スーパーハイドライド
>>要約スレ1-435~436


435 名無しさん@お腹いっぱい。sage 2005/09/08(木) 14:52:13 ID:qz+Bk49c
スーパーハイドライド
(瞳孔を瞬きながら喋るガイザック)
「ぐぅ… この私が貴様ごときに倒されるとは…
だが、私を倒して安心するのはまだ早い。
最期に良いことを教えてやろう。
私がこのフェアリーランドを作ったのだ。バラリスもエビルクリスタルも全て私が作ったのだ。
だが、たった一つだけ過ちをおかした。それはお前の存在だ。まさかここまで成長するとは。
私は間もなく死ぬだろう。
私が死ぬと同時にこの基地も崩壊する。そしてこのフェアリーランドも消えてなくなるのだ。
私だけでは死なぬ。
クッ クッ クッ… グッファ!!」
(ガイザックは完全に目を閉じ、画面は真っ暗になる)
闇の支配者ガイザックの死とともに基地が崩れはじめた。
(爆発が起こり画面がフラッシュする)
(暗闇の中にいる主人公。その周りを一つの光が飛び回っている)
『ここはどこだ… 僕は生きているのか…』
「ここは無の世界。生き残ったのはあなただけ……」
妖精の声が聞こえた。
何も無い空間に○○は浮んでいた。
『……僕の今までの戦いは何だったのだろう…
全て無くなってしまった。……』
○○は目を閉じてかつての美しかったフェアリーランドを思い出していた。
(主人公の背景にかつてのフェアリーランドの風景が浮びあがる)
緑の草原、澄みきった空気、眩しいばかりの太陽、そして可愛らしい妖精たち。
しばらく思い出に浸っていたあと、暖かい光を感じて目を開けた。
(BGMが変わり、森から城を眺める画に変わる)
…………
しばらく、○○は声が出なかった。
先程まで思い出に浸っていた美しい光景が目の前に広がっていた!
緑の草原では妖精が嬉しそうに戯れていた。
(どこかの寂びれた石畳の画に変わる。そこにはツタが這った剣が突き刺さっている)
勇者よよくやってくれた! お前の戦いは期待した通りだった。
今までのフェアリーランドはガイザックの創ったもの。しかしこのフェアリーランドはお前の純粋な心が創ったものだ。
お前の心が純粋な限りこの世界は平和であり続けるに違いない…
(どんどん日が暮れていき空には三日月が浮ぶ)


436 名無しさん@そうだ選挙に行こうsage 2005/09/11(日) 22:41:38 ID:4MG42S8X
>435
スーパーハイドライドっつーと、PC用のハイドライド3をメガドライブに移植したものだったか。
最後の5行だけ(「どこかの寂れた・・・」~「三日月が浮かぶ」まで)元々のハイドライド3と大違いだな。
何より妖精の名セリフ「言ったでしょ。不思議が当然フェアリーランドってね」が無いとは・・・!






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー