窟内はたくさんの落ちたら死ぬ穴がある。蝙蝠や蛇などの敵がいる。。
    この奥にはプロメテウスが囚われていて、ライオンが番をしている。この洞窟にはニンフもいる。
    近くの洞窟にはサラマンドラの巣、ヘルメスの神殿にはサラマンドラがいる。サラマンドラの巣に落ちる場所もある。
    サラマンドラは赤い蛇、近づいてとびかかってくる。20匹倒すと後のイベントで盾が手に入る。
    大地の眠りを覚ますにはオカリナが必要。このアルゴリスには二つの海岸があり、一つはクレタの方向に通じている。
    ラコニアの三番目の柱を攻撃してはならない。
    ヘルメスの神殿に行くが、ゼウスに会いに行って留守だとそこにいる人に言われた。
    ゼウスの神殿に行くとヘルメスがおり、ジャンプ力の上がり、さらに天井に張り付けるヘルメスの靴を貰える。
    大きな穴を飛び越え、アルゴリスの洞窟の一番奥に行く。プロメテウスに会い、オオウイキョウの杖の使い方を教わる。


156: オリュンポスの戦い 愛の伝説 :2016/12/03(土) 01:15:02 ID:???
    ペロポソネスの森。オオウイキョウの杖から出た火で、道を塞いでいた蜘蛛の巣を燃やして進む。
    ガチョウのような敵や蝙蝠を倒しながら、木の間にいる人々に話を聞く。
    海の神ポセイドンは、ラコニアの地下にいる。ラコニアに行く道はキュクロプスが塞いでいる。
    キュクロプスを倒すには、剣で目を狙うしかない。
    神殿に行き竪琴を貰う。海岸で引けばペガサスを呼ぶことができる。
    ラコニアのグライアイは水晶玉を持ち、それを使わないと入れない洞窟がアルゴリスにある。
    池にはヒュドラが住み着き、森の精霊が困っているので倒してほしいと頼まれる。
    触れるとダメージを受ける茨、燃やせる色違いの茨を燃やして進むと池に出る。池から出る泡を避けて進む。
    大きい蛇のような竜のヒュドラ、池から飛び出て体当たりをしてくる。タイミングよく殴っていく。
    倒して進むと森の妖精がいる、倒してくれたので森に平和が戻った。お礼として剣を貰える。
    別の道を行くと岩石を投げる巨人、キュクロプスとの戦闘。剣で目を攻撃していく。倒すとラコニアへの道が開く。


    海の見える神殿、ラコニア。地面にサソリが這い、空から鳥が石を落としてくる。もちろん人も住んでいる。
    プティオティスにはヘスペリスの園という楽園がある。不思議な黄金のリンゴがあるが、怪物もいる。
    グライアイはこの先に隠れている、だが魔法を使って攻撃してくる。
    ケレオスの家にニンフが入っていたのを見た。
    ラコニアの神殿の床は破壊できる場所がある、それで地下に行くと神殿への道があるが真っ暗。杖で火を出すと見える。
    海の神ポセイドン。オリーブ60個を渡すとイルカを呼ぶオカリナをくれる。
    グライアイの住処はセイレンという鳥の化け物が守っている、歌で攻撃してくるが竪琴を持っていれば防げる。
    海に行ってオカリナを吹くとイルカに乗れる。海の上も鳥や魚などが突撃してくる。
    海の向こう側で下半身が鳥の女セイレンと戦う。歌われると、竪琴を使わないと操作がおかしくなる。
    倒すと洞窟への道が開く。中は火をつけて明るくすると。ワープして魔法の玉を放つグライアイが3体出る。
    すべて倒すと水晶玉を入手。そこに住んでいる人に聞くと、サラマンドラの皮をもってキルケに会えとの事。


    水晶玉をもって洞窟で使うと、すぐに隠し通路が見つかる。その先を行くとニンフがいて、ヘレネからの手紙とハートを貰える。
    手紙の内容はタルタロスのハデスに連れていかれた。
    アフロディーテのニンフたちの勧めで、愛のハートを託した。私の愛はあなたのものですと締めくくられている。
    クレタのミノタウロスは結界によって、近寄ることができないとの情報。
    ハートをもってアッティカのケレオスに会う。ハートがオルフェウスである証拠となった。
    ニンフはヘスペリスの園に向かったと言い、そこに行くための鍵を貰う。


    オカリナをもってアッティカに戻り、ガイアの近くでオカリナを吹くと動き出す。
    岩の巨人ガイアは、岩を投げてくる。倒すとプティオティスに行けるようになる。
    プティオティスは小さな足場がたくさんあり、這いまわる虫やジャンプする猿に、石を落とす鳥などの敵も邪魔してくる。
    渡りきるとヘパイストスの神殿につく、オリーブの実70個で神剣を作ってくれる。
    神剣をふるうとちっさな電気を放つ、しかし振るたびに体力が減る。
    ここにはわりと巨体で飛び跳ねながら弓矢を使う、ケンタウロスがいて、倒して進むと洞窟。
    虫だらけの洞窟でヘスペリスの園へと行く。水晶玉を使うと隠し通路。
    花がたくさん生えている場所。生えている花は種を飛ばし、飛んでいる蝶は飛んで体当たりしながら鱗粉を落とす。
    隠し通路の先に扉があり、カギがあると開き、ニンフに出会える。
    ヘレネはクレタ島に連れていかれたと言い、ハートと手紙をくれる。
    ヘレネの手紙。あなたが戦っていると思うと胸が張り裂けそう、けっしてハデスのものにはならない。
    タルタロスへの入り口はクレタ島とアルゴスの間の海のどこかにある。


157: オリュンポスの戦い 愛の伝説 :2016/12/03(土) 01:16:08 ID:???
    セイレンの向こう側の海を渡ると、クレタ島へとつく。そこには鎧の戦士がおり突撃してくる。
    島の中は扉の迷路。騎士鎧を来て盾を構え剣を投げてくる敵がたくさん。進むとアレスの神殿でオリーブ80個求められる。
    アレスに渡すと力の腕輪をくれる、攻撃力が上がり、さらに神剣で電気が出ても体力が減らない。
    島の住人から、タルタロスへ入る呪文は左、左、右、左だと教わる。
    ここにいる魔女キレネにサラマンドラの皮20個とオリーブの実80個を渡すと盾をくれる。この盾は炎のダメージを防ぐ。
    道の途中で結界が張られている、ハートが二つあれば結界を開くことができる。
    そこには牛頭で盾を持った大男のミノタウロスがいる。岩を投げて攻撃してくるので、盾のない部分を攻撃して倒す。
    奥に行くとニンフ。ヘレネはタルタロスへと連れて行った、ハートと手紙をくれる。
    ハートが集まった結果、タルタロスへの道を通れるとの事。


    アッティカのラミアがいた先の海でオカリナを吹くと、イルカに乗ってプギュリア島に行ける。
    そこには黒いペガサスが門番をしている。たくさんの蛇がおり、さらにガーゴイルが飛び回る。
    また大きな蛇が待ち受けていて火を噴いてくる。盾で受けて攻撃して倒す。
    足場の小さな場所、大きな火蛇を何体も倒し、ようやくアルテミスの神殿につく。
    月の女神であるアルテミスはムーンクリスタルをくれる、ハデスは魔法の帽子で姿を隠しているので、これを使えと言う。


    クレタ島の出口からアルゴリスへ行く。途中で小島の建物があり、中に入る。
    二つの門が四回続くので、左、左、右、左へと入る。そこには二つの頭を持つ犬ケルベロスがいる。
    ただ速いスピードで体当たりしてくるだけの、ゲーム中最強のボス。ジャンプ攻撃を的確に与えて倒す。


    タルタロス。毒々しい池があり、その上の足場を渡り、下の泡と上からの蝙蝠を避けながら進む。
    神殿や岩山、洞窟など、様々な敵を倒して迷路のような場所を進んでいく。全体的に毒々しい。
    至る所にアフロディーテがつかわせたニンフがおり体力を見つければ全回復してくれる。
    途中ニンフが言うにはヘレネは石に変えられている、ハートを与えれば元に戻る。
    どんどん進むとボス級の敵も出現。出口に戻される部屋などを越えると、石化したヘレネがいた。
    そしてハデスとの戦い、だが相手の姿が見えず一方的に攻撃される。
    ムーンクリスタルを使うと背景に月が浮かび、影が見えるようになる。
    ハデスの影は剣と盾を持っている。一定ダメージを与えると姿を見せる。そしてそのまま倒す。


    ヘレネの石像の下に戻り、ハートを使用。すると石像はヘレネに戻った。
    「ああヒーロー様、ついにハデスを倒したのですね。
    これまで数々の困難があったのでしょう…。
    でもわたくしの為にここまで来てくださって、本当にありがとうございました。
    こうして再びあなたにお会いできるなんて、まるで夢のようです…。
    さあ、二人で一緒に、あの平和なエリスの村に戻りましょう。」


    オルフェウスがヘレネの肩を抱いて、神殿を見る。太陽が昇り、スタッフロール。
    the end


158: 名無しさん :2016/12/03(土) 01:19:33 ID:???
    投下終了
    体力の増える木の実(名前忘れた)を集めないとかなりつらいゲーム






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー