RPG030『雪道』

part25-415


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:49:29 ID:Gf4x0+cM0
埋めがわりにフリーゲーム「雪道」いきます。ステストのでいいんだよね?
・説明しやすいように、情報を明らかにする順番が、ゲーム内と前後してます。ご了承ください。
・味も素っ気もない文章ですがご了承くd(ry
・多少、筆者の解釈が入ってます。ご了s(ry
・つかゲーム内の正確なストーリーが知りたいならゲームのdatファイル内のstoryN.txt(Nは00~10の数字)見れ。
 
かつて、コルデコットという少女がいた。
彼女は幼い頃、事故により全身に酷い火傷を負いながらも命は助かった。
それ以来彼女は、自分を傷つけた火と熱とを憎むようになった。
コルデコットはやがて、水と冷気の魔法を身につけた。
そして彼女は火と、火のように形をとどめず移りゆくものを封じるため、惑星全体に冷気の魔法をかけた。
こうして世界は氷河期を迎えた。海は魚などの生物ごと凍りついた。大陸にはどこも雪が降るようになった。
 
氷河期がおとずれてから、三百年以上の後。
雪の中を一人の少女が歩いている。名はララアクスという。(これが主人公)
彼女はフリュエーデンと呼ばれる一族の出身だ。
フリュエーデンは氷河期以前から雪国に住んでおり、雪と心をかよわせることができる。
しかしララアクスだけは例外だった。どれだけ努力しても雪から拒まれ、雪を信じることができない彼女は、
一族の町を離れて、一人雪原をさまよっていた。
 
やがてララアクスは一軒の小屋にたどりつく。彼女は一晩の宿を求め、小屋の中に入れてもらった。
小屋にはクドウという若い男が一人きりで住んでいた。ララアクスはクドウに襲われる。
しかしその衝撃で、ララアクスは前世の記憶を取り戻した。(たぶんこの時のイヤボーンでクドウ死亡)
 
彼女は、何度も転生を繰り返していた。転生するたびに記憶は薄れ、ついには自分が何者であるのかを忘れた。
だが、クドウの件がきっかけで思い出した。
彼女は、炎の精霊または炎の女神とでも呼ぶべき存在の化身であったのだ。
それが人間の身に生まれたのは、氷河期を終わらせるため。
彼女は転生を繰り返して調査をし、氷河期の原因をさぐった。
雪から情報を得るためにフリュエーデンに生まれ変わったが、これはうまく行かなかった。
炎と雪では相性が悪くて当然だからだ。
自分の正体を思い出したララアクスは、今度は炎とコンタクトをとることにする。
 
≪炉≫と呼ばれる施設があった。内部に多数の炎の精霊を閉じ込め、
魔法によって熱だけを街に運ぶ、エネルギー源としての施設である。
ララアクスはここを訪れ、炎の精霊と会話をし、氷河期の原因すなわちコルデコットについての情報を得た。
 
そしてララアクスはコルデコットを殺し、目的を達した。
氷河期は終わり、世界は熱と温もりを取り戻したのだった。
 
[アナザーステージ]
コルデコット打倒の時点で、ある条件を満たしているとアナザーステージにいける。
ララアクスはまたも転生し、ララフレアとなって地獄におりたつ。地獄は暗く、溶岩が溢れている。
彼女は地獄にいた魔王を倒し、星の主となる。そして星の温度を上昇させ続けた。太陽のなりたちである。
(正直アナザーステージの話はよく分かんない。おまけなので深く考えない方がいいのかも)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー