ロックマンX3

part13-555


555 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2005/03/21(月) 22:54:29 ID:prp/otQg
「ロックマンX3」
レプリロイドの科学者ドップラーによって、イレギュラー発生の原因が「Σウイルス」という
悪性のコンピューターウイルスであることが判明。彼の作ったワクチンによって、
世界からイレギュラーは一掃される
しかし数ヶ月後、正常化したはずのレプリロイド達が再びイレギュラーになり、反乱を起こす
しかもその中心にはドップラー博士が
エックスとゼロは、反乱を鎮圧するために出動する。

エックス=第17精鋭部隊隊長
ゼロ=前作で復活した後、第0特殊部隊の隊長となった。お助けキャラとして使用可能に
    ゼットセイバーというビームサーベルを使うようになる(X2で復活した時から使ってた)
ドップラー=Σウイルスの研究中に、ウイルスに侵されてイレギュラーになってしまった。
VAVA-Mk2=ドップラーの手によって復活した元特A級ハンター。エックス達への復讐に燃える
         新型のライドアーマー「ブラウンベア」に搭乗する

VAVAを撃破し、ドップラーも倒したエックス達は、正気に戻ったドップラーから
黒幕がシグマであると聞かされる
ドップラーによって作られた究極のボディで復活したシグマを、三度撃破するエックス
しかし倒されたシグマはウイルスとなって飛び出し、エックスのボディを乗っ取ろうとする
そこへボロボロのドップラーが登場。
密かに作っていたΣウイルスの抗体プログラムをぶつけ、自爆する

シグマ「ガガ…ガ…消え…る…わた…しの…プログ…ラム…が」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー