ストリートファイターIII
part11-436,438~439,443,445~449,451 「ストリートファイターIII -NEW GENERATION-」を詳細に

part34-169~172 「ストリートファイターIII -NEW GENERATION-」「ストリートファイターIII 2nd IMPACT -GIANT ATTACK-」「STREET FIGHTER III 3rd STRIKE -Fight for the Future-」のエンディングのみを簡潔に


436ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 13:02:10ID:sHsOE582
・アレックス編
(バックストーリー)
NYで格闘技のインストラクターをつとめるトムと、その娘パトリシアと3人で
暮らしていたが、トムが金髪をなびかせる謎の格闘家に倒された日からアレックスの
運命が変わった。金髪の男は何者なのか?ストリートファイトとは?…さまざまな
問いを胸に、彼は旅立つ。
(プロフィール)
アメリカ出身、マンハッタン在住の青年格闘家。両親は少年時代に死別。
同居しているトムは父の親友で退役軍人、現在は格闘技ジムを経営しているが、
現在でも米軍屈指の格闘戦のインストラクターとして基地を回っていることが
多い。ちなみに娘のパトリシアは14歳。
(メインストーリー)
トムがやられた「金髪の格闘家」を追い、世界を旅する事となったアレックス。
しかし、初めは敵討ちのようにして始まったが、様様な格闘家と試合をするうちに、
世界の広さ、ストリートファイトの意義などを考えさせられる結果となっていった。
そんなある時、秘密結社の総帥を名乗る男の事を耳にしたアレックスは、その男が
特徴から言って自らの探す「金髪の格闘家」と同一人物ではないか、と思い、単身
その秘密結社に乗り込む事にした。
(エンディング)
トムの敵であるギルを打ち破ったアレックスは、いったんNYに戻る事にした。
無事戻った事を喜ぶパトリシア、一目でその成長振りを見て取るトム。
そして、おもむろにアレックスは切り出す。
「ああ、トム、俺は又行くことにしたぜ。もっともっと、凄い奴らが俺を待ってる
気がするんだ!」
(余談)
ストリートファイター系新シリーズであるストリートファイターIIIの一作目、
アレックスは一応そのシリーズを通しての主人公である。
開発当初は投げキャラではなかったのだが、他に投げキャラがいなかったので
投げキャラにされてしまった。その為かあまり汎用性のあるキャラではなくなり
影の薄い主人公になってしまったのが可哀想。

438ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 13:47:35ID:sHsOE582
・リュウ編
(バックストーリー)
世界各国を流転する孤高の格闘家。そのストイックな姿勢と正義感あふれる性格は
多くの格闘家を魅了し、最強の呼び声も高い。しかし、それに奢る事無く「真の強さ」
を求め、今日も戦いつづける。
(プロフィール)
日本出身。独身。空手ベースの独自の格闘技スタイル。技は基本的に堅実で無駄の無い
動きを好む。
(メインストーリー)
いつものように世界を旅しながら真の強さを求めて戦いに明け暮れていたある日、
親友のケンからの連絡があった。「合わせたい奴がいる」との事で、日本の温泉宿に
合流場所を指定されたため、久々に日本に帰ってくる事となったリュウ。そこで
なかば押し付け気味に弟子のショーンを紹介されたリュウは、時の流れを感じる
とともに、新たな時代の流れを感じ、更なる研鑚の旅へと出る事になった。
(エンディング)
改めて世界の広さを痛感したリュウは、決意も新たにまたその一歩を踏み出す。
「ケンよ、俺は戦いつづける…真の格闘家…本当の強さを求めて…」
「待っておれ、好敵手たちよ!戦おう、この命、尽きるまで!」
(余談)
ある意味何一つ昔から変わらないキャラ。実はストリートファイターIIIの企画
当初はケンも含め出ない予定だったが、それはそれでストリートファイターの
名前を付ける意味が無いので出る事になった。プロデューサーの貞本曰く、
「これまでのものとの変化を比較するためにも残す、例えるなら大きさの比較で
横にタバコを置くようなもの(笑)」

439ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 14:23:21ID:sHsOE582
・ユン&ヤン編
(バックストーリー)
香港では町の若きリーダーとして信頼される双子の兄弟。ある時、自分達の自慢の
クンフーがどれだけ通用するのかを試すために世界を旅する事を決める。
(プロフィール)
香港出身、在住。赤ん坊の時に両親と別れ、名付け親に裏社会の8人のボスを持ち、
上海で菜館を営む祖父の元で育つ。ちなみにフルネームはリー・ユン(ヤン)、スト1
に出てきた李の親戚にあたる。
(エンディング)
香港に帰ってきたリー兄弟。
街のおっちゃん「自慢のクンフー、世界で通じたのかよ!?」
(掛け声とともにおっちゃんの屋台をスケボーで飛び越える2人)
街のおっちゃん 「うわわっ、なにするーっ!」
ユン(ヤン)「世界の壁、おっちゃんの屋台よりは高かったかな。
      俺達のクンフーは最強だぜ!」
(余談)
1stではコンパチキャラの二人、それぞれの個性が出るのは2nd以降となる。
一応性格は両極端、らしいのだが…まぁ使ってる分にはわからない。

443ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 15:46:40ID:sHsOE582
・ダッドリー編
(バックストーリー)
裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたある日、父の事業の失敗により全てを失う。
少年であったダッドリーはプロボクサーとして成功することで全てを取り戻す事を
心に誓った。そして時は流れ、数年後、彼はほぼ全てを取り戻した。只一つ、父の青春と
誇りの象徴であり、現在では世界に数台しか残っていないと言われるあの車を除いて…
(プロフィール)
英国出身、在住。父は元スポーツ選手。完璧主義だが他人には多少甘い。ヘビー級
チャンピオン。
(メインストーリー)
ブラックマーケットに流れたジャガーを探すため、ストリートファイトで情報を集める。
そんな日々が続き、あきらめかけたある日、ある秘密組織にその車を持つ者がいるとの
情報を手に入れた彼は、事の真偽を確かめるべく、その秘密結社へと向かうのだった。
(エンディング)
死闘の末崩れ落ちるギル。潔く敗北を認めると、秘書に車のキーを渡すよう命令する。
投げ捨てるように渡されたそのキーを受け取り、ダッドリーは力強く言った。
「父の車、確かに返してもらった!」
英国に帰り、早速乗ってみることにしたダッドリー。
「すばらしい車だよ!親父。このボディーライン、エンジンの奏でるシンフォニー。
完璧だよ!!」
力みすぎたのか、はめたままのグローブのせいか、妙な音と共に外れるハンドル。
「おっとと」
「心配無用だ!」
何事も無かったかのようにハンドルをはめなおし、彼は朝靄の煙るイギリスの
風景を楽しみながら、車を走らせていった。
(余談)
シークレットファイルによると一応世界王者らしい。所属はWBAF、6回ベルトを防衛して
おり、また、全ての試合でKO勝ちとのこと。あと、英国人なので勝利後に飲むのは当然紅茶。

445ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 16:38:01ID:sHsOE582
・ネクロ編
(バックストーリー)
貧しい寒村に生まれた彼は、ソ連崩壊後、都会で一山当てる事を夢見、村を出てモスクワ
近辺で生活するようになった。そんなある日、秘密結社の人間と接触した彼は力をくれる
と言う甘言に騙され、改造人間として組織の特殊工作員にされてしまった。今日もまた、
彼にとって過酷な一日が始まる。
(プロフィール)
ロシアのとある寒村出身。4人兄弟(3男1女)の三男。本名はイリヤ。
肉体をDNA改造されており、戦闘術も脳に刷り込まれている。
(ストーリー)
一生続くかと思われた闇の中での生活。しかし、ある日そんな闇を払いのけるかのような
指令が降りる。その任務さえ終了すれば、晴れて自由の身だと言うのだ。以前は何とも
思わなかった自由と言う言葉がこんなにも甘美である事に驚きつつ、彼は次のミッション
へと向かう。日のあたらない列車内から、自由の日を思い浮かべて。
(エンディング)
自由になるはずが、なぜこのような羽目に!
彼は憤りの言葉をギルにぶつける。
それを無視するようにギルは言った。
「この施設は今をもって破棄だ!お前にも消えてもらおう。さらばだ!実験体一号、
私の出来そこないのアダムよ!」
ネクロに、またも絶望の闇が襲いかかろうとしたその時、一筋の光が射す。
エフィー「かわいそうなイリヤ、アタシが助けてあげる!」
自爆システムが働き、崩壊する研究所。それを遠目に眺めるように、彼らの乗る
バイクは当ても無く走る。
エフィー 「アタシたちどうなるのかしら…」
ネクロ「さあーなァ、わかんねェのが自由だぜ、そーだろ、エフィー!」

446ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 17:56:28ID:sHsOE582
・いぶき編
(バックストーリー)
とある山間の小さな町、そこは戦国時代から続く「忍びの里」だった。そこに住む者は
全員が忍者で、彼女もまた例外ではなかった。子供の頃はこんな厳しい修行があるのは
私たちだけと言う事を知って不公平だとも感じていたが、今では任務さえあれば
世界中どこへでも行かせてくれるんだから悪くないかな、と思っている。
(プロフィール)
日本出身、在住。年齢は確かではないが高校生との事なので16から8位と思われる。
忍者である事以外はいたって普通のアイドル好きな高校生。
(ストーリー)
今回の任務は謎の組織から「Gファイル」なる資料を奪取する事である。いぶきは、
任務遂行のため、その組織を捜しに奔走(ついでに旅行)するのであった。
(エンディング)
無事に任務を終え、町に戻ったいぶき。しかし、彼女の頭からはギルの放った
最後の台詞が離れずにいた。
ギル「どうやら、私の負けのようだな。約束だ、Gファイルを渡してやろう!だが、
見たところで君たちはおろか誰にも何も出来んよ。私の自信作だ!よく読んで
宿題の手本にでもしてくれたまえ、忍者の学生さん!ハッハハハハッ!」
夕暮れの丘に一人寝転び、その台詞を反芻するように何度も思い出すいぶき。
その時―
いぶき 「はっ、殺気!」
気合と共に閃光のように放たれる苦無、その先には…
早雷(さらい) 「キャー!」
早雷「わーん、もう!何が殺気よ!カバンはズッタズタ!教科書も穴だらけ!どーすんのよ!
いぶき!」
いぶき 「ひーん、ごめんなさい!」
(余談)
いぶきの友達としてEDに出てくる早雷、実はいぶきの決定前のデザインの1つの格好。

447ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 18:17:58ID:sHsOE582
・エレナ編
(バックストーリー)
サバンナの戦士の血を引く部族の精神を忘れないように、という父親の教えで
カポエイラを習得。その一方で、かつてフランスの大学に留学した父親のように
自分も留学生として世界で勉強するのが夢。
(プロフィール)
アフリカ出身。サバンナにある小さな部族の族長の末娘。父は青年時代にフランスに
留学し、博士号も取っているほどのインテリ。
(ストーリー)
いろんな国のいろんな人々に出会い、自分の夢である留学先を決めるため、世界中を
旅して回る。
(エンディング)
いろいろな国を見て回った結果、日本の不思議さに惹かれ留学先とする。
友達も出来て、充実した留学生活を送るエレナであった。
(余談)
じゃあギルと戦う必要ないんじゃない?とか、そもそもいちいちその辺で戦う
(ryとか言いたいことは色々あるけれどもまぁその辺はゲームだからって事で。
エンディングでセーラー服を着ている事から、彼女も実は高校生、下手すると
中学生の可能性もあると思うとちょっと変な感じもしないではない。
ちなみに、開発時にあまりに色の塗りが他と違うために一度消されかけている。

448ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 18:40:22ID:sHsOE582
・オロ編
(バックストーリー)
「何でもできる、仙人に不可能は無い」と言う事なので目指した仙人であったが、
なってみると何もする気が起こらない。何でもできるから、それに対し張り合い
が無いのだ。ある日の事オロはふと思った。それならば弟子でも取ってみるか、と。
自分の事は思いのままだが、他人の事となるとそうも行かないはずだ。久しぶりに
訪れる高揚感と共に、いそいそと住処の洞窟を後にするオロであった。
(プロフィール)
日系人らしいが詳細は不明。140歳。アマゾン奥地のジャングルにある洞窟に住む。
素で相手をすると本気で相手が出来ないため仙術で利き腕を封印している。
(エンディング)
世界を巡ってみても自分を本気にさせるほどの人材には出会えなかったオロ。
しかし、見込みがありそうな人物は見つかった。名前は覚えていないが、鉢巻をした
小僧である。鉢巻の小僧(リュウの事)を思い返し、オロは一人飛行機の上で気をはく。
オロ「待っとれよ、小僧!このワシが、一から鍛え直しちゃるわ!フャフャフャフャァ、
いくぞーぃ、待っちょれよーホォ」
齢140を超え、仙人としてはまだまだ未熟なオロであった。
(余談)
封印されているはずの手だが、振り向き時にはきちんと左右が入れ替わる。
また、設定上では、ご飯を食べる時や寝ている時などは適当に解けたりするらしい。

449ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 20:10:47ID:sHsOE582
・ケン編
(バックストーリー)
同じ師の元で修行した事もあるリュウとは、生涯の友であり、終生のライバル。
子供も出来た今ではかつてのように頻繁に大会に出る事はなくなったが、炎の
闘争心はいまだ衰えを見せない。
(プロフィール)
日本出身、アメリカ西海岸在住。妻のイライザと3歳になる長男メルとの3人暮らし。
今は子供もいるので自由はあまり利かないが、イライザとの約束でリュウの出る
大会には付き合いで出てもいい事になっているらしい。
(ストーリー)
自称一番弟子のショーンを、一体どうやってリュウに押し付けるか考えた結果が、
ショーンに「リュウから一本取るまで帰ってくるな」と言う事だった。
そのため温泉宿にリュウを呼びつけ、ショーンをていの良い荷物持ちとしてここまで
来たのだが…
(エンディング)
自分の息子もストリートファイターにしよう、とは必ずしも思わないが、やはり
全米チャンプの息子としてはある程度の鍛錬も必要だろう、と、ひとりごちたケン。
今日はメルに稽古をつけてやる事にしたようだ。
ケン 「さあ、来い!メル!思いっきりだ!」
風切り音とともに繰り出されたメルのパンチは、的確にケンの急所を捉えた!
ケン 「ぐはっ!」
イライザ 「キャーッ!ケン!」
股間を抑えうずくまるケンと、メルをたしなめるイライザ。とはいえ、ケンも格闘家。
一本は一本である。
ケン 「メル、YOU WIN!」
脂汗を流しながらも、なんとか笑顔を作るケンであった。
(余談)
リュウ編でも書いたが、本来はいなかったかもしれないキャラ。

451ストリートファイターIII(1st)sage05/01/26 20:35:34ID:sHsOE582
・ショーン編
(バックストーリー)
とある大会でケンの試合を見て、押しかけ弟子を決意した熱血少年。モットーは
「今日は負けても明日は勝つ!」夢はオリジナルの必殺技を持つ事だが、いったい
いつになるのかは本人にもわからない。
(プロフィール)
ブラジル出身。祖父は日系人で、礼儀に五月蝿いのはそのためらしい。
アメリカの大学でバスケをやっているそうだが、アメリカには飛び級があるので
一概に何歳とは言えないが、あの様子では飛び級と言う事は無いと思われるため
10代後半から20代前半と言ったところか。
(ストーリー)
ケンのかなり厳しいシゴキ?にも耐え、なんとか認めてもらおうと必死なショーン。
そこで出されたケンの課題は、彼にとっては恐ろしく困難な問題だった…
(エンディング)
ショーン 「うわぁーっ!」
ショーンが最後にケンに出された課題、それは…
「リュウから一本取るまで帰ってくるな」と言うものであった。
ケンにしてみれば単なる冗談まじりの一言だったのかもしれないが、尊敬する
ケンの言葉はショーンには絶対であった。また、リュウもショーンが何かケンに
言われているのは察していたが、根が真面目なため、組み手には手は抜けなかった。
山奥に、ショーンの叫び声がこだまする…
ショーン 「ぐわっ、だめかーっ」
(余談)
設定では、1stの昇竜一家ではショーンが一番背が高い事になっている。とはいえ178
cmだが。また、日本語メッセージには無いが、英語版の辛勝の台詞に、「(前略)一つ!
ダンのようにならない!」という物があり、やはり気にはしているようだ。

169 :ストリートファイターIII:2007/11/06(火) 11:30:35 ID:c935W/6a0
キャラ名の後の数字が何作目かを示しています。
※1 = 初代 2 = 2nd Impact 3 = 3rd Strike

■アレックス [1・2]
トレーナーであるトムの仇・天帝ギルを倒したアレックス。
その足でトムとその娘・パトリシアに会いに行く。
一回り大きくなった彼を見て、トムは満足気に嘆息するのだった。
■アレックス [3]
トムの娘・パトリシアがアレックスとのキャンプの約束にはしゃぐ。
しかしトムの元にはキャンプの約束を撤回する手紙が届いていた。
一撃も返せないとは・・・!リュウの圧倒的な強さを喜ぶアレックス。
目指すものを見つけトムから離れたアレックス。手紙を手に、トムは眩しそうに笑った。

■リュウ [1・2]
日暮れ時、流浪のバックパッカーとしてオークランドを目指すリュウ。
己の足でひた走りながら、死ぬまで最強を目指す事を誓うのだった。
■リュウ [3]
真の格闘家とは?真の強さとは?若い頃はこのような疑問が浮かべば一日中頭から離れなかった。
手を伸ばし舞い落ちる木の葉を掴もうとして失敗する。泰然と笑うリュウ。
今の自分はこの木の葉の行方すら知らない。己の拳を掴むまで・・・闘うだけだ!

■ケン [1・2]
世界一となったケンは、幼い息子のメルとストリートファイトの真似をしてじゃれていた。
よぉしこいメル!思いっきりだ!メル渾身の拳が決まった・・・金的に。
イライザの悲鳴を聞きながら、薄れ行く意識の中でケンは息子の勝ち名乗りを上げるのだった。
■ケン [3]
全米トーナメントを三連覇したケン。イライザ、メル、ショーンも大喜び。
ほらショーン、これが欲しかったんだろ?やるよ!朗らかな顔でショーンにトロフィーを渡すケン。
泣き咽ぶショーン。そ、そういう意味じゃないっすよ~~~!

■ユン・ヤン [1・2]
ギルを倒し故郷を救ったリー兄弟。幼馴染の少女ホイメイとその父親が二人を茶化す。
憎まれ口を返す二人だったが、傷だらけのその表情は晴れやかだった。
世界の壁、おっちゃんの屋台よりは高かったかな!
■ユン [3]
ギルを倒したユン。しかしギルは不敵に笑う。褒美だ。君らの街は任せてやろう。
寝ぼけんな!お前らの計画を止めろ!ギルの目はユンを見ていなかった。
全てはこの星を襲う逃れ得ぬ運命。君達がどうやって破滅の運命を生き抜くか、私は見届けよう・・・。
■ヤン [3]
ギルを倒し故郷を救ったヤン。しかし彼の思い人・ホイメイはユンの事が好きなのだった。
あぁ・・・敵わないよなぁ・・・。寂しそうに佇むヤンの腕に抱きつく人影。
振り向けば、ホイメイの妹・シャオメイがヤンに笑いかけていた。

170 :ストリートファイターIII:2007/11/06(火) 11:32:00 ID:c935W/6a0
■いぶき [1・2]
ギルを倒しGファイルを奪取したものの、余りに高度な内容は彼女らの手には負えなかった。
茜空の下、沈み込むいぶき。迎えに来た友達に条件反射でクナイを投げつけてしまう。
怒られながら駆け出すその顔は少女のものに戻っていた。
■いぶき [3]
里の卒業試験に合格したいぶきは、晴れて大学に入学しキャンパスライフを手に入れた。
今日からは普通の女の子なんだわ・・・!ハンサムな先輩のサークル勧誘にときめくいぶき。
凧による潜入訓練。水遁の術。耐拷問訓練。忍者サークルは楽しいねぇ!
いぶきの首に刃物をつきつけ微笑むハンサム先輩。・・・あれ?こんな・・・はずじゃ・・・。

■エレナ [1・2]
日本。桜の坂道を自転車で駆け下りるエレナ。お父さん、お母さん、日本は素晴らしい所です。
友達の気持ちはどこの国でも変わる事はありません。エレナー!スピード出しすぎて危ないわよー!
ヘーキ!友達のナルちゃん。いつか日本の友達のみんなにもサバンナの友達を見せたいな・・・。
■エレナ [3]
ナルちゃんお元気ですか?フランスはとても素晴らしい所です。
ナルちゃんを思うと日本のお祭りを思い出します。いつか私の家族にも会ってほしいです。
親友への手紙を書き終えたエレナはカフェを出て優雅にストリートを歩き出した。

■ショーン [1・2]
リュウに挑むショーン。挑んでは倒され、挑んでは倒され。ケンの言葉が脳裏を走る。
いいなショーン。リュウからダウンを奪うまで決して帰ってくるんじゃないぞ。じゃ、俺帰るから。あとよろしく。
ショーンの猛烈な熱意にたじろぐリュウ。燃え上がるショーン。チェストーッ!!
しかし決定的な実力差は如何ともしがたく、結局倒されるのはショーンなのだった・・・。
■ショーン [3]
うおお、遂に俺が全米チャンピオンに!やった!俺はやったぞーーー!
・・・おい!しっかりしろ!仇は俺が取ってやるからな!ケンの呼び声に目を覚ますショーン。
全ては予選でKOされ失神している間に見ている夢だったのだ。畜生、勝ちてぇよぉ・・・。

■オロ [1・2]
どいつもこいつも根性がにゃい!見込みがありそうなのは・・・。
リュウの顔を思い浮かべるオロ。にゃはは!待っとれよ小僧!
ジャンボジェットの上に立ちながら、オロは嬉しそうに笑っていた。
■オロ [3]
50年ぶりの修行に励むオロ。原因は分かっている。リュウだ。
彼に会うと何故か血が昂ぶり出す。封印した片手。思いっきり両手を使える相手に育つといいがのう。
遠く離れた地でオロの気を察知するリュウ。仙人は呟く。ま、あと15年って所かのう・・・。

■ネクロ [1・2]
だましやがったな・・・!強化人間ネクロは組織には用済みの失敗作だった。
施設ごと爆破されそうになったネクロを、同じ強化人間の少女・エフィーが救い出す。
バイクで明日をもしれない逃走を始めた二人。二人は自由に輝いていた。
■ネクロ [3]
組織の追っ手に追い詰められ、列車から振り落とされるエフィー。
必死で手を伸ばすネクロは、この時初めて改造された体に感謝した。
エフィーの手をしっかりと握り締めるネクロ。二人はいつまでも一緒なのだ。

171 :ストリートファイターIII:2007/11/06(火) 11:33:52 ID:c935W/6a0
■ダッドリー [1・2]
私の勝ちだ。父の車を返してもらおうか。
ギルから見事父の形見を取り返したダッドリー。おやじ、この車は最高だよ!
亡き父の思い出と共に、グローブのまま車を走らせるのだった。
■ダッドリー [3]
父の残してくれたこの薔薇園は素晴らしい。私の心を癒してくれる・・・。
陶酔に浸るダッドリーに執事が告げる。今日の王室御前試合は5時からでございます。
何!それを早く言え!もう2時ではないか!急いで戻るぞ!
3時間もあるのに何を馬鹿なと思うプレイヤーを尻目に上空視点へズームアウトしていく画面。
薔薇園は超巨大な迷路であり、ダッドリーは出口とは程遠い中心部にいたのだった。

■ユリアン [2]
ギルを倒し組織の総統となったユリアン。しかし頂点に立ったと思っていた彼に意外な言葉が告げられる。
天帝に会って下さいませ。この組織は全て紀元前から天帝のために存在しているのです。
天帝に謁見し愕然とするユリアン。天帝はギルだった。全てはギルの掌の上の出来事にすぎなかった・・・。
■ユリアン [3]
憎むべき実兄・ギルを倒したユリアン。カプセルの中に眠るギルを嘲笑し、施設の自爆装置を起動させる。
双子の弟である彼にはDNA認証をクリアするなど造作もない事だった。
組織の数千年に渡る遺産など、自分では何もできぬ弱者の証!全能なる余には必要ない!
本日をもって定める!A.U(アフター・ユリアン)元年と!

■ヒューゴー [2]
ライバルを叩き伏せたヒューゴー。(リュウ、エレナ、ネクロ、ギルの内からランダム)
最高のパートナーを見つけたヒューゴーはタッグトーナメントに殴りこみ、向かう所敵無しの快進撃を見せるのだった。
■ヒューゴー [3]
倒したストリートファイターを仲間に引き入れ、プロレス新団体を立ち上げるヒューゴー。
迷惑そうなメンバーの中で、なぜかリュウだけは晴れやかな笑顔で観客に手を振っている。
俺らに挑戦する奴は名乗りを挙げな!プロレス界は貰ったぜ!

■春麗 [3]
秘密組織を壊滅させ、さらわれていた子供たちを救い出した春麗。
少女の小さな手を取った春麗は、かつて正義のために殉職した父親の心を理解した。
この拳は未来のために!子供達に受け継ぐために!春麗は決意も新たに拳の道を歩み出すのだった。

■レミー [3]
氷漬けの姉の遺体のある場所へ泳いでいくレミー。自分達を捨て、家族を不幸にした格闘家の父。
憎んだ。全てを憎み、唯一の拠り所として姉の遺体を守り続けた。
でも。このままじゃ何も変わらない。だから。忘れる事にするよ。さよなら、姉さん・・・。
海溝へと沈んでいく姉の遺体。歪な愛と復讐心に別れを告げ、レミーは光の差す方へ泳ぎ始めた。

172 :ストリートファイターIII:2007/11/06(火) 11:38:20 ID:c935W/6a0
■まこと [3]
父の遺志を継ぎ世界一となった事で、見事に竜胆館を復興させたまこと。
連日連夜居並ぶ挑戦者に対し、マネジメントを勤めるのはまことの兄。
家族一丸となって竜胆館は今日も最強の看板を掲げるのだった。

■Q [3]
全世界で発生する猟奇事件。国際警察は遂にその共通項を見つけ出す。
仮面の男。現場のあらゆるフィルムにその仮面の男が映っているのだった。
そんな馬鹿な?事件は全世界に跨っているというのに。
各国へシークレットの伝令を送れ!恐慌をきたす一同を嘲笑うかの如く、Qの影が怪しく伸びる・・・。

■12 [3]
戦闘データ徴収完了。記憶リセット完了。コンディション・オールグリーン。
記憶を奪われ、戦いのみを繰り返す戦闘人形。満足そうに笑うドクター。
どんな夢を見るのじゃ?何を思うのじゃ?自我も持たずに戦い続ける、我らが道具の戦闘人形・・・。
醜く笑うドクター。その時、光を持たないはずのトゥエルヴの瞳が、獣のように見開かれた。

■豪鬼 [2]
満月の夜、豪鬼はオーストラリア・エアーズロックの上にいた。
拳を振り下ろす豪鬼。両断されるエアーズロック。金剛国裂斬!
我が拳には天が宿る。人よ命よ。我が拳に全ての始まりを見るがいい。
■豪鬼 [3]
はるか深海を航行する潜水艦。突如ソナーが何者かの接近を察知する。
何かが急接近している!一体何だ!何が起こっている!
瞬間、鬼の拳が深海を割り、潜水艦はあえなく両断された。天衝海礫刃!
海中である事すら厭わない豪鬼の力は、既に人の範疇には無かった。

■ギル [2]
運命の日が迫っている。7つに分かたれた暗黒の月が降り注ぎ、大地は嘆きと破壊に覆われるだろう。
人々は苦難の日々を余儀なくされる。だが案ずる事は無い。133日の後に、元素を操る少年が生まれ、人々を救うだろう。
-預言書より-
■ギル [3]
ギルの前に敗れ去るアレックス。闘志を剥きだすアレックスに、ギルは穏やかに手を差し伸べる。
ギルの神格に包まれ、アレックスの心から闘争心が消えていく。いつしか体はギルと同じ二面の体に変わっていた。
ギルの元に集う人類。豪鬼ですらがギルの言葉を待っている。救いのときは来たれり。
ギルの導きの元、海が二つに割れ、大地に光が差していく。
天帝の計画は極点に達し、人類は今まさにギルの作った理想の楽園に補完されようとしていた・・・。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー