クロノ・トリガー

Part4-448・450~452・482・454・497~499・501~503

PS版追加要素:Part25-283~284

DS版追加要素:Part46-77~83


448 クロノトリガーup sage 04/03/10 22:03 ID:scsnDpfB
分かりました。冷遇覚悟でupします。
あらすじに関係のない部分はかなり省いています。
登場人物の年齢は公式設定を知らないので見た目です。

***************

三人の若者が五つの時代を超えて星を滅ぼす「ラヴォス」を倒す冒険をする。

原始:BC7500万年。高度な知能を持つ恐竜人と、進化の過程にある人類との戦い。
古代:BC13000年。天空には魔法の力を使い超文明を築いた魔法王国ジールが浮かぶ。魔力を持たない「地の民」は地上で過酷な氷河期を生きる。
中世:AD600年。ガルディア王国と魔王軍の戦いが繰り広げられている。
現代:AD1000年。平和な世界。ガルディア王国千年祭で賑わう。
未来:AD2300年。「ラヴォス」によって人類はほぼ絶滅し、生き残った人々もロボットに支配される日々を送る。


登場人物
クロノ(10代後半♂):主人公。現代ガルディア王国に住む。正義感が強い。刀を使う。母と二人暮らし。
マール(同上♀):現代ガルディア王国のマールディア王女。わがまま。クロノにほれる。弓を使う。
ルッカ(同上♀):クロノの幼なじみ。世話焼き。機械に詳しい。カエルが苦手。銃を使用。
カエル(?歳♂):中世出身の騎士。本名グレン。カエルの姿をしているが、中世ガルディア王夫妻の信頼を得ている。剣の達人。
エイラ(20代前半♀):原始時代の村の酋長。酒と強い男が好き。パワフル。素手で戦う。
ロボ(?歳多分♂):未来世界のロボット。礼儀正しくまじめ。内蔵武器で戦う。

450 クロノトリガーup sage 04/03/10 22:11 ID:scsnDpfB
ガルディア歴(AD)1000年、「クロノ」はガルディア王国千年祭の会場リーネ広場で
「マール」という少女と出会い、エスコートすることになる。千年祭の最大の見せ物は、
幼なじみの「ルッカ」が彼女の父と開発した「物質移転装置」。マールが実験台を申し出るが、
実験中に彼女が持っていたペンダントと機械が反応し、マールは不思議な渦に飲み込まれ消えてしまう。
 クロノがマールの後を追って渦に飛び込むと、そこはAD600年の世界。時空を超えてしまったのだ。
魔物にさらわれていたガルディア21世の妃・リーネ王妃が保護されたことでガルディア城の人々は
安堵していた。しかし彼女はリーネに間違われたマール。リーネにそっくりなマールは、
実は現代ガルディア33世の娘マールディア姫だった。本物のリーネ王妃を助けなければ子孫である
マールは消滅してしまう。後を追ってきたルッカと、カエルの姿をした謎の騎士・「カエル」と
力を合わせて本物のリーネ王妃を救出。クロノはルッカが開発した「ゲートホルダー」を使い、
時空の渦「ゲート」を通ってマールとともに現代へ戻る。
 現代に戻ったクロノにマールディア王女誘拐の容疑がかけられる。
無実の罪を着せられて牢に入れられ、三日後に処刑が迫ったクロノは、ルッカの力を借りて
脱獄をする。堅苦しい城に嫌気がさしたマールも父王の静止を振り切ってクロノたちと同行し、
追いつめられた三人は森の中で偶然開いた時空の渦に飛び込む。
 抜けた先は荒廃した未来の世界。奇妙な生物と機械が外を徘徊し、
人間は「ドーム」でひっそりと暮らしている。ルッカはドームに放置されていた
壊れたロボットを修理し、「ロボ」が仲間に。
 さらに三人は情報端末で衝撃の事実を知る。AD1999年に「ラヴォス」という
未知の生命体によって世界が破壊され、人類はほとんど滅亡してしまったのだった。
三人は世界を救うために「ラヴォス」を倒す手段を探すことになる。


451 クロノトリガーupその2 sage 04/03/10 22:16 ID:scsnDpfB
 未来のドームのゲートを抜けた先は時の最果てと呼ばれる時空の交差点。戦の神スペッキオから
現代では失われた「魔法」の力を授かり、最果てにたたずむ謎の老人の助言を受けて現代へ戻る。
 「ラヴォス」を生み出したのは400年前に人間と対峙した魔王であるという情報を得て中世へ向かう。
ガルディア王国は魔王軍との決戦に備えカエルに応援を頼むが、カエルは聖剣グランドリオンがないと
魔王に対抗できないと言う。グランドリオンの材料は大昔にあったというドリストーンという石。原始時代を目指す。
 BC7500万年の原始時代では恐竜人と人類の生存競争が行われていた。イオカ村の酋長「エイラ」に招かれて
歓迎を受けるも、ゲートホルダーを恐竜人に奪われてしまう。エイラと協力してゲートホルダーを取り返し、
ドリストーンを譲り受けたクロノたちは、現代の武器職人ボッシュに依頼し壊れたグランドリオンを修理。
カエルとともに魔王に挑む。カエル=グレンはかつてグランドリオンの所持者・親友サイラスとともに魔王に挑んだが、
サイラスは殺され、自分はカエルの姿にされてしまったのだった。クロノたちは魔王を追いつめるも、
巨大な時空の渦が発生。さらに魔王は「ラヴォス」を生み出したのではなく、ただ召喚しただけであったと語る。
魔王ともども渦に飲み込まれる。
 クロノたちは再び原始時代に飛ばされる。エイラ率いる人類と、アザーラ率いる恐竜人たちとの
最後の決戦が始まっていた。エイラを助けてアザーラを倒すと、空よりエイラたちが「ラヴォス」と呼ぶ
物体が飛来し、地中深く潜り込む。エイラによればラヴォスとは原始の言葉で「ラ=火」「ヴォス=大きい」
という意味。ラヴォスは原始時代に宇宙から星にやってきた地球外生命体だったのだ。

452 クロノトリガーupその3 sage 04/03/10 22:22 ID:scsnDpfB
改行がヘタですみません

****************

ラヴォスの着地点に発生したゲートを通るとBC13000年の氷河期に出る。天空には魔法の力を操る
人々の住む王国・ジールが浮かんでいた。女王ジールはラヴォスの力に魅了され、海底に神殿を築いて
ラヴォスを復活させ、永遠の命を手に入れようとしていた。それには女王の絶大な信頼を得る
謎の予言者が一枚咬んでいるらしい。女王の野望を止めるために王宮に潜入すると、
マールの持っているペンダントが反応して封印された王の間への扉が開く。マールのペンダントは
女王の娘サラの持っているものとそっくり。ジールからガルディア王国へと受け継がれたのだろうか?
しかしその謎を解く間もなくジールの怒りを買って古代世界を追放され、謎の予言者によってゲートは封印されてしまう。
 再び古代に戻るため「時を超える翼」を求めて未来世界へ向かう。かつて時空の渦に飲まれて未来に飛ばされた古代の三賢者の一人・
知の賢者ガッシュが開発したタイムマシン「シルバード」を得て古代へ戻る。幽閉された命の賢者を解放すると、
その正体はなんと現代の武器職人ボッシュ。彼からラヴォスを召喚する「魔神器」を破壊するための「赤きナイフ」を託される。


482 クロノトリガーup sage 04/03/11 15:53ID:HIoe9ZMz
すみません、クロノトリガー>>453 省略しすぎたので書き直しました。

ジールは完成した海底神殿で娘のサラに命じて魔神器を起動させ、ラヴォスを召喚。
クロノたちが赤きナイフで魔神器を破壊すると、ナイフが反応し、精霊グラン・ドリーン・リオンを宿した聖剣グランドリオンに生まれ変わる。
しかしラヴォスは召喚され、そこへ謎の予言者=中世のクロノたちとの決戦の後時空の渦に飲み込まれた魔王が挑む。魔王は古代に飛ばされていたのだ。
魔王の正体はジールの息子ジャキ。幼少時のラヴォス召喚の際に時空の渦に飲まれ、中世にとばされて魔王となり、姉サラと自分の人生を狂わせたラヴォスを倒すために、中世で再び召喚を試みたのだった。
しかし魔王はラヴォスに圧倒され、クロノは仲間を庇ってラヴォスに立ち向かい、消滅してしまう。ジールはラヴォスの力を得て海底神殿を浮上させ、サラは発生した時空の渦に飲まれてどこかへ消えてしまう。
ラヴォスのかりそめの復活による影響でジールは崩壊し、雲が晴れて地上の氷河期が終わる。残された島ではジールの住人と地の民が協力して暮らすことになる。魔王からクロノ復活の手がかりを得る(ここで魔王と戦って倒すor仲間にすることができる)。

(ここから先はサブイベント)時の最果ての老人=時の賢者ハッシュから失われた時を取り戻すという「クロノトリガー=時の卵」を授かり、未来の死の山でクロノを復活させる。
浮上した海底神殿の最深部でラヴォスの力を得て変貌した女王ジールを倒す。
誰かが、なぜゲートは生まれたのだろうかという疑問を口にする。マールは、自分の寿命を悟った星が夢を見て、星の住人に自分の生い立ちを見せるためにゲートを開き、時空を超える旅をさせたのではないかと語る。


454 クロノトリガーupその5 sage 04/03/10 22:29 ID:scsnDpfB
AD1999年に飛んでラヴォスを倒すとEDへ。倒した時期によってEDが変わる。確か全部で9種類。
↓は古代世界崩壊後にクロノを復活させた場合のメインED

 リーネ広場で祝祭が開かれる。広場のゲートから仲間がそれぞれの時代へ帰っていく。
仲間と別れた後、ルッカは未練が残らないようにシルバードを壊すことを提案する。
しかしその時クロノの母が誤ってゲートに飲まれてしまう。クロノたちはシルバードに乗って各時代を巡り、クロノの母を捜す。
 魔王はサラを捜す旅を続け、カエルは中世ガルディア城に凱旋(魔王を倒していた場合、人間のグレンの姿に戻っている)。
エイラは原始でいつも通り狩りの日々を送り、未来を変えてしまったために
存在が消えてしまうのではと思われていたロボも恋人のアトロポスと平和に生活していた。


おわり

497 クロノ・T マルチED sage 04/03/11 23:32 ID:p90xh71D
それでは書かせてもらいます。

・開発室ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、気が付くと時の最果てに似た別の空間(?)に迷い込む
 そこは「クロノ・トリガー開発室」
 このゲームに関わったスタッフに話し掛け、全員と話すと閉ざされた扉が開く。
 そこには鳥山氏、堀井氏、坂口氏の3名がいる、3人に話し掛けると強制的にスタッフロール→Fin

・反省会ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、そのままスタッフロール→Fin
 暫くすると「Fin」の文字を押しのけマールとルッカ登場。
 「このまま終わるのは早すぎる」と反省会と賞して今までに出会った男性たちを評価し始める。(内容は割愛します)
 男性たちをボロクソに評価しているとクロノが登場、2人に勝手なことを言うなとお叱りになります。
 叱られた2人は反省。
 「ここにいつまでも居てもどうしようもないからどこか別の時代にいこう」とクロノに提案。
 どの時代にいくかしばらく考え、クロノは一言「今!」と言って走り去る。
 マールがそれを追いかけ一人取り残されたルッカが
 「ならもうテレポッド(時空を越える機械)は必要ないわね」とその機械をその場に置き去りにして2人の後を追いかける。
  Fin。


498 クロノ・T マルチED sage 04/03/11 23:43 ID:p90xh71D
・マール=カエルED
 ゲーム序盤、カエルVS魔王のイベント発生前にラヴォスを倒すと見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代、リーネ広場へと帰還。
 広場で話をしているとマールに対して町民が
 「王女様、今日も私たちと同じ格好をしてる」etcの謎の言葉を言われる。
 そうこうしてるとマールの体に異常が発生(話すとゲロゲロという声が混じる、跳躍が凄いなど)
 この謎を解くためクロノ、マール、ルッカはマールの家ことガルディア城に向かう。
 すると国王のガルディア王が現れ、中世の頃の活動写真が倉庫から見つかったと言いクロノたちを連れて行く。
 その活動写真のフィルムにはリーネ王妃とカエルの結婚式が映されていた。
 活動写真がリーネとカエルのキスシーンになったところで→Fin
 ……と、マールがFinの文字を押しのけ
 「こんなのイヤーーー!!」と叫び暗転。


499 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:06 ID:X6UOLnaq
・魔物ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる→スタッフロール
 スタッフロール中に「ヌウ」「マモ」「カエル」の3匹のモンスターが現れる。
 スタッフロールが終わりFinの文字が出ると3匹一緒に眠って暗転。

・カエルVS魔王ED
 中世で修復したグランドリオンをカエルに渡し、魔王城に行かずラヴォスを倒すと見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ帰還。
 ルッカ宅にてクロノ、マール、ルッカがのんびりと平和を味わう中カエルが野暮用だと言いいなくなる。
 時代はかわり中世。魔王城。
 果敢にも1人カエルは魔王に友の敵を打とうと挑む。
 暗い音楽の中、剣劇と魔法の音が響き淡々とスタッフロールが流れる。
 音楽が止むと、魔王城の屋根に一人の佇む影が、それは勝者のどちらなのかは影になって見えない。
 月の逆光に照らされ微動だにしないその人物を背景にFinの文字が浮かぶ。

501 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:15 ID:X6UOLnaq
・クロノ=魔王ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、ロボは未来へと帰還する。
 場面は中世に移り、一人の少年が勇者として魔王を倒しに行く場面
 少年はついに魔王城最上階に辿り着き魔王に決戦を挑む。
 魔王の玉座にいたのはクロノ、左右にマールとルッカの姿もある。
 お互い臨戦体勢のままスタッフロール→Fin

・知られざる過去ED
 原始時代に行く前に見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へと帰還する。
 原始の時代では恐竜人と人間との決着がついておらずエイラと恐竜人が争っている。
 魔王は1人岬に佇み、放浪の旅に出る。
 Fin


502 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:26 ID:X6UOLnaq
・恐竜人ED
 原始時代で恐竜人との決着がつく前に見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる。自分を呼ぶ声にクロノは目覚めると
 そこは自分の部屋であった。
 しかしクロノは何故か恐竜人になっている自分の姿を疑問に思わない。
 そのままクロノはリーネ広場に向かいマールと思われる恐竜人とぶつかり→Fin

・魔王ED
 古代時代で空中王国が滅びるまでに見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ
 場面はかわり古代時代、海底神殿へと向かう予言者(魔王)の姿が
 魔人器の間に続く扉の前に立ち予言者のローブを脱ぎ捨て魔王の姿をあらわす。
 「歴史がかわるというならかわれ、世界が滅ぶというなら滅べ!」
 「それで俺がいなくなろうと……それはそれで面白い!」
 その言葉を残し魔人器の部屋へと向かい→Fin
 (魔王=ジャキなのでこの時点でラヴォスが倒されるとジャキは中世にいくことはない=魔王の存在消滅ということになる)

・脇役集合ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる。
 暗転したままスタッフロールへ、そのの中を全時代の脇役たちが現れる→Fin


503 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:28 ID:X6UOLnaq
大まかなものはこれで終了です、読みにくかったらすいません。

あと反省会EDでルッカが最後に置いていったものは
テレポッドではなくゲートホルダーの間違いです。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水)18:28:56ID:srMsabul0
未解決のとこの「・クロノトリガー(追加部分のみ)」いきます。
アニメとかたくさん追加されてるけどゲームのシーンをアニメで再現した物などで
ストーリー的にはなんら追加されていないのがほとんど。そういうのは割愛。
ストーリー上意味があると思われる2つの追加アニメのみを。


まず、ハッピーなバージョン

現代
たくさんの人々に見守られながら、クロノとマールの結婚式が始まる。

原始時代
宴が開かれている。エイラ、杯を飲み干すと笑いながら隣に居たキーノの手を取り指輪をはめる。
そしてキーノにもう一つ指輪を放る。あわてて受け取るキーノ。
エイラは自分の手を差し出し、促してにかっと笑う。
それを見てキーノも笑い、エイラの指に受け取った指輪を嵌めた。
歓声をあげてわき立つ人々。

中世
玉座の間。ガルディア王にひざまづいている緑色の髪の青年。
王は剣を掲げ、青年の両肩に剣の平を触れさせ、また剣を掲げなおす。
青年は立ち上がり、居並んだ兵士たちが掲げた剣のアーチの下を通って城の外へと出て行く。
彼が腰に提げている剣は、伝説の剣グランドリオン。

ふたたび、現代のクロノとマールの結婚式。
新郎と新婦の二人は教会の出口へ歩んでいく。
祝福する人々をかきわけてボッシュも現れ、二人に手を振る。
それに気づいて笑顔で手を振り返す二人。
協会の扉の外へ出ると、たくさんの民衆が祝福のために集まっていた。
二人は顔を見合わせて笑いあい、マールはブーケを投げあげる。
青空には祝いの花火が打ち上げられ、太陽に向かって風船が上がっていく・・・

ロボをミニチュアにしたような小型ロボットといっしょに森を散歩しているルッカ。
ルッカの周りをカシャカシャと歩き回るロボットを楽しそうに見ていたルッカだが、
少しはなれたところからの不思議な光を目にする。
近づいてみると、金色の髪の赤ん坊が木の根元に寝かされており、
その首にかけられたペンダントから光は発せられていた。
見覚えのあるペンダントを持った赤ん坊を見たルッカは微笑んで、
その赤ん坊を抱き上げて一緒に帰っていくのだった。

fin

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水)18:30:57ID:srMsabul0
続いて暗いバージョン

カッ、カッと音をたて、暗闇で振れる時計の振り子

赤と黄の地に黒でワイバーンが描かれたガルディアの紋章が付いている壁。
火の粉が舞う中、その壁に二人の兵士のシルエットが映る。
剣戟の末に片方がもう一人を切り倒してその場を去る。
「1005年、ガルディア王国崩壊」とテロップが出て炎があがり、
赤地に黒でグリフォンが描かれた旗が舞う。

カッ、カッと音をたてて暗闇で振れる時計の振り子

燃え上がる廃墟。横たわる人々の死体。地面に打ち立てられているグランドリオン。
「同年、聖剣グランドリオン消失」とテロップ。
何者かの手がグランドリオンの柄をつかみ、引き抜いて持ち去っていく。

カッ、カッと音をたてて暗闇で振れる時計の振り子

暗転


77 :クロノトリガー(DS):2009/06/01(月) 15:17:09 ID:vOnzJxhbO
リクにあるみたいなんでDSでの追加部分を。
・竜の聖域
原始と中世に存在。
恐竜人が少数隠れ住んでいる。
さまざまなお使いクエストをこなす事で一部キャラ専用アイテム等を入手可能。
・次元のゆがみ
古代、現代、未来に存在。
内部はほぼこれまでのダンジョンの使い回しの前半部と新規の後半部に別れている。
それぞれ最奥にはクロノ、マール、ルッカの影が存在し、それを打ち倒す事で三人のステータスが上昇する。

現代のゆがみにのみ中ボスとして(なぜか)ダルトンが存在し、負けると「パレポリを一大軍事国家にしてやる!」と負け惜しみを吐いて逃げる。(クロノクロスに繋がる?ネタ)

78 :クロノトリガー(DS):2009/06/01(月) 15:47:17 ID:vOnzJxhbO
・夢喰い
3つのゆがみをクリアした後時の最果てに行くと、老人から呼び止められる。
次元のゆがみについて話すと、ラヴォスの日に繋がるバケツの調子がおかしく、
まるで時の闇のはるか彼方から力が流れこんでいるようだ、と言われる。

バケツから時の闇に向かうと、そこに居たのは魔王だった。
「ここにはもうラヴォスはいない。ここは既にラヴォスが倒された未来の時空だ。
俺たちがやつを滅ぼした。」
もっとも、お前たちがやってきた世界で俺たちが手を組んでいたかは知らぬがな、と続ける魔王は
「俺の邪魔はするな」と言い残し一人で夢喰いに挑むべくゲートに飛び込む。

夢喰い(色違いのラヴォス)の上に浮かぶサラを助けようと一人で戦う魔王だが当のサラは
「何もかも消えてしまえばいい…!」
と言う。
ややあって魔王が吹き飛ばされ、夢喰いはクロノ達に牙を剥く。

・追加エンディング
夢喰いに一定のダメージを与えるが、最終的には夢喰いの攻撃で吹き飛ばされるクロノ達。
戻ってきた魔王がサラに必死で呼びかけると、正気が戻ったのかサラが全員を転移させる。
「今のあなた方の力では私を解放する事は不可能です。
いえ、むしろ力に頼っている限りあなた方には世界の絶望も悲しみも癒すことは出来ないのです。
さあ、今は自分の時代に帰りなさい。」

魔王の独白。
俺の力ではどうあってもかなわぬというのか?
ならば、俺に、これからの俺の日々にいったいどんな意味があるというのか…?
いいだろう。ならば俺も全てを投げ出して消え去ってしまうとしよう。
それでも何かが残り、俺という存在が続くならば…
その時こそ新たな何かが生まれ、始まるのだろう。

場所が変わり、森の中を歩く魔王。
「ここは…?うっ…
俺は…俺は、誰なんだ?何も思い出せない…」
「俺にはどうしてもやらなくてはいけないことが…
見つけ出さなくてはならないものがあった…はずだ」
「それを、なんとしても取り戻してみせる。

きっと、な。」

79 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/01(月) 15:56:10 ID:vOnzJxhbO
以上、DS版追加要素でした。
追加エンディングの名前は「夢の終わりしとき」。

クロスに繋がる…のかな?
でもあのキャラは魔王じゃない、って話だし…謎だ。

80 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/01(月) 20:10:50 ID:OI0K+lB+O
あのキャラが魔王かどうかは、公式でもハッキリしてないよ。

最初は魔王と分かるようなイベントが入るはずだったんだけど、仕様の関係でカットになって、特別なイベントの無い他のPCと同じ扱いになった。
ただ、プレイヤーに色々想像してもらいたいという開発側の意向で、あえて魔王だった頃の名残を残してある。

それと、クロスはトリガーの直接的な未来じゃなくて、いくつかあるパラレルワールドの1つという設定だから、追加EDからクロスに繋がるとは限らない。

つまりあのキャラ=魔王なのか、そうじゃないのかはプレイヤーの解釈次第。

81 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/01(月) 21:03:36 ID:vOnzJxhbO
追加エンディングの魔王は書いてある通りトリガーの魔王とは違うよん。
分かりやすく言うと
「トリガーの平行世界でクロノ達と一緒にラヴォスを既に倒した後の魔王」
か。トリガーの未来じゃないのは魔王を仲間にしなくても(殺しても)出てくる事から分かる。

82 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/01(月) 21:37:34 ID:OI0K+lB+O
つまり、こういう事?

・魔王A
本編に出てくる魔王。

・魔王B
追加EDに登場する魔王。
本編のパラレルワールドから来た。
本編の魔王とは別人。

・クロスのあのキャラ
魔王かもしれない?

83 :ゲーム好き名無しさん:2009/06/01(月) 22:05:26 ID:+wMs/WplO
>・クロスのあのキャラ
>魔王かもしれない?

『魔王Bが「全てを投げ出し、消え去って」しまった後にも残り、存在しつづけた何か』
なんじゃね?魔王Bの残り香みたいな存在というか。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー