スーパーロボット大戦 オリジナルジェネレーション

part12-453~456・462~463・503~505、part28-33・38~41


453 スーパーロボット大戦OG 1/2 sage 05/02/21 13:21:39 ID:MSduzozL
新西暦、宇宙に本格的に進出しながら二つの隕石落下の影響で人々は二十一世紀初頭と同じレベルの生活を送っていた。

新西暦179年、冥王星宙域にて外宇宙船ヒリュウは異星人の物と思われる存在に襲撃を受ける。
艦長ダイテツは艦載機であるジガンスクードを回収し撤退。
また同時期に隕石「メテオ3」と言う隕石が落下。中からEOT(エクストラオーバーテクノロジー…異星人の凄い技術)が発見される。
EOTI機関はこれを分析。責任者のビアン=ゾルダーク博士は異星人の驚異を危惧する。

新西暦185年。地球連合軍伊豆基地に可変型PT(パーソナルトルーパー…人型ロボ)ビルトラプターがテストのために運び込まれ、
キョウスケ=ナンブ少尉の操縦によって飛ぶ。が、基地司令ハンスの謀略により実弾演習をこなした後、無茶な強行変形テスト。
ラプターは大破しキョウスケも重傷を負う。ハンスはこれ幸いとばかりに責任をなすりつけ、キョウスケを左遷した。

北米ラングレー基地に赴任したキョウスケは、ゼンガー=ゾンボルト、エクセレン=ブロウニング、ブルックリン=ラックフィールドからなる
「ATXチーム」に編入される事となる。この前後、キョウスケはアルトアイゼン、エクセレンはヴァイスリッターというPTに乗るようになる。
南極における秘密会談の守備任務を受けたATXチームは、レフィーナ艦長の指揮する戦艦「ヒリュウ改」と合流、南極を目指す。
しかし、南極基地は突然の爆発により消失。ヒリュウ改はラングレー基地へと戻る。なおこの際、魔装機神という謎の人型メカと遭遇している。

ラングレー基地にヒリュウ改が戻ったとき、EOTI機関のビアン=ゾルダーク博士は
「ディパイン=クルセイダーズ(以下DC)」の結成を宣言。
現行の地球連合を倒し、異星人に対抗するため地球圏を纏めようと宣戦布告をおこなう。
ほぼ同時にラングレー他各地の基地はDCと、それに協力するコロニー連合軍の攻撃を受け敗退。ヒリュウ改はシドニーへと逃れた。

しかしシドニー(シドニーは隕石の落下で巨大なクレーターになっている)においてヒリュウは更なる追撃を受ける。
集結していた部隊はほぼ全滅。ゼンガー=ゾンボルトはヒリュウ改を逃すためにグルンガスト零式で、一人敵に立ち向かう。
その敵の中にはかつてゼンガーと同じ部隊「教導隊」に所属していたエルザム=V=ブランシュタインが居た。

454 スーパーロボット大戦OG キョウスケ編 1/2 sage 05/02/21 13:23:18 ID:MSduzozL
シドニーから逃れたヒリュウ改は、ムーンクレイドルへの物資を乗せたシャトルと出会う。
護衛のギリアム=イエーガーとラーダを助け。ヒリュウ改はDCの部隊からこれを護衛する。
しかし、背後からのたった一機の奇襲を受けシャトルは破壊。
奇襲を行った量産機の動きは、ゼンガー=ゾンボルトのそれと酷似していた。

ヒリュウ改は、月の冬眠施設ムーンクレイドルへの物資を積み込み、宇宙へと飛び立つ。
裏切ったゼンガーとの対決、コロニーと地球との関係を冷え込ませた「ホープ事件」を引き起こした忌むべき機体「ジガンスクード」の起動。
新型PT開発計画「SRX計画」の機体との遭遇を経て、ヒリュウ改はムーンクレイドルへとたどり着く。

刻々と悪化する戦況に、ヒリュウ改の艦長レフィーナはコロニー連合軍に占拠された宇宙ステーション「コルムナ」を奪回することを提案、成功させる。
そんな折り、DCに協力するコロニー連合軍の長、マイヤー=V=ブランシュタインが地球降下作戦を開始する事を突き止めたヒリュウ改は、
敵の本拠エルビスを攻撃し奪還。さらにマイヤーの地球降下艦隊に攻撃を仕掛ける。

地球降下艦隊との決戦において、ゼンガー=ゾンボルトは行方不明。マイヤーは死亡する。
ほぼ同時期に地球のDC本部にてビアン=ゾルダークDC総帥も戦死、DCは壊滅した。

その後、キョウスケ、エクセレン、ブリットのATXチームはSRX計画の機体であるR-GUNを日本伊豆基地へと輸送する任務を受ける。
途中、リクセント公国と言う小国を襲っていたDC残党を撃破し、王女シャインを助ける。
シャイン王女を伊豆基地で保護する事になったATXチームは、一路伊豆基地を目指す…。


リュウセイ編もそのうち。

455 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 05/02/21 13:40:28 ID:NEaaYvHu

うまくはしょったね
ただ、隕石落ちたのはシドニーじゃなくてマンハッタン

456 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 05/02/21 14:38:52 ID:MSduzozL
>>455
そうでした。シドニーはガンダムね。

あと ハンス基地司令→ハンス基地司令代理 だったんで修正。

462 スーパーロボット大戦OG リュウセイ編 1/2 sage 05/02/22 17:10:26 ID:qQ+uu49f
新西暦185年にいたるまでの情勢は>>453に準ずる。

物語より少し前、コロニー連合軍のエース、エルザム=V=ブランシュタインは、
PTゲシュペンストMK-2・Mの試験中に正体不明の敵と抗戦する。
虫によく似た姿のその機動兵器は、外宇宙でヒリュウを襲った存在と酷似していた。

新西暦185年東京。ごく普通の青年リュウセイ=ダテは、幼馴染のクスハ=ミズハと共に母の見舞いに訪れていた。
その後二人幕張のゲーム大会に足を運ぶ(このゲーム大会、「半年分の入院費が何とかなる」くらいの賞金が出るらしい)。
ディフェンディングチャンピオンのテンザン=ナカジマが居なかったためか、リュウセイは快勝。

しかしその時、会場の外では軍関係者がゲーム大会のモニターを行っていた。
「資質がある」…責任者らしき男、イングラムはリュウセイをそう評する。

そして、突然襲い来る虫型の機動兵器バグズ。
イングラムはリュウセイの「資質」を見るため無人のゲシュペンストMk-2TTを放置、傍観する。
ゲシュペンストを見つけたリュウセイはクスハを助けるためにこれに搭乗。
ゲームと同じ操作方法である事に驚きながらもゲシュペンストを操り、バグズを撃退する。

イングラムはリュウセイに「PTの無断使用の罪を問われたくなければ軍に入れ」と脅しをかける。
リュウセイの母の入院費を軍が負担する事、クスハに責が及ばない事も条件に出され、リュウセイはこれを承諾した。

リュウセイはライディース=F=ブランシュタイン及びアヤ=コバヤシと「SRXチーム」を組む事になる。
当初は戦いをゲーム感覚で見ていたリュウセイだが、謎の勢力のパイロットとして現れたテンザン=ナカジマとの戦いを経てその重さを認識する。
(余談だが、テンザンはこの後何度もリュウセイ及びキョウスケの両ルートで戦う事になる)

463 スーパーロボット大戦OG リュウセイ編 2/2 sage 05/02/22 17:12:41 ID:qQ+uu49f
しばらくして、SRXチームに南極会談の護衛任務が与えられる。
南極で会談する「エアロゲイター」と地球連合のトップ。
しかし、EOTI機関に所属するシュウ=シラカワが機動兵器「グランゾン」を駆り「エアロゲイター」を攻撃。
南極基地は全滅し、グランゾンは去った。ついでそれを追って「魔装機神」と名乗る謎のメカも現れるが、こちらはシュウを追ってすぐに去る。

その直後、EOTI機関のビアン=ゾルダーク博士がディパインクルセイダーズを名乗り、
異星人を倒すため、現行の地球連合に宣戦布告する。

これに対し地球連合軍伊豆基地は新型戦艦「ハガネ」を投入。DCの本拠に突入作戦を敢行する。
SRXチームはこれに同行。また、看護兵扱いでクスハも乗り込む事に。どうもイングラムの手引きがあったようだ。
魔装機神サイバスターとその繰者マサキとの出会い、ライディースの兄エルザムとの戦い等を経てDC本拠アイドネウス島へと突入する。

DC本部で待ち受けるビアンの究極ロボヴァルシオンと、シュウのグランゾン。
激しい戦いの末破れたビアンは、自分達を倒すほどの力を持つハガネ隊に地球の未来を託し、散った。
シュウは行方をくらまし、マサキはそれを追って去る。DCに協力していたコロニー統合軍もまた破れた。


しばらくして、DCの戦艦クロガネを追っていたハガネは、DC残党の襲撃を受けていたリクセント公国を救助。
王女シャインを伊豆基地で保護するため、ハガネは古巣へと足を向けた…。

503 スーパーロボット大戦OG 共通 1/3 sage 05/02/25 19:24:35 ID:iAsLvnyi
伊豆基地に到着するSRXチームとATXチーム。
SRXチームを束ねるイングラムはATXチームに対し、SRXチームとの模擬戦を行う事を告げる。ただし、実弾で。
リュウセイの乗るR-1とライディースの乗るR-2を強襲するATXチーム。
そしてブリットが攻撃した新型機、グルンガスト弐式には看護兵だったはずのクスハが、イングラムの陰謀により乗り込んでいた。

模擬戦は結局引き分けで終わる。
リュウセイはクスハが新型に乗っている理由をイングラムに問いつめるが、決定事項だとはねつけられてしまった。
どうやら、彼女がリュウセイやアヤなどと同じ「念動力」の資質を持っているのが理由のようなのだが…。

そのころ、宇宙ステーション・コルムナ周辺の「L5宙域」に突然謎の物体が出現。
「ホワイトスター」と名付けられたそれからは、バグズや新型のスパイダーと言った「エアロゲイター」の戦闘メカが姿を現した。
そして、地球圏全体に宣戦布告が成された。

「我が名はレビ=トーラー。地球人共は三十日以内に降伏せよ」
ついに、ビアン=ゾルダークの危惧した異星人の襲来が始まったのである。

しかし、異星人の襲来に対抗するために作られたDCは異星人を無視。
新たなDCのリーダーとなったアードラー=コッホはビアンの理想を受け継がず、たんなる世界征服へと走っていく。
そんな中、DCと内通していた伊豆基地のハンス=ウィーバーがシャイン王女を誘拐し逃亡。
ヒリュウ改とハガネはDC残党掃討の任に付く事となった。

立ちふさがるグルンガスト零式とゼンガーを撃ち貫き、究極ロボヴァルシオンの量産型をうち砕くハガネ。
ゼンガーの言葉によってDCの目標がジュネーブである事を知ったハガネ隊は、全速力で連邦本部のあるジュネーブへ向かった。

504 スーパーロボット大戦OG 共通 2/3 sage 05/02/25 19:25:44 ID:iAsLvnyi
ハガネがジュネーブにたどり着いたとき、すでにそこはDCの攻撃によって壊滅していた。
幾度も戦ったテンザンは、量産型ヴァルシオンに乗ったまま散り、DCはだんだんと不利な状況に追い込まれていく。
しかしDC総帥アードラーは切り札としてシャイン王女の乗ったヴァルシオン改を出撃させる。

未来予知能力をもつシャイン王女をヴァルシオンの特殊なシステムで操り、攻撃を仕掛けるアードラー。
その非道さを見るに見かねたリリー・ユンカース(彼女は元々マイヤーの部下であった)がアードラーの乗る船を攻撃。
その隙に、ハガネ隊のパイロット達はシャイン王女の救出に成功する。
しかし、怒り狂ったアードラーはリリーの乗る船を撃沈。その直後に行方をくらませていたゼンガーが現れた。

ゼンガーは語る。
DC…ビアンとマイヤーの元々の役割は、異星人に対抗する戦力(今回の場合はハガネとヒリュウ改)を戦争によって育て上げるため。
ゼンガーはその思想に賛同し、ハガネとヒリュウの壁となるため、あえてDCに寝返ったのだ。
そして、裏切りの恥を忍んでゼンガーが生き延びた理由はただ一つ。その後にDCの勢力を悪用しようとする者達を倒すためだったのだ。
「我が名はゼンガー=ゾンボルト!悪を断つ剣なり!大儀を失ったDCは零式斬艦刀によって今日この地に潰えるのだッ!」

そして、ゼンガーの言葉通りDCは壊滅。ハガネ隊はジュネーブを奪還する。
だがその直後、今度はエアロゲイターの攻撃機が強襲。
大量のミサイルを空間転移で送り込むと言う攻撃によってジュネーブは完全に殲滅され、ハガネとヒリュウ改は再び伊豆基地に戻る事となる。
なお、この時現れたエアロゲイターの機体から発せられた念動波を、SRXチームのアヤ=コバヤシが関知。
その念動波のパターンは、何故か昔「特異能力研究所」で得られたサンプルデータと酷似していた。

505 スーパーロボット大戦OG 共通 3/3 sage 05/02/25 19:26:48 ID:iAsLvnyi
調査の結果、エアロゲイターの機体から発せられた念動波は、アヤの妹のものである事が判明。
調査を担当したギリアム=イエーガーはエアロゲイターの正体に付いて疑念を持つ。

ある日ハガネは出動命令が下る。
エアロゲイターのバグスやスパイダーといったメカが現れたのだ。
ハガネ隊がそれらを倒した後に、今度は人型の兵器が姿を現す。
エアロゲイターの新しい人型兵器の群れ、それを見たイングラムはSRXチームにある命令を下す。
「パターンOOCを解除せよ」
SRX計画の機体R-1、R-2、R-3は、合体する事により強力なスーパーロボット「SRX」になる事が出来るのだ。
実戦での、いきなりの初合体。「お前達なら出来る」というイングラムの言葉を信じ、リュウセイ、ライ、アヤはパターンOOC、ヴァリアブルフォーメーションを発動する。

しかし、合体は失敗。それを見届けたイングラムは思わぬ行動に出る。
合体に失敗したアヤのR-3を攻撃、撃墜したのである。
イングラムの突然の裏切り。彼は実はエアロゲイター側から送り込まれたスパイであり、合体出来ないSRX――彼にとっての役立たずを切り捨てたのだった。
彼の豹変に怒り狂うリュウセイ。しかしイングラムはそれをあざ笑い、姿を消した。
グルンガスト弐式で出撃していたクスハをさらうという悪趣味なおまけまで付けて。

イングラムに恋心を持っていたアヤは鬱ぎ込み、
クスハに淡い想いを抱いているブリットはリュウセイと衝突する。

そんな中、地球連邦軍は異星人に対抗する一大作戦を決行しようとしていた――。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 18:16:31 ID:j/QF07NF0
スーパーロボット大戦OGが途中までみたいなので、
おおまかにラストまで書いていいですか?

38 :スーパーロボット大戦OG:2007/01/24(水) 19:16:50 ID:NkkWzx3a0
連れ去られたクスハは、イングラムの手でマインドコントロールを施された。
一方、彼の直属の部下であったリュウセイ達SRXチームには出撃禁止措置が掛かる。
そして極東支部で軍の査察を受けることに。

ヒリュウ改は川崎に現れたエアロゲイターの中にクスハの姿を見つけるも、逃がしてしまう。
取調べの真っ最中だったリュウセイは、査察官から自分の母親がT-LINKシステムの開発
を行っていた特脳研に被検体として入所していた事を知り、愕然とする。
リュウセイがR-1のテストパイロットになったのは偶然では無かった。

ギリアムとラーダは、イングラムが残した特脳研のデータを調べた。幾つかのサンプルが
破棄されたことは判明するも、所長のケンゾウ・コバヤシ博士が拘束中の為、詳しい事は
分からない。あえてこちらを助けるヒントを与えているような手口から分るのは、
イングラムが複雑な内面を抱えていると言う事だけだった。

取り調べも終わりリュウセイ、ライ、アヤは解放された。
しかしリュウセイは、『自分はイングラムの手の内で踊っていただけなのか』と落ち込む。
そんな彼をラトゥーニは励ます。

これまでのデータにより、エアロゲイターの目標がヒリュウ改とハガネであることが確信付けられた。
彼らは、単体でも高い戦闘能力を持つものをサンプルにしている。
連邦の主力艦隊を守るべく、異星人に対する一大反抗作戦、
『オペレーションSRW』までエアロゲイターに対する陽動を行う事になった。

39 :スーパーロボット大戦OG :2007/01/24(水) 19:18:30 ID:NkkWzx3a0
そして、ヒリュウ改とハガネの前に、イングラムと洗脳されたクスハが現れる。
ブリットはクスハの救出に成功するが、イングラムはR-GUNを強化した
R-GUNリヴァーレを駆りリュウセイのR-1はピンチに。
しかし、ウラヌス・システムの発動でRシリーズは合体しSRXが誕生。
何とかイングラムを退けることに成功した。イングラムのおかげで合体に成功したようで
複雑な気分になるリュウセイだった。(パーツの損耗などから、当分合体は無理になる)

グランゾンの式典以降放棄されていた南極で不審な動きがあるということで調査に向かう。
そこには、死んだはずのEOT特別審議会メンバーと、イスルギ重工の社長がいた。
彼らは、秘密裏に修復されていたシロガネでホワイトスターに向かい、
エアロゲイターと直接交渉を行おうとしていた。(実際には地球を売り渡すつもりである)
結局、伏兵として潜んでいたヴィレッタの手でシロガネの第一艦橋は破壊されて、
そこに集まっていたEOT特別審議会メンバーや社長は死亡した。
様々な疑問はあるが、今はそれを確かめている暇は無い。
オペレーションSRWの準備が整ったという知らせを受けたハガネとヒリュウ改は、
極東支部に帰還する。
一方、ホワイトスターに帰還したヴィレッタにイングラムは、
「俺のタイムリミットは近い。もし俺が正気を失ったら、お前は俺の与えた任務を遂行しろ」
と告げた。


40 :スーパーロボット大戦OG :2007/01/24(水) 19:21:35 ID:NkkWzx3a0
オペレーションSRWは4つのフェイズで構成されている。
フェイズ1で敵を陽動・撹乱
フェイズ2で核ミサイルによる攻撃
フェイズ2が失敗した場合、フェイズ3で艦隊による直接砲撃を行う。
フェイズ3が失敗した場合、フェイズ4でPT部隊を突入させて中枢を破壊。

ついにオペレーションSRWが始まった。しかし、フェイズ2、フェイズ3が失敗してしまう。
フェイズ4遂行の為、ハガネのトロニウムバスターキャノンでバリヤーの一部を破壊し、
エルザムの持ってきたクロガネで外壁を突破。内部に突入する。
待ち受けていたイングラム、そしてエアロゲイターの首領レビ・トーラーのジュデッカを
打ち破り、作戦は成功したかに思われた。
しかし、ジュデッカを倒したことで最終システムが発動した。

アイドネウス島にあったメテオ3が突然活動を始め、駐留艦隊を飲み込みんで巨大化したのだ。
このメテオ3こそ、エアロゲイターの最終兵器、セプタギンであった。
これは、自己分裂、増殖機能を持つ『ズフィルードクリスタル』で構成されていて、
いずれは地球全体が飲み込まれる事という。
アイドネウス島に降下したハガネとヒリュウ改はこれを撃破し、戦いは終わる。


41 :スーパーロボット大戦OG [:2007/01/24(水) 19:29:42 ID:NkkWzx3a0
『エンディング』
ヴィレッタがギリアムに、イングラムのことを語った。
もともとイングラムは、ホワイトスターの任務実行者として作られた
人造人間アーレフ・バルシェムであり、適当な惑星を見つけた後でメテオ3を落とし、
その惑星の生命体を自らの戦力として取り込むようにプログラムされていた。
しかし、何らかの事故で仮初めの自我を手に入れたイングラムは、正気を保っている内に
自らの手で自分のコピーを造り上げた。それがヴィレッタである。
おかげで彼女には、イングラムと違いジュデッカの精神操作が通用しなかった。
イングラムがヴィレッタに託した使命は、彼の選んだSRXチームと共に地球を守ることだった。


レビ・トーラーをはじめ、ホワイトスターに居たのは、イングラムの手で拉致され
洗脳された地球人や人造人間のみ。本物の異星人は存在しなかった。
イングラム達は、自らの創造主について調べていたが、ホワイトスターを作った者達は
『バルマー』と呼ばれる集団であることは分かったものの、他の事は一切不明だった。
南極に現れたのが彼らと同じ系統の異星人かも分からない。

当分の間SRX計画は凍結され、通常兵器の増強が図られる事に。
Rマシンの修理期間中、SRXチームは休暇をもらった。

クスハは、看護兵になるといってATXチームと共にアメリカへ行った。
リュウセイは、再会を信じ母親の見舞いに行くのだった。


まとめサイトの続きを書いてみました。
以上でSRWOGリュウセイ編はおしまいです。
キョウスケ編もありますが、大筋は似たようなものとなります。違いは、

・クスハを助けたと思ったらエクセレンがさらわれて洗脳されて出てくる。
・SRXに合体できるのが1マップのみ。
・ホワイトスターでエクセレンを解析した結果がOG2の伏線になっている。
ぐらいでしょうか。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー