ラサール石井のチャイルズクエスト

part71-437~440


437 名前:チャイルズクエスト[sage] 投稿日:2018/05/07(月) 22:44:04.53 ID:ZtYtip3k0 [1/4]
ファミコンの異色RPG『ラサール石井のチャイルズクエスト』行きます。
既にwikiにこのゲームの内容がありましたが、
そこでストーリー紹介のために使われていたサイトが
消えていたので、書いてみたいと思います。
いつもの様に、端折ったり不正確な部分がありますがご容赦下さい。


『登場人物』
(主人公)
石井光三オフィスに所属する新人マネージャー。
デフォルトネームは『しじみ』。
一向に売れる気配の無い三人組アイドルグループ『チャイルズ』を
スターにするべく、チャイルズの三人を連れて旅に出る。
マ法(マネージャーが少しでも楽する法)を使う事によって、
HPの回復やアイドルの状態管理の他、
行った事のある町へのワープと言う本当の魔法のような事まで出来る。
防具は『安い背広』のみで、もっと良い背広に着替える事は一切出来ない。
(一応、旅の途中で『鋼の背広』『炎の背広』『バナナの背広』といった
強そうな装備を発見できるが、『重すぎて装備出来ない』
『熱すぎて装備できない』『恥ずかしすぎて装備できない』といった理由で、
拾うこともできずその場に置きっぱなしにする羽目になる)


(きりこ・りん・ゆうこ)
チャイルズの三人。主人公と共に旅に出かけるのだが、
戦闘時には一切加勢してくれず、そもそも戦闘用ステータスすら無い。
敵のセクハラ攻撃や旅の途中での不意の尿意によって
不満度が100%に到達したり
宿泊や食事の際に安すぎる物を選んでしまうと
怒って石井光三オフィスビルの中の一室に篭ってしまい、
探し当てるまで旅に復帰できないという
普通に戦闘に負けたよりも面倒な状態になってしまう。
正直言ってお荷物な一方で、
主人公と違ってマイク・ドレス・くつ・メイクという4種類の装備を
実際に装備する事ができ、その性能はコンサートに影響する。


(石井光三)
石井光三オフィス社長。
主人公にチャイルズをスターにするための旅に行かせた。
ずっとオフィス内にいるので旅の途中で会ったりせず
ゲームの最初に話をしてからはゲームに関与しないと思われてたが、
ゲーム終盤で意外な形で関わってくる事になる。
ちなみに、このゲームは容量が厳しいファミコンなせいか
ゲーム中のフォントは基本的にひらがなやカタカナのみなのだが、
例外的に『石』『井』『光』『三』の4文字だけは漢字が使われている。
流石は社長。


438 名前:チャイルズクエスト[sage] 投稿日:2018/05/07(月) 22:44:32.65 ID:ZtYtip3k0 [2/4]
(ラサール石井)
チャイルズのプロデューサー。
石井光三オフィスにいて、
HP・MPの回復やコンティニュー用パスワードの表示、
チャイルズの曲やコントの用意などをしてくれるが、
逆に言えばそれ以外はエンディングで出番は無く、
ゲームタイトルに名前が出ているにも関わらず、あんまりな扱い。


『本編』
新人マネージャーである主人公は、ある日社長の石井光三に呼び出された。
「チャイルズがいつまでたっても売れん!
だから君がチャイルズを売り込みスターにするんや!
詳しいことはラサール石井君から聞いてくれたまえ」
次にラサール石井が話を始める。
「あなたにはチャイルズの三人をスターにしてもらいます。
スターと言っても曖昧なので、基準を設けましょう。
東京にある一番大きなコンサートホール『ときおホール』、
そこでのコンサートを成功させて下さい」
こうして、主人公とチャイルズの三人は旅立った。


舞台は平和な日本なので
主人公を殺そうとしてくるモンスターや悪人とかは存在しないが、
代わりにストレスを発散しようと主人公たちに悪口を言う『口撃』をしてくる
人間や生物や、生き物ですらない謎の物体を相手することになる。
主人公はそれに対抗するべく、相手を『よいしょ』しておだてることで、
相手の気分を良くして、戦いをやめてチャイルズのファンになってもらう。


ときおホールでコンサートを成功させるためには
『スターのマイク』『スターのドレス』『スターのくつ』
『スターのメイク』これら4つが必要と分かり
それらを得るべく旅を続け、もっと行動を範囲を広げたいと思い
とある民家に住むおばあさんに、たらいぶねを4つ貰えないかと聞くと
こんな取引を持ちかけられた。
「私の家には先祖代々伝わる浴衣があるのですが、
私が子供の頃、うっかりおねしょをしてしまい
誤魔化してそのままにしてしまいました。
あれから数十年、おねしょはすっかり染みになってしまいました。
これではご先祖様に顔向けができません。
ですが、『虹の石鹸』ならば、どんな染みでも取れると聞きます。
虹の石鹸を持ってきてくれれば、たらいぶねをお譲りしましょう」


虹の石鹸を作るためには7色のオイルが必要らしい。
という事で、『移動範囲を広げるために、
いろんな色のオで始まる3文字のアイテムを集める』という、
某国民的RPG第三弾のようなイベントをこなし、
虹の石鹸を完成させておばあさんに渡してたらいぶねを譲り受け、
さらに旅を続けた主人公とチャイルズ達は4つの装備を手に入れ、
とうとう、ときおホールでのコンサートを成功させた。


439 名前:チャイルズクエスト[sage] 投稿日:2018/05/07(月) 22:48:09.02 ID:ZtYtip3k0 [3/4]
「私たち、とうとうスターになっちゃったのね、夢みたい」
そう感動する三人を連れて石井光三の元へ戻ると
「よくやってくれた!さあ、これからもチャイルズを売り込んでくれ!」
と、歓迎されつつも特にご褒美も無く今までどおりに頑張る様に言われ、
それにチャイルズの三人は反発した。
「ちょっとまって、私たちはスターよ!もっとお給料上げてもらわないと!」
「月に8000円って、学生の小遣いじゃない!せめて1万円よ!」
「何いうとるんや、お前たちを売り込むのにいくらかかったと思うとる!」
「こうなったら勝負よ石井光三!」
「ちょこざいな、返り討ちにしてくれるわ!」
こうして、チャイルズのせいで社長との勝負をさせられる主人公。


石井光三が戦闘態勢に入ると、
ラクダシャツに腹巻にステテコパンツという変なおじさんファッションに
魔王や吸血鬼のような漆黒のマントというとんでもない姿になっていた。
主人公はとりあえずいつも通りによいしょするが、まったく通じない。
そもそも、よいしょは
ご機嫌を取ってチャイルズのファンになってもらうためのもの。
チャイルズの上司である石井光三に効くはずもないのだ。
だが、主人公には勝つための別の方法が残されていた。
相手の口撃を耐え抜いて、相手に言いたい事を全部言わせて
スッキリさせるという方法だ。これなら石井光三相手にも有効なはずだ。
しかし、石井光三の口撃はあまりに強烈すぎた。
主人公は耐え切れずに倒れてしまう。
「どや、まいったか!諦めて営業にでも行くんや!」


このままやられっぱなしでなるものかと
石井光三に勝つ手段を探す事にした主人公が占い師に占ってもらうと
海に何かが浮かんでいると言われたので早速行ってみた。
すると、写真が入った瓶が海に浮いていたので中身を見てみると
そこに写っていたのは、チャイルズの三人の赤ちゃんだった頃の姿。
チャイルズの三人は芸能界入りしてから出会ったはず、
なのになぜ赤ちゃんの頃に三人が集まっている写真があるのだろうか?
とりあえずその写真を持って片っ端から聞き込みをしてみると、
とある民家のおばさんから衝撃の事実を聞くことになる。


「それは私が昔海に流した写真!…話を聞いてください。
私は以前、石井光三と付き合っていて、彼の子供を三人産みました。
しかしある日、石井光三は不意に居なくなってしまいました。
多分、他の女の元へ去ったのでしょう。
それから私は女手一つで子供達を育ててましたが、
過労で倒れてしまい、三人の子供は別々の家庭に引き取られたのです」
「ええっ、それってつまり、私達三人は姉妹って事!?
そして父親は石井光三なの!?いやーんそんなの!」
「それにしても憎きは石井光三。もし彼と戦うのなら、
彼の悪行を書き連ねたこれをみせてやりなさい!」


440 名前:チャイルズクエスト[] 投稿日:2018/05/07(月) 22:48:46.69 ID:ZtYtip3k0 [4/4]
そう言って渡された『過去の過ち』というアイテムを
石井光三との再戦時に見せると
「す、すまんかったと思うとる!」と動揺した。
それでも口撃を止めない石井光三だったが攻撃力は半減。
そして主人公は防御と回復を駆使し、とうとう口撃を耐え切った。
「いやー、たまには癇癪おこすもんやな、全部吐き出してすっきりしたで。
気分良くなった所で、ギャラアップといこか。3000円アップでどや?」
こうして、給料が8000円から11000円にアップしたチャイルズ。
それでも安い気がするが、社長に勝ったという自信と満足感は
何物にも代え難いものだ。
ちなみに、戦闘後に家族としての関係については何も触れられなかった。
今後も石井光三とチャイルズの三人は、
父と娘ではなく、社長とアイドルという関係を続けるのだろう。


そして『その後、チャイルズは数十年連続で紅白歌合戦に出場し、
死後はチャイルズを祀った神社が世界各地に建てられた』
というあまりに壮大なその後と
「まあ、本当にそんな事になるなら苦労はないんですけどね」
というラサール石井の冷静なツッコミで、このゲームは幕を閉じる。


ちなみに現実でのチャイルズはその後、ブレイクする事もなく解散。
その後の三人は、りんはラジオ局のDJとして働き、
ゆうこは結婚をして主婦になり、
そしてきりこは、今でも磯野貴理子として芸能活動を続けている。


以上です。ファミコン時代の現代を舞台としたRPGという
特殊なゲームとして、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。
ご覧頂き、ありがとうございました。

 





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー