スーパーロボット大戦J
>>21-535


535 スパロボJ sage 2006/03/03(金) 07:47:36 ID:8FxM9mXi
OP前
男主人公
男主人公の父親は実は異星人であり、太古の昔地球の近くに来て月の元となる宇宙船で眠りについていた種族の一人であった。
だが、主人公の母親と出会い、地球人を愛する事を知った父親は「地球人=害悪 滅亡!滅亡!」と騒ぎ立てる上司の騎士(彼らの種族では軍人のことを騎士と呼ぶ)
やらに危惧を抱いて色々地球人、ひいては息子の為に色々研究開発していたが
とある事件で女の子を逃がす為に元部下と戦い戦死

で、この異星人の技術というのが時間を凍結してその間にぼこぼこにしてしまうというザワールド能力であり、対抗策は同じ技術で作られた機体でしかない故に
戦争に巻き込まれた主人公はその能力やらもともとの機体の戦闘能力やらに目をつけられて渋々戦いの中に身を投じる事となる。
で、きったはったしていくうちに自分の守りたいものとかそういうロボアニメ伝統のイベントをこなしつつ一人前の騎士へと成長していく。
物語の終盤、異星人の姫(地球人滅亡を叫んでいない穏健派)が主人公の部隊に騎士の暴走を止めてくれと助けを求めてきて月の中でラスボスと決戦。

うーん、すまん、これ以上詳しく書くと全話書くことになっちゃうからここまでシンプルにするしかなかった
ちなみに、女主人公の場合は
立場が地球人に紛れ込んで地球の技術を盗んでいた異星人の部隊に協力していた女軍人であり、異星人に恋人が居た女性になる(無論本人は相手を異星人なんて考えてる筈も無い)
が、ある日爆発が起こって知り合い全部死亡(したと本人は思い込んでいるが、実際は異星人側の人間は誰一人死んで居らず殆んど口封じの為に役目を終えた地球人が殺された)
奇跡的に一命を取り留めた主人公は退役して無気力状態になっていたが、とある企業所属の戦艦に指揮官として乗るように要請を受け渋々ながら受ける
で、話が進んでいって元恋人が生きていたという事、あの事故が故意に起こされた事を知って、「お前だけは私が殺すぅ!」と叫び始め
オリジナル敵が現れるたびにヒステリックに叫び倒すが、いざ元恋人を倒した時は茫然自失となり
最終決戦の時、実は生きていた元恋人が主人公達に助太刀に現れた時は「やっぱりあなたが好きだったの!」と女心の一面を見せ付けてくれる以外は
基本的に男主人公と同じ







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー