魔界戦記ディスガイア

要約スレpart2-58


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日)09:24:22 ID:3J0hObki
魔界戦記ディスガイア

魔王クリチェフスコイ死去。魔界は次期魔王を狙う悪魔達の戦乱の地に。
主人公ラハールは魔王の息子で俺様主義で愛とムチムチプリンの女性を毛嫌いしてる。
ラハールは、隙あらば後ろからグサッ、とするような子悪魔的な性格の悪魔の少女エトナや
天界から魔王暗殺に来たものの、お人よしな性格と魔界の現状を見て愛の伝道師に
なろうと燃える、ラハール曰く愛マニアのフロンを部下にして
中ボス(ラハール命名本名は無視)など有力悪魔たちと戦い、とうとう魔王に即位する。
そうこうしてる内にラハールも少し丸くなってきた(ラハールが愛を毛嫌いしてたのは
幼き頃死病にかかったラハールを助けるため母親が命と引き換えに術を使ったた為)

魔王になって間もなく地球軍が魔界を侵略に来るがラハールは尖兵の地球勇者を
倒し部下にすると続く地球軍の宇宙艦隊もぶっ潰す。しかしフロンは今回の件に
天界の意思を感じ天界のトップ大天使ラミントンに審議を問いに行く。

全て黒幕は天界のNo.2天使長ブルカノの陰謀だったこの天使長われわれ天使は善、悪魔は邪悪
よって悪魔を滅ぼすためにどんな手を使ってもよいという危険思想の持ち主。
ラハールたちはブルカノを倒す。ブルカノはラミントンを頼るが花に変られてしまう。
ラミントンがブルカノの行動を黙認したのは天界の住民は少なからずブルカノのような
考えがあるためフロンを送り込んだりして天界と魔界の関係に風穴を開けることを望んだ
しかしフロン達が天界に攻め込んだ罪は罪とフロンも花に変えてしまう。
これにラハールはぶち切れラミントンをぶっ倒す。しかしフロンの事を思い殺しはしなかった。
そしてラハールは亡き母のように自分の命と引き換えにフロンを復活させようとするが
突然現れた中ボスに止められる。これは最後の試練だったとフロンはラミントンにより
堕天使として復活する。
この中ボスたびたびラハールを影から助けていたがその正体は死んだ先代魔王が無理やり
現世に留まっていた姿(大天使とは盟友)。そしてラハールが立派になったのを見ると
迎えに来たラハールの母親と昇天していく。

こうしてラハールとフロンは天界と魔界の架け橋となりましたとさ。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー