トルネコの大冒険3
>>1-401~402


401 名前:トルネコ3 投稿日:03/11/20 22:16 ID:DkX93BY9
ポポロの12歳の誕生日にバカンスにきたトルネコ一家
が、途中嵐に巻き込まれ、目が覚めると見知らぬ村のベッドに寝かされていた。
そこはバリナボの村というところで、トルネコ達は流れ着いたらしい。
しかし、ポポロだけが一向に目覚めない。
村長に相談していたそのとき、この大地を守っていた女神像が倒れ、その下にあった地下があらわになった。
村長は北にあるグレートバレイナでポポロは何とかなるのと、女神像が倒れた原因追求のために
トルネコに孫を連れて地下を通っていってほしいと頼む。
そんなこんなでグレートバレイナについたトルネコ。
そこで王様はなにやら困っている様子。
話を聞くと王妃がシワを気にして元気がなくなり弱っているとの事。
ポポロの件も、王妃の件も占いババが何とかしてくれるとの理由でさらに北の占いババの元へたどり着いたトルネコ。
早速占いババにお願いし、若返り薬で見事キレイに、そして元気になった王妃。
実は若返り薬と思われたものは惚れ薬で、女がキレイにいるには恋をするのが一番という事だった。
王様に気に入られたトルネコはそこで店を持つ事を許される。
占いババをポポロの元に連れて行き、見事ポポロも目覚める。
占いババが言うにはポポロには勇者の素質があり、邪悪な力で封印されていたとの事。
その日の夜、ポポロは力試しにトルネコが通った道を自分も通りたいたいと言い出す。
後日、一足先にトルネコ、ネネはグレートバレイナへ戻り、ポポロの冒険が始まる。


402 名前:トルネコ3 投稿日:03/11/20 22:17 ID:DkX93BY9
ダンジョンに入るとモンスターが仲間になり、
ポポロには魔物使いの才能がある事が分かる。
そんなこんなでグレートバレイナにつくとそこら中邪悪な霧で満たされていた。
トルネコを見つけ、その後占いババの元へと行き、この霧の原因はヘルジャスティスという
モンスターのせいだと知る。
しかしそこでモンスターが現れ、場をポポロに任せ、ヘルジャスティスを倒しに向かうトルネコ。
ヘルジャスティスの元に辿り着き倒すも、真実の姿をさらされ石にされてしまうトルネコ。
占いババにせかされたポポロはトルネコを助けるためにヘルジャスティスの元に向かい、倒す。
すると大地に平和が戻ったがバリナボの村がなくなってしまう。
実はバリナボの村はヘルジャスティスのせいで昔大嵐で壊滅していた。
大地の神に幽体として復活させられ大地を守っていたが
ヘルジャスティスが倒されてしまったので役目を終えて消えてしまった。
その後、生き残っていた村長の子供や、他から集まってきた人たちで村を建て直す。
トルネコ達はもうしばらくバカンスを続け、そこらへんに現れたダンジョンへ向かう。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー