Another Century's Episode
>>12-590


 

590A.C.E投下sage05/02/2801:04:33ID:VOKe8gBE
戦艦ラーカイラムや機動戦艦ナデシコCが所属するエース部隊、『ロンド・ベル隊』が、多数の難民が乗ったシャトル船団を襲撃、
更に新型の爆弾を使用し、シャトル船団を全滅させ、難民達を虐殺する事件が発生した。
何故、彼らはこのような非人道的テロを起こしたのか?物語はこの不可解な事件の一年前から始まる。

一年前、ロンド・ベル隊の演習中に、地球統一機構(通称UCE。OZやティターンズ等、各作品の地球側勢力をまとめた組織)
の基地が襲撃され、ポセイダル軍によって、5つの機密物資が奪われてしまった。
UCEのトップであるデルマイユ公直々の命令を受け、すぐさま回収に向かうロンド・ベル隊。
しかし、最初の一つを回収したのも束の間、敵の攻撃で機密物資は大爆発を起こす。
幸い爆発が発生したのが深海だった為に被害は抑えられたが、その威力に震撼するロンド・ベル隊の一同。
機密物資の中身はE2と呼ばれる、あらゆるエネルギーに反応し爆発的に増幅させる性質をもつ物質だったのだ。

UCE上層部からE2の回収を命じられたロンド・ベル隊は、UCE内でのOZの台頭に反発したティターンズの離反、
スペースノイドへの弾圧を続けるUCE、それに反旗を翻すコロニー国家群の武装勢力、
独自の戦力を持つ一部勢力(本作ではグラドス軍、ポセイダル軍が異星人ではなく、地球人の一勢力として扱われている)、
異世界バイストン・ウェルから地上に出てきたドレイク軍など、
多数の問題や敵勢力と直面しながらも、仲間と合流しつつ回収任務をこなしていった。

しかし、ドレイク軍と交戦した際に敵から驚くべき真相を告げられる。
E2とは人間のオーラエナジーを結晶化したものであり、UCEとドレイク軍が共同開発した兵器であるというのだ。。

さらにUCE(ティターンズは離反したので中身はほぼOZ)はその技術を独占し、
モビルドールシステムにE2を組み込んだ「強化機体(バンプレストオリジナルメカ)」を作り上げていた。
この強化機体でスペースノイドの不穏勢力を殲滅しようというのだ。
ドレイク軍との戦闘中に次々と打ち上げられていく、強化機体を積んだUCEのシャトル。
ロンド・ベル隊も宇宙へ上がるが、UCEのやり方に反感を覚えたクワトロ・バジーナ=シャア・アズナブルは離反してしまう。

UCEは宇宙の武装勢力だけではなく、全てのスペースノイドに対する弾圧を始めつつあった。
弾圧を目の当たりにしたロンド・ベル隊はUCEと袂を分かち、UCEと宇宙の武装勢力、双方と戦闘を始める。
地上へ戻ると、UCE本部のある地下要塞ジャブローがネオジオン軍の攻撃を受け、音信不通状態に陥っていた。
デルマイユ公を確保し、宇宙への弾圧を中止させる為、ロンドベル隊はジャブローへ向かう。
だがそこへシャア・アズナブルがネオ・ジオン総帥を名乗り出現。残り三機のE2もろともジャブローを爆破。
この爆発でジャブローは消滅するが、デルマイユ公は脱出した。

地上ではティターンズ、グラドスが崩壊し、宇宙ではUCEとポセイダルが最終決戦を行った。
ネオ・ジオンも乱入し、ゼダンの門(UCEの宇宙拠点)に小惑星アクシズを衝突させる。
衝突の余波に巻き込まれてデルマイユ公は死亡、リーダーを失ったUCEは崩壊する。
また、シャアも乗機のサザビーを撃墜されて行方不明となり、ネオ・ジオン軍も活動を停止した。

再編されたUCEは戦争の難民を地球に受け入れる事を宣言。
難民を乗せたシャトル船団が地球へ向かって行く。長い戦争はようやく終わったかに見えた。

しかし、ロンド・ベル隊はシャアの生存と、彼の恐るべき陰謀を知る事になる。
シャトルは無人であり、その内の一つにはジャブローで消滅したと思われていたE2が積んであった。
シャアはE2を大気圏内で爆発させ、地球を寒冷化、人類の住めない環境へと変えようとしていたのだ。
電波妨害によってその事実を地球に知らせる事が出来ず、やむなく単独で船団を迎撃するロンド・ベル隊。
辛くもシャトルの爆破に成功するが、この状況を利用してUCE内での再興を企むOZは真相を公表せず、
再度スペースノイドに対する弾圧を始めると同時に、『難民虐殺事件』の濡れ衣をロンド・ベル隊に着せたのだった。

しかし、シャアが残りのE2を使用する事を恐れたロンド・ベル隊は、自らの濡れ衣を晴らすことよりも、シャアの追跡を優先。
火星に逃げ込んだネオ・ジオン艦隊を追撃し、シャアが搭乗するサザビーを撃破、最後のE2を爆破処理した。

こうして、E2に纏わる事件は幕を下ろしたものの、ロンド・ベル隊は濡れ衣を着せられたまま、
地球圏支配を企むOZに対して単独で戦いを挑む事を決意していた。しかし、EDではその結末は語られず、
これまでの物語を見守ってきた名も無きラーカイラムクルーが、ロンド・ベル隊の勝利を信じている事を語って終わる。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー