鋼の錬金術師2 赤きエリクシルの悪魔

part4-625~627


625 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 04/09/27 12:09:10 ID:0tescde6
鋼の錬金術師2
原作部分を省いてオリジナル部分のみの重要なを下手ながらチョイスすると、

謎の女性(エルマ)に出会い指輪を意味の判らぬまま託される。
各地で街人が消えたり、怪物が現れると言う事が起きる。
リゼンブールでも怪物が現れ、エルマに「彼を止めて」と言われる。
エドは謎の女性型の敵を倒すが、クロウリーが現れ錬金術で直して消える。

調査していた街から連絡途絶えボードワンと呼ばれる街へ調査へ。
再びクロウリーと会う。同時に考古学者のアーレンに出会い、
アーレンがクロウリーに呼びかける事でクロウリーは退散。
二人は50年前の親友同士だった。がクロウリーは
50年前の姿のままだった。アーレンにより怪物はゴーレムと呼ばれる
太古の秘術で作られた命を吹き込まれた土の人形だと判る。

626 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 04/09/27 12:10:17 ID:0tescde6
ゴーレムが太古に作られ繁栄してた街(遺跡)シャムシッドへ向かう。
遺跡のはずのシャムシッドは何故か街になっていた。
遺跡で再びエルマに出会う。エルマのことを知っていたアーレンの過去話で
エルマはクロウリーの恋人であるとわかる。3人の関係を要約すると、

クロウリーとエルマは恋人同士、がエルマは死んでしまう。
エルマを蘇らせようとクロウリーは人体錬成をするが失敗。(以後手パンで錬成可能に)
ゴーレムに命を吹き込んだと呼ばれる太古の秘術を求めているうちに
クロウリーと考古学者のアーレンが出会い、一緒に旅をする。
シャムシッドにて太古の秘術を手に入れエルマの蘇生に成功する。
が半年もするとエルマの体は崩れ去った。
その後何度も何度もエルマを蘇生するが結果は同じだった。
エルマの頼みでクロウリーをとめて欲しいとアーレンに頼むが
アーレンの呼びかけではクロウリーは止まらず、自分が居なければクロウリーの
研究は止まると考えたアーレンはクロウリーの元を去った。
詳しくは描写されてないが、アーレンは密かにエルマを想っていた模様。
最初にエドがエルマから託された指輪もアーレンがエルマに贈った物。

627 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 04/09/27 12:11:10 ID:0tescde6
エドたちは指輪の力をつかってシャムシッドの中心部の塔へ侵入。
進んでいくうちに女性型の敵に襲われ撃退するが倒した瞬間にエルマに変わる。
エルマの話によると何度も何度も蘇生されるたびに自分自身が消えていく
ような感じになり、自制が効かなくなっていったらしい。
エドに「エリクシル」の破壊をお願いしてエルマは消滅する。

最奥でクロウリーと出会い戦闘。一度倒すがエリクシルの力か
ゴーレムとしてパワーアップして復活。
クロウリーは50年前に自分の魂をゴーレムに移していた。
それも撃退するも異形の化け物になって復活。
クロウリーを大佐たちに任せエリクシルの破壊を優先する事に。

エリクシルに触れると古代の悲劇やらクロウリーの過去(上で書いた奴)を見る事に。
その後万が一のために用意されていたエリクシルを破壊するための練成陣を起動して
エリクシルを破壊。同時にクロウリーも消滅。街も元の遺跡へと戻る。
消滅する際に、指輪をはめたエルマのが微笑んでクロウリーの遺体に寄り添う姿をみて終了。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー