影牢Ⅱ-Dark  illusion-
>>23-486・488~492・546

486 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:23:40 ID:Sct909hZ
じゃあ、影牢2いきます。
ID変ったけど上と同じヤツです。

セリフとかいろいろとうろ覚え。
しかも流れ早足だからわかりにくかったらスマソ。

487 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:25:01 ID:Sct909hZ
今は亡き母の墓前で祈りを捧げている王女アリシア。
その後ろには、父王オラフと侍女レイチェル、そして将軍グレインズが佇んでいた。

王妃が亡くなってから、オラフは抜け殻のようになってしまい、王としての仕事も滞ったまま。
おかげで、王国の行く末を不安に思う国民が多くて苦情が殺到。
このままでは王国は滅びてしまう、ということを訴えるグレインズ。
しかし、オラフは黙ったまま。
後妻カタリーナが来てからは彼女が好き勝手に仕切っている、
とグレインズが愚痴をこぼすと、すぐ後ろにカタリーナが現れた。
王に訴えることを止め、グレインズは一礼してその場を後にした。

ふん、と鼻を鳴らし、王の下に歩み寄るカタリーナに、後ろに下がるレイチェル。
アリシアはカタリーナを無視し、その態度にカタリーナは怒る、オラフは無言。

そんな険悪な雰囲気の最中、ドアの方からナイフが飛んできてオラフに突き刺さった。
倒れるオラフに悲鳴を上げながら走り寄るアリシア。
カタリーナは、外で待機している兵士を呼び、こう叫んだ。
「アリシアの手が異形のものに変り、王を殺したのじゃ!!」(※セリフは全てうろ覚え、以下同じです)
突然の出来事に驚愕するアリシアとレイチェル。
「アリシアを捕らえろ!!」カタリーナの命令に、兵士が近づいてくる。
レイチェルは素早くアリシアの手を取り、その場から逃げ出した。

城内を逃げ回っていると、先ほどのグレインズとその部下ジョイスに会う。
何事かと問う二人に事情を話すと、二人はアリシアが無実だということを信じてくれた。

城内は元々、オラフ&アリシア派とカタリーナ派に分かれていて、一触即発状態だった。
それが、今回の出来事で二つの派閥がついに対立したというわけだ。
グレインズとジョイスは、早速同じオラフ&アリシア派の兵士を集めに古城へ行った。
アリシアとレイチェルは城内を出て、『黒き森』へと向かった。

魔神が封じられていると言われている『黒き森』を彷徨っていると、
二人の後を追ってきたカタリーナ派兵士が追いついてきた。
レイチェルは、この先に王家縁の館がある、囮になるから先に逃げて下さいとアリシアに告げる。
レイチェルの身を案じながらも、アリシアはその館に向かった。

488 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:26:03 ID:Sct909hZ
得体の知れない雰囲気の漂う館。
アリシアは中に入ることを躊躇していたが、すぐ後ろから兵士たちの声がしたので、
意を決して扉に手をかけた。
その瞬間、赤い稲妻のようなものがアリシアの右手を走り、扉が勝手に開いた。
ゆっくりと中に入ると、どこからか声がする。
アリシアは辺りを見回すが、誰もいない。
再び右手に赤い稲妻のようなものが走り、その右手は異形の形になった。
ちょうどその瞬間を見てしまった、兵士たち。
「カタリーナ様の言ったことは本当だ!アリシア姫は魔神になった!」みたいなことを言い、襲い掛かってきた。

大きな時計のある部屋で、床には兵士二人の死体、すすり泣くアリシアの頭上から、再び声が響く。
声の主は魔神で、アリシアは契約により生贄となり、魔神のために人を殺し続ける運命となってしまった。
闇の力・トラップを駆使して敵をハメまくる。

その頃、森の中には大魔導士ベルトランとその弟子マイテがいた。
ベルトランは、かつて魔神を封じ込めた者たちの唯一の生き残り。
弟子のマイテと共に、封じ込めた館を監視し続けていたのだ。
魔神の気配を感じ取ったベルトランに告げられ、マイテは館へ向かった。

無事に逃げ延びていたレイチェルも館にやってきて、二人はしばらく館に留まることに。
どこからともなく、謎の女盗賊エイダが現われた。
どうやら、今回の王暗殺事件に絡んでいるもよう。
レイチェルは問い詰めるが、エイダはそれを軽くあしらって何も語らない。

その頃王宮では、カタリーナともう一人の将軍ヘルツォークが城を乗っ取っていた。
二人はアリシアに次々と兵士を送り込んで殺そうとするのだが、失敗。
ついにヘルツォークの部下フィネガンが館へ向かった。

扉の隙間から外の様子を伺っていたエイダは、フィネガンの姿に目を留めた。
ちょうどその時、マイテも館に現われた。
闇の力を宿したアリシアに忠告する。
これ以上人を殺めてはならない。
魔神が復活する前に封印しなければならない。
だから、私と一緒に来てください、と。
エイダは、気になることがあって今から城へ行くと言う。
アリシアも濡れ衣を晴らしたいのであれば一緒に行かないか、と誘う。
二人の言葉に戸惑うアリシア。
しかし、レイチェルは館から出てはならない、外は危険だとアリシアに訴えた。
この館に、きっと魔神を倒す手がかりがあるかもしれないから、ここに一緒に残ろう、と。
幼い頃からレイチェルを母や姉のように慕っていたアリシアは、レイチェルの言うとおり館に残ることにした。

489 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:28:16 ID:Sct909hZ
マイテとエイダが去っていった館に、今度はジョイスが現われた。
カタリーナの軍が古城に攻め入り、応戦したものの仲間の兵士を人質に取られグレインズ将軍は捕まった。
カタリーナとヘルツォークにより、グレインズは処刑されてしまったことを告げた。
その時扉が開き、カタリーナの兵士たちが現われた。
ジョイスの後を付けてきたらしい。
ジョイスは剣を構えるが、傷を負っているのでその場に倒れてしまった。(役立たず)
しかしアッサリとアリシアがトラップでヌッころす。

手当てにより回復したジョイス。
アリシアに、共にカタリーナとヘルツォークの下へ攻め入ろうと手を差し伸べた。
その手を取ろうとした瞬間、後ろからレイチェルの声が。
「騙されてはなりません!ジョイス様はアリシア様を突き出すつもりなんです!」
「レイチェル殿、騎士を愚弄する気ですか!?」
言い合う二人。
しかしアリシアはそれを制し、ジョイスと共に城へ行くことを決意する。
「アリシア様、約束してください、必ずここへ戻ってくることを。」
「わかった、約束します。」

「アリシア様・・・」
二人の背中を見つめるレイチェル。
「・・・アリシア様。」
呪いをかけるかのように、低く冷たく呟いた。

城は見回りの兵士も少なくてすんなりと進入することができた。
ジョイスと二手に別れ(なんでやねん)城内を歩き回るアリシア。
もちろん、兵士たちと鉢合わせするもトラップで撃退。

中庭の柱の影でジョイスと会うことができた。
ジョイスに呼ばれ隠れると、エイダとフィネガンの話し声が聞こえてきた。
聞き耳を立てる二人。
話の内容によると、二人は姉弟で、王暗殺の犯人はエイダだということが分かった。
今回の件に関して、どうも裏があるような気がする、とエイダは言う。
エイダが後ろを向いた瞬間、フィネガンは姉に剣を突き刺した。
倒れるエイダ。
「疑問を持たなければ、こうなることもなかったのに。」
その時、ジョイスが飛び出しフィネガンと対峙する。
フィネガンは冷たく笑うとその場を後にし、ジョイスも後を追ってしまった。(役立たず)
ぽつんと残されたアリシアに、兵士たちが襲い掛かってくる、けどヌッころす。

490 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:29:14 ID:Sct909hZ
城内を彷徨っていると、ついにフィネガンと出会う。(ジョイスどこだよ)
エイダからアリシアが魔神の力を手に入れたと聞き、フィネガンがそれを欲しがる。
実はフィネガンは前々作『影牢』に出てきた刻人について知っていて、自分も刻人になりたがっていた。(この辺うろ覚え)
アリシアを殺すと、魔神の力はフィネガンのものになるため、襲い掛かってきた。
しかしそれもヌッころす。
ヌッころしたところで、ジョイスが登場。(どこ行ってたんだよ)
カタリーナとヘルツォークは古城にいることを告げ、二人は古城へ向かった。

古城に侵入することに成功、またも別行動になる。
カタリーナとヘルツォークは次々と兵士をアリシアの下に送るが、返り討ちにあってるもよう。
城内を彷徨っているうちに、ヘルツォークと再会。
ヘルツォークは今回の件について語り始める。

王妃が亡くなってから仕事もロクにしなくなった王。
そのお陰で国は乱れ、国民の生活も苦しくなっていた。
それでも何もしようとはしない王とアリシア。
そんな二人を見限ったヘルツォークは、同じく、
王の後妻となったが見向きもしてくれない王と懐かないアリシアに憎しみを抱くカタリーナと結託し、
王とアリシアを亡き者にして新王国の国王になろうとしていたのだった。
幼い頃からのアリシアを知っているので、ヘルツォークはアリシアを殺そうとはしない。
さっさとこの国から立ち去れ、とアリシアに言い放った。

※ここで国を去ると、アリシアに新王になってもらいたいジョイスが、怒って襲い掛かってくる。
 ジョイスをヌッころすと、アリシアはどこかへ行ってしまったED。

真実を確かめるまでは、ここを出て行かない。
アリシアは更に城内の奥へと進むのだった。

ついにカタリーナが現われた。が、トラップでヌッころす。

何かを感じ取ったアリシアはレイチェルが気になり、館へ戻ることに。(ジョイスは?)

491 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:30:15 ID:Sct909hZ
館へ戻ると、レイチェルの姿がない。
魔神の復活が目前に迫っているため、ベルトランが襲い掛かってくるもヌッころす。
ヘルツォークも館へ来ていた。
アリシアの姿を見て「まだ出て行ってなかったのか!」と驚く。
アリシアは魔神が封印されている祭壇へ向かう。

中に入ると、なんと死んだと思っていた父王がいた。
呆然としているアリシアの横を、ヘルツォークが通り過ぎ、王に一礼した。
実は今回の件は、すべて父が仕組んだものだった。
アリシアに魔神の力を宿らせ、魔神の力によって妻を生き返らせようとしていたのだ。
しかし、ヘルツォークが王に槍を突き刺す。
ヘルツォークは、魔神の力によって自分が新王となるのだ、という野心から王を殺してしまった。
カタリーナも、彼に利用されるだけされて見捨てられてしまったのだった。

ヘルツォークが、王家最後の生き残りのアリシアに襲い掛かってくる。
が、やっぱりヌッころす。

王とヘルツォークの死体の前に、アリシアは座り込んでしまった。
「お見事です、アリシア様。」
振り向くと、レイチェルがいた。
「あと一人、あと一人の魂で、レイチェルの望みが叶うのです。
 だから、死んでください、アリシア様!」
レイチェルがナイフを振り上げた。

※ここでレイチェルを倒すと、Aエンディング。
 レイチェルは刻人の子孫である母と王の間に生まれた子供。
 母は、王の愛人だったのだ。
 しかし、アリシアが生まれたことにより王は二人を捨てた。
 苦しい生活の中、レイチェルは母から王や王妃、アリシアへの恨みを散々聞かされ自分も恨みを持つように。
 母が亡くなった後、アリシアの世話係として城に上がることになった。
 魔神を復活させて復讐しようとしていたもよう。
 全てを語った後、レイチェルはアリシアに殺された。
 最後の魂(レイチェル)により、魔方陣から魔神が現われる。
 アリシアは魔神に近づき、そして魔方陣に消えてしまった。
 館が大きく揺れ始めたことにより、師ベルトランが失敗し魔神が復活したことを知ったマイテ。
 館から出てきたアリシアを見て「人間は魔神には屈しない!」的なことを言った瞬間、
 ペンデュラムがマイテの後ろから突き刺さる。
 それを見てアリシアは妖しく微笑みながら「魂を捧げよ・・・」と呟いた。

492 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 21:32:35 ID:Sct909hZ
※レイチェルと戦わなかった場合

レイチェルに刺される!と思った瞬間、魔方陣が光り地面が揺れ始めた。
「魔神が復活するんだわ!」
狂喜したレイチェルは魔方陣に近づく。
「危ない!」
アリシアが叫んだ瞬間、レイチェルの頭上に岩が落ちてレイチェルあぼん。
そしてついに魔神が復活した。
アリシアを狙う魔神、またのアリシアのピンチに、今度はジョイスが駆けつけた。
しかし、あっさり吹っ飛ばされるジョイス。(ほんと役立たず)

アリシアを魔神の最終決戦が始まった。

546 名前:影牢Ⅱ-Dark illusion-[sage] 投稿日:2006/07/23(日) 00:38:55 ID:dg+kGMq/
今日やっとBCエンド見れたので、影牢2の残りを投下します。
文章gdgd、分かりにくかったらスマン。

※魔神に負けた場合、Bエンディング。
 ジョイスが目を覚ますと、魔方陣のある祭壇にアリシアが背を向けて立っていた。
 「アリシア様・・・。」
 振り返ると、アリシアは微笑んだ。

 館を見上げるアリシアとジョイス。
 これで、全てが終わったのだ。
 アリシアは歩き出した。
 ジョイスも歩き出した。
 その時、アリシアの右腕に魔神の紋章が浮かび上がっていた。
(たぶん、魔神に乗っ取られたエンディング)

※魔神に勝った場合、Cエンディング。
 魔神は最後、「我は滅びない!」的なことを言って消滅した。
 アリシアが呆然と立っていると、目を覚ましたジョイスが近づいてきた。
 「終わったんですね・・・アリシア様。・・・女王陛下、城へ帰りましょう。」

 王宮は、先の戦いで戦死した者たちの死体が転がっていた。
 その部屋の先にある玉座にアリシアを座らせ、
 「女王陛下はここでお待ちください。私は生存者がいないか見て来ます。」と言い、
 ジョイスは部屋を後にした。

 「おーい、誰かいないのか」
 周りを見渡すジョイス。しかし、返事は一向に返ってこない。
 「生き残ったのは、俺と女王陛下だけなのか・・・。」
 その時、ジョイスの真後ろにレギオン(※魔神によって生きる屍?にされた騎士)が現われた。
(アリシアとジョイスだけが生き残ったものの、最後が描かれていない気になる終わり方)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー