不思議のダンジョン 風来のシレンGB ~月影村の怪物~
part1-338


338 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:03/11/20 00:29ID:KsvU1quh
風来のシレンGB(月影村の怪物)いきます。GB2のほうをご所望だったらすまぬ。


あてもない旅の途中でシレンが立ち寄った月影村。その村は、いけにえに
子供を求めるオロチという怪物に苦しめられていた。
シレンは村人のためにオロチを退治することを決意する。

まず最初に、いけにえの少女を助けようとして1人で飛び出していった
幼馴染みの少年を助け出すシレン。彼を村に連れ帰ることにより、
よそよそしかった村人もシレンに協力するようになる。

オロチは、山の奥深く、竜の顎(あぎと)とよばれる洞窟にいるという。
しかし、そこへ通じる道は固く閉ざされていた。仕方なく村へ戻る。
村長は、竜の顎のことは寄り合いで話し合って決めるという。日が暮れて
村の主な者たちが戻ってきたところで村長の家を訪ねる。

すると寄り合いがモンスターハウスになっていた!が、そのモンスターが
村人の声でシレンに話しかける。彼らが語るところによると、月影村の民は、
月の光のもとではモンスターの姿になってしまうのだという。呪われた
宿命のために人目から隠れなければならない村人たちは、重ねてシレンに
オロチの打倒を頼み、竜の顎への道を開く巻物のありかを打ち明ける。
しかし、その場所に巻物はなかった。巻物のありかを知る何者かが
先に竜の顎へ向かったのではないかと村長はいう。

前に行き止まりだったところに行くと、竜の顎へと続く道が開いている。
やはり何者かが先にここに来ているのだ。

洞窟の最深部にたどりついたシレンの前に姿を現したのは、月影村で
一度見かけている流れ者の薬売りだった。薬売りは語る。自分こそが
オロチなのだということ。人目を避けてこそこそ生きるよりも
大っぴらに怪物として生きる道を選んだのだということ。そして、
これまでの道中に現れたモンスターは、これまでいけにえにされた子供が
薬によってモンスターの姿に固定されたものであること。薬売りはそこまで語ると
自らその薬を飲み、オロチの姿になってシレンに襲いかかる。

オロチを倒し、いけにえの少女を助け出して村に連れ帰ったシレンは、
村人たちに見送られながら月影村を後にするのだった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー