シャイニングフォースネオ
>>14-328~332・370~375


328 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/11(月)23:49:17 ID:ofwG5gKs
シャイニングフォース・ネオ

主要な登場人物

マックス・・本作の主人公。ちなみにマックスという名前
      はシリーズでの初期ネーム
メリル・・・マックスの幼馴染。昔、孤児となったメリルを
      マックスの両親が引き取って育てた
ガイア・・・マックスの父親。グリーンスリーブスという街
      でフォースの団長をしている
グラハム・・マックスの師匠。砦の警護の傍ら、フォース
      見習いのマックスに稽古を付けている
カイン・・・マックスの兄。フォースとして3年前に戦乱の
      鎮圧に向かったきり音信普通


※今作では、フォースは騎士(のようなもの)として認められた
人を指します


329 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/11(月)23:50:45 ID:ofwG5gKs
マックスはフォース見習いとして、日々稽古を付けてきた。
その甲斐あって師匠グラハムにその力を認められ、フォース
認定試験へと推薦される。試験はグリーンスリーブス、
クインシーヌ、ハイアットの3都市にいる聖域警護団長のいずれか
が行うこととなっている。

この3都市は13年前に起こった大戦の根源であるダークキャッスルを
封じる「聖域」の上に作られた街なのだ。

認定試験を受けるため、故郷グリーンスリーブスへ戻ってきたマックスは
幼馴染であるメリルと合流した後、警護団長であり父でもある、
ガイアと手合わせする。マックスは試合に勝ったものの、ガイアは
マックスがフォースとなることを認めなかった。

マックスがフォースを目指す理由が、兄カインの足取りを探すためであること。
また、無意識のうちに手加減をする甘さがあることを見抜いていたのだ。

と、そのとき、突然グリーンスリーブスをモンスター・レギオンが襲った。
レギオンは13年前の大戦で人間側に大きな被害を出したモンスターだ。聖域は
普段立ち入りが禁止されている場所であるが、警護団長であるガイアは
もしものことがあってはと、聖域へと向かった。

マックスとメリルも後を追うが、ダークキャッスルを封じる大結晶が
破壊され、ガイアも謎の仮面の男に倒されてしまう。マックスとメリルは
なんとかレギオンを撃退するが、ガイアはそのまま息を引き取った。
マックスはガイアの持つフォースの証、フォースフレームを受け継いで、
フォースとなって謎の仮面の男の後を追う決意をする。

メリルも「おばあちゃん」と呼び、育ててくれたレベッカばあちゃんの
フォースフレームを受け継いでフォースとなりマックスとともに旅立つ


330 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/11(月)23:52:46 ID:ofwG5gKs
途中、師匠であるグラハムと合流し、キャントール族(犬っぽい概観)の村
であるキャントール村を訪れる。そこでメリルが、どうやらこの村に一時期
居たらしいことが分かる。村長ヨーゼフはほかにも何か知っていそうだが、
それ以上は話さなかった。

一行はキャントール村の近くにあるキャスケード城へと向かった。キャス
ケード城は、マックスの兄であるカインが3年前に足取りを絶ったところ
なのだ。しかし、キャスケード城でマックス一行を出迎えたのは、
謎の仮面の男だった。仮面の男はキャスケード城の戦乱が「月の眷族」
というものたちによって起こされたものであること、13年前の大戦も
「月の眷族」がかかわっていたことを語る。また、メリルに「君は僕と
居るのがふさわしい」と言うが、メリルは強硬に拒否する。

その後、キャントール族のチキティータが加わることとなり、一行は4人
になった。(ここで、プレイヤー+2NPCの構成となる本作では待機者
がでるため、待機場所である本陣が使えるようになる)

第2の聖域を守る街であるクインシーヌへとついた一行は、クインシーヌの
王リーベンハイムに、グリーンスリーブスで起きた事件を説明し、
聖域の警護を固めるように進言する。

リーベンハイム王はクインシーヌ聖域警護団長バロンを伴って聖域の無事
を確認しにいく。マックスとメリルも後についていくが、そこでまたしても
仮面の男が現れ、2つ目の大結晶も破壊されてしまった。


331 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/11(月)23:56:16 ID:ofwG5gKs
残る大結晶はハイアットにある。バロンも一行に加わり、最後の大結晶を
死守するため、ハイアットへと向かうこととなるが、ハイアットへは空路
で行くしかない。定期便の飛空艇は聖域襲撃騒ぎで飛べなくなっており、
いまは飲んだくれになっている先代のクインシーヌ警護団長ライノスが
所有する小型飛空艇が頼りだ。

ライノスをなんとか説得したマックスはライノスの飛空艇で一路ハイアット
を目指すが、途中補給のために降りたヘイルプリズンはモンスターの巣窟
と化していた。

ヘイルプリズンの最下層で人間を極度に毛嫌いする、羽を持つ種族
バードリングの2人をたまたま助け出した一行は、またしても仮面の男と
対峙する。仮面の男はどうやら、このヘイルプリズンに因縁があるようだ。

補給を済ませ、再びハイアットを目指す一行だが、またもや飛空艇の
調子が悪くなり、港町サントバンスへ着陸した。飛空艇がしばらく
修理のため飛べないことが分かり、一行は死者の魂と会話できるという
伝説がある忘却の遺跡を目指す。

マックスは忘却の遺跡でガイアに会い、妙に絡んでくる仮面の男のことに
ついて心当たりを聞き出そうと考えていたのだ。忘却の遺跡の最下層で
マックスは父ガイアと母マリアの声を聞いた。伝説は本当だったのだ。

仮面の男の正体がマックスのもう一人の兄、ヴァンドルフであること。
ヴァンドルフがカインの肉体を乗っ取っていること。両親と兄弟3人は昔、
光の都市・エルノアに住んでいたけど、ヴァンドルフに月の眷族の兆候
が現れ、責任を感じたガイアはヴァンドルフを刃に掛けようとしたが、
出来なかったこと。

そのことにより家族に危害が及ぶことを恐れたガイアはカインとマックスに
強力な記憶の封印を施したため、マックスがヴァンドルフのことを
覚えていないこと、などを話した。

遺跡から出てくると、メリルとライノスが待っていた。二人もだれかと
話したようで、ライノスはなにか吹っ切れたような顔つきで、協力を
申し出てくれたが、メリルは、ちょっと元気が無いように見えたのが
マックスは気にかかった


332 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/11(月)23:58:35 ID:ofwG5gKs
今回はここまで。ちなみにシャイングフォースネオは、ロード後に
これまでの簡単なあらすじがでるので、ストーリーをまとめるには
便利です。

ほんとはプレイの合間があいたときにそれまでの流れを思い出して
貰うためなんでしょうけど

ほかのメーカーも参考にしてほしい・・・


370 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:35:36 ID:aHHfm4Py
一行は飛空艇による旅を再開し、最後の大結晶があるハイアットに
たどり着いた。そこでマックスは、グラハム師匠の娘であり、聖域警護団長
でもあるマリエルの案内によりケイオス国王に謁見し、これまでの経緯と
最後の大結晶を死守しなければならないことを説明する。

ケイオス国王とのやり取りの中でバードリングが危険に晒されていること
を知ったマリエルは、国王の制止を聞かず加勢に行こうとする。マックス
もマリエルに同行することを申し出ることで、マリエルが仲間になる。

バードリングの里に着いた一行は、ヘイルプリズンで助けたクライン、
フレイアと再び出会う。クラインは相変わらず人間を敵視しており、
フレイアと共にその場を去ってしまう。結局、バードリングの2人は
里から離れる気はないとマックスたちの申し出を断ったため、
一行はハイアットへ戻ることにした。

ハイアットへ戻ったマックスたちを待っていたのは、聖域で異変が起きた
という知らせだった。急いで聖域へと駆けつけたマックスたちの前に
またしても仮面の男が立ちふさがった。そこで、自分が都合よくマックス
の前に現れることが出来るのは、メリルの闇の力を使っているからだと
言うが、マックスはそれをデタラメだと否定する。

仮面の男はそれを一笑に付した後、最後の大結晶を破壊し、これでダーク
キャッスルが出現するぞと高笑いをあげ、マックスと共にどこかへ転移した。


371 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:36:19 ID:aHHfm4Py
マックスは夢を見ていた。昔、光の地・エクノアに住んでいた頃の夢だ。
マックス、カイン、ヴァンドルフ。3人は確かに一緒に暮らしていた。しかし
月の眷族の力が3人を引き裂いたのだ。眼を覚ましたマックスは昔エクノア
だった地に立っていた。すると仮面の男が襲い掛かってきた。

苦戦の後、これを退けると仮面の男は突然苦しみ始めた。体を乗っ取られて
いたはずのカインの心が目覚め、ヴァンドルフの動きを封じたのだ。
カインはヴァンドルフの本体が仮面にあることを告げると、マックスは
仮面を切った。ヴァンドルフの支配を脱して心と体を取り戻したカインは
礼をいい、自分もメリルが好きだったことや、フォースとしての重圧に
負け、ヴァンドルフにつけこまれたことを告白する。

しかし、ヴァンドルフを倒したと思ったのもつかのま、ダークキャッスルの
魔力によりカインの体ではなく自身の体を得てヴァンドルフは再び復活した。
復活したヴァンドルフの力は非常に強大で、マックスとカインはなすすべなく
敗れる。マックスだけでも逃げろとヴァンドルフに剣を突き立てた時、飛空艇で
マックス後を追ってきたメリルほか一行はマックスを助け出し、エクノア
を脱出した。

脱出後、マックスが意識を失っていた数日間のうちに、状況は大きく
悪化していた。月の眼と呼ばれる異界とのゲートからレギオンが大量に飛来し、
地上を跋扈しだしていたのだ。13年前の大戦でレギオンに唯一対抗できる
フォースの多くを失った人類の形勢は圧倒的に不利だった。

レベッカはマックスに、ヴァンドルフに対抗するには光の試練を受け、
光の力を持つフォース、シャイニングフォースとならなければ
ならないことを告げる。13年前の大戦ではマックスの両親であるガイア、
マリアも光の試練を受け、最終的にマリアがシャイニングフォースとなって
その力でダークキャッスルを封じたのだ。

(ちなみにこの光の試練からいきなり難易度がハネ上がり、ダンジョンに居る
ゴーレムやデビル、ドラゴンなど一回り大きな雑魚敵に殴られると一発死
したりします。本スレではこれをワンパン(ワンパンチで死亡するため)
と呼んでいます)


372 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:38:12 ID:aHHfm4Py
マックスは光の試練・雷、光の試練・氷と厳しい戦いを勝ち抜きそれぞれの
化身に認められた。しかし、途中でメリルは体調を崩し、寝込んでしまう。
メリル抜きで最後の光の試練・炎に挑んだマックスはそこでも認められ、
ついに、シャイニングフォースとなることができた。

これでヴァンドルフと戦えると思った矢先にヴァンドルフがメリルと共に
光の試練に現れ、メリルは一行から離脱してヴァンドルフについていくと告げた。
メリルに真意を問うマックスだがメリルは答えない。ヴァンドルフは余裕の面持ちで
ダークキャッスルへの転送ゲートを開け、メリルと共に姿を消した。

ヴァンドルフに何か吹き込まれたに違いないと、マックスたちはヴァンドルフ
の居るダークキャッスルへと向かうが、そこでメリルは、自分がキャスケード城主
の娘であり、13年前の大戦は月の眷族の兆候をあらわしたメリルをかばった
キャスケード城主に住民が襲い掛かったのが始まりだったことを告白した。

忘却の遺跡でキャスケード城の城主であった両親の魂から話を聞いたメリルは、
大戦の責任は自分にあると思い、ヴァンドルフと刺し違えるために、ヴァンドルフ
についてきたのだ。

マックスは、責任はメリルではなくヴァンドルフを殺せなかったガイアにあり、
それは家族であるマックス自身の責任でもあると言い、メリル一人で背負うこと
ではないと説得する。マックスの説得が功を奏し、メリルはマックスたちの元へ
かえってくる。

メリルがマックスの元へかえってきたことで、ダークキャッスルの扉の封印は
その力を失い、ついに中心部・ダークセントラルへの道が開けた。


373 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:39:14 ID:aHHfm4Py
ダークセントラルに着くと、ヴァンドルフが「しもべとなるなら生かしてやる」
と持ちかける。しかし、マックスはそんなヴァンドルフを「仲間がほしい、
かまってちゃん」と看過する。痛いところを突かれたヴァンドルフは逆上し、
襲い掛かってくるが、マックス達はこれを返り討ちにする。

手傷を負ったヴァンドルフは最後の切り札として、自らをイケニエとしてダーク
ドラゴンを召喚するため姿を消した。ダークドラゴンが現れたらもはやなすすべ
はないため、それまでに術者であるヴァンドルフを倒すしか術は無いとレベッカ
から言われる。ダークドラゴンが召喚される月の眼の祭壇にて、レギオンと同化した
ヴァンドルフと最後の戦いに挑んだマックス達は、なんとか勝利した。

やっとすべてが終わったと思ったのもつかの間、ヴァンドルフが倒されたことで
月の眼の祭壇が崩れ始めた。このままでは全員死んでしまう、2人だけでもと、
マックスは最後の力を振り絞ってリターンの魔法を唱え、パーティの2人を本陣
へと脱出させた。

(ちなみに最後にリターンを使って他のメンバーだけ脱出させる、というのは
初代シャイニングフォースと同じ)


374 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:40:24 ID:aHHfm4Py
力を使い果たしたマックスは宙を漂っており、あとは死を待つのみであった。
そんなマックスに元の姿となったヴァンドルフが近づいてきたが、マックスは
「お前には月の眷族の力で世界を再建してほしかった」と言った。
ヴァンドルフは「こんな状況になっても他人の心配とはおめでたい奴だ。
だがその思いに免じて、帰してやる」とマックスを地上に転移させた。

そんな人としての優しさを取り戻したヴァンドルフにガイアとマリアの魂が
語りかける。もう一人じゃない、一緒に行こうと。そして、ヴァンドルフの体は
導かれるように月の眼へと吸い込まれた。

地上へと帰ってきたマックスはメリルと共に両親の墓参りをしていた。それを
フードを被ったカインらしき男が見守る。光の力を失ったため、以前ほどの力を
発揮することはできなくなったが、その後もフォースとして人々のために
尽くしたのだった。


375 シャイニングフォース ネオ◆l1l6Ur354A sage 2005/04/15(金)02:44:33 ID:aHHfm4Py
ということで、シャイニングフォース ネオでした。

頭に入れようと思っていた作品紹介を忘れたので最後に。

突如発表されたシャイニングプロジェクトのトリを飾る3作目で、製作は
Dc版ロードス島戦記を開発したネバーランドカンパニー

シャイニングフォースと冠している割には、従来のユニット型SRPGよりも
どちらかというと前作(?)のロードス島戦記や、シャイニングプロジェクト
第2作目のシャイニングティアーズに近い。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー