テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョン

 

・要約版:要約スレpart2-868,871,875

 

・詳細版:part7-407~419,421~422


868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 12:31:37 ID:qCZLQR0J0
テイルズオブファンタジア なりきりだんじょん
プレイヤーであるあなたが拾った双子の赤ん坊ディオとメルは成長するも、
本当の自分が無いのでもう少し経つと消滅してしまうと精霊ノルンが言うので、精霊の試練を受けることに
時空を越え、ダオスを倒した勇者達からの話、ダオスの話などを聞き、精霊の試練を終える

しかし本当の試練はこれからだった、明らかになっていく双子の過去
戦争状態にあった二つの小国は大国の王ダオスの調停を無視
敗戦の色濃い国で、ディオスは将軍である養父の命により、
双子で科学者のメルティアが探究心と好奇心から作りあげた魔科学兵器を発動させ、
二つの国は消滅、世界のマナは急速に失われ、大樹カーラーンは枯れた

ダオスの尽力により、カーラーンは復活、同時にカーラーンの精霊でラタトスクの隠し子ことノルンも復活
しかし人間の業を見たノルンは、人の本質は善か悪かを見定めるために、
いわば親となったマーテルの世界で、双子の魂を転生させたのだった

心を鍛え、自分達の王であるダオスの残留思念と邂逅し、自分というものを持った双子
それでも双子は過去に縛られた自分と向き合い消すのではなく受け止め同化
それは過去に起きた死亡という事実を受け入れることでもある、あなたにありがとうと残し双子は消えた

あなたは双子の赤ん坊を拾う、それは懐かしい面影を持つ双子

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 19:51:09 ID:L7EouQ5Q0
>>868
ラタトスクとかの設定はこの時既にあったんだな 乙

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 00:00:46 ID:ZwUIKelK0
>>871
ゴメン、勝手に追加してたw


407 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:16 ID:7OCPgOTz
1
星が降るようなきれいな空の夜。
空から本当に降った星を見に行ったあなたは、そこで双子の赤ちゃんを見つけます。
あなたは色々と手を尽くして捜しましたが、二人の親は見つかりませんでした。
あなたは二人の面倒を見ることを決め、女の子に『メル』、男の子に『ディオ』と名付けるのでした。

2
~アセリア暦4408年~
13年の月日が流れた二人はすくすくと成長しました。
彼らは、他の人には無い特別な力を持っていたのです。
それは、コスチュームを着ることによって潜在能力を高め、そのものになりきる力、『なりきり師』と呼ばれるもの。
彼らはその力を用いて、他人の手伝いを仕事としていました。

ある日、ディオは山で変わった動物を拾ってきました。
「クルール!クルール!」
星のしるしのついたこの動物は、その鳴き声から『クルール』と名付けられました。

彼らが出かけようとしたとき、突然翼を持つ女性が現れました。
「私は、ノルン・・・あなた達は、黒き運命と共に生まれました・・・」
彼らが生まれながらに罪を背負った存在であると言うノルン。
彼女は『塔』の上にいるという時空戦士の一人と会え、と言い残し消えました。


408 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:18 ID:7OCPgOTz
3
「ふっふっふ、よくぞ来た・・・あたしが、この塔の、主じゃ!・・・なんちゃって!」
『魔女っ娘の塔』の最上階にいたのは時空戦士の一人、アーチェ・クライン。そこに再びノルンが現れます。
12の精霊による『精霊の試練』、ノルンはそれを彼らに受けさせるため協力してほしいとアーチェに頼みます。
アーチェはディオたちと戦いその力を試し、彼らの強さを認めノルンに力を貸しました。

アーチェの力により、ディオたちの家『なりきりハウス』の絵画の一つ、太陽の絵に別の時空へのゲートが宿りました。
ディオたちは、最初に待つ風の精霊シルフを探しに旅立つのでした。

4
~アセリア暦4203年~
ユーグリッド村でディオたちは時空戦士の一人、クラース・F・レスターに出会います。
そこにノルンが現れ、ディオたちの背負う罪についてクラースだけに話します。
「・・・信じられん。あまりにも・・・惨い」

クラースは、時空戦士と魔王ダオスとの戦い、『ダオス戦役』の後世での歪められた伝承を聞き、
ディオたちがいずれ会うであろうクレスに『ダオス戦役』の真実を聞くようにディオたちに言いました。
そして風の谷の入り口を開く風の紋章を渡してくれました。


409 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:20 ID:7OCPgOTz
5
風の谷の最下層でディオたちは風の精霊シルフと出会い、力を示します。
シルフは、なりきり師の本当の力はコスチュームにでは無く、ディオたちの心の中にある、と語ります。
「これから出会うであろう精霊達は・・・様々な『気持ち』『心』について、語るでしょう」
シルフは風の心、『自由な心』をディオたちに渡してくれました。

6
炎の洞窟で炎の精霊イフリートから『闘魂』を、
水の洞窟で水の精霊ウンディーネから『平常心』を、
そして大地の洞窟では地の精霊ノームから『感謝の気持ち』を学んだディオたち。

この時代の全ての精霊の試練を乗り越えたディオたちは、クラースの力を借り、
星の絵から地水火風の精霊を統率する精霊マクスウェルを探しに別の時代へ旅立つのでした。


410 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:21 ID:7OCPgOTz
7
~アセリア暦4306年~
村の壊滅から2年が過ぎ、復興しつつあるトーティス。
そこで、ディオたちは時空戦士の一人、チェスター・バークライトに出会います。
そこにノルンが現れ、ディオたちを導くよう願います。

「奴らは・・・傷だらけだ。・・・何より、『心』ってやつが・・・な」
チェスターは、戦争で親を失った子供の世話をしていました。
犯罪に走り、それを自分のせいでは無いと甘える子供を増やさないためだと語ります。
そして、クレスは留守だから先に精霊の試練を受けて来いと、不思議な塔の入り口を開く不思議な壺を渡してくれました。

8
不思議な塔の最上階でディオたちは分子の精霊マクスウェルと出会い、力を示します。
マクスウェルは『探究心』をディオたちに渡してくれました。

そして、時空を超えてやってきたディオたちに、時空のあり方について話をします。
例えば、転んで怪我をした昨日の自分に注意するようにと時を遡ると、怪我をして注意しに来た自分は存在しなくなる。
つまり、たとえ時を遡っても決定されている結果は覆すことはできない、と言うことをディオたちに教えました。
「・・・さてと、わしの講義はこれにて、おしまいじゃ」


411 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:23 ID:7OCPgOTz
9
トーティス村に戻ると、チェスターが2人が帰ってきたことを教えてくれます。
教会で時空戦士の一人、ミント・アドネードに出会います。
そこに現れたノルンに『大法術師』と呼ばれた彼女の瞳には悲しみの色が浮かんでいました。
「私は、体を癒す力を、持っています。・・・でも、人の心は癒せるのでしょうか?」
自分の無力さを感じるミントをノルンは諭します。
一人の人間ができる事には限りがあるが、みんなで協力することで大きなことができる。
何より、あなたの微笑みが陰ってしまったら、多くの人が悲しむ、と。
「それに・・・そろそろ、あなた自身の幸せに気付いてもいいころですね。それは、意外と、近くにあるのかもしれませんよ」

ノルンに励まされたミントは、ディオたちに光の精霊に会うための合言葉を伝えました。

10
剣術道場で時空戦士の一人、クレス・アルベインに会うことができました。
そこにノルンが現れ、『ダオス戦役』について、
ダオスが何のために戦争を起こし、何を求めていたのかディオたちに教えてほしいと頼みます。

ダオスの目的は、魔科学を滅ぼすこと、
そして、枯れてしまったダオスの母星の世界樹を救うための『大いなる実り』を手に入れることだった。
彼は、自分の星を救うために戦っていた、と。
「ダオスの星で、救いを待っていた人たち・・・僕たちは、彼らにとって希望を打ち砕く存在、『悪者』だったんじゃ無いかって思うよ」

話の後、クレスはディオたちに、悪魔の塔に入るために必要な映らない鏡を渡してくれました。


412 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:24 ID:7OCPgOTz
11
古代遺跡で光の精霊アスカから『挑戦する心』を、
悪魔の塔では魔界の精霊グレムリンレアから、善い心と表裏一体である『悪い心』を学んだディオたち。

なりきりハウスに戻ってきたディオたちの前におかしな仮面を被った男が現れます。
「人の存在こそが『悪』そのものなのだ!悪を嫌うのならば人であることをやめてしまえ!」
どこかで聞いたような声を張り上げ、男は消えました。

12
12星座の塔で月の精霊ルナから『悩む気持ち』を学んだディオたち。

この時代の全ての精霊の試練を乗り越えたディオたちは、クレスたちの力を借り、
月の絵から雷の精霊ヴォルトを探しに、さらに別の時代へ旅立つのでした。


413 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:26 ID:7OCPgOTz
13
~アセリア暦4354年~
忍の里で最後の時空戦士、藤林すずに出会ったディオたち。
背後への出現を読んでいたすずの鋭さにノルンは焦りつつも、ディオたちに協力して欲しいと頼みます。
すずは、忍の掟に縛られ心を閉ざしていたこと、そしてクレスたちに出会って人の心を知ったことを話します。
「人は、他の人との出会いや別れを繰り返して・・・大人になってゆくものなのですね・・・」
そして、電気の洞窟の扉を開くための合言葉を教えてくれました。

ディオたちが部屋を出ようとした時、すずがクルールを呼び止めました。
「あなたは・・・何が、目的ですか・・・?」
「ウキュ・・・?」
すずは何かを悟ったのか、それ以上問いかけはしませんでした。

14
電気の洞窟で雷の精霊ヴォルトから『創意工夫』を、
闇の洞窟では闇の精霊シャドウから『心のバランス』を学んだディオたち。

なりきりハウスに戻ってきたディオたちの前に再び仮面の男が現れます。
「光あるところに常に闇はある!無理に闇の心を封じた心は歪んだ心だ!人の本質は『闇』だ!」
男はどこかに消えました。


414 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:28 ID:7OCPgOTz
15
すずから精霊の森の扉を開く合言葉を聞いたディオたち。
精霊の森で根源の精霊オリジンから『無心』を、
そして魔王の洞窟では魔界の王プルートから『恐怖』と『欲望』を学んだディオたち。
プルートは『恐怖』と『欲望』に支配されるのではなく、それを自らの生きる力の源にせよと教えます。

しかし、三度現れた仮面の男はそれを否定します。
「既に、人の心には欲望が溢れている・・・『愛情』ですらお互いを満足させるための『損得関係』でしかない!」
男は、ディオたちがいずれ『からっぽの世界』に堕ちると言い消えました。

16
浮かない顔のディオたちの前にノルンが現れます。
「12の精霊による試練は、終わりました。・・・さあ、行きましょう」

~アセリア暦4408年~
『精霊の試練』を乗り越えたディオたちをアーチェが出迎え、にぎやかに祝福しました。
こうしてひとつの冒険が終わったのです・・・


415 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 15:30 ID:7OCPgOTz
17
数日後、ディオたちの前にノルンが現れます。
ノルンはディオたちに、心を授かったことで何かを考え、その答えが出たかどうか問います。
自分が何のために存在し、何を目指しているのか・・・
ディオたちに、まだ乗り越えなくてはならない試練があると言い、地震とともにヴァルハラ町の東に『カオスの洞窟』が出現しました。
「そこで、あなた方を待ち受けるのは・・・あなた方自身の目で、確かめなさい・・・」

18
カオスの洞窟の入り口で、あの仮面の男が現れます。
仮面を外した男の顔は、ディオにそっくりでした。さらに、メルにそっくりな女性も現れます。
「俺たちこそが、『本当の自分』なんだ!偽者め!俺たちが、消し去ってやる!」

気がつくと、そこはなりきりハウスでした。
ノルンは今のディオたちを『心が分離した不完全な存在』と言います。
ノルンは、雲の絵に暗黒時空へのゲートを宿らせ、そこでディオたちの過去の罪を知るように言います。
「未来は、『可能性』の糸を紡いだ、布。あなたたちが、どの未来へと辿り着くかは・・・私には、分かりません」
ディオたちは暗黒時空へ旅立っていきました。


416 TOPなりきりダンジョンなんか暫く書き込めなかったな・・・sage 04/04/30 16:15ID:7OCPgOTz
19
~暗黒時空~
炎の国ムスペルヘイムでフラムベルクを倒したディオたちは、過去の記憶を垣間見ます。

科学者メルティア=バンディはマナを源とした新たな力、魔科学の研究員。
同僚の研究員が、魔科学のあまりにも大きな力に、人間がこんな力を持っていいものかとメルティアに聞きます。
「その、『結果』が目的では無くて・・・研究することそのものに意味があるの・・・」
研究員は、破滅の予感がする・・・と呟きました。

――情熱・・・純粋がうえに、強い力となる・・・また、純粋がうえに・・・脆くて、弱い・・・――

20
氷の国ニブルヘイムでフェンビーストを倒したディオたちは、過去の記憶を垣間見ます。

軍隊所属のディオス=バンディはパレスグドラの軍人として、隣国パレスセダムとの民族紛争に身を投じていました。
ディオスはダオスの国の使いからの双方の停戦の要求を伝えるも、上司は使いを殺して送り返せと命令します。
両国をまとめて壊滅させられるほどの大国に楯突くのは得策ではない、とディオスは意見しますが、
「幼いお前たちを、拾って救ったのは誰だと、思っているのだ!?ならば、その命・・・我が国に、捧げるべきであろう!」
上司・・・養父バンディ将軍は聞く耳を持ちませんでした。

――どこかに、歪みが生じたときそれは、炎となる・・・戦争の始まりだよ――


417 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 16:17 ID:7OCPgOTz
21
巨人の国ヨツンヘイムでイシュラントを倒したディオたちは、過去の記憶を垣間見ます。

壊滅状態の城の中で、ディオスは瀕死のバンディ将軍に最後の命令を受けます。
研究室に向かったディオスは、そこで血まみれになったメルティアを見つけます。
「ディオス・・・私・・・何の・・・為に・・・分からな・・・ううっ・・・」
そしてメルティアは事切れました。
ディオスは最後の命令、『魔科学兵器の発動』を実行します。
魔科学兵器の蒼き光は、敵・味方・兵士・民間人の区別無く15万余りの人を消し去り、そして・・・
「何ということだ・・・大樹カーラーンが・・・枯れる・・・」

――生きることは、選ぶことの繰り返しだ。その選択が、誤りだったときに・・・お前たちは、どうするのだ?――

22
小人の国ニダヴェリールでジェストーナを倒したディオたちは、過去の記憶を垣間見ます。

ディオスとメルティアに、大樹カーラーンの番人ノルンが語りかけます。
あなたたちは罰を受けなくてはいけない、と。
2人の時を子供に戻し、記憶を全て奪い、異なる時空でもう一度やり直させる。
もし、2人が再び同じ過ちを犯すことになるなら、自分が2人の命を絶つ・・・と。

そして、ダオスは母星デリス=カーラーンを救うため、大いなる実りを求め遥かな場所へ翔びました。
「急がねば、ならぬ・・・全てが滅びる前に・・・」

――死んでしまえば、それきりなんだ。後のことなんて、どうなったって構わないさ・・・お前らも、そう思うだろう?――


418 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 16:19 ID:7OCPgOTz
23
死の国ヘルでビッグアイを倒したディオたちは、過去の記憶を垣間見ます。

惑星アセリアで、ついにユグドラシルと呼ばれる世界樹を見つけたダオス。
しかし、ここでも魔科学によってマナが枯渇しようとしていました。
『壊せ・・・破壊せよ・・・魔科学を、破壊せよ・・・魔科学に関わる者たちを、根絶やしにせよ・・・』
ダオスの脳裏に何者かの声が響きます。
「もう一つの私・・・我が、内なる声・・・我に潜む、悪魔の声・・・」

――二人乗っていれば、確実に沈没してしまう舟・・・お前と、誰かが、それに乗っているとしたら、どうする?――

24
天界への虹ビフレストの最下層、そこにはダオスが待っていました。
「・・・来たか。我が、民よ。驚くことは無い・・・デリス=カーラーンの民よ・・・」
自分は実体の無い幻だと言うダオス。
彼は、過去の過ちを正すと言うディオたちの力を見定めるため、ディオたちと戦います。

力を示したディオたちにダオスは語ります。
「この世に『悪』と呼べるものがあるとすれば・・・それは、人の心だ。
 そして、最も恐るべきもの、勝たなければならない敵・・・それが・・・自分の心だ」
ディオたちは自分から分かれた、自分の心と向き合っている。
それを消し去るのではなく、自分と認め制御せよ、と。
ダオスは、最後の試練に旅立つ2人を見送りました。


419 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 16:21 ID:7OCPgOTz
25
~アセリア暦4408年~
カオスの洞窟の奥深くの魔鏡の間。そこに置かれた魔鏡が、時空戦士たちの心の中を映し出します。
そして、それを否定するディオスとメルティアの声。

妹アミィのために、彼女の誕生日の時期に花が咲く樹を植えたチェスター。だが、彼女の誕生日は二度と来なかった。
「花が咲いても・・・アミィは・・・いない・・・」
――死んだ妹の代わりに、たくさんの子供の世話をする・・・それは、他人のため?・・・それとも、自分のため・・・?――

嫌っていたはずの父と、自分が似てきたということを助手ミラルドに語るクラース。
「流石は、私の研究パートナー・・・いや、人生のパートナーと言うべきかな?」
――それも、親子の『絆』・・・しかし・・・親を知らない者は、何を愛すればいい?何を憎めばいい?――

長寿の種族、ハーフエルフ故に、大切な人たちに先立たれてしまうアーチェの悲しみ。
「チェスター・・・あんたともう一度、ケンカしたいよ・・・」
――心を重ねることが多いほど・・・それらは、後で辛い想いとなってしまう・・・ならば・・・初めからそんなものは無ければいい・・・――

忍の掟に従い、洗脳された父と母を手にかけたすず。
「父上!母上!お覚悟!」
――あなたの本当の心は、まだ闇の中・・・誰にも見せない・・・誰も知らない・・・恐らく・・・自分自身にも分からない・・・――

ノルンに、みんなで協力すれば大きなことができると教えられたミント。もっと自分に頼って、甘えて欲しいと言うクレス。
「ミントは、僕にとって・・・大切な人だから」
――多くの人に必要とされて・・・何を悩む?世界の誰からも愛されない、必要とされない者の気持ち・・・この女は、知らない・・・――


 

421 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 16:24 ID:7OCPgOTz
26
カオスの洞窟の最下層。そこで再びディオス・メルティアと対峙するディオたち。
暗黒の自分に、ディオたちはついに打ち勝ちます。
そんな2人をあざ笑うディオス。過去の自分に干渉したディオたちは自身の存在が否定された、と。
「・・・お前たちの居場所は時の流れの・・・どこにも無い!・・・とんだ・・・バカ野郎だよ・・・」
そしてディオたちは、暗黒の自分と再び一つになりました。

「・・・・・・ディオ・・・・・・メル・・・」
どこからか聞こえるノルンの声。クルールの姿が、光とともにノルンへと変わります。
クルールは、ディオたちを見守るためのノルンの仮の姿だったのです。
最後の審判として、ディオたちの力を見るというノルン。
強大な威力の魔術を操るノルンに、持てる力の全てをぶつけたディオたち。

27
ノルンとともにディオたちはなりきりハウスに戻ってきます。
そこで、ノルンはディオたちがこれから時空の波の修正を受け、今のディオたちは存在しなくなるということを告げます。
「しかし、それは、『死』や『消滅』ではありません。『誕生』です・・・新たな、あなたたちの」
役目を終えたノルンは、ディオたちに別れを告げ、消えていきました。

ディオとメルも、あなたに別れを告げます。
「色々、教えてくれてありがとう・・・でも、もう・・・お別れ・・・みたいだ・・・」
「あなたと過ごした、記憶・・・そして、この瞬間・・・無くしたくない」
二人の姿も、静かに消えていきました・・・


422 TOPなりきりダンジョン sage 04/04/30 16:26 ID:7OCPgOTz
エピローグ
そして、しばらくののち・・・
あなたの前に、二人の子供が現れます・・・
その子は、あなたのことを知りません。
でも、あなたは、その子のことをよく知っています。
「はじめまして・・・そして・・・おかえりなさい」

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー