クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2

part459-461


459 :クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2 2018/06/19(火) 09:39:00.28 ID:tdAvAYmV0
昔のネオジオのアーケードのクイズゲーム
『クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2』行きます。
いつも通り適当で曖昧な上に、
ネットで調べると各シナリオに4つのエンディングがあるようですが
自分が実際にたどり着いたエンディングしか紹介できませんので
ご了承ください。

『二人の迷探偵』
(ネオ:マクドナルド)
主人公の一人。もう一人の主人公ジオと共に、
クイズで全てが解決する町『クイズシティー』で探偵業を営んでいる。
熱血な直情型。
家賃を何ヶ月も滞納する程、生活には困ってるようだ。

(ジオ:ケンタッキー)
もう一人の主人公。ネオと好対照な知的な優男だが
ゲームシステム上ではネオとの能力的な違いは一切無い。


『シナリオ1:時を越えた愛』
ネオとジオは年老いた博士に
「私が作ったタイムマシンで過去に戻り、
麗子との駆け落ちを成功させてくれ」
というとんでもない依頼を受け、タイムマシンで50年前へ。

過去へ戻ると、早速憲兵に見つかり、怪しまれてしまう。
「なんだお前たちは、変な機械をこんな所に置いておくなんて!」
「困ったなあ、クイズで勘弁してくださいよ」
「クイズか。まあいいだろう」
「クイズで解決できるとは、過去でもやはりクイズシティーなんだな」

そんなわけでクイズをクリアして憲兵をやり過ごしたネオとジオは
麗子の元へ向かう途中に立ちはだかる者たちをクイズで乗り越え、
とうとう麗子の元へたどり着き、連れ出す事に成功する。
だが、過去の博士の元へ向かう途中、加納という男が道を阻んでくる。
加納は、親が決めた麗子の婚約者で、麗子は加納を嫌っているようだ。
加納をクイズで撃退したがこのまま博士の元へ行くのは難しいと考え、
やり過ごすために一旦タイムマシンで1年後へ行く予定だったが、
間違って100年後へ行ってしまった。

100年後、つまり現代から50年後、町は立派な近未来都市となっていた。
そして早速、現地の警察に見つかり駐車違反で取り締まられそうになる。
「まったく、道の真ん中にこんな機械を置くなんて駐車違反よ!」
「困ったなあ、クイズで勘弁してくださいよ」
「クイズね、まあいいでしょう」
「クイズで解決できるとは、未来でもやはりクイズシティーなんだな」

460 :クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2 2018/06/19(火) 09:39:45.71 ID:tdAvAYmV0
クイズを終えると、婦警さんは
「まあいいわ、これで見逃してあげる。今日は加納様の誕生日だものね」
と言って去っていった。
「ありがとうございまーす。…え、加納、だって?」

そのまま未来の町をさまよっていると、二人の老人が悪人に襲われているので
クイズで撃退すると、老人たちに一緒について来るように言われ、ついていく。
たどり着いた先は、50年後のネオとジオの探偵事務所のあるビルだ。
それも、周囲の近未来的ビルと違い、現代のままのレンガ造りでボロボロではないか。
中に入ると、二人の老人は未来のネオとジオ自身だと言う。
「君たちが100年前の過去に行った際に使ったタイムマシンを見て、
加納はタイムマシンという物を知り、作り上げて世界征服のために使ったのだ。
頼む、もう一度100年前に行き、加納を止めてくれ。
これがタイムマシンを修理するための部品だ。持って行ってくれ」

外に出ると加納の部下に襲われて捕まってしまったが。
クイズに答えて脱出し動力付きの未来のスケボーに乗って脱出し
タイムマシンを修理し再び100年前へ。

とうとう過去の博士の元にたどり着き、麗子と引き合わせた二人は
タイムマシンに乗ろうとするが、離れている間に加納に持ち去られてしまった。
加納の本拠地に向かい、加納をクイズで退ける事に成功したが、
なんと加納は戦艦に乗って出撃し、博士と麗子が乗る客船を沈めようとする。

「まずいぞ、あのままだと博士と麗子さんと他の客船の乗員が死ぬだけじゃない、
博士が死んだらタイムマシンも無かった事になり消滅し、俺たちは戻れなくなる!」
「そうだ、未来から持ってきたスケボーに爆弾を乗せて戦艦にぶつけようよ!」
「そのためには時間内にクイズに正解してロックオンしないとな、やるしかない!」

ロックオンに成功すると、爆弾を乗せたスケボーは戦艦に衝突し、戦艦は見事撃沈。
博士と麗子さんは無事に、客船に乗って新天地へと向かうのだった。
それを見届けたネオとジオは、タイムマシンで現代に戻った。

(エンディング1)
現代に戻ると博士と、年老いた麗子さんがお礼を言ってきた。
あの後、大変な事もあったかもしれないが、幸せにすごしているようだ。

(エンディング2)
現代に戻ると、博士は困ったような顔をしていた。
そしてなぜか白衣の上にエプロンをつけて、フライパンを持っている。
「あなた、ごはんはまだなの!」と年老いた麗子さんの怒鳴り声が聞こえる。
「実は私は麗子に頭があがらないんだ…なあ、君たちに再び依頼をしたい。
タイムマシンで過去に行き、私たちの駆け落ちを失敗させてきてくれ!」
「「ええ~!」」

461 :クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2 2018/06/19(火) 09:40:07.62 ID:tdAvAYmV0
『シナリオ2:宇宙からの依頼人』
金髪の美女からの依頼は、なんと宇宙人退治。
彼女も遠い宇宙からきた宇宙人で、人に取り付く宇宙人を追ってきたとのこと。

半信半疑だったが、彼女の持つレーダーを頼りに怪しい相手にクイズ勝負に勝つと
相手の口から変な虫が出てきて、消滅した。

本腰を入れて次々と宇宙人を倒していき、本拠地を発見し進んでいくと、
途中でネオが宇宙人に憑依されるというアクシデントが発生し、
依頼人とジオの二人でネオをクイズで負かして開放した。

そして最後に宇宙人の親玉と対決するのだが、その際に依頼人を捕らえられてしまう。
「地球人ども、クイズで勝負だ。ただしお手つきは3回まで。
4回目のミスをする前に8問正解してみろ!」
見事親玉を倒し、地球の平和を取り戻したネオとジオ。そして…

(エンディング1)
戦いに疲れて倒れたネオとジオが目を覚ますと、宇宙船の中だった。依頼人は
「宇宙を助けてくれた英雄たちに私の星へ来て欲しいのです。」
という。慌てて降ろしてくれと言う二人だったが、既に宇宙を航海している最中。
二人が悲鳴を上げる中、宇宙船は宇宙を突き進んでいくのだった。

(エンディング2)
ネオとジオは骨折とかしてボロボロになりつつも、依頼人を見送った。
「二人とも、本当にありがとう」
そう言い残し、依頼人は宇宙船に乗り、空へと飛んでいった。
その光景を、少しの寂しさを感じつつ眺める二人だったが、
ふとネオはある事に気づき、ジオに聞いた。
「なあジオ、依頼料もらったか?」
「え、ネオが受け取ったんじゃないの?」
「…」
「…」
「「おーい、依頼料ー!」」
そんな二人の叫びも、遥か彼方へ飛び去った宇宙船に届くはずもなかった。

以上です。登場人物の大多数が有名人のそっくりさんな事、
格闘ゲームで有名なネオジオでは珍しいクイズゲームな事もあり、
それなりに注目を集めたゲームです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー