エネミーゼロ
>>15-20


20 エネミーゼロ sage 2005/05/06(金) 15:48:55ID:9gvCCwUi
惑星間を航行する貨物船での話。
船にトラブルが発生し、乗員のローラはコールドスリープから目覚める。
原因を調べると、ローラも知らないうちに積まれていた生物兵器が逃げ出していた。
その生物兵器は目視不可能で、感知装置が発する音のみで方向・距離を感知できる。
チャージ式の単発銃とバッテリー僅かのレコーダーを手に、ローラは脱出のため船内を探索する。

多くの同僚はモンスターに襲われた後だったが、幸いにも恋人のデビットは生存していた。
彼と協力して脱出へと向かうも、別行動中にデビットもエネミーに殺されてしまう。
ローラ自身も襲われるが、エネミーは一瞥して興味なさげに去っていった。
後になってその理由に気付くローラ。
実はローラは貨物船に配備されたアンドロイドであった。
船外の記憶は全て造られたもの、当然デビットとの記憶もである。
デジタルの悲しみとやらを感じつつ、たった一人の生存者として脱出艇のある艦橋へと向かう。

エネミーが待ち受ける最後の通路、しかし途中で感知装置のバッテリーか切れてしまう。
これではエネミーがどこにいるかわからない。絶望するローラにデビットの声。
同じくアンドロイドだったデビットのメモリーは生きていた、その声に従って無事脱出艇まで辿り着く。
初めて見た地球は、青く美しかった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー