シャイニング・ウィズダム
>>15-4


4 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2005/05/05(木) 21:49:54 ID:+Bmv/R6Y
シャイニング・ウィズダム

 兵卒の青年マルス。先祖伝来の奥義加速の法を身につけた彼は、ダークエルフの王を倒しに向かう。
倒されたダークエルフの王は「お前の魂も連れていく」とマルスを道連れにする。

 マルスの仲間エルフのカズンが最後に見たものは、マルスを残してくずれてゆく王の間だった。
泣きながら王国に帰ったカズンをみた人々は、「カズン様万歳!」と歓呼する。マルスの死を悲しむカズンの前で、
「新兵のくせに生意気だった。」「そういえばマルスもカズン様といっしょに 地下に行っていたんだっけ? 忘れてた」
と死人にむち打つ王国の人々。きれたカズンは、そのまま王国を去ってしまう。反省する人々。

 場の雰囲気が白けたところで、どっこい生きていたタフな主人公が帰還。歓喜のあまり抱きつく王女。
ここでハッピーエンドかと思いきや。王女を残してあてのない旅に出る主人公。

 人間の汚い二面性に嫌気がさしたとかじゃなく、自分の命を助けるかわりに、誰も知らない場所に幽閉された
グドーの妖精を助けにいくらしい。イバラの道を進むマルスに救いはあるのか……マルスの彷徨いの旅は続く (完)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー