キマイラブーム
>>23-13


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土)11:28:10 ID:zKOEndBU
うろ覚えキマイラブーム

ストーリー:
 動物と人間を合成する(キマイラ化する)技術が存在する世界。
 新技術で開発されたキマイラの発表会に来ていた五人は、
 何故か奇妙な場所に迷い込んでしまう。

主要人物:
 女優:売れない女優だったが、人類初のキマイラタレントとなることで成功した。
 記者:彼女に捨てられた上、彼女が置いていった犬とキマイラ化したダメ人間。
     でも犬の嗅覚をゲットしたことでスクープの臭いも嗅ぎ取れるようになって成功した。
 子供:年齢にそぐわないガキっぷりを見せる子供。実は会社社長の息子で超天才児。
     新キマイラの研究に関わることを聞いたため、記憶を消され、その影響で精神が子供に戻ってしまった。
 女研究員:新キマイラの開発者。姉を見殺しにして生き延びたことにコンプレックスを持っている。
 男研究員:新キマイラの開発者。精神的に最強。
 少年A:異世界に出てくる謎の人物。

後半要約:
 新技術のキマイラとは、人間同士の合成体だった。
 だが、死体を使って合成研究を行っていたためか、失敗を重ねていた。
 しかし科学者としての好奇心から一線を超えた男研究員は
 まだ生きていた『少年A』を死体だと偽り、ヒトキマイラを合成する。
 
 そうして完成した新キマイラ(ヒトキマイラ)は、会場内にいた五人を取り込んでしまう。
 ヒトキマイラの素体である少年Aの意識は、五人の弱みに付け込み、意識の支配と統率を測った。 
 (多分、実験に使われた腹いせにキマイラに関わった5人を取り込み
  ヒトキマイラ実験の始末をつけようとしたんじゃないかと思われる)

 五人のうち、女優・記者・子供・女研究員までは支配に成功した少年A。
 だが、男研究員は何の弱みも見せず、真実が明かされてもなお冷静なままだった。
 なぜならヒトキマイラに取り込まれるところまで、男研究員の思惑の内だったからだ。

 精神世界での戦いを終えたヒトキマイラは、会場から移動。
 子供の親父だの、記者の彼女だのに目撃されながら、失敗キマイラが捨てられた場所まで行く。
 そしてヒトキマイラは失敗キマイラと融合し、動きを停止した。

 後日、キマイラだった肉塊の中から、一人の子供が保護された。
 四人の父と二人の母を持つ少年は、キマイラ研究をしていた博士に引き取られた。

オチ:
 キマイラ化で融合すれば大切な人ともずっと一緒にいられるのかもしれない。
 でも、6人でキマイラ化しても、そこに存在するのは1人でしかない。
 1人は寂しいねというお話





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー