R?MJ(エムジェイ) THE MYSTERY HOSPITAL

part29-528・534~536


528 :R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル:2007/04/01(日) 01:51:39 ID:BCVDob2l0
人物紹介

・ハジメ
主人公。バイクとロックをこよなく愛する正義感溢れる男
・トモヲ
ハジメの親友。プロ級のスケートボーダー。明るくてカワイイ男子(と書いてある)
・リョウ
ハジメの親友。何事もパワーで押し切る人。コイントスが好き。
・アヤ
リョウの看護を担当する新米看護婦。休みの日はレースクイーンもこなす
・ミサト
謎の美少女・・・と最初はなってるのだがあっさりとアヤが「この病院に通っているミサトちゃん」と紹介

イントロ
ハジメ、トモヲ、リョウは子供の頃からの仲間同士
しかし時がたちいつしか離れ離れに

しかしリョウが交通事故にあった事で半年ぶりに3人集まる
リョウの担当をするアヤから軽症である事を聞かされ、久しぶりに募る話で盛り上がるはずだったが・・・
そこで原因不明の大爆発に巻き込まれる。
炎が迫り来る中4人で逃げ回り・・・・・なんとか爆発からは逃れる事が出来るが4人は防火シャッターの中に閉じ込められる・・・・

DISK 1

とりあえず出口を探して回る4人。しかし電話も途絶え、非常口の防火シャッターも閉まっている・・・・
ふと売店の新聞に目を通すハジメ。そこには最近大流行しているラミアウィルスの記事が。

エレベーターホールに行くと非常電源かなにかが作動したようでエレベーターが動き始めていた
リョウのコイントスで二手に分かれる。ハジメとアヤは警備室を探ってみる事に
ストレッチャーが挟まっていたおかげで防火シャッターは閉まらず、二人は無事警備室に入る事が出来た
システムをいじってみるがどうやら外部への通信は完全に遮断されてしまっているらしい
次に監視カメラのシステムを見てみる。女の子と合流し、院内を歩き回るリョウとトモヲの姿が。
すると再び爆発・・・3人を探しにいくハジメとアヤ

1階エレベーターホールの前で3人と合流出来た。アヤから紹介を受けるが混乱に巻き込まれ毒づきまくるミサト
リョウは何かの記事とカギを見つけてきた

とりあえず再び警備室を捜索してみる事に。
警備室に向かう途中、トモヲが「ラ、ラミアにやられたあああ」と呻きだすが冗談だという。しかし様子は少しおかしい

リョウが見つけてきたカギは警備室のロッカーで使えた。中には腕時計のようなものが。
近くにあった説明書によると空気中のウィルス濃度、装着者の体力状況を調べるアイテムらしい。
するとトモヲが再び呻きだす「顔が熱いいいいいい」と叫びながら部屋を飛び出していくトモヲ、そしてリョウがそれを追う
3人はリョウとトモヲを探しに一旦受付に戻る。すると一階に電気が・・・・・まず薬を確保するために手術室へ行ってみる
手術室を探してみるがインフルエンザの予防接種しか見つからない
ふと部屋のはじの手術台を見ると血液が滴っている・・・・・そこには明らかに誰かのいた形跡があった・・・・・

再びリョウとトモヲを捜索する3人。とりあえず4Fへ
すると監視カメラに写る光景を観察する謎の人物が・・・

ナースステーションで薬を発見したところへトモヲを背負ったリョウが現れる
トモヲの病状はかなり進行しているようだ。3Fで手術用のエタノールを確保し手術室へ急ぐ。
薬の投与でいくらかもちなおすトモヲ。
リョウはトモヲを追っている途中にIDカードを拾っていた。

IDカードはエレベーターで使うための物だった。
地下へ到着し、怪しげな空間へ出る一同。先にはエアシャワーのある不気味なエスカレーターが・・・・・
先へ進むのを戸惑う一同だったがまたも爆発が起こり仕方なく先へ進むことに・・・・



 

534 :R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル:2007/04/01(日) 19:08:06 ID:BCVDob2l0
DISC 1の続き

やたらと寒い部屋へ降り立つ一同。扉は2つあるが片方はレーザーで守られている。
しょうがないのでもう片方の扉を進む。するとハジメが通ったところで扉が閉まる。
4人とはぐれてしまうハジメ。扉も開かないのでその場にあった防護服を着込み部屋へ入る

どうやら細菌の実験室らしい。防護服からは先ほどの部屋との通信機能がついているらしく4人の声が聞こえてくる
今トモヲの感染しているラミアウィルス、そしてベルゼブブウィルスというウィルスの情報があった。
せっかくなので部屋を出る手段を探すついでにワクチンを作って持っていこうと探索を始める
すると通信機から騒ぎが聞こえてくる。アヤの様子がおかしくなったらしい。どうやら体中に黒点が出てるという話。
ちょうどベルゼブブウィルスの症状である。

奥の部屋にカギがあった。ワクチンを作って部屋から出るハジメ
ワクチンの投与でアヤとトモヲは無事回復する。

さきほどのカギを使うとレーザーは停止した。
他に進む道のない一同は扉を通り先へ進むことに



535 :R?MJ ザ・ミステリー・ホスピタル:2007/04/01(日) 19:09:03 ID:BCVDob2l0
DISC 2

今度は遺跡風の部屋へたどり着く5人。すると背後のドアが閉まり閉じ込められる
そこには病院用の端末らしき物が。「アズモへ、計画通りに進め・・・」というメッセージが表示されている
リョウが怪しいと再び暴れ出すミサト。しかし今のところは追及したところでどうにもならないので内部の探索へ

中心部の台座をいじると装置が動き出し扉は開く、先には実験室や工場のような物が並ぶ怪しげな場所・・・
先に進むと何故かカプセルの中に閉じ込められているリョウの姿。今まで一緒にいたリョウは偽者だった。
あっという間にカプセルに閉じ込められる4人にS.T.G製薬会社の社長である病院の院長は語りだす

最初にリョウが持ってきた記事に載っていたアズモ伝説・・・何故この種族が大きく反映したのかの謎が解けたという院長。
それが極端に強い抗体を持つ遺伝子、通称「MJ」。どうやらこの5人の中にいるらしい。
この地域にその遺伝子を持つものがいるのはわかっていた、そのために病院も建てたとの事
そしてリョウのクローンを作り5人をおびきだした・・・・
そしてゾンビのような物に突然変異する妙なウィルスを5人に打ち始める。そしてハジメだけが元に戻り・・・・・
院長はあっという間に製薬を作りアヤに投与する。すると元に戻り大喜び
そのスキを見てハジメは逃げ出す・・・・

アヤを助け、辺りを捜索すると先ほどのウィルスのデータが。
アスモデス。どうやら先ほど言っていた古代人に絡むもののようだが・・・
そして病院の見取り図、何故かインフルエンザの強力版ウィルスの情報も。
奥に行こうとした二人は先ほどのウィルス感染者のようなものに襲われる。
再び捕まった二人。院長はラミアウィルス、ベルゼブブウィルスも地下遺跡で発見したものだと言う。
そして世界中にそのウィルスをバラまいているとの事・・・
遺伝子「MJ」をもつ者ならアスモデスウィルスに感染しても死ぬことはない
新たな人類の創生の野望をペラペラ語る院長。
そして二人は地下遺跡へ落とされる・・・・

遺跡の捜索。すると二体のゾンビが・・・?
どちらかがリョウ、どちらかがアスモデスの元だと語る院長。
なんとか見極めリョウに製薬を投与する。
院長はボディガードのロバートに襲われロバートは製薬を奪って去っていく・・・・

遺跡を抜ける3人。すると線路沿いに出る。そしてそこに列車が到着する・・・・
ロバートと争うリョウ。2人はトモヲとミサトを探しに行き製薬を投与する。
戻の場所へ戻った4人。そこにはロバートにやられるリョウの姿が・・・・・
すると正体不明の怪物が登場しトモヲを襲う。骨の砕ける音がしてトモヲは絶命
ロバートも殴りかかるが返り討ちに

列車に乗り逃げる4人
後から何故か巨大な岩が迫ってくるもののなんとか振り切る。
ロバートの物らしき銃を拾い後方の様子を見に行くハジメ。すると前転しながら列車を追いかけてくるロバート。
そして怪物の姿が・・・・銃を撃ちなんとか逃れるハジメ

一同が安心しかけてその時、ミサトの様子が・・・・・体が熱い!と騒ぎ出すミサト
すると一瞬のウチにミサトは蒸発。その後には怪物の姿が・・・・・

怪物はアヤとリョウをなぎ倒す。ハジメはいちかばちかインフルエンザの予防接種を怪物に打ち込む
すると怪物は姿を失い解けてしまう・・・・

海岸に到着する列車。なんとか3人は生還する事が出来た。そしてどこからか聞こえるミサトとトモヲの声・・・・


終わり

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 19:14:37 ID:BCVDob2l0
????な内容かと思われますがこんなレベルの一品です
さすが10円ソフト






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー