シルフェイド幻想譚
>>23-562・568~570

562 名前:シルフェイド幻想譚[sage] 投稿日:2006/07/23(日) 03:51:47 ID:0RcqkWmC
【プロローグ】
生命を導く者リクレールにより人々が平和に暮らせるようにと創られた天空大陸。
ですが今、大きな災いが天空大陸に降りかかろうとしていました。
どんな災いかは分かりませんでしたが直感的に15日後に起こると察知した彼女は意識の海から
一つの意識をすくい上げ肉体と名前(ナナシ)と3つの力=強力な加護を与えてくれる動物霊、
15の命、大陸の人間との意思疎通能力を授け大陸へと降ろします。

【1日目】
災いの正体を探りできれば阻止してほしい。降ろしてから頼み事をしてくるリクレールに
釈然としないものを感じていると彼女も何かを察したのか無理強いはしませんと言い換えます。
15日間何もしなくてもいいと。ただ、信じてるとも。それだけ言うと彼女は去っていきます。

とりあえず寝床を求めて最寄りの町に入ったところ、後ろから走ってきた兵士に突き飛ばされます。
兵士はそのまま近くの詰め所に入って外からでも丸聞こえになるほど大声で喋りだしました。
要約すると魔王が復活しそうなので王様が勇者を募って討伐に向かわせましたが全員返り討ちに
あったのでこの町の守備隊長エージスにお鉢が回ってきて、隊長は町のアイドル的存在で
メイドな娘、メアリーを安全なお城に避難させてもらうのを条件に旅立ったというのです。
それはそうと宿屋を発見します。ですがリクレールは武器はくれましたがお金はくれませんでした。
仕方ないので他人の家のタンスでも漁ろうかと(無理でした)街中を散策していると病気の弟のために
怪物の出る森へ薬草を取りに行く儚げなお姉さんに出会います。
心配になって後を付けると案の定怪物の襲われてるところに遭遇し、それを助けます。
名も告げずにその場を去ると素性を明かせないのは高貴な身分の方なのね、と勝手に勘違いされました。
町に戻るとナナシの強さが噂になっていて、薬草取りのお姉さんシズナとも再会します。
シズナの話によると弟の病に効く特効薬が有るのですが高価でとても手が出せず、一時的に
病の進行を止めるという薬草を毎日森へ摘みに行っているらしいのです。

余計なおせっかいを焼くため魔法で有名な隣町に薬を買いに行くと、近くの森にトカゲ人間の砦が
あり最近人がさらわれたりして困っているというので薬代稼ぎも兼ねて砦を落としに行くことに。
砦の中は盗み聞きできるポイントが多くトカゲ達も結構アットホームで、平和が良いな~
みたいなこと言ってる者も多かったのですが魔王だか神だかが未来の恒久的平和をダシに戦わせてるようです。
並トカゲの50倍のパワーを誇るらしい隊長トカゲは幸い50年前の戦いで魔王を倒した勇者が使っていた
武具を探す旅に出たところで、戦力の落ちた砦を落とすことに無事成功。捕まってた人を救出します。
といっても魔王退治に旅だったはずのエージス一人しか生き残ってませんでしたが・・・

【2日目】
なにやら人質をとられ捕まった挙句、ちょっぴり毒の混ぜられた飯を食べ続けて死にかけの
エージスのため(シズナに特効薬渡した後で)解毒剤持ってそうなトカゲを探しに旅立つことに。
途中立ち寄った救世主が出てくるらしい時の扉がある町で長老から50年前の魔王の話を聞きます。

 50年前、とても強いトカゲと仲間達が現われ村を襲った。人々は強トカゲを魔王と呼び恐れおののいた。
 そして魔王討伐のため島中の勇者が立ち上がり、最後に魔王を打ち果たしたのは剣士ゼイリムと
 賢者サリムだった。おわり。

この勇者というのが全員動物霊憑きで現在は魔王退治の失敗でほぼ全員死んでおり残るはエージスと
賢者サリムとその孫娘イシュティナの3人だけになっています。サリムは旅に出たまま行方不明ですが。

568 名前:シルフェイド幻想譚[sage] 投稿日:2006/07/23(日) 04:49:48 ID:HnMoXjp8
【3日目】
トカゲ砦を1人で落としたことが王様の耳に入り王城への招待状が届きます。
それはさておきシズナに今日の分の特効薬を渡してから解毒剤探しのため大陸中を探検します。
その過程で森の奥の神殿で試練を受け50年前の英雄の使った剣を手に入れたり、賢者サリムの
日記を発見しました。
その日記には魔王を生み出す存在について書かれていました。
そして新たな魔王が既に誕生していること、旧魔王の呪いによりサリムの意識が邪悪に染まり
魔王として覚醒しかかっていること、覚醒の代償に魔王を生み出した存在についての知識を
得られるかもしれないこと、完全に覚醒する前に魔王の力を封じるという封印の神殿へ
向かったということが綴られていました。
サリムを探していた孫娘イシュティナに会い日記を渡すと、彼女は時が来たらサリムの待つ
封印の神殿へ出向き自ら決着をつけると言います。

【4日目】
トカゲ砦の残党狩りの兵に襲われている幼いトカゲと遭遇。解毒剤入手のきっかけになるかもと
兵を追い払う・・・つもりがうっかり殺してしまいます。
そこへ駆けつけてきた砦の副隊長トカゲは幼トカゲを助けたこととナナシが砦で非戦闘員を
襲わなかったことからナナシを立派な騎士道精神の持ち主と認めてくれ、エージスに毒を
盛ったことを卑劣なことをしたと後悔してたこともあり解毒剤を譲ってもらうことに成功します。
次に会うときは正々堂々戦うことを誓い合いエージスの元へ帰還するナナシ。
数日もすれば意識も回復するだろうという医者の言葉を信じ今日もシズナの元へ薬を届けます。
すると弟はすっかり元気になっててお姉さん大喜び。いくらお礼してもし足りないって言われました。

なんかノッてきたのでエージスの回復を待つ間にもうちょっと探検。
山の中に隠れ里を発見。50年前の英雄の使った鎧があったが譲ってはもらえなかったですが。
一方、救世主の村では時の扉から救世主が現われたのですが言葉が通じなくて難儀しているようです。

【5日目】
再び隠れ里を訪れるとそこは廃墟と化し英雄の鎧も失われていました。
廃墟を調べ回った結果、500年前の英雄のこととかが解ります。

 500年前、とても強いトカゲと仲間達が現われ村を襲った。人々は強トカゲを魔王と呼び恐れおののいた。
 そんな時、時の扉より救世主が現われる。リクレールのことらしいが。
 彼女は不思議な金属を鍛冶師に渡して剣、鎧、盾を造らせ、それを持って魔王を打ち倒した。
 50年前の英雄ゼイリムとサリムもその武具を使っていたと言う。
 そして鍛冶師は余った金属でもう一本だけ剣を打ちあげたとかあげなかったとか。おわり。

気になって救世主の村へ行くと救世主は言葉の通じないままどこかへ旅立ったということです。
エージスもなかなか回復しないのでサリムとイシュティナが血縁同士で戦うことを哀れに
思ってたので一足先に魔王退治に行くことにしました。
神殿の前に立ちふさがる副隊長トカゲ。戦いの末副隊長を破るも止めをさす気にはなれませんでした。
けれど副隊長も解ってくれて先に通してくれます。
そして魔王戦。英雄の剣を持ったナナシに対し魔王も魔王パワーをたっぷり込めた攻撃を
繰り出してきます。ですが魔王パワーの使いすぎで魔王の支配力が弱まった隙にサリムが意識を取り戻します。
意識を取り戻したサリムにより真の敵「神」が人間を消し去る術を発動させようとしていることを
教えられます。防ぐ方法はただ一つ、15日までに神を倒すしかない、と力説するサリムに
神が隠れ潜む離れ小島へ渡る方法を探し出すのじゃと助言されました。

569 名前:シルフェイド幻想譚[sage] 投稿日:2006/07/23(日) 04:50:39 ID:HnMoXjp8
【6日目】
サリムが意識を取り戻せたので殺さずに済んだことをイシュティナに報告に行くと凄い感謝されて
旅の同行を申し出てきたのでパーティーを組むことにしました。
一方、エージスは意識が回復したとたん自分の町に帰ったそうです。
ぶっちゃけ御礼を期待して追いかけます。でも感謝の言葉だけで労働で返すとかはありませんでした。
仕方ないので身の上話聞いてあげると魔王退治の命を受けてから一旦町に帰ろうとしたときに
トカゲに襲われたとか。いい感じで返り討ちにしてたようですが隊長トカゲが現われて
それ以上やると城にいる内通者が貴様の娘を殺すとか言われて仕方なく囚われの身になり
彼が所持していた英雄の盾も奪われたそうです。
そして毒入り飯と気付かず毎日3色食い続けて・・・それはともかくメアリーのことが気になるのだけど
城には招待された者しか入れないし門番に内通者のこと言っても取り合ってくれなくて困ってるとか。
幸いトカゲ砦を落としたときに招待状もらったままなのを忘れていたので様子見てくることに。
城に行くと王様が行方不明で大騒ぎ。たまたま前庭に出ていたメアリーと会えて彼女と一緒に町へ帰ります。
エージスを助けたるために尽力したことが伝わってないのか素っ気無いメアリーはほっといて
新たにトカゲの本拠地が見つかったというエージスをお供に加えてLet'sトカゲ退治。
と思ったらまさかの2人パーティー制のため泣く泣くエージスを諦めることに。

トカゲの本拠地でまたも副隊長トカゲと会います。ぶっちゃけ人とトカゲは思いっきり住み分けできてるし
長年の憎しみよりもお互い恐れあってるというのが現状なので平和のため一緒に神や魔王と戦ってくれると言ってきます。
でも副隊長トカゲの父親である隊長トカゲとも戦うことになるだろうからこのままイシュティナと突入することに。
やっぱり出てきた隊長トカゲを倒し奪われた英雄の武具を取り返しついでに新魔王をぬっ殺します。
隠し持っていた神のいる島へ渡るためのアイテムを入手しいざ神の島へ。
と言いたいところですがこのアイテム、丸一日かけて神の島へ橋をかけるアイテムだったのです。

【7日目】
ちょっと時間空いたので、気になってたところをいくつか周ることにしました。
2度の魔王戦を経て今にも折れそうな英雄の剣の代わりにもう一つの英雄の剣を探しに行ったり(成功)、
前は進めなかった森の奥で穏健派トカゲの隠れ家を見つけ神の島へ行くもう一つのアイテム入手したり。
こちらのアイテムのお蔭で一気に橋がかかったのでいよいよ神との対決。これってドラゴン?
お約束的に神が聞いてもいないことをつらつらしゃべりだします。

 なんか生まれる前からトカゲ人間が出てくる夢を見てたらしい。んで実際に生まれたのは500年前。
 すると隣の島で夢で見たトカゲと人が戦ってた。戦いに傷つき倒れていくトカゲに対する哀しみが
 やがて人に対する恨みへ変わっていく。ははっ、おかしいねトカゲなんておいらの夢が凝り固まって出来た
 かりそめの命なのに・・・とは言いつつ恨みのパワーが魔王を産み出すわ、人類消滅パワーが
 コツコツ溜まるわでどうにも止まらないそうな・・・

ちょっと電波入ってない?と思わなくも無かったですが共存はありえないと拒絶されたのでぬっ殺すことに。
本当は誰かに止めて欲しかった的なことを言いつつ消えゆく神。神が消えたことでその夢の欠片である
トカゲ人間も消えてゆきます。夢の話は本当だったようです。そういえば穏健派トカゲも滅ぶ運命とか
そんなこといってました。副隊長やサリムもまとめて消えてしまいます。

リクレールへの報告がてら途中の町によると、救世主の村では例の救世主が帰ってきててトカゲが消えたのは
やはり彼がなにかやってくれたのでは?と噂されていました。
魔法の町では一足先に帰ってたイシュティナが、終わってみればたいしたことなかったね、とうそぶいてますし。
なんか誰も褒めてくれないので悲しくなってきて一番初めの町で全部俺がやったんだよ~ん、とぶちまけると
シズナだけ尊敬の眼差しで見つめてくれました。
そしてリクレールに再会すると死ねと言われます。正確には違いますが意訳するとそうとしか取れませんでした。
別れの挨拶しておきたい人がいるなら少し時間くれると言うのでちょっと女々しいかなと思いつつ
シズナに会いに行きます。別れを告げると悲しむシズナ。それはそうと体が消えかかり始めたのでもう帰ることに。
ナナシを追ってシズナも飛び出しきますがナナシの肉体は既に消滅し意識の海へと還っていったのでした。


― また会えますよね? 私ずっと・・・ずっと待ってます ―

570 名前:シルフェイド幻想譚[sage] 投稿日:2006/07/23(日) 04:51:28 ID:HnMoXjp8
以上。
思うとこあって主観大量に放り込んでやったw
フリーシナリオなんで違うストーリー展開もあるだろう。
ちなみに時間と共に勝手にストーリーが進行するんで本当に
何もしないと15日後唐突にトカゲの支配する島になる。
あと割り込みスマン。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー